TKM-Fukaya(邪道) official blog(総合芸術プロデューサー深谷拓己のプログ)

TKM-Fukaya(邪道)は日本の作曲家深谷拓己のソロバンドです。
一人でハードロックバンドやります!
ミュージシャンシップ準優勝。


テーマ:


★特別なブログ

こちらのブログの方に書くのは久々かもしれない。

最近は基本的にはレインボー(邪道)の代表としてこっちに書いているからね。

レインボー(邪道)ブログ


でも今日は深谷拓己個人としてこちらに書いておきたい。
特別なことだからだ。


★去年の322に起きた奇跡と軌跡

「初めてだから」様子見をする人が多いだろうが、ご存じのとおり私は違う。(笑)
1年前の3月22日私は初めてイベントを主催していた。

消失鬼、、、魔族と人類の中立国アルンデイム、、、世界から音が消える、、、勇者たち。。。そういうことをやった。プロの声優さんとも結託し、映像や演劇を織り交ぜた総合エンターテインメントショーにしたのだ。

今のレインボーのキーボードプレイヤーでもある優樹いづもさんにも出演してもらったし、ささみ。さんと吉岡くんやAweraくん、のんぺや上木博子さんが親しくなる礎となるイベントでもあった。そしてここで我らがレインボー(邪道)のベーシストWAKABAYASHIとも初対面となるわけだ。
エンリケさんにもご出演いただいた。We Rock!した!

そしてこれだけで終わらないで欲しかった、だから私は私で続編を作った。

しかしもう一人別の人物がこのイベントをその場限りのものにせず、未来へ繋いでくれた。

ささみ。先生だ。

10月23日彼女の企画フェスは、彼女と僕(コラボもしたな)と吉岡君、WAKABAYASHIのバンド祇園が同じく出演した。
さらに、ささみ。バンドでは私がギター、WAKABAYASHIがベースを務めた。因みにこのときのドラムのharuくんにもらったカホンがいつも私が大暴れしているカホンだ。(笑)


★音楽のプルシェンコ

そしてこのイベントで私はあるキーパーソンと出会うことになる。
清野りなというシンガーソングライターだ。

私は初めて対バンする人には常に「プルシェンコ」を期待してきた。この方はなんとその無理難題を満たしてくれたよ。

繊細さとダイナミックさは大きなレンジの中で融合していないといけない。
感情の表現をするには、そもそも表現に値する感情を持っていなければならない。
そして躊躇しては絶対にならない!

そう、1年後の同じ日、つまり今日、清野りなさんのバンド「花びらと煙草」のライブを拝見してきた。
期待は裏切られなかった。やはり彼女・彼らは「音楽のプルシェンコ」だった。これからさらにその階段を昇っていくことだろう。オリンピックで金メダルを獲り、何度も世界王者に輝き、何よりも沢山の人の心を強く動かしていく未来を楽しみにしている。

これが322マジックだ!!


★未来への第一歩は5月

そして今度は私がバンドとして初めてプロデュースするライブイベント"Monsters of Rock(邪道)"に彼らは出演していただくことになっている。
そこにはエンリケさんのメインの活動THE KEY PROJECTとして出演していただく。

イベントのページは開いただけでトロ~リと美味しいチーズや上品な蟹の香りが漂ってくるようになっている。ワイヤレスマウスも当たる。
要するにまたしても奇妙なイベントだ。私が変人なのだから仕方ないだろう。潔くあきらめてくれ!(笑)

イベントページのリンク

ご予約・ご質問はコメントでもメッセージでもツイッターでも歓迎だ。

とにかく今日は322出演者の皆、そして花たばの皆さんに心から感謝の言葉を述べたい。
そして本当の感謝とは音で伝えるものだ。5月8日下北沢club251で会おう!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
元バービーボーイズ・浜崎あゆみバンドのエンリケ氏たちも絶賛した「あの声」




彼女、ご当地キャラのオーディション中で、動画の高評価が必要です。

実は私が初めてオールプロデュースしたロックイベント、あの「322」の奇抜な(ご迷惑おかけしました・笑)演出のナレーションを担当してもらった声優さんなのだ。
光栄なことだよ。

音楽家の観点からも素晴らしいハイレゾ向きサウンドの声。
今後3年のうちにブレイクすると信じている。
皆よろしく!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて、ご存知の方も多いかもしれないがこんなブログを始めた。

http://ameblo.jp/rainbowjado/

つまりまとめると
・僕の新バンドは「レインボー(邪道)」
・2月14日から音源プレゼントキャンペーンを始める
・初回スタジオ練習の一部を公式海賊版として公開
・レインボーとしてブログを書いていく

でも、このブログをやめることは無い。
向こうではレインボーの代表としての責任を果たす意見の発信を行っていく。
つまり、レインボーとしての意見ではなく、深谷拓己個人の意見発信はこちらでやっていく。

両方登録をしてくれ。

新生レインボーの音源↓
http://routex2009.wix.com/rainbowjado#!blank/c1t44


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

12月20日新宿FNV、無事(?)TKM-Fukaya(邪道)活動終了ライブ終えることが出来ました。
出しつくした感じかな。これ以上は無理。
Sakura Eclipseから知ってる人も、一昨日はじめて知った人も、3年間本当にありがとう!

最初は深谷拓己という名前ではじめて、TKM-Fukayaに変わり、邪道がついたりと名前を変更してきたけど、一貫して「一人でロックバンドをやる」というプロジェクトだった。
最後のライブの映像はこちら!
集大成にはしたくなかったから新曲をやった。最後から2番目の曲だ。
古い曲にしても新しい一面を見せながらひとまずのお別れが出来た。満足している。

ライブ動画はこちらを見てほしい。




久々にステージ上でスパゲッティを食べた。2時間くらい楽屋に放置していたから物凄く硬かったよ!(笑)
そして鍵盤にフォークを突き刺すのも久々な気がする。ダイソーのフォークが良く刺さるんだ。ステージでは気温が高くて膨張があるからなかなか練習通りにはいかないんだけどね^^

最後から2番目にやったのはBeginning of Rainbowという曲。僕の来年5月に始動する新しいプロジェクトへの橋渡しになる曲だ。

あと1曲目も先週13日にお披露目した新曲。これは新しいプロジェクトでもやる。キースエマーソンのリッチーブラックモア版といったところかな。後半でシャッフルのリズムがだんだん8分音符に近くなっていくのがこの曲の持ち味。手がつかれてリズムがおかしくなっているわけではないんだ。(笑)

では5月8日、下北沢251で会おう!
あとその前に動画も上げるつもりだ!
よろしく!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

12月18日だったか19日だったか、音楽仲間たちとカートレースをしてきた。
僕はポールトゥウィン!

ジーンシモンズ

ラップタイム表をもらって非常に面白い数字が見えたのでグラフにしてみよう。
解析

僕がモータースポーツって面白いなって思うのは、ヘルメットかぶって車の中に納まっているのに、ラップタイムや挙動から何を想い何を考えてるのか丸わかりだということ。むしろ顔を出してやるスポーツよりも演じることが難しく、本当の心の内が見えてしまうように思う。

上のグラフは僕のラップタイムだ。1周目はグリッドから加速するのとタイヤが冷えているので遅いのは当然として、2周目以降は6周目までほぼ等差数列的に0.3秒ほどタイムアップしていく。4周目はイエローフラッグ(事故車あり徐行せよの意)でゆっくり回ったけど、そこを除くと
29.793
29.499
29.173
29.865
ときれいな数列になる。
タイヤの温まりと僕自身少しずつ感覚が慣れてきたのと両方だろう。

で、
6周目が速かったのは自分でも分かった。それで恐くなった。(笑)
レースは速い者が勝つわけではない。どんなに速くてもクラッシュしたら終わりなんだ!
だから凄く慎重になった。7周目に一気に保守的なライン取りに切り替えた。その後は9周目まで2周目以降と同様に0.2~0.3秒ずつタイムを上げた。僕の中では11周目までまったく同じ走りをしたつもりだったので、9周目以降サチったのはおそらくタイヤの温度がサチったのだと考えられる。その仮説を適用すると2周目から6周目のタイムアップの支配因子もタイヤ温度のみだった可能性もある。

総じて何が言えるかというと、
1.深谷拓己は必要以上のリスクを取らないタイプ。
2.自分のリズムを乱されたくない(全く同じ走りを続けないと不安)
3.物事が上手くいくと転落への不安に陥る。


こんなところかな、次のレースで僕を倒したい皆、天才ギタリスト深谷の鼻っ柱を折ってやりたい皆、その他僕をコテンパンに倒したい皆、このグラフにはここに書いた以上の情報が隠されているかもしれないから参考にしてね!

ちなみに最終ラップは遅すぎてスケールアウトしてるけど、最終コーナーで2台止まっていて道がふさがっているというカオスだった。後ろで僕も止まって3台駐車場。2006年モナコでミハエルシューマッハがラスカスに駐車して後続を妨害したのを思いだした。(笑)ああいうのもミハエルの可愛い一面だと思う^^

今回楽しい思い出を共有できたバッドカンパニーたちのライブ予定は

ささみ。ちゃん
2月14日新宿ACB
2月某日名古屋遠征ライブ
3月12日八王子papabeat@ワンマンライブ

岡安さん
1月30日北浦和エアーズ

Aweraくん
2月3日北浦和エアーズ
5月8日下北沢club251


最後に僕の自信作を聞いてくれ。中世とロックとデジタルを合わせた。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

北浦和エアーズ公演13日。
素晴らしかったね。凄く良い1日だった。

まず、僕の音楽を気に入ってくれて、普段からよく聞きに来てくれている皆に、キープロさんのライブを見てもらえたこと。
僕はある意味自分に興味がない一面もあって。
自分の音楽を気に入ってもらえたら勿論うれしいけど、大事なのは素晴らしい音楽・僕が魂を揺さぶられた音楽が多くの人の心に届いてくれることなんだ。
だから、キープロさんのステージを一ファンとしての僕とみんなとで共有・共鳴・共感できたことは最高の思い出になった。

そして、僕のステージも良かった。久々にちょっと憑いたんだ。ステージでは何もしなくてよかった。それを皆にもそしてキープロのお三方の心にも届いたというのがとても嬉しい。エンリケさんはご自身のフェイスブックに書かれていたし、八重樫さんや工藤さんからも嬉しいお言葉をいただけた。

まあ、でも思い出は過去の話。僕は過去も大事にしつつ未来を見ているよ。

今日16日中にThe Best of Fukaya 4の高圧縮音源をYoutubeとサウンドクラウドに載せる。
そして17日には20日FNVの打ち込み制作、18日はその練習。

20日新宿FNVの詳細はこんな感じだ。皆よろしく!

18:00 OPEN
18:30 START

僕の出番は20時前後。
前売り2500円。当日3000円




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよ明日、終わりの始まりがスタートする。
先ほど通しでリハしてみたけど、圧倒的な作品に仕上がったと思う。
明日の僕がそれを表現できるかにかかっているというわけだ。^^

さて、明日発売するCDには3種類ある。

1種類目は通常版で1000円
通常版と言っても結構、自が読みにくかったりするんだけどね。黒いところに黒い字で書いたりした。(笑)

2種類目は逆さ版で900円
文字が逆さになっているバージョンだ。読みにくい。(笑)

3種類目はパッケージが開けにくいバージョン。
周りを接着剤で固めた。(笑)
苦しんで苦しんで手に入れたものほど人生の中で大きな価値を持つんだ。
それによって聞くときに覚悟が生まれる。より真剣に音に向き合ってもらうことが出来るんだ。

逆さ版は2枚限定、開けにくい版は1枚限定だ。

またCDとは別にハイレゾ音源データを収めたDVDを2枚用意する。
音圧の高いものも一緒に収録するよ。CD音源もCDとYoutubeのあいのこも。画像も。つまりこの中には全てが入っているということさ。2枚だけだ。1500円。

CDの内容は14日以降Youtubeに音圧の高い状態で上げる。音質と音圧の問題はあるけど無料で聞けるよ。

それでは楽しみにしている。
WE ROCK!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

TKM-Fukaya(邪道)FINAL GIGSに向けアルバム

The Best of Fukaya 4~We Rock!~

を発売する。

コーラスアルバムになる。
ボーカルは15重に重ねているところもある。
ギターもブライアンメイのようにギターオーケストレーションをしている。チョーキングとビブラートが正確で毎回同じように弾けるからできることだ。ここは誇りに思っている。

無料版はYoutubeで公開する予定だ。勿論Youtube版とCD版、配信版ではギターソロも別テイクを採用したりマスタリングも違ったりと差別化を図った。例えばYoutubeは音質が良くはない。だから細かい表現にこだわるよりもいっそ犠牲にしてしまって音圧を上げたんだ。
有料版はどういう形にしようか。取りあえず確定してるのはライブ会場で10枚CDを売るということ。需要があれば以降受注生産にする。iTunesやサブスクリプションは未定だ。要望があれば考える。

収録予定の曲?この2年の総括になるだろう。
TKMのこの活動形態だからこそ出来る曲というのがあるよね。例えばHotel of Creaturesとかだ。Magic Jealousyは最高の曲だし、I can't seeも僕は気に入っている。10年後には評価されている曲だと思う。LoreleiやFire on Iceといったものも入ることになる。ライブではコーラスが出来ないから、そういうピースを埋める必要のある曲を収録する。

驚異的な仕上がりだから、是非聞いてほしいね!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

タイトルの通りだ。
残っているライブは2本。それを終えたら、この活動は終了しようと思う。
ひょっとしたらプラスアルファの公演も行うかもしれないけどね。基本的に今年いっぱいくらいで終わりだ。

いろいろ理由はある。
一つは僕が変化を求める人間だということ。同じことを3年はやらない。
単純に新しいことをやりたい!
新曲は次から次へとできているし、古い曲も毎回アレンジを変えてはいる。でもザックリ言えばだいたい同じものをやっている。皆からしたら、「何が同じだ!?」というかもしれないが、僕からしたら大きな違いではない。

関連して、僕は何百、いや千も超えているかもしれない、曲のアイディアがある。でも今のスタイルで出来るのはそのほんのごく一部なんだ。
最近は楽曲提供で一部のアイディアが外に出て行ってくれているが、作家深谷拓己にとっては十分では無い。
新しい表現方法が必要だ。

もう一つは、表現者として、全盛期は過ぎたということだ。2013年冬から2014年序盤くらいが良かった。ハッキリ言って嫉妬しているよ。(笑)当時の僕は狂気を物凄く薄いオブラートに包んでいて、たまに張り裂けて爆発していた。ハッキリ言って天才だったんだ。今の僕を天才と言ってくれる人もいるし、彼らの意見も尊重する。感謝もしている。でも一部の表現力の面で当時の深谷拓己の足元にも及ばないのは認めよう。彼は圧倒的だった。
勿論総合的な話は別。音作りや音楽に関する色々なことに知識を深め、テクニックも身に着けた。でも聞き手の心拍数に大きく影響を与えてしまうような力は失ったんだ。
では再び全盛期を迎えるにはどうすればいいか?
答えは簡単だ。環境を変えればいい。
まずTKMとしても「これが最後」となれば、表現したいことやこれまで見えていなかった潜在的な自分に向き合うこともできるだろう。
それを12月のライブでやる。
さらに新しい活動では間違いなくエキサイトするだろうし、僕が「本来の自分」でいられるような環境を作るつもりだ。

そう、認めよう。最近は少し皆のために親しみやすいキャラクターを装ったり、エンターテイナー然としたステージングをしたりしていた。音楽を知ってもらうために常識人の皮をかぶっていたのさ。
本来は違う。日本語で会話なんて無理だ!(笑)
ステージもそうだ。少なくもリードボーカルなんて嫌だ!(笑)一曲くらい歌っても良いけど、基本的に黙々と自閉症全開でギターを弾いていたい。先日とあるプロミュージシャンに「往年のギターヒーローのようだ」と言われた。それこそ僕が求めているものだし、皆も望んでいるんじゃないかな?

さて、残りのライブはおそらく2本。
もしかしたら追加するかもしれないけど、可能かどうかわからない。
だからどちらか、可能なら両方来て欲しい。特に13日のキープロさんとの対バンは凄いよ。
最後だからね。



TKM-Fukaya (邪道)
FINAL GIGS

12/13(日) 北浦和エアーズ (エンリケ氏と対バン)
17:30OPEN 18:00PLAY 前売り3000円

12/20(日) 新宿FNV
       時間未定 前売り2500円






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1はこっち
http://ameblo.jp/takumi-fukaya-36/entry-12093834300.html

2はこっちだ。
http://ameblo.jp/takumi-fukaya-36/entry-12094375451.html

最近は「趣味る」という動詞があるらしい。
ラストのギターステージはそれに該当するだろう。
そう、ただギターが好きで弾きたいから弾いた。それだけだ。
お客さんのことなんてこれっぽっちも考えていない。ただの自己満足のステージ。
プロフェッショナルとしては最低かもしれないが、ありのままの自分自身が魅力的なら、そんなステージでも楽しんでくれる人はいるはずさ。




1.またたき
ささみ。ちゃんの曲をカバーした。去年の11月30日彼女のライブに遊びに行ったんだ。その前日に生放送をやっていてその中で「今はお蔵入りにしている曲」としてやっていた。でも僕が気に入った旨をコメントしたら翌日のライブでやってくれたんだ。あれには感謝したね。
Yngiwe Malmsteenの"Risig Force"とTMの"Get Wild"を上手く混ぜてアレンジした。コードもオリジナルとは違うよ。
オリジナルは僕らのコラボレーションアルバムに入っている。(最下段http://routex2009.wix.com/jado#!discography-landing/c14pm)このレコーディングのエンジニアも僕が担当した。楽しかったよ。

1.5 Golden Garden
符点8分ディレイを使った曲。内容はタイトルの通りだ。それ以上でも以下でもない。

2.木
タイトルが酷いと評判の曲。(笑)
冬に木の幹を何十分もじっと見つめていたんだ。そしたらこのメロディが聞こえてきた。
良いメロディを持っているから、やった。
イントロで短く爪弾いたのはブラックモアズナイトの"Minstrel Hall"だ。

3.気候変動~春~
これも2013年くらいによくやっていたオリジナル曲。当時よりもBPMを20以上上げた。ギタープレイが楽しい曲だ。
この日ステージのセットアップやアンケートの配布を手伝ってくれた友人がいるんだが、昔、気候変動で体調を崩し倒れていた僕を助けてくれたんだ。その時にできた曲だ。

4.Kill the King
このショーはKill the Kingで始めてKill the Kingで終わろうと、そう思っていた。
この曲は弾くのも聞くのも最高だ。ロックな気分にさせてくれるんだ。
プレイの話をすると、ギターソロのアルペジオキメフレーズ、これはとても難しい。
正確に弾ける人は沢山いるけど、リッチーのようにロックらしい激しさを表現できている人というのはYoutubeでどれだけ探し回ってもほんの一握りしかいない。プロの有名な人でもここに来るとロックを失ってしまうのをよく見る。心に激しい火を灯していなければいけない。


以上だ。
リハーサル開始からトラブルに見舞われ、プロジェクターのトラブルで映像が固まり、ケーブルのトラブルで音が出なくなり、最後には非常ベルがなるという最高のショーだった。(笑)
別に会場を責めているわけではないよ。8月の某ライブハウスの時とは違う。
グラムシュタインはとても良いところだ。雰囲気と音響、この2つはプレイを左右する大きな支配因子。ここはその両方を兼ね備えている。また次も出ようと思うよ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。