私が社内外の友人に日々配信しているメールをバックナンバー代わりにブログにしています。

そのメールはみなさんが心にスイッチをいれたり、癒されたり、誰かに優しくしたり、高い目標を達成したり、情熱の炎を燃やしつづけたりするためにほんの少しお手伝いできたらと思って配信しています。

ここで紹介する言葉で、是非みなさんの周りにいる方を勇気付けてあげるのに使ってあげてください。

そうはいいながら、実はなまけそうになる自分への喝入れだったりします(笑

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-20 07:38:13

天使の妹 No.1857

テーマ:今日の言葉

******************************

「てんしのいもうと」

松橋 一太(小学一年生)


ぼくには、てんしのいもうとがいます。

よなか、ぼくは、おとうさんと

びょういんのまちあいしつにすわっていました。

となりにいるおとうさんは、

すこしこわいかおをしています。

いつも人でいっぱいのびょういんは、

よなかになるとこんなにしずかなんだなあとおもいました。

すこしたってから、めのまえのドアがあいて、

くるまいすにのったおかあさんとかんごしさんがでてきました。

ぼくがくるまいすをおすと、

おかあさんはかなしそうに、はをくいしばったかおをして、

ぼくのてをぎゅっとにぎりました。

いえにつくころ、おそらはすこしあかるくなっていました。 

ぼくは一人っこなので、

いもうとがうまれてくることがとてもたのしみでした。


おかあさんのおなかにいもうとがきたときいてから、

まいにち、ぬいぐるみでおむつがえのれんしゅうをしたり、

いもうとのなまえをかんがえたりしてすごしました。

ごはんをたべたり、おしゃべりしたりわらったり、

こうえんであそんだり、テレビをみたり、

いままで三人でしていたことを、

これからは四人でするんだなあとおもっていました。


でも、はるやすみのおわり、

トイレでぐったりしながらないているおかあさんをみて、

これからも三人なのかもしれないとおもいました。

さみしくて、かなしかったけど、

それをいったらおとうさんとおかあさんが

こまるとおもっていえませんでした。


ぽかぽかのあたたかいひ、ぼくたちは、ぜんこうじさんへいきました。

いもうととバイバイするためです。

はじめて四人でおでかけをしました。

ぼくは、いもうとがてんごくであそべるように、

おりがみでおもちゃをつくりました。

「また、おかあさんのおなかにきてね。こんどはうまれてきて、

いっしょにいろんなことしようね。」

と、てがみをかきました。

ぼくは、てをあわせながら、ぼくのあたりまえのまいにちは、

ありがとうのまいにちなんだとおもいました。  

おとうさんとおかあさんがいることも、

わらうことも、たべることやはなすことも、

ぜんぶありがとうなんだとおもいました。

それをおしえてくれたのは、いもうとです。

ぼくのいもうと、ありがとう。

おとうさん、おかあさん、ありがとう。

いきていること、ありがとう。

ぼくには、てんしのいもうとがいます。

だいじなだいじないもうとがいます。

******************************

毎年ご紹介させていただいているシナネングループ主催の

「ありがとう作文」の2016年最優秀賞のご紹介です。



一年生ながら、豊かな感受性と家族への愛情が

感じられる素晴らしい文章です。

一太君の想いを抱きしめて、素敵な週末をお過ごしください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-01-19 07:45:02

真剣に No.1586

テーマ:今日の言葉

******************************

人生を真剣に生きるのはいいが、

深刻に生きるのはやめましょう。

人生は笑い飛ばして生きるといい。


小林 正観

******************************

深刻に生きるとは、人生に起こる問題に対して、

深刻に捉えすぎないということだと思います。


失敗があっても、ときには笑って飛ばせるくらいの

余裕を持ちましょうということ。

車のハンドルも遊びが無ければ

まっすぐ走れないのと同様、

人生にも遊びが必要です。


「真面目」も「面白い」もどちらにも

「面」という言葉が入っていますね。

自分には見えないけれど、他人からよく見えているところ。

だから自分のためにあるのではなく、

周りを照らすために、笑顔があるのです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-18 07:46:43

視座を上げる No.1585

テーマ:今日の言葉

******************************

高いところに登れば、

より広く美しい景色が見える


加藤 庸子

******************************

昨日の学力に続いて、上げるシリーズです。

加藤先生は脳神経外科医として

難しい手術をこれまで2,000例以上も行われている女医さんで、

今も年間100例を超えるそうです。

そんな加藤先生がこの言葉とともに

『どんな仕事も諦めずに高みを目指して努力を続けていけば、

そこに辿り着いた者しか得られない

やりがいや楽しさを得られるのだと思う。』

と語られていました。


惑星探査機「はやぶさ」プロジェクトリーダーの

川口淳一郎氏も

『いまのレベルに安住して

足元を固めることばかりに一所懸命になっていたら

絶対にその先にある地平線は見えてこない』

『高い塔を建ててみなければ、

新しい水平線は見えない』

と語られています。


まだ自分が見えていない、経験していない

素晴らしい世界があるのです。

それを手に入れる切符は自分自身が持っているということ。

しかもそれは誰にでも与えられている。


アランの言葉を借りれば、

『ロープウェイで来た人は、

登山家と同じ太陽を見ることは出来ない。』

ということに通じます。


加藤先生の言葉は、致知2017年2月号からのご紹介でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-17 07:47:36

学力を上げる No.1584

テーマ:今日の言葉

******************************

遠回りのように思えるかもしれませんが、

家族揃ってゆっくり食事をとることです。

食卓を囲んで、家族全員が今日のことを楽しく語らいながら、

感謝の気持ちで食事を美味しくいただくことです。


野依(のより) 良治

******************************

みやざき中央新聞 2016年12月12日号の

水谷編集長の社説からのご紹介です。


2001年にノーベル化学賞を受賞された野依さんが

「学力が低下しているといわれますが、

どういう対策を取ればいいと思われますか?」

という質問を受けて答えられたら言葉がこちらです。


学力を上げるために勉強だけに専念しているのではなく、

安心して勉強が出来る環境作りというのも大事なのですね。

人として受け入れられている安心感だったり、

人に伝える、人の話を聴くことだったり、

一緒に笑いあったり、美味しいと感嘆したり、

感情を動かすことが出来るようになるはず。


さらにいえば、食事前の準備や片付けもみんなで手伝うこと。

それが家族で食卓を作っていくということになるのですね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-01-16 07:41:41

花一輪 No.1583

テーマ:今日の言葉

******************************

人生、人との出会いだよ。

別れる時に相手の心にトゲを残すな。

花を残して別れてごらん。

その花に実りが来て、お前のところに帰ってくるんだよ。

『人の心に花一輪』を忘れるな。


桂 小金治

******************************

茶道で言うところの一期一会とは、

一生に一度の出会いを想定しているのではなく、

いつも会っている人であっても、

今日の茶会を一度切りのものだと思って、

主客ともに互いに誠意を尽くすことを

説いている言葉です。


仏教では

『対面同席 五百生(ごひゃくしょう)』

という言葉があります。

これは今世で出会ったりたまたま席が一緒になったりした人は、

前世でも500回も縁あって出会っていたということ。


一つ一つの出会いに、花一輪を残すにはどうしたらいいか、

それを考え、実践することが

縁を繋げるということなのでしょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-13 07:55:29

5つの「あ」 No.1582

テーマ:今日の言葉

*************************

5つの「あ」がない人は、仕事が上手くいかない。

1. 挨拶ができない

2. ありがとうがいえない

3. 謝れない

4. 頭を下げられない(お願いしますと言えない)

5. 新しいことに取り組まない。


澤田 富雄
モルゲン人材開発研究所所長

*************************

「あ」は五十音の始まり。

神社の狛犬には阿形と吽形があり、

阿(あ)形は口を開いて、物事の入り口を示し、

吽(うん)形は口を閉じて終わりを示している。

東大寺などにもある金剛力士像なども同様ですね。


そうした物事の始まりである「あ」を含む5つの動作が、

仕事や人生の基本だということが非常に興味深い。

後は実践あるのみですね。


4つ目までは意識することがあっても、

5つ目の「新しいこと」はだんだんと

億劫になっていくのでないでしょうか?

新しいことに取り組む姿勢こそが「若さ」だそうです。

若いから取り組むのではなく、取り組むから若い。

その順番を間違えないように。


そしてすべての土台は「あ」から始まる「愛」です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-12 07:47:45

努力と希望 No.1581

テーマ:今日の言葉

******************************

人間は活動するところ、

そこに必ず新しい希望が生まれてくる。

希望こそは、人生の生命であり、

それを失わぬ間は、

人間はムダには老いない。


本多 静六

******************************

本多氏は「公園の父」と称された林学博士、造園家、

東京農科大学(東京大学農学部)教授。

東京の日比谷公園をはじめ、大沼公園(北海道)や

鶴ヶ城公園(福島県)、羊山公園(埼玉県)、

明治神宮(東京都)、臥竜公園(長野県)、

卯辰公園(石川県)、大濠公園(福岡県)など、

明治期以降の日本の多くの大規模公園の開設・修正に携わった人物。

先日テレビ番組で特集をやっていましたが、

あの明治神宮の杜が本多氏設計により、

100年先を見据えて造園されたことを知り感動しました。

自然が作り出したものではなかったのですね。

その他にも

『世の中には

濡れ手で粟を掴むような旨いことが、

そうザラにあるわけのものではない。

手っ取り早く成功せんとする人は、

手っとり早く失敗する人である。

真の成功には速成もなければ、裏道もない。

あせらず怠らず、長い道を辛抱強く

進んでいくよりほかはない。』

『愚鈍な生まれつきでも、

努力次第で何事にも成功する。』

という言葉も遺されています。

努力ができることも立派な才能です。


本日12日は満月です。

冬の空気の澄んだ透明な夜空に、

綺麗な月が拝めると良いですね。

顔を上げていきましょう。

そして、いらないもの、止めたい習慣、

捨てたい感情を満月リストとして書いて

整理をしてみましょう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-11 07:54:47

理想 No.1580

テーマ:今日の言葉

******************************

10年、20年かかるかもしれないが、

「生命保険を扱う人は、

高い志と愛の伝道師としての責務を果たすことの出来る

人間的魅力の高い人間である」

ということを日本の多くの人達にわかって頂きたい。

それが日本の生命保険事業を変革するということ。


Kiyo

******************************

今日は創業者の命日ですので、その言葉に触れたいと思います。


『良い社風とは理念を掲げているだけでは実現出来ない。

そこにいる社員一人一人が具体的に実践することが重要。

そうして築き上げられた社風を後世に残せる財産としたい。』


業界を変革したいという想いは、

商品や方法ではなく、

そこで働く人を作ることによって成し得る。

それを目指していたのですね。


松下幸之助氏が

『松下電器は何をつくるところかと尋ねられたら、

松下電器は人をつくるところです。

併せて電気器具もつくっております。

こうお答えしなさい』

と語られていた有名なお話と同様、

創業者が残したいものは「人」なのですね。

人が育っていくことは会社のみならず、

社会にも良い影響を与えていくことでしょう。


その理想があるから、後に続くものも迷わず行けるのです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-10 07:42:19

褒める No.1579

テーマ:今日の言葉

******************************

褒めてくれる人は敵と思え。

教えてくれる人、注意してくれる人を味方と思え。

褒める人というのは、芽が出てきたときに、

プツンと摘むのと同じ。

褒められると、自分はそれでいいと思っちゃう。

教えてくれる人、注意してくれる人、

こういう人が足元に一所懸命肥料を与え、

若木を大木に育て、花を咲かせ、実らせようとしてくれている。


桂 歌丸

******************************

前回に引き続きの対談記事からのご紹介です。

これも歌丸氏が自身の師匠からの教えだそうです。

のぼせるな、指摘してくれる人を大事にせよ、

という戒めですね。

一方で

「ほめてやらねば、人は動かじ」

という山本五十六の言葉もあります。

二つの相反する教え。

しかしながら、どちらもまた真なりです。


褒めることがいけないのではなく、

褒められっぱなしがいけないという受け手の問題と、


指示や命令がいけないのではなく、

気持ちを斟酌しながら、伝えていくべきという

教える側の問題の両方が存在しているのです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-06 07:30:44

させるのではない No.1578

テーマ:今日の言葉

******************************

笑わせるんじゃない、

笑っていただくんだ。

聞かせるんじゃない、

聞いていただくんだ。


桂 歌丸

******************************

落語の桂歌丸氏と歌舞伎の中村吉右衛門氏の

対談記事からのご紹介です(致知2017年2月号)。

笑わせるのではなく、笑っていただくというのは、

舞台の上や高座からの高い視点で見るからこそ、

より意識しなくてはならないことでしょう。

自分がしてやったと偉ぶらないこと。

仕事でいえば、

相手に理解させるのではなく、

理解していただく。

気付かせるのではなく、

気付いていただく。


そう仕向けられるように言葉や所作、間の取り方を

選んでいくことに繋がっていくのだと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。