hero   月9ドラマの木村拓哉主演の大ヒットドラマ”HERO”が5年ぶりに復活! といっても、2001年は、僕にとっては観ていない。”ロングバケーション”は、観たよ!7月上旬だとか・・・。それまでに、レンタルで借りてこなきゃ~。 
 ところで、”やしきたかじん”の番組で関西のおばちゃんに、次回のキムタクドラマは?っていう質問をしてみた。1位は刑事で、2位は教師、3位は白い巨塔の医者。それから、4位はホリエモンでお馴染みの投資家。最後の5位は、政治家っていう事だ。次回のキムタクドラマは、何がはいるのかな~!


AD
tn2   今日は、TVで録画してあったDVDを観た。大ヒットした”ターミネーター”の続編として、その10年後の世界で再びターミネーターとの死闘を描くSF巨編である。とにかく、おもしろかったよ!CGには、とにかく度肝を抜かれました。とくに液体状なる敵というか、そうなるものを機関銃で撃っても、また再生するよ!それをきっちりと映像化して見せた、恐らく最初の作品なのではないでしょうか。シュワルツェネッガーの格好良さっというのも、天下一品です!ボロボロになってでも戦うんだよ。
 ちなみに、映画を観て思ったんですが、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのターミネーター2は絶対のお薦めです!
(100点中88点)
AD
mtrxri   昨日はTVで、”マトリックス リローデッド”を観た!前回観たときより、面白くなかった。けれど、主人公のネオ(キアヌ・リーブス)は、パワーアップしていてアクションシーンも満載です。しかも、スーパーマンのように空を飛ぶんだね。途中の、高速道路シーンは迫力満点です。
(100点中30点) 
 皐月賞は、もう知らないよ~~。メイショウサムソンとドリームパスポートが、来るなんて。馬連で、13,980円です。悔しい~~~!!
AD

あの給食のカレーライス!

テーマ:
 ”ちびまる子ちゃん”でやっていた再放送だけど、子供たちが食べるあの給食のカレーライス。僕達は、まだパン食でした。カレーといえば、カレー麺でしたよ。美味しかった~!ほかには、キャベツの千切り、コーンビーフ、 マヨネーズ すきだったな。でも、”ちびまる子ちゃん”でやっていた通り、給食当番はいやだったな。
 いまの子は、ご飯ですね。わかめご飯とか、ゆかりご飯とか、食べてみたいな。でも、病院食はまずい!!それに、冷たい!!だから体重も、15kg位下がってしまった。ダイエットには、いいだろうね!(笑) 

1リットルの涙!

テーマ:
 昨日ドラマの「1リットルの涙」を、観ました。「神様、病気はどうして私を選んだの?」難病を抱えながらも、最期のその時まで力いっぱい生き抜いた少女の魂の記録です。
 僕も、3年前まで考えもしないことが・・・おきました。普段忘れがちになるけれども、「あたりまえだけれどとても大切なこと」を思い出させてくれます。そう~ね、それは何かと言うと、生きていくことの大切さ、命の大切さを再認識だと思いました。
 亜也(沢尻エリカ)って、かわいいな~、と思います!この亜也さんの悩み、苦しみながらも互いを愛し、生きることをまっとうしようとする親子の関係、家族や友人たちとの絆を描くノンフィクションである。 
 昨日は、直木賞作家である角田光代さんが、爆笑問題といっしょにTVに出ていた。”みみっちさ ”という、題名です。
 チーズ好きな角田さんは、みんなでピザを食べると。そのとき、チーズがペロンと相手の方にいってしまって ” みみっちさ ” というのを感じると言っていた。爆笑問題は、のり弁を箸で切っておかずを食べる。そうしないと、のりが1枚になってどうしようもなくなる。そういうときは、” みみっちさ  ” というのを感じる。。。
 僕の場合は、なんだろうね。あっ、そうそう本屋で本を選ぶとき、いちばん上はやめておいて2番目か、3番目の本選ぶ。これって、” みみっちさ  ”・・・。  
 LOHAS(ロハス)って、知ってますか? ” LifeStyle of health and sustainability ”の略でして、「環境と人間の健康を最優先し、持続可能な社会の在り方を志向するライフスタイル」の総称で、アメリカの社会学者ポール・レイらが1998年、全米15万人を対象に15年間に渡って実施した価値観調査から生まれた言葉だそうです。僕は、昨日までは(ワールド・ビジネス・サテライトを見るまでは)知らなかった。
 たとえば、ドイツって国があるでしょう。高いお金を出してまで、風力発電を使ったり、アカデミー賞の授賞式?に出る時にハイブリッド・カーに乗ったり・・・。
環境保護や健康、そして家族や地域を豊かにするというサスティナビリティ(環境的社会的持続性)を高める結果となることに違いありません。そろそろ、デパートでも売ってきそうですよ。ロハスにビジネスチャンスを見いだす企業の動き追い求めた!(ワールド・ビジネス・サテライトの口調)

乙武洋匡

テーマ:
 テレビで”乙武洋匡の世界で一番楽しい学校”を見た。最初にやったものは、ナポリの不登校生を救う学校。暴れたり、いじめにあったりして収容所に集められた中学生の子供たち。最初は罵ったり、大声を上げていた子も、最後には乙武さんの手足の無い体で、サッカーをやった。涙が、出てきた。乙武洋匡さんは、かっこいい!そうだ、右麻痺の言語障害の”乙武さん”に僕はなろう。