山本屋総本家

テーマ:

大正14年名古屋大須にて、初代店主である島本万吉と妻きぬによって 「山本屋」という屋号を買い取り開業したのが、今の「山本屋」のはじまりです。


研究に研究、改良に改良を重ね、山本屋独特の「こし」と真似の出来ない「味」と「こく」、毎日食べても飽きないとされるのが、山本屋の「煮込うどん」です。


味噌煮込うどんは、名古屋のどこの家でも作られていた素朴でポピュラーな郷土の味でした。
今となっては、この家庭料理を遠方から食べにみえるお客様も少なくありません。
そのためもあり、現在の通信販売をご利用頂くまでになりました。


「名古屋の名物」にまで育て上げた山本屋総本家のこの「煮込うどん」は、国内産100%の小麦粉で、太くてコシのある「生うどん」だからこそ、「味噌煮込うどん」の味が生きるのです。


山本屋の煮込うどんはカツオ、シイタケ、コンブ等で作っただしに、たまり醤油とみりんで味付けしたすまし汁がベース。

岡崎産の八丁味噌(赤)と、名古屋産の白味噌の秘伝の調合がミソ。これが島本万吉さんのアイディアで、赤味噌の渋みを白味噌の甘みでおさえ、まろやかな味が出たというところが、誰にでも好まれるようになりました。


鍋は、煮え方も遅いが、冷め方も遅い信楽焼。

この土鍋の蓋には穴がない。

蓋をしないで煮るから、空気穴はいらない。

この蓋を小皿代わりに使ってうどんを食べるので一石二鳥である。

お腹に余裕があれば、蓋にご飯をとり、味噌をかけて食べてもよい。

これであなたも味噌煮込通。



気まぐれブログ

気まぐれブログ

AD

学校給食

テーマ:

全国には、学校の教室を形取ったレストランや給食メニューを取り入れたレストランや居酒屋がたくさんあります。


その中からいくつかを紹介したいと思います。



ブラッセリー給食当番


場所:台東区元浅草1-4-4  電話番号:03-3847-0537


営業時間: 昼)AM11:30~PM2:00/夜)PM6:00~PM11:00(オーダーストップPM10:30)


定休日:日曜・祭日



気まぐれブログ



気まぐれブログ

< スペシャル給食セット 1,500円 >


気まぐれブログ

気まぐれブログ

< 1年生 肉巻きおにぎり  580円 >


気まぐれブログ

< 2年生 鶏の唐揚げとナスのおろしポン酢和え 680円 >


気まぐれブログ

< 3年生 豚ロースの味噌焼き レタスと豆腐のおろし寄せ 750円 >


気まぐれブログ

この他の4~6年生までのメニューもあります。


また、鯨の竜田揚げやあげパンもありますよ。


夜は、居酒屋バーの衣替えするらしく、ビール・チューハイ・日本酒・ワインは勿論のこと、


カクテルやソフトドリンクがあり


カクテルの中には、『白雪姫の毒リンゴ』・『カリブの海賊』・『桃から生まれた桃太郎pon!!』、


ソフトドリンクには、『子供ビール』(あわあわリンゴソーダ)といった


ユニークな飲み物もあります。


中には、パーティーコースも2,000円~あり、友達で楽しむこともできます。




この他のお店は、


千葉県に居酒屋ふらり横丁


東京都に給食のおばさん


神奈川県におもひで喫茶ローディーズ


山梨県においしい学校


岐阜県にお料理倶楽部 給食ごっこ


静岡県にがっこーにいこう!


大阪府に個室居酒屋 6年4組 谷町本校


などがあり、


他、北海道・群馬県・大分県などにもあります。



みなさん、一度食べてみてはいかがでしょうか?







AD

ニュー水無月

テーマ:

静岡県磐田市豊田町にある、『ニュー水無月』には


長さ約20センチのジャンボ海老フライ定食(2,300円)と


肉の厚み約3センチで350gのとんかつ定食(1,800円)がある。


どちらにも茶碗蒸と蟹の味噌汁がついている。



気まぐれブログ

気まぐれブログ

気まぐれブログ

とても美味しいですよ。


一度食べてみてください。





AD

神楽坂飯店

テーマ:

大食いチャレンジ店の老舗「神楽坂飯店」のチャレンジメニュー「一升炒


飯(チャーハン)」で女性の記録はタレントのギャル曽根さんが持つ13分


(制限時間は60分)だったが、大食い界の新女王として脚光を浴び始め


ている岩手県在住の主婦・菅原初代さんがテレビ番組の企画で挑戦し


たところ、8分15秒で完食。5分近く短縮する新記録樹立となった。


同店が提供するチャレンジメニュー4つの中の1つである「一升炒飯」


(5,840円)は、その名の通り一升(=10合)の米を使用したチャーハン


で、重さは2.5キロにもなる。


「一升炒飯のチャレンジ成功率は約1割」と同店。男性の記録では、


ジャイアント白田さんが5分台で完食しているという。



気まぐれブログ


「一升炒飯」(5,840円)


気まぐれブログ



同店では40年以上にわたり大食いのチャレンジメニューを提供し続けて


いる。一升炒飯以外には、



「餃子(ギョーザ)100個」(9,600円)


気まぐれブログ



「ジャンボ餃子」(9,600円)


気まぐれブログ


「ジャンボラーメン3杯」(1,890円)


気まぐれブログ


の3種。


それぞれ制限時間内で食べると、料金が無料になる。


※「ジャンボ餃子」のみ3、4日前までに予約が必要。


成功すると数種の中国酒の中から1本選んで貰えるとのこと。


また、完食証もいただけるとのこと。


その上完食された方のは、テレビ・雑誌の取材モデルの


お誘いもあるらしいです。



みなさん、一度試してはいかがですか?


営業時間は、平日=11時~23時、土曜・日曜・祝日=11時~22時。













法多山(静岡県袋井市)

テーマ:

法多山名物として、『厄除だんご』というものがある。



法多山はその昔、神亀2年(725)聖武天皇の勅(みことのり)により行基上人が


開山した高野山真言宗別格本山であり勅願定額寺の列に偶せられ、朝廷、


武将の篤信を授け信仰、文化の殿堂として栄えた、特に法多山では、毎年


正月江戸幕府の武運長久、天下泰平、五穀成就の祈祷を奉修し、祈祷ご符と


当地名産品を献上する習わしであった。十三代将軍家定の頃(1854)門前に


住する寺士八左エ門の発案による観世音名物団子が登城の土産に添えられ


を始めとする。将軍家より「くし団子」と御命名賜り以来、一般参拝客の賞味


するところとなり、俗に厄除団子と呼ばれ親しまれ今日に至る。




気まぐれブログ

気まぐれブログ


5串一束となっており、一束食べて御利益があるとのこと。


甘さ控えめで大変おいしいです。


自分だったら、一箱ぺロリと食べてしまいます(笑)


静岡方面にお越しの際は、是非お立ち寄りください。


一箱 500円と大変お安くなっております。


また法多山のは、この団子を食べられる休憩所もありますので、


ご安心ください。



気まぐれブログ