不動産営業マンの業務日報

大工~現場監督~ハウスメーカーの営業を経て、20代後半には会社経営に失敗。今現在は不動産会社役員として主に売買仲介の営業に日々奮闘中!
保有資格は、宅地建物取引主任者・2級建築士・損害保険代理店資格。


テーマ:

最近、私のブログの左側にある「メロメロパーク」のラウド君(白いマスコット)がしゃべるようになってきました(笑)

成長したのかな?

頭にトサカみたいのも生えてきたし・・・^^;

でも~!!!!!

たまに・・・・・

「クレーム」

ってしゃべるのだけはやめてくださ~い!(爆笑)


ちなみに、たまに奥の方に見える赤い小さなマスコットはlitigation711さん のミサリンちゃんです(笑)


<追記>

ご立派なakira Jr君がお友達になりました(謎)


人気blogランキングへ

↑この成長が楽しかったらポチッ!

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

去年の12月の出来事。

1本の電話が私宛にありました。

「マンション見たいんです・・・」

「買いたいんです!中学生なんですけど見せてもらえませんか・・・」

「ごめんね~。買いたくても中学生は買えないんだよ。」と私が言うと、

「○○です。」

ん?あっ!先週オープンハウスにご来場いただいたお客様の息子さんだ~!

先週の日曜日ご主人が1人で見に来ていただき、いろいろお話をしていると、

奥様とは離婚されて、息子さんと娘さんの3人家族との事・・・。

そこの息子さんだったのです。

「見せるのはいいけどお父さん知ってるの?」

「知りません!でも大丈夫です!」

声が震えています。

中学生が不動産屋に電話をするなんて余程勇気が必要だったことでしょう。

どうしようかかなり悩みましたが、

「分かった!じゃあ今から迎えに行くから待っててね~!」

迎えに行くと、

「すいません。ありがとうございます。」

「いいよいいよ!いいマンションだからよ~くみてね!」

現地までの車の中いろいろな話をしました。

しかし、昨今犯罪の低年齢化等いろいろな嫌なニュースばかり聞きますが、しっかりとした中学生でした。

「このマンションなら今の家賃よりもローンの返済のが安くなるんです!」

こう言われた時はビックリしました(笑)

非常に礼儀正しい好青年!

マンションに入る時はきちんと自分で靴を揃え、出る時はスリッパを綺麗に整理していました。

「今日お父さんに言います。このマンションが良いって!買います!」

「いいマンションだよ!お父さんによろしく言っておいて。携帯の番号教えておくから何かあったらいつでも電話していいよ!」

気持ちの良いお仕事をさせていただきましたよ。

しかも中学生に(笑)

「家具があるんです・・・。ここに置けるかなぁ・・・?」

「じゃぁ大きさは測ってまた明日でも見においでよ。明日は土曜日だからオープンハウスやってるし^^;」

「はい!」

「このマンションならいつか彼女出来た時に遊びにおいでって言えるでしょ^^;?」

「はい!どうもありがとうございました!」

とってもとっても立派な中学生でした。


P.S.

近隣住民の目は冷ややかでした^^;

スーツを着た男に中学生が誘拐!?とでも思わせるような視線(笑)

でも、当然ですが悪い事をしているわけではないので堂々としていましたよ^^;


人気blogランキングへ

↑この中学生が立派だと思った人はクリック!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

突然ですが皆さんには親友っていますか?

親友親友って言いますが基準って何なんでしょうね(笑)?

「あいつとはもう10年間の付き合いなんだ・・・。親友だよ・・・。」

なんてよく聞きますが付き合いが長いのが親友?

中には、

「あいつは困ってる時に金貸してくれたから・・・」なんてことも(爆笑)

私の親友の基準は、”いかに腹を割って話せるか”です。

小学生の頃からいまだに付き合いのある友人も私にはいますが、どうも腹が割れない・・・。

飲みに行ったり、ゴルフ行ったりするのが親友なの!?

違う気がします・・・。

かと思いきや、会ってまだ数日しか経っていないのに本音で話せる人もいる。


私にはありがたいことに”腹を割って話せる”親友がたった一人ですがいます^^;

お互いに良きビジネスパートナーでもあり、ライバルでもあります。

公私共々何もかも話せる。

ただし、愚痴を言い合っているのではありません。

お互いが成長し合えるようにストレートな意見を言い合う。

大切にしたいですよね!

そして、こんな親友が増えればいいなぁと思う今日この頃なのです(^^♪


人気blogランキングへ

↑この記事が良いと思ったらカチッ!

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

現場一筋で仕事をしてきた私が作業服を脱ぎ、スーツを着て営業の世界に入ったのは約8年ほど前・・・。

初めは注文住宅の営業でした。

1ヶ月くらいたった頃、自分の中ではこれは決まる!というお客様がいました。

しかし、結果はあえなく惨敗・・・(笑)

社内で、決まる決まる!なんて騒いでいたもんだから他社契約になったときは、カッコ悪いし惨めだしもう最悪でしたよ(爆笑)

そんな時、1人の上司が

「決まらなくて良かったんだよ。そんな簡単に建築の営業は決まるもんじゃない。逆に決まってたら不幸だよね・・・。簡単に決まるって思わなくなっただけ良かったんだよ。ラッキーだよtaku2103君は。」

と言ったのです。

たしかにもし決まっちゃったら有頂天!

きっと営業の世界を甘く見てしまったでしょうね!


本日、雨の中久々にその家の前を通りました。

いつも見るたびにあのときの記憶がよみがえります。

初めて契約できると思ったのに他社契約になった家・・・。

この家が私の営業としての原点のような気がしてなりません・・・。


人気blogランキングへ

↑この記事が良いと思ったらカチッ!

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

公図とは正式には、「地図に準ずる図面」といいます。

土地の地番からその位置特定に用いられます。

公図

これが公図です。

234-2とか234-15とか書いてある数字が地番になります。

では申請の仕方ですが、法務局に備え付けの申請用紙に記入します。

申請書1

これが申請用紙。

「地図・地積測量図等の閲覧、写し交付申請書」という用紙で申請します。

申請書2

あなたの住所・氏名を記入します。

チョット見にくいかもしれませんが、その下の米印に

”地番・家屋番号は、住居表示番号(○番○号)とはちがいますので、注意してください。”

と書いてありますね!

種別の欄、1□土地にチェックをします。

市区町村を記入します。

丁目・大字・字を記入します。

次に前回説明した地番を記入します。

地番がもし分からなければ一番近い地番(隣の地番等)を記入しましょう。

家屋番号は建物の測量図等を申請する際に記入しますので空欄で結構です。

請求通数に1と書きます。

申請書3

□写しにチェックします。

一番上の□地図・地図に準ずる図面(公図)にチェック。

地図番号に前回説明した公図番号を記入します。

これで完了。

窓口に提出しましょう!

申請手数料は1通500円。

注意しなければならないのは、申請料は「登記印紙」で支払うこと。

印紙販売所で「500円の登記印紙1枚!」といって購入しましょう^^;

大抵の印紙販売所は法務局内にありますが、場合によっては外の少し離れた場所にある場合もあります。

特に東京23区内は外が多いような気がします。

事前に確認しておくと良いかもしれません。

間違っても「収入印紙」を貼らないでくださいね!

待つこと少々・・・。

混んでいると結構待ちます・・・。

お名前が呼ばれたら窓口に取りに行きましょう!


人気blogランキングへ

↑この記事が役に立った方はポチッ!



読解 不動産登記Q&A―実務に役立つ登記簿・公図から権利証までの読み方/杉本 幸雄
¥2,940
Amazon.co.jp

不動産調査のための公図・不動産登記簿の読み方・調べ方―契約書および登記申請書からの読み取り方/山本 芳治
¥2,940
Amazon.co.jp

公図 読図の基礎/佐藤 甚次郎
¥4,515
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

これも注文建築営業時代のお話。

ある新婚さんがご来場されました。

土地はもう購入済みとの事でした。

何度か訪問しているうちにご主人のお父さんと会う機会があり、お話を伺うと何と奥様は末期ガン患者で、もうそんなに先は長くないだろうとの医師の診断を受けているとの事。

「女房の為にも早く息子たちの家を完成させて欲しい!生きているうちに見せたいんだよなぁ。」

顔は笑っていましたが、心の中は複雑なのが分かりました。

「・・・。分かりました。建築ですから急げと言われても限度はあります。でも極力努力してみます。」


上棟式の日、そのお母さんも来て非常に嬉しそうにしていました。

本人は末期ガンだと言う事を知らないのです・・・。

複雑な心境でした。


工事も中ほどまで進んだある日、私宛ての電話が・・・。

「うちの母昨日亡くなりました・・・。間に合わなかったけど本当にありがとうございました・・・。」

「えっ!?」


告別式の日、お父さんとご夫婦揃って涙を流しながら、

「taku2103さん・・・。間に合わなかったけど仕方ないですね・・・。」

私も涙がボロボロ出てきます・・・。

「すみません・・・。何とか見せてあげたかったのに・・・。お父さんも気を落とさずに頑張ってください・・・。」

正直、このような場合なんと言ってよいのか分かりませんでした。


お父さんの家に仏壇を置くスペースを押入れを改造して造る事になりました。

金額的にそんなにかかる工事ではなかったため、会社に話して無償で工事を行いました。

「サービスなんて悪いねぇ。ありがとう!でも、女房も喜んでるよ・・・きっと。」


その後、無事に新居も完成し引渡をしました。

引渡の日に遺影を抱えて亡くなったお母さんにも新居を見せるご主人・・・。

お母さんも天国からきっと見守ってくれているでしょう。


自分の中では、今までで最も辛かった家造りだったのかもしれません。

いつになっても忘れる事はできません。


人気blogランキングへ

↑この記事が良いと思った方はクリック^^;

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

ビギナーズラックと言う言葉は営業にも当てはまる。

現に私はこの業界に入ってまだ3年目・・・。

今の社長から一緒に不動産やらない?と言われ、

「いいですけど・・・。でも私不動産のこと何も知りませんよ・・・(笑)」

「大丈夫!大丈夫!」

と言う感じでこの世界に入りました。

しかも右も左も分からない地域で(爆笑)

事務所を開業するにあたって協会に入るための推薦業者さんに、

「今は不動産業廃業する人はたくさんいるけど、開業する人なんて少ないよ・・・。」

と、言われた言葉がまだ頭に残ってます(笑)

しかし!

一番最初の契約は、8,000万円の物件の仲介。

両手(売主・買主双方から手数料がいただけること)だったので手数料だけで500万円近い^^;

しかも何と!買主さんは宝くじで1億円を当てた人!

支払いはオールキャッシュ!

ふと考えると訳が分からずやっていたから決まったのだと思います!

そう!がむしゃらに(笑)

正にビギナーズラック!

お客様にも正直に、

「私まだ不動産経験ないんです!知識がない分足でカバーします(笑)」

な~んて冗談をよく言ってました。

人間は何事でもそうでしょうが、慣れてくると勝手に物事を判断しがちになりませんか?

”あの物件は高いよ・・・。”

”あんな変な物件売れないよ・・・。”

”どうせローン組めないでしょ・・・。”

”今更やったって遅いよ・・・。”

慣れてきた分だけ勝手に判断をしてしまう。

これはいけませんね(笑)

あの頃のように、がむしゃらにならないと・・・。

人気blogランキングへ

↑この記事が良いと思った方はクリック^^;

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

その携帯の着メロやめて下さい・・・。

お客様と真剣な話しをしているときに電話が来ると笑いがこらえきれません(笑)

表現するとこんな感じ。

パッパカパッパッパ~♪ボヨ~ンボヨ~ンボヨ~ン♪

しかも、挙句の果てにはスピーカーホンになってます。

話が全部聞こえてます(笑)

しかも、

「あれ?なんか声が良く聞こえないよ!?もしもし・・・。」

とか言っちゃって^^;

そりゃ全部外に聞こえてるんだから受話口に耳くっつけたって聞こえないですよ。

”失敗したなぁ・・・。この携帯・・・。何かおかしいよ・・・。”

ボソッと一言・・・。

いいえ!

おかしいのは携帯じゃぁありません(笑)

勘弁してください!契約が全て壊れますから(爆笑)


人気blogランキングへ

↑この記事が良いと思った方はクリック^^;

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

ピンポ~ン♪

返事がない。

(あれ?留守かな・・・?)

ピンポ~ン♪ピンポ~ン♪

やっぱり返事がない・・・。

玄関のドアを開けてみる。

\(◎o◎)/!

あっ開いてる!

中からは掃除機の音が聞こえます・・・。

(掃除中で聞こえなかったのか・・・)

「ごめんくださ~い!こんにちは~!」

音がまだ鳴ってます。

「ごめんくださ~い!こんにちは~!」

シューウゥゥゥゥ・・・。

(止まった!)

「は~い!」

ドタドタドタ・・・。

「〇〇ハウスのtaku2103と申します!(^^)!」

「チョット!!!!!あなた誰?ドア閉めて!!!!!」

「あっ!すみません・・・実は・・・。」

「いいからドア閉めて!!!!!」

玄関の中に入ってドアを閉めてニッコリ(笑)

「外に出てドア閉めて~~~!!!!!外で待ってて~!」

外で待つこと数分。

「ご用件は?」

「先日、当展示場にお越しいただきまして・・・。担当のtaku2103と申します。」

「あぁ・・・。」

「奥様!実は息子さんと私同級生なんですよ^^;〇〇君元気にしてますか?」

「おほほほほ・・・。ご苦労様ねぇ・・・。〇〇は元気よ。素晴らしいモデルハウスだったわね・・・。」

(おいおい・・・。態度そこまで変えるかよ・・・。)

私はこのお客様から、

世間は狭い!

どこのどなたか分からない方にも親切丁寧な対応をする!

と言う事を学びました(爆笑)

注文建築営業をしていた頃のお話でした。


人気blogランキングへ

↑この記事が良いと思った方はクリック^^;

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日のJ君話題をもう一つ。

ポスティングに行く途中、引渡を終えた私の客様のところへ同行しました。

チョットしたクレーム(クレームとまでは言わないのかもしれませんが・・・)のような件があってお詫びに行ったのです。

正直言ってこのような姿はあまり部下には見せたくないですよね(笑)

カッコ悪ぅぅぅ・・・。

事情をお客様に説明。

「いいですよ。一生懸命やってくれたんだし・・・。特に今住んでて問題あるわけではありませんから。」

と言う事で無事終了。

外に出て、

「クレームは基本は訪問して話すんだよ。結果はどうなったか分からないけど、もし電話で話していたらこうはならなかったかもしれない。きちんとお客様の顔を見てきちんと対応するのを忘れないようにね!」

「はい!」

聞いた話によると、部下が契約直前までまとまっているお客様を”よこせ!”と言って、自分の成績にしてしまう上司がいるらしいですね。

所長なり社長の前では、さも自分が契約したかのように振舞うそうです。

こんな事して夢と希望を持って入社してくる新入社員さんが育つのでしょうか?

きっと辞めていくか、数年後には同じ事を自分の部下にするのでしょうね(笑)

上司と言えども人間ですから^^;

間違うことだってあるし、クレームだってある。

問題はそこから逃げずにきちんとした対応を教える事。

そのためには見せるしかないでしょ(笑)

「よ~し!!!今日はあのお客詰めるぞ!契約だぁ!!!!!」

と、意気込んで部下を連れて訪問。

決まらなかったときの格好の悪さときたらもう・・・(笑)

でもそれも見せないといけないんじゃないかと思うのです。

「俺だって神様じゃないんだから全部は決まらないよ(笑)」

でもやっぱりカッコ悪ぅぅ(爆笑)


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。