不動産営業マンの業務日報

大工~現場監督~ハウスメーカーの営業を経て、20代後半には会社経営に失敗。今現在は不動産会社役員として主に売買仲介の営業に日々奮闘中!
保有資格は、宅地建物取引主任者・2級建築士・損害保険代理店資格。


テーマ:

初めて現場で仕事(大工)をした日・・・

体が疲れて、痛くて、飯も食わずに早々に睡眠してしまった(笑)


大工?ちがくね?


ふとあの頃を振り返る・・・。

(オヤヂ?)


現場に行けば、真夏の暑い日も真冬の寒い日もエアコンとは無縁の生活

肌で大体の気温が分かった。


今日はこの夏最高気温だ!

今日はこの冬最低気温だ!


天気予報を聞かなくても自分の体で感じて分かる・・・。

家に帰ってニュースを見ると必ず合っていた。


真冬の本当に寒い日は、濡れた雑巾で建材を拭いたとき、表面に付いた水が瞬時に凍りついた。

当時、観測史上最高気温を記録した真夏の暑い日は屋根の上にいた

ε-(´o`;A アチィ

20分位ごとに屋根から降りてきて、頭から水をかぶらないと死にそうなくらいの暑さでしたよ。

でもこれが気持ち良いんだなぁ・・・。

頭からザブゥーっと水をかぶる


たくさんの汗をかいて、家に帰って風呂に入り、食べるご飯は今よりも何十倍も美味しく感じた

ストレスとは無縁の世界


タバコも美味い

飲み物も美味い

(私はビールは飲みませんが・・・)


真夏は日中暑い所にいるので、夜はエアコンなしでも涼しく感じた。

自然を感じられた仕事です。


あぁ・・・

現場に戻りたい(笑)


でもいまさら無理ですね・・・(;´д`)トホホ


せめて、土・日の現地販売会で現場の気分を味わいます

外で仕事をするのは気持ちが良くて好きですね

人気blogランキングへ

↑今週末は天気が良いみたいですね!

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

普通の羽子板ボルト


画像は「羽子板ボルト」と呼ばれる金物です。

柱と梁の接合部分をしっかりと緊結するための金具です。

しかし、どんなにしっかり締めたとしても”木”は乾燥収縮が避けられないため、せっかく締めたボルトが緩んでしまいます

これでは「羽子板ボルト」の意味なし。

増し締めしようにも全てのボルトを締め付けるのは完成後には不可能です。


そこで登場したのが”木”が乾燥してやせ細っても自動的に締め付けてくれる「羽子板ボルト」。


カワダ式羽子板ボルト


これは「カワダ式羽子板ボルト」と言われるものです。

良く見るとスプリングが付いています。

このスプリングが”木”の収縮に対応するのです

詳しくはこちら!


◆その他同じような商品

・ゴーリキボルト

・シメール


注文住宅等でマイホームを建築する際は、こんな箇所も耐震対策を忘れずに

チョットした追加予算で安心を買えるのですからね


人気blogランキングへ

↑まだ私が注文建築の仕事をしていた頃は、これらの金物は結構高かったのです。

今は価格もかなり安くなってきましたね。



あ~~!住んではじめて気付くことは多い。だから・・・

100点満点の家を建てるための”転ばぬ先の家づくり読本”を
住宅会社に資料請求するだけで【無料プレゼント】




【持ち家計画】とは、注文住宅に興味あるユーザーを集客し、

簡易に工務店の資料を一括で請求できるサイトです。



住宅購入したいけどローンが…
住宅ローン組んだけど…
住宅ローンに関する意識調査中!
皆はどう思ってるの?結果も公開!



大手ハウスメーカー8社が運営!
新築一戸建てポータルサイト!




━━[その不動産価格、納得ですか?]━━
不動産一括査定.comなら、地元の複数の不動産会社が査定するから、
納得の査定比較のうえ不動産を売却できます!
簡単無料査定依頼で、複数社の査定比較が出来ます。
◎簡単無料査定
◎一括で複数社に依頼◎査定から売却までサポート







引越し業者全国厳選40社!!
最大7社からスピード見積り!

引越し価格ガイド



不用品回収なら




ブランド買取




いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

水神の術!(/^^)/ゴォォ。。。∬ (>_< )ツメタ


都内にもまだあるんですね・・・井戸(^^)

先週のの日曜日に発見!

あまりにも懐かしかったので写真撮らせてもらいました(笑)


私は田舎育ちのため実家にいるときは井戸でした。

夏は冷たくて気持ちいいんですよね!


そこで私が現場にいた頃に聞いた井戸のお話でも・・・。

当時、お付き合いのあった設備屋さんから聞いた話なので本当かどうかは分かりませんが・・・(謎)


井戸でも埋めるときのお話です。


通常は使わなくなった井戸を埋めるときは砂(清砂)を使って埋めます。

そして、”息抜き”と言われる通気口を地面上に出すのです。

科学的根拠から言うと、どうやらこの”息抜き”はメタンガスが溜まるのを防いでいるとか。

”息抜き”よってメタンガスを空気中に放出して、ガス爆発を防いでいるようですが本当かどうかは私にも不明です(笑)

聞いたお話ですから・・・。


そしてもうひとつは非科学的根拠

あなたの知らない世界からのお話です(笑)


井戸には神様が宿っていて、この井戸を埋めるときには”息抜き”を設ける事によって井戸の神様はまだ呼吸をしている(生きている)と考えるようです。


そして、埋めた井戸の上には”木”を植えると良いそうです。

”木”が育つ=水を供給している=井戸の神様はまだ生きている

と考えるようです。

更には、”木”を植える事によってその上は絶対に人が踏みつける事も無くなります。

井戸の神様を上から足で踏まないように”木”を植えるという考えのようです。


以上、

本当かどうかは分かりませんが、私が現場にいた頃に聞いたお話

です(^^)v


人気blogランキングへ

↑飲ませてもらいましたが井戸の水はやっぱり美味しい!

いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)

テーマ:

某建設会社に営業として在籍していたときのお話・・・。

お客様のプランが完成したので、積算(見積り)を現場監督に依頼。

上がってきた予算を見ると・・・

高い!!!

私は、現場経験者。

大体の相場は分かる。

もっと下げられる・・・。


会議のとき、

「これチョット高くないですか・・・?もう少し業者さんに協力してもらってくださいよ~。ダメなら他の安い業者に変えるとか・・・。この金額はきついですよ。建築は営業だけが頑張ったって受注は取れません・・・。工事も協力していただかないと・・・。」

すると、現場監督は、

「無理!うちは無理だよ!これ以上安い金額なんて出来っこないよ!」

の一点張り。


その後も色々とおかしな行動が目についたため、ピン!ときました(笑)

この現場監督、業者から「裏金」もらってるな・・・と。


発注業者と組んで自分の小遣いを乗せた高い見積を出させる→その金額で発注させる→集金→小遣い分をバック。

この図式。


以下、社長との会話。

「社長・・・失礼ですが・・・。」

「ん?なに?」

「良くあるお話のなですが・・・〇〇さん(現場監督)業者から裏金もらって小遣い稼ぎしていませんか・・・?」

「え!?うちの〇〇に限ってそんな事ないよ(笑)」

「そうですか・・・。あまりにも工事の予算が高いもので・・・。」


その後、1年程してその監督さんは退社。


次の日、現場に行くと大工さんが開口一番、

「taku2103さん!今だから言えるけどさぁ・・・。〇〇さんから俺、□□万円よこせって言われて払ったんだよ・・・。」

やっぱりね・・・。

予想通り。


社長さん・・・。

これくらいの事、把握していてくださいよ。

社員を信じる気持ちも大切でしょうが、明らかに行動がおかしかったでしょ?


こんな事もあったのです。

ハウスクリーニングが完了したと言ったので、引渡前に現場に行くと明らかにクリーニングをした形跡がない・・・。

プロがやった仕事とは明らかに違う。

隅々に汚れが目立つ。

私の予想。

ハウスクリーニング屋に発注はするが作業は行わなくて良いと話す→現場監督が適当にクリーニングをする→請求書を出す→集金→現場監督と利益を分ける。


ちなみに、このお話は私が、現場監督時代に自分がしてきた過去をお話しているのではありません(爆笑)

神に誓ってこのような行為を、私は行っておりません^^;


もうすぐメンテナンスのようですね・・・。

このブログに足を運んでいただいている全ての方々へ・・・。

いつもありがとうございます。

メンテナンスが終わったら、またお会いしましょう!

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

私が大工として初めて現場デビューした日の事・・・。

上棟式の日でした。


まず困ったのが、全ての長さの基準が「尺」や「寸」で言われること(笑)

「おい!1寸釘出せ~!」

(1寸!?分からないよぉ~~!!)

こんな感じです・・・。

「”2間のいんにいっさん”取って!」

(なにそれ?)

説明しますと、長さが2間(約3m64cm)で幅が1寸2分(いんに)高さが1寸3分(いっさん)の部材(木材)のこと。

こんなの突然言われて分かります!?


「”バカ”取って!」

(バカ!?私のこと・・・?)

”バカ”とは、例えば天井等の高さを出す時に、わざわざ4隅にメジャーを当てて測るのは面倒なので、その高さに切った棒を作って、それを定規代わりに使うこと。

その棒を床から立てると天井高がすぐに出せるのです。

”バカ棒”なんて言ったりもします。


帰りの車の中・・・。

みんなでタバコをプカプカ・・・。

「おい!煙たいから窓2寸位開けろ!!」

2寸!?

それも寸で言う!?

ごめんなさい・・・

2寸ってどれくらいなのかまだ分かりません(笑)


人気blogランキングへ

↑その他にも現場用語は分からないことばかり・・・。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

「継ぎ手」とは、木造住宅で部材と部材を長手方向に接合する方法のことです。

直角や角度をつけて接合したものは、継ぎ手と分けて「仕口(しぐち)」と言います。


「継ぎ手」の例

腰掛けかま継ぎ

これは、「腰掛けかま継ぎ」と言われる継ぎ手です。

形状をご覧になると、引っ張っても抜けなくなっているのが分かりますよね!


「仕口」の例

あり継ぎ

これは、「あり継ぎ」と言われる仕口です。

これも、引っ張っても抜けない形状になっていますよね。


一昔前は、全て大工さんの手によってこの「継ぎ手」や「仕口」を作っていたのです。

上記以外にも、「継ぎ手」や「仕口」はたくさん種類があるのです。

私もやってました(笑)

この作業を、「切り込み」とか「刻み」と言います。

しかし、今は機械の発達により手作業はほとんどなくなりました。

プレカット と言ってコンピューターが全てこの作業を行ってくれるのです。


人気blogランキングへ

↑お役に立ちました!?

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

ホールダウン金物

これは、ホールダウン金物

住宅の四隅に基礎から土台を貫通させて柱まで取り付けるボルトです。

地震の時に、土台から柱が抜けるのを防いでいるのです。


筋違いプレート

これは、筋違い(すじかい)プレート

筋違いとは、建物の壁の中、もしくは柱と柱の間にはいっている斜め材のことをいいます。
筋違いには梁と柱、壁の変形を防ぐ役目があって、その柱と土台、梁との接合部を強固にします。


人気blogランキングへ

↑お役にたちましたか?

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

久々に建築中の現場に行ってきました。

何枚か写真を撮りましたのでたまには現場のお話。

V字金物

一番下のコンクリートが基礎です。

その上の黒いのが基礎パッキン

その上が土台です。

基礎パッキンは、基礎とその上の土台との間にパッキンを挟むことで隙間をとって、そこから通風をとる役目をします。
昔のように基礎に穴を開けて換気口を取らなくて済むので基礎が強くなります。

そしてV型の金具が、V字金物

これは、土台と柱を連結します。

その右側に見える金物が、アンカーボルト

これは、基礎部分と土台部分を接合するためのボルトです。

アンカーボルトの下端はL字型に曲がっていて、基礎の中に埋没して抜けないようになっています。

ちなみに構造材がオレンジ色になっているのは、シロアリ消毒の跡です(防蟻処理)。


人気blogランキングへ

↑お役に立ちました?

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。