Talking Rock!のブログ

音楽雑誌「Talking Rock!」 毎奇数月9日発売 
大阪南森町/東京代官山 http://talkingrock.jp


テーマ:


5月9日発売=Talking Rock!16年6月号の表紙アーティストはストレイテナー!
その表紙写真&掲載アーティストと、内容の詳細はこちらです!


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


tr066-cover


タワーレコードの全店&オンラインで購入すると、
もれなく表紙写真ポストカードが付いてきます^^/
【こちらをチェック!】


さらに、誌面にて7月23日(土)に大阪・泉大津フェニックスで開催する
『Talking Rock! FES.2016』の第2弾出演者発表もあり!


【Talking Rock!2016年6月号】
●ストレイテナー(表紙&ロングインタビュー)
●BUMP OF CHICKEN
●渋谷すばる
●サカナクション
●9mm Parabellum Bullet
●AL
●sumika
●LAMP IN TERREN
●EGO-WRAPPIN'
●ニューロック計画!2016リポート
 パノラマパナマタウン
 Rhythmic Toy World
 眩暈SIREN
 a crowd of rebellion
 BURNOUT SYNDROMES
 サイダーガール
 LILI LIMIT
 Amelie
 ココロオークション 
 SANABAGUN.



●ストレイテナー
表紙巻頭はストレイテナー! なんと、デビュー前からの長いお付き合いなのに
Talking Rock!の表紙を飾ってもらうのは意外にも今回が初めて! 
作品を出すたびにどんどんクオリティアップしている彼らが
5月18日にリリースする傑作アルバム『COLD DISC』について
メンバー全員にロングインタビュー! 写真もかなりカッコいいです!
タワレコでの購入で表紙デザインポストカードの特典あり!


●BUMP OF CHICKEN
アルバム『Butterflies』に伴うBUMP OF CHICKENの初のスタジアムツアーから
最初の会場=京セラドーム大阪公演の2日目(4月10日)をリポート!
ツアー中なので曲目や演出の詳細には触れていないけれど、
この日のトピックスだったアンコールで藤原基央(vo&g)に向けて
メンバー&スタッフが用意したビッグサプライズをしっかりとキャッチ!
3万6千人のオーディエンスの心を震わせた藤原君の感動の言葉は必読です!


●渋谷すばる
もはや本誌常連とも言える関ジャニ∞の渋谷すばるが影響を受けた大切な楽曲を
カバーしたアルバム『歌』を今年2月にリリースし、それを引っ提げて2度目の
ソロツアーを敢行! その最終公演=3月27日の東京・両国国技館は、
彼の歌の素晴らしさと、音楽への愛情と、音楽活動に対する覚悟と、
そして関ジャニ∞への強い想いをひしひしと感じさせる内容のライブであり、
前回のソロツアー以上に“渋谷すばる”の魅力を披露したそのステージを、
写真タップリでロングリポート!


●サカナクション
昨年10月にスタートし、約半年に渡って各地をサーキットしたサカナクションの
全国ツアー『SAKANAQUARIUM2015-2016“NF Records launch tour”』 の
追加公演でツアーファイナルの幕張メッセ2daysの1日目(4月9日)を訪れ、
磨き上げられた同ツアーの完成形をガッツリと体感! あらためてライブ全体の流れと
構成を総括しつつ、新曲も披露したそのステージをリポート!


●9mm Parabellum Bullet
約3年ぶりのオリジナルアルバム『Waltz on Llfe Line』を発売した
9mm Parabellum Bulletの菅原卓郎(vo&g)と中村和彦(b)にインタビュー! 
昨年9月のクアトロAサイドシングルで見せた四者四様のテイストとモードが
同作にもそのままつながっている印象で、特に卓郎君の歌詞が今までになく
内向的で新たな深みを与えており、そのあたりについても話を聞いています。
全15曲を一つずつ追いかけながらのアルバムガイドブック的なテキストなので、
あらためてアルバムを聴きながら、じっくりと読んでください! 


●AL
4月13日に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたALのインタビュー!
写真は4月&5月で名古屋、福岡、大阪、東京の4都市で行われた彼らの1st Tourから
初日の名古屋クラブクアトロ(4月18日)のステージをシューティング!
インタビューはその翌日に名古屋のホテルのカフェで行いました。
そのツアー初日のライブを終えた感想から、ALの成り立ちと、今回のアルバム
『心の中の色紙』の完成に至るまで、4人に話を聞きました!


●EGO-WRAPPIN'
バンド結成20周年を迎えたエゴラッピン! オールタイムベスト&カバーアルバム
『ROUTE 20 HIT THE ROAD』を発売し、11月には初の日本武道館公演も控えている
充実のアニバーサリーイヤーについて、これまでのバンドの奇跡を辿りながら、
中納良恵(vo)と森雅樹(g)にじっくりと語ってもらいました。
4月22日に行われたフリーライブ@大阪天満宮のライブ写真も必見!


●sumika
フロントマンの片岡健太(vo&g)の療養期間を経て、オリコンウィークリーチャート
15位のスマッシュヒットを記録した今年3月のシングル「Lovers/「伝言歌」」を含む
約1年ぶりのミニアルバム『アンサーパレード』を5月25日にリリース!
その療養期間の心境からライブ復帰を経て完成させた今作までを
メンバー全員に聞きました!


●LAMP IN TERREN
バンドの立ち上げメンバーだった大屋真太郎(g)が復帰し、
4人組となったLAMP IN TERREN。大屋が復帰するに至った経緯と、
5月3日にリリースした1stシングル「innocence/キャラバン」について、
メンバー全員に話を聞きました。


●ニューロック計画!2016リポート
パノラマパナマタウン/眩暈SIREN/a crowd of rebellion/
BURNOUT SYNDROMES/Rhythmic Toy World
サイダーガール/LILI LIMIT/Amelie/ココロオークション/SANABAGUN.

3年連続3度目の開催となった本誌主催のライブイベント『ニューロック計画!2016』。
ジャンルも様々な個性派の10組が大阪umeda AKASOに集い、
いずれも素晴らしいライブアクトを全力で披露! とても楽しくて刺激に満ちた
その2日間の熱いステージを全16Pでタップリとリポート! 

 
発売日=2016年5月9日(月)
定価=799円(税込 本体740円) 
雑誌コード=16661-06


よろしくお願いいたします!
いいね!(7)  |  リブログ(0)

テーマ:


5月9日発売=Talking Rock!16年6月号の表紙アーティストはストレイテナー!
その表紙写真&掲載アーティストはこちらです!


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


tr066-cover


タワーレコードの全店&オンラインで購入すると、
もれなく表紙写真ポストカードが付いてきます^^/
【こちらをチェック!】


さらに、誌面にて7月23日(土)に大阪・泉大津フェニックスで開催する
『Talking Rock! FES.2016』の第2弾出演者発表もあり!


【Talking Rock!2016年6月号】
●ストレイテナー(表紙&ロングインタビュー)
●BUMP OF CHICKEN
●渋谷すばる
●サカナクション
●9mm Parabellum Bullet
●AL
●sumika
●LAMP IN TERREN
●EGO-WRAPPIN'
●ニューロック計画!2016リポート
 パノラマパナマタウン
 Rhythmic Toy World
 眩暈SIREN
 a crowd of rebellion
 BURNOUT SYNDROMES
 サイダーガール
 LILI LIMIT
 Amelie
 ココロオークション 
 SANABAGUN.


発売日=2016年5月9日(月)
定価=799円(税込 本体740円) 
雑誌コード=16661-06


掲載内容の詳細は追ってアップいたします!
いいね!(6)  |  リブログ(0)

テーマ:


3月9日発売=Talking Rock!16年4月号の表紙写真&
掲載アーティストの詳細はこちら! 表紙巻頭はSiMです!



↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓




tr65cover



とあるところがSiM仕様です^^


4月6日に発売のニューアルバムインタビューはもちろん
アーカイブ企画として、過去に4度掲載してきた彼らのインタビューを
ダイジェスト編集して掲載! 34ページの総力特集です!!


【タワーレコードの全店&オンラインで購入すると、
もれなく表紙写真ポストカードが付いてきます^^/
http://ur0.work/sulx




【Talking Rock!2016年4月号】
●SiM(表紙巻頭/アーカイブ企画) 
●MAN WITH A MISSION
●ザ・ピロウズ
●SHISHAMO
●KANA-BOON
●クリープハイプ
●BIGMAMA
●BLUE ENCOUNT
●SUPER BEAVER
●赤い公園
●シナリオアート
●ドラマチックアラスカ
●夜の本気ダンス



●SiM
表紙巻頭はSiM。4月6日の“SiMの日”にリリースする4thアルバム
『THE BEAUTiFUL PEOPLE』の最新ロングインタビューと
タップリの撮りおろし写真に加えて、過去に4度掲載した記事も
ダイジェストで編集し、ヒストリーフォトと合わせて後半にセット! 
計34Pの総力特集でSiMの魅力を伝えます!
タワレコ全店&オンライン購入でもれなく表紙デザインポストカードが!
そしてTalking Rock!の表紙のロゴにも要注目です!


●MAN WITH A MISSION
2月11日に大阪は道頓堀でスペシャルフリーライブを敢行し、
その開催会場を当日発表したにも関わらず、約1万人のファンが集まり
大盛況に終えたMAN WITH A MISSION。その前日に日本国内の某所にて
夜の22時からニューアルバム発売記念の緊急番組をネットで配信! 
その司会を、本誌の吉川編集長が務め、その時点で“フリーライブは
大阪だろう!”とSNSで呟かれた(笑)レアトークを、ほぼノーカットで収録! 
フリーライブの写真とリポートもセットでお届けします!


●ザ・ピロウズ
4月6日にリリースするニューアルバム『STROLL AND ROLL』では、
結成時のメンバーでもある上田健司をはじめ、THE PREDATORSでも
活動するJIRO(GLAY)に、宮川トモユキ(髭)、鹿島達也、そして現在の
ツアーサポートを務める有江嘉典(VOLA & THE ORIENTAL MACHINE)という
ザ・ピロウズとつながりの強い5人の名ベーシストがレコーディングに参加!
その新作について山中さわおにロングインタビュー!


●SHISHAMO
今年1月4日の初の日本武道館公演を見事ソールドアウトで大盛況に終え、
6月25日には初の大阪城ホール公演も決定したSHISHAMOのインタビューは
前作『SHISHAMO2』の後の2度の全国ツアーと
2枚のシングル=「熱帯夜」と「君とゲレンデ」について、
そして初の日本武道館公演の感想を振り返りつつ、3月2日にリリースした
3rdアルバム『SHISHAMO3』を全曲解説スタイルで話を聞きました!


●KANA-BOON
前号に引き続き、連続掲載のKANA-BOONは、メンバー全員で
2月17日に発売された3rdアルバム『Origin』について
こちらも全曲解説スタイルで話を聞きました。アルバムのテーマと、
そしてアルバムの制作途中で飛び出したギターの古賀君の
突然の告白エピソードなど、とても貴重な話を掲載した前号を
必ず再読してからこのインタビューを読んでください! 


●BIGMAMA
デビュー10周年のアニバーサリーイヤーを迎えたBIGMAMA!
その幕開けを告げるシングル「SPECIALS」(3月9日)は、
エモーショナルに疾走する、BIGMAMAの王道とも言える
ストレートなロックナンバー。「僕らは用意周到なところがあって、
今作も狙って考えて作っているところがあるんです」と
赤裸々に本作について語ってくれた金井政人のインタビューをどうぞ!


●クリープハイプ
3月23日にニューシングル「破花」をリリースするクリープハイプの
フロントマン・尾崎世界観にインタビュー。実はこのシングルの
初回限定盤にセットされたドキュメンタリーフィルムが
かなり意味深い内容で、ショッキングなシーンがいくつかあり、
今回のインタビューではそのフィルムからもピックアップして
話を聞いています。かなりディープです! 心して読んでください!


●BLUE ENCOUNT
3月9日にニューシングル「Survivor」をリリース! 10月9日には
初の日本武道館公演を行うBLUE ENCOUNTのメンバー全員に
そのシングル「Survivor」の完成までと、初の日本武道館公演、
そして7月10日に行われる地元・熊本公演(熊本B.9 V1)についての
想いなど、じっくりと話を聞きました!


●SUPER BEAVER
昨年4月にアルバム『愛する』をリリースすると同時に結成10周年という
節目を迎えたSUPER BEAVER。その10周年イヤーの終盤に
3カ月連続でシングルをリリース! その3枚のシングルに込めた想いと、
10周年イヤーを締めくくる4月10日の初のZepp DiverCity公演への
意気込みなどをメンバー全員に聞きました。


●赤い公園
3月23日に発売する3rdフルアルバム『純情ランドセル』は、
前作の2nd『猛烈リトミック』に引き続き亀田誠治や蔦谷好位置他の
豪華プロデューサー陣と共同制作。クラシックとポストロックを通過した
ハイブリッドな音楽性はそのままに、より親しみやすいメロディラインを
獲得した、極めてモダンなこのポップアルバムについて、
ボーカルの佐藤千明とギターの津野米咲に話を聞きました。


●シナリオアート
3月9日にミニアルバム『duming swimmer』をリリースした
シナリオアートよりボーカル&ギターのハヤシコウスケのインタビュー。
男女ツインボーカルでカラフル&寓話的な歌の世界を展開してきた彼らだけど
今作ではナイーブでザクザクと鋭く切り込むオルタナティブなテイストを
聴き手に突きつける新しい一面を披露。“深海で自分と対話する”という
コンセプトを掲げた本作と、その狙いついて、話を聞きました。


●ドラマチックアラスカ
“和”を感じさせる叙情的なメロディと巧みなアンサンブルで聴かせる
ミニアルバム『アラスカ・ベリーズ』を4月6日に発売するドラマチックアラスカ。
同作についてはもちろん、1月に行われたバンド史上最大の挑戦=
なんばHatch公演についてメンバー全員で語ってもらいました!


●夜の本気ダンス
躍動感に溢れるビートと、キャッチーでウィットに富んだギターリフで、
聴く人の体を本能的に踊らせる4人組ロックバンド・夜の本気ダンス!
3月9日にメジャー1stフルアルバム『DANCEABLE』を発売する彼らに
バンド結成のいきさつから、それぞれの音楽ルーツに、曲作りにおける
拘りなど、メンバー全員に話を聞きました。



発売日=2016年3月9日(水)
定価=799円(税込 本体740円) 
雑誌コード=16661-04


よろしくお願いいたします!



いいね!(3)  |  リブログ(0)