『つがる』収穫/4回目(完了)

2012-09-21 12:02:21 Theme: 農業日誌/りんご
9月21日

天気 くもり


久し振りに涼しい朝を迎えた津軽地方。

昨日わずかに残った4回目の『つがる』の収穫。

$beckの釣りバカ‘農業’日誌【釣り時々Hatake】-DCF00140.jpg

予定通り、午前中も早い段階で終了。
$beckの釣りバカ‘農業’日誌【釣り時々Hatake】-DCF00175.jpg
今日は25箱。

今年度、『つがる』の総収量は

367箱

になり、不作だった昨年(277箱)に比べると約100箱近くの増収。

伐採した木もあったが、若干ならせ過ぎたとこもあってか

結構な量があった。

あちこち改植して品種更新しているので、

正確な栽培面積は把握できないが

反収200箱以上はあった。

まずまずのできだ。



そんな、『つがる』の収穫を終えて思う。

やはり、早生種は難しいと。

中生種以降の品種は、ある程度早くてもそれなりに美味しいと思える。

しかし、早生種は早いとデンプン抜けがわるく青臭くて渋い。

赤く色付けば良いというもんではない、

適度に熟んでこそ、食べて美味しいと思えるモノになる。

そして、早生種はあしが早く日持ちしない。

あまり日持ちしないので、完熟状態で収穫しては

届いた先であっという間に美味しくなくなってしまう。

だから、収穫時期の見極めが重要。

直販メインだと、やはり‘味’という部分にこだわらなくてはならない。


今年のような暑過ぎる夏と、厳しい残暑では気候条件的にも

かなり無理があるように思えてしょうがない。


やはり、『つがる』というりんごは作り辛くなってきたのではなかろうか。

早生種栽培における品種構成と、

品種構成割合を改めて考え直さなければならないと思った。

今後、『つがる』は減少させ

同時期の『みよしレッド』という品種を入れ

さらに『未希ライフ』、そして極早生の『恋空』

以上の4品種で構成することになるだろう。


『つがる』   70箱
『未希ライフ』 40箱
『みよしレッド』70箱
『恋空』    30箱

 
箱数にして約200箱、日持ちが悪く売る期間が短いということで

早生種は、このくらいの数量で良いんじゃないかと。


などと、今後の事もあれこれ考えつつ今年度『つがる』の収穫終了。
$beckの釣りバカ‘農業’日誌【釣り時々Hatake】-DCF00176.jpg




作業内容 :『つがる』収穫
園地   :『つがる・トキ』園地
作業状況 :25箱収穫
総収穫量 :367箱
延作業人数:12人


AD
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)

ベックさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

Comments

[Publish Your Comment]

Add your comment

AD

青森県-鯵ケ沢
提供:釣り情報フィッシングラボ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。