Talking Rock!のブログ

音楽雑誌「Talking Rock!」 毎奇数月9日発売 
大阪南森町/東京代官山 http://talkingrock.jp


テーマ:
4月1日(土)&2日(日)に梅田AKASOで開催するTalking Rock! presents『ニューロック計画!2017』! チケットは前売2,990円、通し券5,500円で発売中! Talking Rock!の最新号でも特集していますが、今年度注目の10組をセレクトして行うこのイベントの出演バンドを、あらためてTalking Rock!の編集チームが紹介していきます!

その第5回目は、1日目に登場するAge Factoryです!

AGE
●Age Factory
清水エイスケ(vo&g)、西口直人(b)、増子央人(ds&cho)によるオルタナティブロックバンド。2010年4月に結成。2014年12月に1stミニアルバム『手を振る』を。16年10月に1stフルアルバム『LOVE』をリリース。地元の奈良を拠点に、全国へと動き回り、年間100本近くのライブを行うなど精力的に展開しています!

現在発売中のTalking Rock!の最新号=17年4月に掲載のインタビューから彼らの魅力をピックアップしてお伝えします!


清水 (結成のいきさつは)僕が高校生の時に、今のメンバーとは違う同級生と結成して。そこからベースとドラムが抜けたときに、地元で違うバンドをしていた西口(b)、増子(ds&cho)にサポートで入ってもらって、現体制になって3年目ですね。バンド名の由来は、自分たちで時代を作っていけるようにという意味合いをこめてAge Factoryにしました。

清水 (結成時と現体制になってからとでは)歌詞の内容とか、根底にある反時代的な感覚とか、大きなテーマはずっと変わってなくて。自分たちのスタンスがぶれて、気持ちよく音楽ができなくなったりするのは嫌なので、確固たるものを持って音楽をやろうとは思っていて。だから僕たちの音楽を聴いた人たちも、迷わず、惑わされずに生きてほしいと思うし、そこの感覚は共有できるといいなとは思います。

清水 (ライブについては)何もカッコつけずに本能的にやりたいなと思っていて。それぞれの曲に合わせて、その日の自分たちの感情でやれればいちばんいいかなと。日によって歌詞が変わることもありますし、曲と曲のつなぎとかもライブ前に打ち合わせしても、本番で全部忘れたりとか(笑)でも、そういうのもライブやと思うし、そうじゃないと生でやる意味もないので。


Age factoryはとにかく清水さんの魂のこもったエモーショナルな歌声が印象的! そしてサウンド面では作品ごとに違う表情を見せながら、歌詞の根底にあるバンドのスタンスや意志は常に一貫しているところに彼らの音楽の強さを感じます。

時代の流れに惑わされず、確固たる信念で新たな時代を作っていくAge factoryの、本能的なステージをぜひ生で体感してください!

▼「ロードショー」


▼「Puke」



4月1日(土)&2日(日)はumeda AKASOでお待ちしています!!
(TEXT by 阪本舞/杉澤舞)

Talking Rock! presents『ニューロック計画!2017』
●日時=4月1日(土)&2日(日) 開場16:45 開演17:30
●会場=umeda AKASO
●出演=
《4月1日》Age Factory/POT/Shout it Out/SIX LOUNGE/ポルカドットスティングレイ
《4月2日》MARQUEE BEACH CLUB/mol­-74/おいしくるメロンパン/さよならポエジー/リーガルリリー
●前売=2,990円 ●2日通し券 5,500円 
●一般発売日=2月18日(土)
●主催=Talking Rock!(http://talkingrock.jp/)
●制作=Talking Rock!/GREENS
●問い合わせ=GREENS 06-­6882-­1224 http://www.greens-­corp.co.jp/


❶e+(イープラス)【こちらから!】
❷ローソンチケット【こちらから!】
❸チケットぴあ【こちらから!】
❹モバイルサイトGREENS!チケット【こちらから!】
❺CNプレイガイド【こちらから!】
❻会場販売=umeda AKASO 06-­7897­2450
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


いよいよ10日後に迫ったTalking Rock! presents『ニューロック計画!2017』! 4月1日(土)&2日(日)に梅田AKASOで開催します! チケットは前売2,990円、通し券5,500円で発売中! Talking Rock!の最新号でも特集していますが、今年度注目の10組をセレクトして行うこのイベントの出演バンドを、あらためてTalking Rock!の編集チームが紹介していきます!

その第4回目は、1日目に登場するShout it Outです!


SHOUT
▲Shout it Out
山内彰馬(vo&g)と細川千弘(d)による2ピースロックバンド。高校時代に大阪で結成し、10代限定のフェス「未確認フェスティバル」で初代グランプリを獲得するなど精力的に活動を続け、19歳でメジャーデビュー。その後メンバーの脱退を乗り越え2ピースの新体制になり、20歳を迎えて、今年3月に1stフルアルバム『青年の主張』をリリース! そして現在同作のリリースツアーの真っ只中ですが、そのスケジュールの合間を縫ってニューロック計画に出演してくれます!

現在発売中のTalking Rock!の最新号=17年4月に掲載のインタビューから、彼らの魅力をピックアップ!


山内 (バンドを組むまでに曲作りの経験は)一応ありました。でも、Shout it Outを組む前は “知ってるコード4つにメロディと歌詞を乗せて、ギターを抱えて鼻歌で作る”みたいに簡単な曲しか作れなかったんですね。それが、バンドをやり始めてスタジオに入るようになって、コード進行やビートの種類っていっぱいあるんだなと知って。どんどん肌に染み付いていく感覚が楽しくて仕方なくて。そこから音楽にのめり込んで曲作りも楽しくなっていったんですよね。

――バンド結成は12年ですが、細川さんは15年10月に加入されたと?
細川 そうです。もともと僕の兄が組んでいるバンドとShout it Outはつながりがあって、兄からよく話は聞いていて同い年だし、曲もカッコいいから気になってはいたんですよね。その後、兄からShout it Outのドラムが脱退して新しいメンバーを探していると聞いて。僕は名古屋在住でバンドは大阪在住なので距離はありましたけど、もともと彰馬(山内)のセンスに惹かれていたので“これはチャンス!”と思って、オレから「入りたいです」と連絡を取って。そこからサポートを経てメンバーになり、その一週間後にはリーダーになってました(笑)。

――アルバム『青年の主張』は、今感じている心境の変化や大人になっていく過程を赤裸々に描かれた作品ですが、その作詞は、例えば日記を書くような感覚に近かったとか?
山内 まさにそうです。ただ、私小説としてというよりも、どちらかと言えばSNSに140文字を落とすような気持ちで書き出した曲たちというか。強く伝えたいことがハッキリあるわけじゃなくて、何を形にしたいかはわからないけど、言葉となって零れ出てしまったような感覚なんですよね。自分としてはこのアルバムで気持ちを吐露することで、次の一歩を踏み出す覚悟を決めたかったんだと思いますね。


十代の青々しい感情をありのままに全力で鳴らすShout it Outの音楽は共感必至! 大人と少年の間で揺れ動く感情を吐き出したエモーショナルな骨太ロックサウンドを、ぜひライブで体感してください!

▼「青年の主張」


▼「青春のすべて」


4月1日(土)&2日(日)はumeda AKASOでお待ちしています!!
(TEXT by 杉澤舞)

Talking Rock! presents『ニューロック計画!2017』
●日時=4月1日(土)&2日(日) 開場16:45 開演17:30
●会場=umeda AKASO
●出演=
《4月1日》Age Factory/POT/Shout it Out/SIX LOUNGE/ポルカドットスティングレイ
《4月2日》MARQUEE BEACH CLUB/mol­-74/おいしくるメロンパン/さよならポエジー/リーガルリリー
●前売=2,990円 ●2日通し券 5,500円 
●一般発売日=2月18日(土)
●主催=Talking Rock!(http://talkingrock.jp/)
●制作=Talking Rock!/GREENS
●問い合わせ=GREENS 06-­6882-­1224 http://www.greens-­corp.co.jp/


❶e+(イープラス)【こちらから!】
❷ローソンチケット【こちらから!】
❸チケットぴあ【こちらから!】
❹モバイルサイトGREENS!チケット【こちらから!】
❺CNプレイガイド【こちらから!】
❻会場販売=umeda AKASO 06-­7897­2450
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


4月1日(土)&2日(日)に梅田AKASOで開催するTalking Rock! presents『ニューロック計画!2017』! チケットは前売2,990円、通し券5,500円で発売中です! Talking Rock!の最新号でも特集していますが、今年度注目の10組をセレクトして行うこのイベントの出演バンドを、あらためてTalking Rock!の編集チームが紹介していきます!

その第3回目、今回はポルカドットスティングレイです!


小ポルカ

▲ポルカドットスティングレイ
メンバーは、雫(vo&g)、エジマハルシ(g)、ウエムラユウキ(b)、ミツヤスカズマ(ds)の4人で、メンバー交代を経て2015年8月に現体制に。福岡を拠点に活動しつつ、ライブの動員を急速に伸ばして今年2月の東名阪のワンマンツアーは全公演即日ソールドアウトを記録! 4月26日には1stミニアルバム『大正義』をリリースし、 6月には大阪のシャングリラと東京の渋谷WWW Xを含む全国6都市でのワンマンツアーを開催します!

現在発売中のTalking Rock!の最新号=17年4月に掲載のメールインタビュー(回答は雫さん)から、ポルカドットスティングレイの魅力をピックアップ!


 (結成のいきさつは)3年くらい前、留学していた時に“帰国したら遊びで英詞のバンドやろうかなぁ”と軽い気持ちでTwitterに書いてみたら集まったのがきっかけで、ポルカドットスティングレイとは、淡水に生息するエイの名前からバンド名をもらいました。語感のパンチ力のみでこれに決めました。

 (作詞作曲やアレンジに関しては)私が作曲した後、弾き語りの状態でメンバーに送って、各自がフレーズを考えてくるのですが、全員が常に意識しているのは“わかりやすさ”“キャッチーさ”です。それを意識して土台を固めた後、“音楽に詳しいリスナーも飽きさせないよう、細かな部分にも凝る”という作業に移っていきます。歌詞に関しての拘りは、とにかく“メロディといかにハマっているか”です。

 (ライブの心構えは)お客さんを常に楽しませられるよう、演奏技術だけでなく、MC、曲中のアオリ(ここで手をあげてもらう、みんなで声を出してもらう、振り付け…など)にも気を遣っています。あとは、自分たちも楽しく演奏することは大前提だと思っています。


ポルカドットスティングレイの音楽は、キャッチーかつエキセントリックな可愛さとカッコよさに加えて、歌詞や歌い方やサウンドから溢れ出る色気や妖しさが、独特の中毒性を生み出し、聴き手を一気に惹き付けるパワーに溢れています! そして細部までしっかりと練られた曲展開とハイセンスで凝ったサウンドデザインも要注目! ロックの新世代を担う覚悟で挑む4人のパフォーマンスをぜひ体感してください!

▼「テレキャスター・ストライプ」


▼「エレクトリック・パブリック」



みなさん、4月1日(土)&2日(日)はumeda AKASOでお待ちしています!!
(TEXT by 王生百合子/阪本舞)

Talking Rock! presents『ニューロック計画!2017』
●日時=4月1日(土)&2日(日) 開場16:45 開演17:30
●会場=umeda AKASO
●出演=
《4月1日》Age Factory/POT/Shout it Out/SIX LOUNGE/ポルカドットスティングレイ
《4月2日》MARQUEE BEACH CLUB/mol­-74/おいしくるメロンパン/さよならポエジー/リーガルリリー
●前売=2,990円 ●2日通し券 5,500円 
●一般発売日=2月18日(土)
●主催=Talking Rock!(http://talkingrock.jp/)
●制作=Talking Rock!/GREENS
●問い合わせ=GREENS 06-­6882-­1224 http://www.greens-­corp.co.jp/


❶e+(イープラス)【こちらから!】
❷ローソンチケット【こちらから!】
❸チケットぴあ【こちらから!】
❹モバイルサイトGREENS!チケット【こちらから!】
❺CNプレイガイド【こちらから!】
❻会場販売=umeda AKASO 06-­7897­2450

いいね!した人  |  リブログ(0)