March 30, 2017

「本当の保守主義を貫くと共産党と共鳴する時代」東工大教授 中島岳志さん

テーマ:ブログ

本当の保守主義貫くと共産党と共鳴する時代!

 

テレ朝の「報道ステーション」のコメンテーターでもお馴染みの、東工大教授で政治学者の中島岳志さんが赤旗日曜版に登場して「本当の保守主義を貫くと共産党と共鳴する時代」「私は政策的には共産党とだいたい同じ」と語っています。また究極の理念があってこそ現実を動かせる、現実を動かすために野党共闘は大賛成と評価しています。かなり深い見立てもあり必読な中身です。私のもとにも、保守だけど共産党しかないという激励を多くいただくようになっています。保守革新という枠組みにとらわれず、誰が本当に国民のために国会や議会で質問をし、現場の相談に対応し、汗を流している政党かどうか示していきたいと思います。

 

 

{8503A3E9-0C30-4008-B8DC-77CCA6E71829}

 

 

赤旗日曜版 4/2

 

 

対立軸は「リベラルVS保守」だよとよくいわれます。しかし、本来の保守思想は、フランス革命のような急進改革を批判し、リベラルや自由主義を目指すものです。しかも、保守主義者は「議論」を重視し、自分以外の「他者」の言い分や叡智を尊重して合意形成をはかる。だから、リベラルと保守というのは実は、相性がいいのです。

 

しかし、今保守を標榜しているひとたちは、本来の保守やリベラルとは真逆です。とくに安倍政権は、議論を完全に軽視し、議会を信頼せず、単に法案の通過機関ぐらいにしか考えていません。そのことは安保法制や共謀罪法案の審議の仕方を見ればわかります。詭弁をろうし、自分たちの力に対する過信が強い。保守本流の私たちは、安倍政権に批判的にならざるを得ません。

 

いま私のような保守の立場の人たちが”困っている”ことがあります。政策から政党を選ぶというインターネットのシミュレーションをやると、何回やっても共産党を選んでしまう(笑い)。一番遠いのが自民党と維新。保守の私としては、この現象を深く考えるべきですが、同時に面白い現象だな、と思っています。

 

自民党が本来の保守でなくなる大きな転換点になったのは、1982年に誕生した中曽根内閣です。アメリカでレーガン大統領、イギリスでサッチャー首相が台頭した時期です。ラディカルな市場主儀、小さな政府、官から民への規制緩和。こういう新自由主義路線が「保守」のマスクをかぶりだし、財界を含めこれが「保守」だと思いこんだ。それが安倍政権で極に達した感があります。

 

本来の保守からいえば、資本主義には一定の歯止めが必要です。国家が一定の再配分を行い、秩序を安定させないといけないのに、市場の倫理がすべてに優先されます。

 

大きくみると、この20年間で世界の中でアメリカのプレゼンスは圧倒的に下がってきました。世界はスーパーパワーなき多極化へと変容している。それに日本がどう対応するかが問われています。

 

日本の隣には中国やロシアがあります。安全保障から考えると、やはり日本はアジア諸国と良好な関係を保ちながら、できる限り軍拡をせずに平和と安全を担保する「アライアンス」(同盟)の方向に斬新的に進んでいくべきです。

 

中国敵視の安倍政権は、そういう次のリアリズムに踏み出すことができていません。日米安保の堅持・拡大はリアリズムではない。古い自分たちの思い出にすがていると、時代に追い越される。いい加減大きな転換点を読み解くべきです。

 

直近の視点で見ると、取引の人であるトランプ氏は、アメリカの利益を最優先する考えです。大統領中、日本に二択を迫ってきました。米軍の駐留費負担を増額するか、日本から米軍が撤退するかです。米軍撤退を選んだ場合、「防衛に穴」があくので日本は軍事費を増大させる。武器の購入先はアメリカしかありません。どっちにしてもアメリカは取引に成功するのです。日本はそろそろこういう日米安保から次のことを考えるべきです。

 

私自身は、政策的には共産党とだいたい同じではないかと思っています。たとえば、憲法9条の関係でも、共産党は自衛隊の存在は暫定的には認める、と。将来の問題としては、軍事的なものがない社会をつくりたい。そういう大きなビジョンを持っているわけですね。

 

いくら不可能なことであっても、絶対的な理想を掲げることは重要です。カント哲学でも、恒久的平和という大きな方向性があるからこそ、ひとつひとつ現実の平和的政策、軍縮があるということがいわれています。保守も基本的には同じで、究極の理念がなければこの現実は動きません。現実を動かすために、野党が共闘していくことは大賛成です。民進党は共産党と組むべきです。世界の国はどこでも連立政権です。

 

「共産党と組むと保守票が逃げる」という人もいますが地方に行けば真逆です。TPPに反対している農家の人たちは「共産党しか自分たちの言いたいことを代弁してくれない」といいます。本来の保守的な政策を共産党が担保している以上、民進党はそちらにある程度ひっぱられる方がリベラルな保守になっていくのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

千葉市議会議員(千葉市緑区) かばさわ洋平さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

Youhei Kabasawa

バナーを作成

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。