1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-07-24 12:48:04

会派での視察

テーマ:議会活動

こんにちわ とみもと 卓です。

この間 私用で四国、会派の視察で九州に出向いていたこともあり

久々の記載となりました。

 

九州への視察は19日から21日まで。視察内容は

1 福岡市 PPPについて

2 飯塚市 健幸プラザについて

3北九州市 家守事業について を視察しました。

 

今回の視察の大きなテーマは 官民連携。

少子高齢社会の中 現在は 多様化 複雑化しています。

このような時代背景の中で すべての住民要望を

行政が行っていては 財政的にも持ちませんし

どうしても行政の画一的になりがちな運営では

受け手である住民サイドも満足できるものが提供できません。

 

そうした中 民間の知恵と活力を導入し 主役 担い手は

出来る限り 民間にお願いし 行政はそれをしっかりチェックしたり 

サポートしていく形に運営形態も変えていかなくてはなりません。

その先進的な事例を求めての視察なりました。

 

PPPとは官民が連携して公共サービスの提供を行うスキームを

PPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ:公民連携)という

意味です。

一時 全国的にもはやり 杉並でも公会堂で導入された

PFI方式もその方法の一つです。

福岡市では PFI事業で行った施設が実は失敗をしました。

ただ 官民連携は今後も必要な観点と考え その反省を

活かして より緻密に そして なぜ PPPを行うのか

そういう視点を意識しながら 現在は政策運営にあたっています。

 

住民の声として 行政が行うサービスへの信頼感の強さが

あります。杉並区でも 何かの施設を民営化を行おうとすると

必ず反対の声が挙がります。

その時に なぜ 民間活力を導入する必要性があるのか?

また そのメリットは何か? 

そして 住民がマイナスに感じデメリットと感じる部分は何であり 

それに対して どう対処できるのか?

こういった視点を 施策問わず 行政全体として しっかり

意識し 構築しておく必要性を改めて強く感じました。

民営化する際の行政全体のルール作りといえます。

 

そうでないと ただ 行政の行革の都合で民営化となり

住民側はサービスの低下を仕方なく受け入れたという構図に

陥りがちです。

 

行政が 決して住民にとって マイナスなことを行おうとは

していなくても その説明が不十分であったり 稚拙なため

そういう思いを持ちがちです。

 

また なぜ 多くの施設の中から その施設が選ばれたのか?

こういった点の整合性も求められます。

以前 杉並でも 新明中学校の統廃合問題がありましたが

結局 行政として 合理的な説明をしきれず

その計画が白紙となった歴史があります。

 

また 今でも よくある声として 「なぜ この地区なのですか?」

「なぜ ここが対象なのですか?」といったものがあります。

住民の皆さんが部分最適に訴えるのは当然の中

全体最適を考えなくてはいけない役所として その声に

どう合理的に回答していくかは 現代においては 大切な視点です。

 

改めて 福岡市の施策を学びながら そんなことを感じました。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-06 20:54:21

久々

テーマ:ブログ

こんばんわ とみもと 卓です。

まず 豪雨被害に遭われた皆様には

心よりお見舞いを申し上げます。

 

しかし 都議選の結果の衝撃は本当に

大きいものがあります。

 

が 自民党としては ただ動揺するだけでなく

また 相手の失策を待つのでなく

能動的に 今後 如何に謙虚さをもって 

信頼を回復出来るかが

これに尽きると思います。

 

その為には もっと我々 区議や市議など

一番 身近で地域の声を聞いている人間の意見を

党本部としても吸い上げて欲しいと思います。

 

自民党は 責任政党という思いともに

国民政党という自負もあるはず。

その点を改めて 強化をしないと

国民と遊離した存在となり

それは 選挙の敗北に直結します。

 

これまでの選挙での勝利は 自民党は強いのでなく

あくまでも 相手が弱かったのだという姿勢が

必要だと思います。

 

また 区議会としても 単に古い議会として

片づけられないよう これまでの議会改革の

歩みをしっかり発信するなど 様々な工夫も

必要ではないかと思う所です。

 

さて 5日は久々に休みを取りました。

5月18日に就任以来

ハロー西荻、第2回定例会、都議選

地域の総会、小泉先生ご逝去 等々

毎日 何かしらの予定が入っていましたが

昨日は久しぶりに手帳が真っ白。

 

さすがに疲れていたのか のんびりの一日と

なりました。

 

ただ 今日からは 役所での打ち合わせ、

陳情対応、保護司会の駅前活動、

阿波踊り60周年祝賀会と忙しい一日となりました。

 

暑い日が続き 体調管理もしっかりと行って

この夏を乗り切っていきたいと思います。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-03 08:02:41

大変でした。

テーマ:国政 都政

おはようございます とみもと 卓です。

昨日 東京都議会議員選挙の投開票が

行われました。

 

全都的な結果は 皆様もご承知の通り

自民党は大惨敗

都民ファーストが大躍進となりました。

 

そんな中 わが杉並区は 公認候補で

あった

早坂よしひろさんが4期目

小宮あんりさんが3期目の当選を果たすことが

できました。

 

私も早坂さんの議員団本部長

そして 自民党杉並総支部の幹事長として

その責任を果たせ ほっとしました。

 

今回の選挙は 確かに都民ファーストの躍進は

ある程度 予想はできましたが 小池知事の

支持率の低下もあり わが党の一定の復調も

言われていました。

 

が 選挙戦が進むにつれ わが党の国会議員の

様々な問題が取り上げられ 徐々に追い込まれている

感じはありました。

 

が 昔のように 罵声を浴びたりすることも殆どなく

握手をしていただたり、手をふっていただく方も

それなりにいらっしゃいましたので まさかここまでの

結果になるとはというのが正直なところでした。

(杉並は2議席を取れましたので 他地域よりも

良かったのかもしれませんが。)

 

杉並も二人当選はしましたが5位 6位。

これまでの2人の活動を考えると当選させていただいた

とはいえ 厳しいものでした。

 

また 今回の大惨敗で 私も秘書時代からの友人や

議員として 党の役員として お付き合いのある方が

多数落選となってしまいました。

 

選挙は怖い。。。。これが正直な思いでもありました。

 

また 地方議会のあり方も改めて問われることになります。

議長として 杉並区議会がより区民に信頼されるものと

なるよう その環境整備に努めていかなければと

強く思いました。

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース