【二上山 當麻寺】当麻曼荼羅

長谷寺のついで参拝パート2。
ついでにしては、方向的に反対に走っていきますが。
 

仁王門。
 
 
歴史を感じさせるお姿です。
 
鐘楼。 日本最古だそうでびっくり
 
本堂、曼荼羅堂(国宝)の中には当麻曼荼羅があり、
これまた厨子が国宝だったりします。
 
本堂からの景色。 右が金堂、左が講堂。
中には大きな仏像がドドーーンっとキラキラ
 
金堂の奥には、東塔。
 
奥の院への入口。
 
左を見れば西塔。 修復中でしょうか?
 
奥の院…
 
しかし、ここは仏像がてんこ盛りでいいところです。
二十年前から何度も来てるところですが、飽きませんねぇラブラブ
 
 
日帰り奈良仏巡りは終了です。
チャンチャン星
 
 
 

【安倍山 文殊院】

三連休、長谷寺まで来たからには、幾つかお寺を回ってみようという事になり、何度か来てる安倍文殊院に来ました。
 
安倍晴明ゆかりのお寺なので、晴明聖地巡りをしていた若かかりし頃から来てたりします。
 

山門と下馬石。
 
最近の海外からの観光客向けに作ったのでしょうか。
あちこちにこんな看板がありました。
 
ほんのり紅葉。
 
本堂です。
 
 
早速本堂拝観券を購入。
前回までは本堂でお抹茶を頂けたんですが、今では向かいの客殿で頂けます。
 
勿論本物は撮影禁止なので、看板のお写真をパチリカメラ
 
国宝 渡海文殊菩薩群像。
西暦1203年(鎌倉時代)快慶作キラキラ
 
文殊さまの前で坊さまの説教を聞き、がぶり寄りで観て来ました。
 
金閣浮御堂をバックに、石碑を写した……隣の永代献燈籠に「安倍晋三」の名前が(笑)
建立年を見れば、前回の総理時代のようです。
安倍氏、繋がりがあるのかな?
 
 
特別史跡は、建立した安倍倉悌麻呂公の墓と推定されてるとか。
玄室には、(伝)弘法大師作 「願掛け不動」が古より祀られてます。
 
 
 
 
 

【豊山 神楽院 長谷寺】特別拝観

11月頭の三連休、暇をしていた相方が
奈良の長谷寺が特別拝観をしてるとスマホを指差し言い出した。
 
や、いいけどね。私も特別拝観の時は行った事ないし……
(内心、ワクワク口笛なんだけどね)
 

三連休の中日という事もあり、そこそこ観光客が多かったですが、
紅葉の盛りまでには、ちょっぴり早かったようです。
 
総門(仁王門)、明治二十七年の再建だとか。
楼上に釈迦三尊十六羅漢像を安置してるようです。観たいな~

 

 
仁王像は金網越しなので、イマイチ表情が分かりません。
 
登廊、重要文化財だとか。
段の高さが低いので、ご年配の方々でも登り易いですね。
もちろん私も爆  笑
 
蔵王堂、ですが、こちらの主の蔵王権現像が入院(修復)中との事。
 
登廊の中廊。 ちょっとさっきより階段の高さが高くなってますアセアセ
この下中廊は山門と同じ明治の再建なのに、重文なんだそうで…
 
本堂に着きました。
 
 
 
懸造り(舞台造)された南面の大殿堂からは、五重塔が見えます。
 
舞台からは、登ってきた登廊や、寺院の屋根瓦が見えます。
 
登廊を登りきったところにある門。
 
本堂の入口。
 
特別拝観記念なのか、結縁の五色線をいただきました。
仏の五つの智慧を表す白、赤、黄、青、黒の五色の色をより合わせて腕輪にしたそうな。
 
本堂横にある能満院に、地獄の絵馬がありましたので思わずパチリカメラ
閻魔様の前で煮られてる亡者や、ノコギリ引きされてる亡者や……
 
……むむむ………ガーン
 
 
 
 
 
 
 
 
10月の三連休に行った東京の話を今更アップしてるワタシ…スミマセン(´ε`;)
 
仏友との楽しい二日間を終え、ガッツリ飲み終え(笑)……
翌日は一人、電車で甲州へ行くことになってたのにね~
 
や、しっかり定時に起きられましたがニヤリ
 
 
新宿から「特急」に乗れば、思ったより早く着くとは知ってますが、
主婦の立場としましては、お金の事を考え「普通」で……てへぺろ
 
 
「勝沼ぶどう郷」に着いたら、相方が待っていました。
実は、北関東を走り回っていた相方とここで12時に待ち合わせしてました。
 
私は知らなかったんですが、
「ぶどう寺」呼ばれるお寺は、知る人ぞ知る有名な真言宗智山派のお寺です。
 

立派な山門です。
 
 
どっしりとした仁王像も、色が禿げかかってますが残っています。
 
甲陽鎮撫隊と名前が変わってますから、
新選組の近藤勇が会津に引く途中の戦いでしょうかニヤリ
 
どーーーーんびっくり
階段がこれでもかっと続きます……
 
頑張れと言われても……ガーン
 
あと半分………笑い泣き
 
もうすぐです……アセアセ
 
おおう! 若返るハッ
 
着きました、楽屋堂です。
 
正面が本堂、国宝 薬師堂です。
左の舞台が 稚児堂。
 
 
右に目を移せば、手水舎と鐘楼が見えます。
 
本堂の中には薬師如来と脇侍日光月光菩薩がおわしますが、
秘仏として厨子(これまた国宝)にお隠れのようです。
堂内には特別開帳のお知らせが……うう、来年っっすか……ガーン
 
秘仏は来年のお楽しみとして、堂内の仏像(十二神将等)お宝を見せていただき、
まっすぐ中央道で帰路につきました。
 
 
 
 
 これが本当の、東京見仏(&おまけ)はおしまいです。
またいつ行けるやら照れ
 

「マジカルアジア」トーハク東洋館

テーマ:
「運慶」を堪能した翌日、再びやってきました、上野公園。

平成館、本館の隣にある東洋館では「マジカルアジア」という別のイベントがやっていたので、来てみました。

 
如来三尊仏龕。
 
阿弥陀三尊仏龕。
 
弥勒三尊仏龕。
同じような彫り物だけど、時代もバラバラです。
 
ブッダ坐像。
ガンダーラの顔つきだね。
 
菩薩立像。
顔がでかーい爆  笑
 
ブッダ三尊像。
お? 脇侍に胸がある…観音サマ? 変わってる…あせる
 
説明を読めば、両脇にいるのは両親だとか……!?
 
 
 
東洋館は、海外の仏像が並んでいるので、
日本生まれの仏像を見慣れた私には不思議な空間でした。
 
 
久しぶりに訪れた東京は、これで終わりです。
東京はイベントや展示が多くていいな~キラキラキラキラ