私が社内外の友人に日々配信しているメールをバックナンバー代わりにブログにしています。

そのメールはみなさんが心にスイッチをいれたり、癒されたり、誰かに優しくしたり、高い目標を達成したり、情熱の炎を燃やしつづけたりするためにほんの少しお手伝いできたらと思って配信しています。

ここで紹介する言葉で、是非みなさんの周りにいる方を勇気付けてあげるのに使ってあげてください。

そうはいいながら、実はなまけそうになる自分への喝入れだったりします(笑

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-28 07:38:22

心構え No.1515

テーマ:今日の言葉

******************************

心構えは、どんなに磨いても

毎朝、ゼロになる能力である。

ちょうど朝起きたら歯を磨くように、

心構えも毎日磨きなおさなければならない。


田中 真澄(社会教育家)

******************************

年に一度はご紹介している言葉です。

「そうか、そうだよ!」とハッとさせられますよね。



一念発起は誰でも出来ますが、

それを「続けるための努力」をすることが

本当の自己改革になる。


過ぎゆく日々の中で、流されずに続けている良い習慣がどれだけあるか。

同じことを21日間続けると習慣になり、

今度はやらないことが不自然になってきます。

チェックリストにして毎日記録すれば、

その達成状況を見て、自らの自信に繋がってくることでしょう。


偉大なるルーティーン、これを持つことが人生を充実させます。


本物は続いていくのです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-09-27 07:47:06

後ろ姿 No.1514

テーマ:今日の言葉

******************************

後ろ姿のよい人、

それこそが本物。


伊與田 覺(いよた さとる)

******************************

後ろ姿という言葉を聞くだけで、背中がシャンとしませんか。


伊與田先生の言葉が続きます。

『人間の魅力というのは実に不思議なもので、

決して意図してつくられるものではありません。

しかし、その人の心掛けによって内面が充実してくると、

自ずと外に滲み出てくるものであります。

魅力は顔や動作にも表れますが、

最も端的に表れるのが背中です。

いくらお化粧をして自分を取り繕っても、

背中だけは誤魔化すわけにはいきません。』



緊張と弛緩の両方があることが必要で、

どちらもバランスが取れているかを

意識することが大事なのではないかと思うわけです。


普段意識、実践していないことが、

いざという時に突然出来るようになることはないのですから、

平生(へいぜい)が問われるのです。


「背中を意識する」

これは私自身の2014年のテーマであったことを思い出しました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-26 07:45:53

学び No.1513

テーマ:今日の言葉

******************************

人はただ愛する人からだけ学ぶ


松岡 浩

******************************

何かを教える立場にある人は、

これを心得ておいた方が良いでしょう。

振り返ってみれば、学校の授業も、

楽しい先生、好きな先生の教科は

勉強も苦ではなかったのではないでしょうか。


人に教えるときには、まず自分の人格を磨くこと。

松岡氏はこの言葉も添えられています。

『学び続ける人こそ、

人を教える資格がある』


「学ぶ」とは、「まねぶ」「真似る」から来ていると言われます。

知ったことを実践してみる、それが真似るということ。

どんな人のアドバイスも、まず「ハイ」と言って受け止め、

一度は試してみる。

それで自分に合わなければ、

自分の心の引き出しにしまっておく。

いつか使う日が出てくるかもしれないし、

他の人へのアドバイスになるかもしれないから。


素直さが大事ですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-23 07:08:47

問題 No.1512

テーマ:今日の言葉

******************************

問題は一生続くわけではなく、

その大半は、

一人では解決できないか、

いますぐには解決できないか、

いままでのやり方で解決できないか

のいずれかなのです。


福地 茂雄(アサヒビール社友)

******************************

トラブルや困難が起こったときに、その渦中にいると、

「こんなことが一生続くのかと思ってしまうのでは?」

と思ってしまうことがあるかもしれません。

しかし、そんなことはないと福地氏が応えています。


多くの問題は、

まず人に相談してみること。

これには自分をさらけ出す「勇気」が必要です。

そして少し待ってタイミングずらし、時機を見定めること。

これには、「忍耐力」が必要です。

さらには新しいやり方で対処してみること。

これには「学ぶ力」が必要になってきます。



『変えられないと英知が教えるものには忍耐を、

変えられると天が告げる物には勇気を』

という日野原先生の言葉にも通じるのだと思います。


悩みをひとりで抱えないようにしてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-21 07:29:41

与える No.1511

テーマ:今日の言葉

******************************

受けるより与える方が幸いである

曽野 綾子

******************************

愛読誌致知の最新号(2016年10月号)からのご紹介です。

その誌面で曽野さんが上記の聖書の一節を挙げながら、

こんなお話を紹介されていました。


『地方のタクシーで、素晴らしい話を聞いたことがあります。

その方は親から認められないまま結婚をして、

やがて女の子が生まれたそうです。

ところが、子供が六歳の時に奥さんが亡くなって、

お父さんが一人で育てるようになった。

会社に事情を話して夕食の時だけは家に帰って、

ご飯をつくって娘さんと一緒に食事をして、

という生活だったそうです。

そのお父さん、とても疲れているのに

「後でお父ちゃんが片付けるからな。

茶碗はそのまま放っておきなさい」と言って

また会社に戻るんですって。

ところが、帰宅するとその六歳の子が綺麗に茶碗を洗い、

洗濯機まで回しているんですって』


曽野さんは、「その子は人に与える喜びを知っている」と

補足されていました。


夕食後ひとりになったその女の子の心細さを想うと

胸が詰まりそうになりますが、

六歳でも立派に家事をこなしている様子を想像すると、

その子の人としての成長にエールを送りたくなります。

大人の我々はもっと出来ることがありますね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-20 07:28:15

キャッチボール No.1510

テーマ:今日の言葉

******************************

行く言葉が美しければ返る言葉も美しい。

人生はキャッチボールのようなもの。 

いい球投げればいい球返る、

優しさ投げれば優しさ返る。

思いやり投げれば絶好球が返るのです。

最後まで粘り強く、道産子の意地を見せてくれました。


香田 誉士史

******************************

香田氏は、ヤンキースの田中将大投手を育て、

甲子園2連覇の偉業を達成された元駒大苫小牧高校の監督です。

野球も技術云々はさることながら、

その人間力で部員たちを惹きつけてこられました。


冬の間は雪で練習出来ない北海道の冬に

自らブリドーザーを入れてグラウンドを整備して環境を整えたり、

リトルリーグの練習を観に行った時に、

小学生、中学生がミーティングをしているところに自ら同席し、

子供達が話していることも、

高校生に参考になることがあるかもしれないからと

自分の目線を下げて学ぶ姿勢を体現されたりと。

そんな香田監督がこんなことも語られています。

『「姿即心、心即姿」を座右の銘とされていた

恩師・太田監督に倣い、

常に己の表情や立ち居振る舞いに気を配り、

皆がついていきたくなるような

エネルギッシュな指導者であり続ける努力を続けました』


リーダーとして、親として、先輩としての指針になる言葉ですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-15 07:54:52

愛 No.1509

テーマ:今日の言葉

******************************

愛とはお互い見つめあうことではなく、

共に同じ方向を見つめることである


サン・テグジュペリ

******************************

「星の王子さま」の作者の言葉です。

最近周りで結婚の話を聞く機会が複数ありましたので、

今日はこの言葉を選んでみました。

恋愛中はお互いを見つめ合っていても、

結婚するとなれば、それだけでは足りなくなります。

何事も一緒にすることは必要なくても、

何気ないときに一緒にいることが大事ですね。

同じ方向を向いて。


ゲーテもこんな言葉を残しています。


『結婚生活はすべての文化の始めであり、

頂上である。

それは乱暴者を穏やかにし、

教養の高い者にとっては、

その温情を証明する最上の機会である。』


結婚は相手に対する思いやりを一番実行する場。

相手にしてもらうのではなく、自分から思いやる場。

良い修行にもなります(笑)


ゲーテの言葉を言い換えたような素敵な

吉野弘さんのこの歌をご紹介します。


『祝婚歌

二人が睦まじくいるためには

愚かでいるほうがいい

立派過ぎないほうがいい

立派過ぎることは

長持ちしないことだと

気づいているほうがいい

完璧をめざさないほうがいい


完璧なんて不自然なことだと

うそぶいているほうがいい

二人のうち どちらかが

ふざけているほうがいい

ずっこけているほうがいい

互いに非難することがあっても

非難できる資格が自分にあったかどうか

あとで疑わしくなるほうがいい


正しいことを言うときは

少しひかえめにするほうがいい

正しいことを言うときは

相手を傷つけやすいものだと

気づいているほうがいい


立派でありたいとか

正しくありたいとかいう

無理な緊張には色目を使わず

ゆったりゆたかに

光を浴びているほうがいい

健康で風に吹かれながら

生きていることのなつかしさに

ふと胸が熱くなる

そんな日があってもいい

そしてなぜ 胸が熱くなるのか

黙っていてもふたりには

わかるのであってほしい』


完璧を目指さず、少しお互いおっちょこちょいで、

それを優しく笑いあっている姿にほのぼのしませんか。


おめでとうございます。



※明日は休刊させていただきます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-14 07:38:15

正解 No.1508

テーマ:今日の言葉

******************************

決めたことが正解


福島 正伸

******************************


これには二つの意味があるのではないかと思っています。

一つは、あなたが決めたその「内容」が正解であるということ。

人の直感は経験を積むことで、

より確度の高い決断が出来るようになるとも言われています。

だから、あなたが「よし、やろう!」と思ったことが、

今のあなたに相応しいものであると。


そしてもう一つは、決めたという「行為」そのものが正解ということ。

一歩を踏み出すことは、1を100にするよりも、

0を1にする難しさにも通じる偉大な決意。


後はこれを継続させること。

成功の秘訣は成功するまで止めないこと。

シンプルですが、力強い真実です。

そうすれば、その途中に起こる困難は

すべてネタづくりに過ぎない。


あなたの決意を応援します。

2016-09-13 07:30:08

無上意 No.1507

テーマ:今日の言葉

******************************

「無上意」、つまり「これ以上ない」

という実践のお話です。


水は99度まで上がり、あと1度上げると水蒸気に変わり、

重い蒸気機関車を動かすほどの力になります。


皆さんの今の生き方は「99%」ではありませんか?

あと1%上げて無上意の世界に入りませんか


松岡 浩

******************************

株式会社タニサケ会長の松岡氏が紹介されていたお話をご紹介します。


『泣き叫ぶ赤ちゃんを乗せてバスは新宿に向かって走っていました。

バスが次のバス停に着いたとき、後方から

「待ってください、降ります」と若い女の人の声が聞こえてきました。

子どもの泣き声がだんだん近づいて来ることで、

泣いた赤ちゃんを抱いているお母さんだなと分かりました。

お母さんがお金を払おうとしますと、運転手さんは

「目的地はここですか」と聞きました。

そのお母さんは「新宿駅まで行きたいのですが、

子どもが泣くのでここで降ります」と言いました。

すると運転手さんは「ここから新宿駅まで歩いていくのは大変です。

目的地まで乗っていってください」と言いました。

そしてマイクのスイッチを入れ、

「皆さん、この若いお母さんは、赤ちゃんが泣いて

皆さんにご迷惑がかかるのでここで降りると言っています。

子どもは小さいときは泣きます。

赤ちゃんは泣くのが仕事です。

どうぞ皆さん、少しの時間、

赤ちゃんとお母さんを一緒に乗せていってください」

と言いました。

ほんの数秒後に・・・一人の乗客の拍手につられて

バスの乗客全員の拍手が返事となったのです。

若いお母さんは何度も何度も頭を下げていました。

これが無上意の世界ということです。』

一つの勇気を持って一つの行動を起こす。

それが後1度の実践をするということなのでしょう。

論語で言えば、「義を見て為さざるは、勇無きなり」ということ。

朝から心が暖まりますように。

みやざき中央新聞2016年7月25日号からのご紹介でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-12 07:25:02

溶かす No.1506

テーマ:今日の言葉

******************************

自分のところに来てくれた人に

愉しく気持ちよくなってもらい、

帰るときには笑顔になってもらうこと。


相手の仏頂面を自分の笑顔で溶かすこと


平林 都

******************************

最後の仏頂面を溶かす、というのが良いですね。

平林さんは『笑顔』と『笑う』は全く別物であるとおっしゃっています。

『笑う』はお笑い番組を見て「あっはっは」と

声をあげて笑うようなことで、

『笑顔』は声を出さずに歯を見せることだそうです。

そのためには「ハッピー」と言うことを推奨されています。

「ハッピー」と口を動かしてみることで

自然に良い笑顔を作ることが出来る。

良い単語で笑顔にもなれるなんて、素晴らしいですね。


世の中は自分を映す鏡だと思えば、

先に笑顔になるべきなのはまず自分から。

鏡の中の自分が先に笑ったら、相当怖いですよね。


だから、相手よりも先に

自分が笑顔になってしまうことが大事なのです。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。