宇宙戦争

テーマ:
 utyusensou   今日は、宇宙戦争を観に行った。何気なく、気がついたのですが、フィルムが、少しぼけていた。スピルバーグ監督が、”怖さ ”というものを考慮したのか。トム・クルーズふんしたレイは、別れた妻との間に出来た息子のロビー(ジャスティン・チャットウィン)と娘レイチェル(ダコタ・ファニング)を預かっている間に、不気味な嵐と落雷に遭遇する。ここでは、問題を抱える冴えない父親像をトム・クルーズが見事に演じている。この時、脳裏によぎったのが、1995年の阪神大震災だ。震災直後、道路が地割れし、建物が崩壊する。想像するに電気が途絶え、電子機器が動かず、何が起きたのかを推測できるのは、目の前で起きている事実だけである。あと、娘が、惨事が起きた時に「テロ?」と質問するシーンも印象的である。人間は経験の中からしか、未来を推測できないからだ。SF映画としてのストーリーは、不完全燃焼であったが、娯楽映画としては怖かったけれど楽しい映画でした。
AD

ダイヤモンドもどき

テーマ:

 大切な人とはずっと一緒にいたいもの、しかしいつか離れ離れになるのが定め。あの人が生まれ変わってずっと私のそばにいてくれたら・・・なんて、叶わぬ夢なのだろうか。ところが、そんな夢を叶えてくれるサービスがあった。株式会社ライフジェム ジャパンという会社は、故人の遺灰からダイヤモンドを生成するサービスを行っている。極度に高湿加熱することでグラファイトという炭素物質を遺灰から取り出す、そのグラファイトを特殊な製造機で高熱、高圧をかけることによってダイヤモンドを造成する。去年の3月から営業を開始し、現在までで150件もの依頼を受けている。大きさは0,20~0.99カラットの間で8段階に分かれており、値段は税込み価格で39万9000~220万5000円。アメリカ宝石鑑定学会の認定した鑑定士がその確かな品質を証明し、鑑定書も発行してくれるそうだ。想像だけど、ダイヤモンドの鑑定は、カラット・カット・クラリティ・カラーについて基準に沿って行われましょう。クラリティとカラー は、いったいどんな鑑定書になるんだろう。自分にとって大切だった人がダイヤモンドに生まれ変わってずっとそばにいてくれる。生まれ変わったあの人は永遠にあなたのそばで輝いてくれるのだ。両耳に、右はお爺さん、左にはお婆さんのピアスをはめて・・・首には、お父さんのペンダントをして、指には、お母さんのリングをはめる日が来るんではないでしょうか。あ~怖い!

AD

涙が出ちゃう・・・

テーマ:
 今が旬の玉ネギ。。。だけど涙が出ちゃう・・・男の子だもん。。。水中メガネを使ったり、あの手この手で工夫している人も多いようですが、意外と簡単な解決策があります。それは、水につけるという方法です。刺激臭の正体は硫化アリルという成分ですが、これは水に溶けやすいという性質を持っています。そこで、硫化アリルを多く含んでいる根元をまず切り落としてから水の中で皮をむき、丸ごと水に数分間つけておきます。こうすれば刺激臭が少なくなり、刻んでも涙ボロボロということはありません。そして、もう一つ大切なことはよく切れる包丁を使うことが肝心です。切れない包丁ですとよけいな細胞を破壊してしまうため、新たな硫化アリルを発散させることになって、せっかく水につけておいても効果が半減してしまいます。ちなみに、玉ネギには、せきやたんを鎮め、尿の出を良くし、血中の脂質を低下させる効用があります。また、発汗作用や解熱作用、緩下作用もあり、風邪の初期症状や冷え性、便秘などにも有効で~す。
AD

海?

テーマ:

 人間の祖先は、まっちがいなく海に住んでいたね。。。人体に流れる血液には適度な塩分やミネラルが含まれ、海水に近いとされていますよね。塩味が恋しいときは、塩化ナトリウムが99.5%以上である精製塩よりも、カリウムやマグネシウムなどミネラル分を豊富に含んだ岩塩や天然塩で塩味を補給した方が、体内の血液や体液などのバランスを保つのに役立つと言えるでしょう。過激な運動や長時間の労働などで汗をかいた時に塩をなめると美味しく感じるのは、塩化ナトリウムだけでなく、汗と一緒に排出されたミネラル分を身体が要求していることの証拠です。昔から、生きるために欠くことのできない貴重な物資であった「塩」ですが、熱中症によって摂取の重要性が説かれるものの、今は高血圧・脳卒中などの「摂り過ぎに注意」との言われ方が目立ちます。話はかわりますが、サウナには365日に365回入ってた。水も、取らなかった。それが、脳出血の兆候だろうね。この週末は、各地で熱中症の被害が相次ぎました。暑い日は無理な運動を避け、屋外で直射日光があたる場合には帽子を着用し、水分と塩分を十分に摂取するよう心がけたいものですね。。。

ジンギスカン

テーマ:
 70年代ディスコ・シーンで大旋風を巻き起こしたドイツ出身の男女混成ユニット。♪ジンジンジンギスカ~ンというパンチ効きまくりフレーズでお馴染みの名曲「ジンギスカン」は、日本のディスコでも爆発的な人気を獲得した。その、羊肉を使ったジンギスカン料理の人気が上昇している。スーパーも家庭用肉の販売を強化している。脂肪を燃焼させる「カルニチン」を多く含み、ダイエットにいいという評判が高まったことや、冷凍技術の向上でにおいがきついというイメージが薄くなったことなどが理由。BSE問題による米国産牛肉の輸入禁止も追い風になっているようだ。ジンギスカン料理には、もやしとタマネギは必ず入れようね。それに、なす、にら、ギョウジャニンニク、ニンニクの芽、しめじ、しいたけ、えのきかなぁ。あと、やっぱり「ジンギスカン料理」にはこれだ!っとゆうものがあります。それはうどんですジンギスカンのうまみを吸ったうどんは絶品です。今まで食べたことのない組み合わせでしょうが。だまされたと思ってチャレンジしてください。

防災用品

テーマ:

 先日、10年前の阪神大震災の被災者らに当時役立ったものを尋ねたところ、「カセットこんろ」となっていた。このカセットこんろにつきましては、「品切れで親戚に送ってもらった」「温かいものをおなかに入れて心が落ち着いた」などの貴重な体験談も寄せられているほどで、調理だけでなく、暖を取り、沸かした湯で体をぬぐうなど応用範囲が大変広かったということです。次に懐中電灯、ラジオ、飲料水、保存食となっている。ちなみに、必需品を納めた防災袋を用意している人は震災後、4.5倍に増えましたが、現在も60%を越える人が準備していないそうです。何時くるか分からない震災に備え、「カセットこんろ」は是非用意しておきたい防災用品の一つですね。

夜、眠れない時は

テーマ:
 そろそろ蒸し暑くなり、「なかなか寝つけない」、「眠りが浅く寝起きが悪い」、「夜中に目が覚めてしまい、そのあと眠れなくなってしまう」・・・眠りに対する不満が多くなる時期となります。寝つきをよくして質の高い睡眠を得るためには、例えば、ぬるめのお湯に胸の下まで20~30分ゆっくり浸かる半身浴が効果があります。血液循環を盛んにして筋肉にたまった疲労物質を取り除いたり、昼間働いていた交感神経を鎮めて、心身ともにリラックスさせる効果があるためです。お湯にリラックス効果のあるローズマリーやラベンダー、アンジェリカなどのエッセンシャルオイルを数滴垂らしたり、入浴剤を入れて血行を改善するのも有効な方法です。また、食事のとり方も安眠のためには重要なポイントになります。寝る間際になって食事をすると睡眠中に胃腸が働くことになり、その情報が脳に伝達されて眠りが浅くなってしまいます。ですから、夕食は遅くとも寝る2~3時間前には済ませるのが良いです。

人工イクラ

テーマ:
 ウニと云えば、つぎはサケの卵のこと、イクラでしょう。。。もともとイクラはロシア語で卵という意味を持っています。日本のコピー食品技術は世界的にも有名だが、その中でも本物と同じぐらい、あるいはそれ以上に浸透しているものに「人工イクラ」がある。本物のイクラは高価で鮮度維持が難しいが、人工イクラなら安価で粒も揃っていて、扱いが容易。回転寿司や駅弁、スーパーの惣菜など安い商品のほとんどが人工イクラ使用という。サラダ油・海藻エキスを主原料とし、人の手で生産されたいくらのことです。外側の膜は寒天・アルギン酸ナトリウムなどから出来ています。色をつけるためにニンジンの色素を使用。天然イクラはお湯をかけると表面が白く濁ると言う。見た目はそっくりな天然イクラと人工イクラですが、エネルギー・水分・たんぱく質の値が全然異なっています。特に決定的なのが、上でお話した『たんぱく質』の量。天然のものは25%程度がたんぱく質で出来ているのに対し、人工のものは1%程度とはっきり異なっています。ちなみに人工イクラの技術を発明したのは日本カーバイド工業という化学工業の会社。接着剤の研究過程で、小さいカプセルを作ろうとしている時に偶然出来たものだ。  

ウニ

テーマ:

 寿司屋では、この時期には一番最初にウニ。二番もウニ。ウニ丼もイイよね。あの、潮の香りといい。。。でも、ウニの成熟していない精巣と卵巣ですよ。ウニ独特のオレンジ色の鮮やかな身は、エキネノン・エキノクロールAという物質によるもので、食欲をそそるだけではなく、野菜などに含まれるベータカロチンに似た働きをします。 ビタミンB1、B2ナイシアンを含んでいて、美肌だけではなく体調の疲労にも効果的です。ウニを食べて、冷え性を撃退 しましょうね。また、ウニにはリン脂質が多く含まれており脳の神経の働きにも最適です。ちなみに、ウニの年齢は、肛門の周りの殻板にできる成長の跡を実体顕微鏡を使って数えます。肛門の周りのしわの数・・・・・ウニの好きな人?

バットマン ビギンズ 

テーマ:

バットマン    今日は、”バットマン ビギンズ ”を観に行った。スパイダーマンとかスーパーマンと違って、バットマンって普通の男の人間なんですよ。主演のクリスチャン・ベールは、筋骨隆々の素晴らしい肉体に変貌している点は忘れられない。モーガン・フリーマンが相変わらずいい。渡辺謙はいなくても全然良かったのではないのかなぁ。それと最初のほうの忍者はマジいらないよ。この新エピソードは「バットマンがなぜコウモリの姿を模しているのか?」についてですが、幼少時の神秘的な体験はバットマンが常人でありながら、最強の超能力を備えた超人スーパーマンとも渡り合えるヒーローであることに説得力を持たせています。ちなみに、億万長者の、ヒーローなんてそうそういるものではないよ。。。