私が社内外の友人に日々配信しているメールをバックナンバー代わりにブログにしています。

そのメールはみなさんが心にスイッチをいれたり、癒されたり、誰かに優しくしたり、高い目標を達成したり、情熱の炎を燃やしつづけたりするためにほんの少しお手伝いできたらと思って配信しています。

ここで紹介する言葉で、是非みなさんの周りにいる方を勇気付けてあげるのに使ってあげてください。

そうはいいながら、実はなまけそうになる自分への喝入れだったりします(笑

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-24 07:39:12

残るもの No.1611

テーマ:今日の言葉

******************************

人生最後に残るものは、

集めたものではなく、

与えたものだ。


ジェラード・シャンドリー

******************************

コレクションを集めてもその多くは本人にしか価値が無い。

それよりも人の心に残る行いをしていくことことが大切になる。

だから、何も持っていなくても、誰にでも出来ることなのです。

ただし、バイロンの

『人に施したる利益を記憶するなかれ。

人より受けたる恩恵は忘るるなかれ』

という言葉の通り、恩の押し付けはしてはいけない。

でも人から受けた恩は忘れないこと。


今週末、2月26日(日)23:58から新月に入ります。

願い事リストを作って成りたい自分、叶えたい思いを整理してみましょう。

■新月パワーの願い事リストの書き方

1.新月に入った瞬間から8時間以内に願い事リストを作る

2.手書きで書く

3.願い事は、2件以上、最大10件まで

4.自分を信じる

5.願いは一件につき、一文にする

6.現在形または完了形で、「します」または「しました」と書く

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-02-23 07:33:55

留め置くもの No.1610

テーマ:今日の言葉

******************************

下足番を命じられたら、

日本一の下足番になってみろ。

そうしたら誰も君を下足番にしておかぬ。


小林 一三(阪急・東宝グループ創業者)

******************************

職業に貴賎なしといえ、

下足番を命じられた場合に、

やりがいのある大きな仕事だと捉えることは少ないかもしれません。

しかし、命じられたその仕事をどのような姿勢で取り組むかが、

次に与えられるチャンスを作っているのです。

豊臣秀吉が木下藤吉郎時代に下足番から出世していったのも、

こうした心掛けがあったからでしょう。

また秀吉は台所奉行を命じられた時に節約に励み、

燃料の薪代を3分の1に減らしたという逸話もあるようです。

自分をその場に留め置くものは自分の姿勢ということですね。


つまらない仕事しかしていないなと感じたときに、

「役不足」だとは思わず、自分から価値を作り出していくこと。

そうしたら自然と次のチャンスと困難がやってくるのです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-22 07:31:47

原因 No.1609

テーマ:今日の言葉

******************************

あなたの成功への障害は、

その大半が人工的なものである。

しかもたいていの場合、

それらを作ったのはあなた自身なのだ。


フランク・タイガー

******************************

たいていのことは「出来る、出来ない」の可能性ではなく、

「やるか、やらないか」の意思の問題と

それに付随させる努力と忍耐の結果で成り立っている。

もう一つ加えるとすれば、現状を楽しめるかどうか。

やるか、やらないか最終的に決めるのは自分自身。

「為せばなる、為さねばならぬ、何事も。

為らぬは人の為さぬなりけり」

という上杉鷹山の言葉に凝縮されています。


つまり自分の考え方次第ということ。


仏作家のアンリ・ド・モンテルランが

『不幸はほとんどの場合、

人生に対する誤った解釈のしるしである。』

と語るように、捉え方が変われば道が開けてくるものです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-21 07:28:23

自活 No.1608

テーマ:今日の言葉

******************************

箱根山

駕籠に乗る人

担(かつ)ぐ人

してまた

その草鞋をつくる人

******************************

どんなシーンでもそれぞれの役割があり、

役割には責任が伴います。

今自分が果たさなければならない責任は何なのか。

それは必ずしも自分の得意なことや、

個性に基づいたものではないかもしれません。

あくまでもその「役割」に期待されていることを意識すること。

そこに挑戦することで成長が実感出来ます。


様々な役割があり、自分一人では生きられないからこそ、

一人一人が他人が喜ぶような言葉や行いをするべき。

そのために必要なものが

誠であり、愛情であり、思いやりなのです。

それが人生の潤滑油になりますね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-20 07:31:04

山あり No.1607

テーマ:今日の言葉

******************************

山上に山あり、

山また山


藤岡 克義(フジゼミ塾長)

******************************

フジゼミは広島県福山市にある学習塾。

藤岡さんは自ら始めた学習塾を7年かかってようやく軌道に乗せました。

『ここが目標だと思っていたところに
辿り着いたら、

そこは山の頂上ではなくて、その先にまだ道がある。

たぶん人生はその連続で、

もう自分はゴールに到達したと思ったら、そこから下るしかない。

常に満足や妥協をせずに、

歩み続けなければならないと思います。』

と冒頭の言葉を補足されています。

またこの塾には現役学生だけではなく、

不登校や非行、少年院を経験した生徒も通っているそうです。

最高年齢は42歳とのこと。


そんな子供達の指導を通してこんなことも感じられているそうです。

『つまずき、寄り道、回り道も財産になる』

一人一人が失敗も含め、自ら体験したことの大切さを説いています。


致知2017年3月号からのご紹介でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-17 07:25:30

叱る No.1606

テーマ:今日の言葉

******************************

子供をすぐに叱ってはならない。

怒りが静まってから叱れ。

そうでないと情緒が不安定な子に育つ。

******************************

人間には選ぶ力があります。

だから叱るときも、

どんな言葉を言うのか、

いつ言うのかを選ぶとともに、

「どんな感情」で言うのかも選ぶことが出来る。

でもそのことに気付いていない人の方が多いのかもしれません。


叱る側の苦労を中村天風氏もこう語っています。

『昔から言うじゃないか、

怒る者よりも怒られる方が気は楽だって。

反対に言えば、怒られる者より

怒る者のほうが苦しいんですよ。』


叱ってくれるのは愛情があるからこそ。

叱られている内が花です。

切磋琢磨はお互いの努力が必要になります。

見過ごす、やり過ごすのではなく、

互いに注意しあえる関係を持っていましょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-16 07:44:32

勇気 No.1605

テーマ:今日の言葉

******************************

PKを外すことができるのは、

PKを蹴る勇気を持った者だけだ。


ロベルト・バッジョ

******************************

サッカーでPKを蹴るには、練習を重ね、

選手として監督から選ばれなければならない。


だから、今自分がその舞台に立てている

ということにまずは感謝すること。

その幸せを噛みしめるべき。


例えば、今の状況が辛かったとしても、

もし今の仕事から離れてしまったら出来なくなることを考えると良い。

本当の後悔は、辞めてしまってから湧いてくるものです。


だから、今の立場にあるからこそ出来ることを書き出して、

それを一つ一つ実行していく。

そうすると結果が必ず変わってきます。

きっと状況も好転して行くことでしょう。

具体的に動けば、具体的な結果が出ます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-15 07:38:07

偉大な仕事 No.1604

テーマ:今日の言葉

******************************

大きな仕事をなし遂げるのに

最も必要なのは

必ずしも才ではなく、

むしろ多くの場合

物に対する愛情と努力とであります。


偉大な仕事には必ず

偉大な愛情と努力とがあります。


平澤 興(京都大学元総長)

******************************

自分が関わる物や人に

どれだけ愛情を注いだか。

情熱を注いだか。

努力を惜しまなかったか。

それが結果を左右する。

もしかしたらどれだけ注いでも、

自分の思い通りの結果にならないこともあるでしょう。

しかし、「ここまでやったのだから、

後は天に任せよう」という気持ちに

なれるかどうかが大事なのだと思います。


結果はコントロール出来ないけれど、

そこに至るプロセスはコントロール出来る。

自分が出来ることに専念すること。

「棚からぼた餅」は、棚にぼた餅を置いた人しか

実際にはその恩恵は受けられない。


ひたむきさと信念が道を切り開いて行くのです。


「愛情を注ぐ」とは

具体的にどのような行為を指すのか。

自分に置き換えて考えてみましょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-13 07:30:45

働く No.1603

テーマ:今日の言葉

******************************

人間は働きすぎてだめになるより、

休みすぎてサビ付き

だめになる方がずっと多い。


カーネル・サンダース

******************************

何度もの転職や起業をし、その中には

プルデンシャルでの保険セールスもしていた

カーネル・サンダース氏が最終的に

ケンタッキー・フライドチキンを創業したのは62歳のとき。

常に他人のために働く人柄であったようです。


「働く」ということは、

『傍(はた)を楽(らく)』にする、

とも言われます。

お互いが貢献しあうことですね。


自然に親しむ楽園を営まれている清水国明氏も

「現代人は本来自然の中にいれば備わっている、

危険を感じる力や

自らの体を動かして知恵を働かせて生きること

などの機会が少なく、

その能力を抑制していることが

ストレスにつながっているのでは?」

と語っていました。

便利な世の中が、人に備わっている勤勉性を奪っているとすれば、

十分に自ら気をつける必要があります。



※明日は休刊します。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-10 07:29:59

日本の心(5) No.1602

テーマ:今日の言葉

******************************

日本人は、どういう心の状態を汚いと言うのか。

日本人は、自分のことしか考えないことを、

“汚い心”と言うのです。


それに対して、“清い心”とはどういう心を指して言うか。

いつもみんなのことを考えている、

公的な精神を持つ、

それを“清い心”と呼ぶのです。

『みんなのために』と考えることこそ、

自然の法則に素直に従うことなのです。


山中 隆雄

******************************

日本の神話である古事記には、

黄泉の国から帰還したイザナギが、

その体についた「穢(けが)れ」を落とすために、

「阿波岐原(あわぎはら)」で禊(みそぎ)をしたことが書かれています。

汚れを払い、清い状態でいることの大切さは

このときから日本人の心に刻まれているのでしょう。

神社ではお榊で清め払い、

お寺さんではお塩で清める。


また清い心は、人の心の優しさなど

清いものを感じ取る力にも繋がってくる。


天皇陛下がサウジアラビアのムハンマド副皇太子と

皇居の御所で会見した際に、その部屋の美しさが世界で話題になりました。


「何の飾り気もない部屋で、

装飾といえば草花を活けた花瓶が1つあるだけ。

障子から明かりが差し込む凛とした気品ある空間」(ハフィントン・ポスト)

と形容された部屋も、清らかさが現れているのだと思います。


公的精神とは他の人への思いやり。


今回お伝えしたかったことは、

そんな日本の心の原点が明日の日本の誕生日だということ。


また明日は、9:33から満月にもなります。

新しい日本の一年が始まるとともに

月の様相も新たに変化していくことが一致して神秘的ですね。

これまで手に入れてきた豊さに感謝するとともに、

これから月が欠けるのにあわせて、

自分の中で手放したいことを満月のリストとして書き出す。

これも穢れを落とすことになるでしょうから。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。