昨日税理士より3期目の法人決算がまとまったと報告あり。

 

 Ⅰ、Ⅱ期は収支はプラマイゼロに調整可能な実績でしたが、

 今期の売り上げは前期の173%に対して、経費は若干のプラスのためプラマイゼロへの調整は不可能な状態になってしまいました。

 法人設立3年目での定額分以外の納税は予定外の結果、

 

 来期以降も減価償却に計上している建物が全て4年の期間で計上しているため、経費にできる金額の減少は必須な状態で、来年度以降プラス計上の金額が大きくなることは明らかです。

 

 既に節税に使える材料はつきたので、役員報酬の金額により税金等の負担がどのようになるのかざっくりと試算してみました。

 

条件1:法人所得560万円、個人の税金計算は所得税33%、住民税10%で計算

 

1 法人所得   500万円

  役員報酬    60万円

 <負担額>

  法人税     125万円

  個人所得税   20万円

     住民税    6万円

  社会保険料   30万円

     計     181万円

 

2 法人所得   250万円

  役員報酬   310万円

 <負担額>

  法人税      62万円(-63万円)

  個人所得税  102万円

     住民税   30万円

  社会保険料   95万円(+65万円)

     計     289万円

 

 

 

条件2:法人所得2,000万円、個人の税金計算は所得税33%、住民税10%で計算

1 法人所得   1,940万円

  役員報酬      60万円

 <負担額>

  法人税      640万円

  個人所得税    20万円

     住民税     6万円

  社会保険料    30万円

     計      696万円

 

2 法人所得   1,500万円

  役員報酬      500万円

 <負担額>

  法人税      456万円(-184万円)

  個人所得税   165万円

     住民税    50万円

  社会保険料   142万円(+112万円

     計      813万円

 個人の所得も、収益物件の減価償却終了とともに年々増加し、税率も33%のラインになっているので、個人の収入を増やすと負担が大きくなる。

 

 ただ、年金のことを考えると月額報酬は高めに設定したほうが有利(厚生年金は平均給与で計算されるため)

 

 月額報酬を高めに設定し、社会保険料や税金の負担を減少するには、個人の物件を全て売却し、収入は役員報酬のみにする必要があります。

 これの実現は、短期譲渡の関係もあり早急には不可能であるが、実現できた場合の負担額は以下のとおり。

 

3 法人所得   1,500万円

  役員報酬      500万円

 <負担額>

  法人税      456万円(-184万円)

  個人所得税    16万円

     住民税    25万円

  社会保険料   142万円(+112万円)

     計      639万円(-57万円

※所得控除は基礎控除、社会保険料控除で計算

 

いまさらですが、物件は法人所有のほうが有利なことが多いです。

 

人気ブログランキングへ

 

AD

エアビーと売却物件の穴埋め

テーマ:

昨年末で撤退したエアビーの減収額約300万円、

 

物件売却による減収額約400万円。

 

合計で700万円が昨年より減収となります。

 

これは、予定通りなので困るということにはなりませんが、

売却により得たお金が寝ている状態です。

 

なので、寝ているお金を働かせてみようと考えました。

 

不動産はまだまだ売り手市場でよい物件は弱小大家には回ってきません。

よって、手法は不動産以外で、以下から選択します。

1 積み立て投資

 ①FX積み立て

 ②仮想通貨積み立て

 ③トークン積み立て

2 FX投資

 ①トラリピ

 ②スワップ投資

 ③裁量トレード

3 株式投資

 ①IPO

 ②裁量トレード

 ③株価指数

4 その他

 ①アルトコイン

 

この中から選択したのは、

 

1-②仮想通貨積み立て

 設定した金額を毎月銀行口座から自動で引き落とし、仮想通貨を積み立てる。仮想通貨は24時間365日売買できるので、毎日小額ずつ積み立てることになる。

 仮想通貨の価値は不明であるが、現状は右肩上がりで上昇している。

昭和末期のバブル期の株と同じで主要な通貨は何を買っても値が上がると思われる。

 ただし、バブル期と同じで売り時を間違えると大きな損失を被る可能性があるので、3年以内で売却する。

 ・運用方法:4つの仮想通貨を合計で毎月10万円積み立て。 

 ・運用目標:積立額の2倍程度

 ・運用利益:売却時100万円

 

2-①トラリピ

 FXの発注方式の一つで事前に注文をトラップのように仕掛けておき、値動きに応じて注文と決済を繰り返してくれる仕組み。

 例:ドルを100円で買って105円で売るのような売買を繰り返し発注。 

 現在も少額で実施しているので、設定金額を上げて実施する。レバレッジを3倍程度に抑えて行えばロスカットの可能性は極めて低い。

 ・運用方法(買いのみ)

  豪ドル              

   レンジ75~85円、 78~85(実際の設定、H30.2.16)

   トラップ幅 0.1円、

   利益幅 1000円

   南アフリカランド  

   レンジ  7~10円、 8~9.5(実際の設定、H30.2.16)

   トラップ幅0.05円、

   利益幅 2000円

 ・運用目標:証拠金150万円で月6万円

 ・運用利益:年約70万円

<追加>H30.2.16

  トルコリラ  

   レンジ 28~29円、

   トラップ幅0.05円、

   利益幅 1000円

 

2-②スワップ投資

 FXでは金利の低い通貨で金利の高い通貨を取引するとその差額の金利をスワップとして受け取ることが出来る。

 現在日本は0.1%の超低金利、しかしトルコリ、南アフリカ、メキシコなどは5%以上の高金利。

 これらの国の通貨と取引するとその差をのスワップを受け取ることが出来、 さらにレバレッジをかけることで運用利率を上げることもできる。

 例:日本0.1%、トルコ8%で金利差は7.9%あるので、7.9%のスワップを受け取ることができる。

 

・運用方法

  トルコリラ 

   現在レート30円

   1万通貨当たりのスワップ80円(1日)

   過去最安値レート24円

   今後最安値想定レート22円

   取引単位 100,000通貨

   証拠金   120,000円(レバレッチ25倍)

   想定最安値での必要証拠金 920,000円

   ※22円まで下落してもロスカットされないために必要な

      金額、この額でのレバレッチは3倍になる。

   運用利益:80円×365日×10=292,000円

   運用利回:292,000÷920,000=31.7%

 

   南アフリカランド  

   現在レート9円

   1万通貨当たりのスワップ17円(1日)

   過去最安値レート6.3円

   今後最安値想定レート6.3円

   取引単位 500,000通貨

   証拠金   180,000円(レバレッチ25倍)

   想定最安値での必要証拠金1,030,000円

   ※6.3円まで下落してもロスカットされないために必要な

     金額、この額でのレバレッチは4倍になる

   運用利益:17円×365日×50=310,250円

   運用利回:310,250÷1,030,000=30.1%

 

  メキシコペソ

   現在レート6円

   1万通貨当たりのスワップ12円(1日)

   過去最安値レート4.8円

   今後最安値想定レート4.0円

   取引単位 500,000通貨

   証拠金   120,000円(レバレッチ25倍)

   想定最安値での必要証拠金1,120,000円

   ※4.0円まで下落してもロスカットされないために必要な

     金額、この金額でのレバレッチは3倍になる

   運用利益:12円×365日×50=219,000円

   運用利回:219,000÷1,120,000=19.5%

 

選択した投資で得られる金額は以下の通り、()は投資金額

1-②仮想通貨積み立て 100万円(120万円)

2-①トラリピ         70万円(150万円)

2-②スワップ投資      82万円(307万円) 

合計             252万円(577万円)

 利回り252万円÷577万円=43.6%

 

かなり甘めの妄想ですが、700万円には届きません。

ただ、売却した物件の収益見合いは少し工夫をすればこの投資で何とかなりそうです。

 

今月末からこの設定で取り組みを開始して、最低6か月はほったらかしで様子を見てみます。

気が向けば1月毎の状況をブログにアップします。

 

 

人気ブログランキングへ

AD

断捨離の成果

テーマ:

財布が新しくなりました。

 

10年近く使っている財布、

 

有名ブランドではありませんが、「札幌革職人館」のハンドメイド、

なめらかな馬革の質感、コンパクトでカード類も10枚程度なら収納可能で使い勝手もよく、自分にはぴったりの財布でした。

 

まだまだ使えそうですが、汚れが目立つようになってきたので、そろそろ新しいのが欲しいなと思っていました。

ただ、貧乏性な自分、物は壊れるまで使うのが原則です。

 

たぶん、年末に断捨離に取り組んでいなかったら、財布はこのまま使っていました。

 

断捨離に取り組んだおかげで、ヤフオクなどの副収入が数万円、

このお金は要らないものを売ったお金なので、どのような使い方をしても抵抗は全くありません。

なので、新しい財布を購入することにしました。

 

選んだのは、メーカーは違いますが以前と同じ馬革の財布。

少し大きめですが、使っているうちに馴染んでくるでしょう。

 

 

肝心な断捨離ですが、年末はバタバタ、

年明けは個人の決算処理で一時中断しています。

 

再開は、1月下旬からになりそうです。

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

AD