たくみん☆の「王様の耳はロバの耳~」的ブログ

タイトル通り、ただ単に言わずにはいられないことを吐き出してるだけです☆

あと、自分で真実だと思ったことを書いてます。

見解が違う人はそっとしておいてやってくださいm(*u_u)m


テーマ:

電流という概念の基礎が間違っていたのに訂正されていない問題。
ネット上で質問がいくつか見られるけど、みんな丸め込まれて終わってる。
どうして真実を知ろうとする純粋な気持ちを「大人の常識」で馬鹿にして押さえつけてしまうんだろう?
将来の科学者の芽をつんでません?新しい発見があるかもしれないのに。
(理科室に音楽室のように偉大な先人の写真が飾られてない理由を知ってます?)
というか、ありもしないものをでっち上げて、実際とは逆のことを教えるのはおかしいと思うのが普通じゃない?
これはこういう決まりだから何も考えずにそのとおりに計算していればいいというマニュアル人間の考えの押し付けにすぎないよなあ。

電子はゆっくりとしか動けないけど電流は光速だから電子じゃなくて電荷が流れてるって言う人さえいる。
電流がどうやって流れるのかわかってなくない?
電荷?そんなもの実体のないただの概念(素粒子の性質)なんだけど?実在しないものが流れてるの?
陽電子が流れてるって言うんならプラスからマイナスでもいいだろうけど、それは絶対にありえないし。

いまさら変えるメリットがないし、符号も逆にしなきゃいけないから大混乱が起きるでしょ?と言う人もいる。
別にすべて変える必要はないと思うけど?
電流は電子の流れでマイナスからプラスに流れる、とだけすればいいだけでしょ?
(もうとっくの昔に実際には電子が流れているってわかってるし、学校でもそう教えてるのに。)
プラスとマイナスのイメージと違うからダメ?
どっちにしろ電子が余分にある方がマイナスで足りない方がプラスと理解してるんだから大差ないでしょ?


電流の定義を見てみると、

電流(でんりゅう) は、電子のような荷電粒子[1]の移動に伴う電荷の流れ(電気伝導)、もしくはある面を単位時間に通過する電荷の量のことである[出典 1]。
この電荷の流れを運ぶのは、電線などの電気伝導体では移動する電子であり、電解液ではイオンであり、プラズマでは両方である[出典 2]。


あっそう。イオン?でも水溶液中に電流は流れないと思うけど?どこをどう流れるって言うんだろ?
ただイオンがふた手に分かれて電極へ移動して電子のやりとりしてるだけでしょ?
(結局は“電子”じゃん?)
それを流れてるって言えるのかなあ?それを“電流”って呼ぶのはどうかと思うけど?
流れてるって言えるのは電極と導線(つまり金属)の中だけでしょ?

誰もおかしいと思わないのかなあ?
いや、質問してる人はいるけど。
専門家たちにとっては考えるだけ時間の無駄という感じなのかな?

理系の人の文章って独りよがりで、かえって論理的じゃない場合も多いし。
言葉の意味なんて考えずに単純に直訳の訳語を当てはめたりするし。
言葉に無頓着なんだよね、きっと。
だからモノとコトとを取り違えたりするんだろうなあ。

PR
いいね!した人

[PR]気になるキーワード