生きていたい-岡林卓也|人生を楽しく幸せに生きる方法

僕がガンになり身をもって気づいた「人生を楽しく幸せにする方法」「家族の大切さ」「固定観念の変え方」」「代替医療」「ガン再発予防方法」「心を豊かにする方法」など著者の気づきを書いていきます。


テーマ:
今日は、僕が病気になり気づいたことを書かせて頂きたいと思います。いくつもありますが、その中の一つ【自分で自分を幸せにする】と言うことがあります。なにそれ?と言うかたも、そんなことわかってるわい!と言う方もいらっしゃると思いますが、これが本当に生きて行く中で重要です。

とくに【幸せに生きて行】うえでは一番くらい必要ではないか?と思います。具体的に言うと僕の場合、考えようによってはか「なんで俺だけこんなめに会うんだろう?」などと悲観的になりそうですが


僕の場合は違っていました、僕はガンになり初めの数日は落ち込みましたが。。。といっても1日位です。その後は、どうせガンになったんやからこれを何かに活かさなあかん!と思っていました。


極端に言うと「ついてる」と思っていました。しかも10万人に1人の確率の病気です。「完全についてる」と思いました。だって話題性あるじゃないですか。でも生きるか死ぬかですがね。


抗がん剤治療は辛かった~あの時は本当にさすがの僕も滅入ってしまいそうになりましたが、家族や看護師さんのおかげで何とか乗り切れました。今度、抗がん剤をする。と言われてもしないと思います。手術の後も本当に辛かったですが、心の中で「こんな経験しようと思ってもできない!俺はラッキーや!」と言い続けました。


手術の最中、奥さんはさることながら、担当の看護師さんやお世話になっている看護師さんが僕の手術が終わるまで待っていてくれました。仕事がおわり早く帰りたいだろうに。。。今、考えても涙が出てきます。そして手術直後ベッドの上で朦朧としながら僕は起き上がり右腕を天井に突きあげて言ったそうです。

「やった~~~~~~~~~!!!!!生きてる~~~~~~~!!!!!」と。。僕はおぼえていませんが、その時の手術は胸骨を切断し胸を完全に開いての手術です。起き上がれるような人は今までいなかったそうです。


でも本当に自分の心が自分の幸せをつくっている。判断をしている。不快に思うのも、幸福に感じるのも全部じぶんの捉え方ひとつです。また、不快に感じたときが自分自身の価値観や常識に気づくチャンスです。


普段じぶんでも気づかなかった自分の物差しが浮き彫りになりますから。そんな時にどうしてこの出来事が不快なのかを掘り下げて考えて、不快の元になる考え方


たとえば「普通はこうやろ???」「なんでこんな事もわからんの?」「この人おかしいんちゃう?」こう言う声が心から聞こえてきたら、その常識を一度疑ってみてください。そうすることで幸せは自分で作れるようになりますよ。


今日も長文を最後まで読んで頂き感謝いたします。
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさまこんにちは。


前回に引き続き、闘病記をお伝えしようと思います。前回のお話で書かせていただきました通り、高知県から和歌山に帰ってきて入院する事になった僕は、その日また家族と離れて、救急病棟に一時入院をすることになった。


夜中の12時を少しまわったその病棟は、シーンと静まり返り不安が爆発しそうになった。病棟では年のころ20歳後半くらいの看護師さんがその日のみのお世話をしてくれることになり、病室に入った。


そこは、地上13階の4人部屋。その部屋は僕だけだった。部屋から見える夜景。数か月前まで、そこを自分の運転で走り回っていた町。。。その街を今は、ガンになり籠の中の鳥のように囲まれた空間からその景色を見ている。


人間はいつどうなるかわからない。


本当にこころでそう思った。その晩は、一人で夜景を朝まで眺めていた。僕がいなくなったこの世界を想像しながら、ポツンと一人で考えた。今まで生きてきて色々なことがあって、いっぱしに偉そうなことを言っていたこともある。


しかし、なんと人間とはちっぽけなものだろう。僕ひとりがいなくなっても何もなかったように時間は進んでいく。その時、本当にいきる意味について考えた。


今までの僕は、誰かの為に生きたことがあるのだろうか?結局は自分の為だったのではないのだろうか?そんな事を考えながら朝を迎えた。


朝になり、僕の病気の病棟に移ることになった、【呼吸器内科】そこは、地上9階にある病棟で僕の担当をしてくれる看護師さんに出会い病室に行く事になった。


4人部屋の窓側になった。

そこは満員の部屋で、むかいにはスキンヘッドのコワモテの年のころ50歳後半と言うスラッと背の高い人、そのお隣には優しそうな黒縁のメガネのふくよかな40代後半くらいの人、僕の隣は、60代後半の白髪の人たちの4人部屋。有難いことにみんな仲良しそうで、カーテンをあけてお話しをしている。


今では珍しい光景だった。


心のなかで不安だった病室での人間関係はとりあえずホッと一安心をした。そんな時に先ほどの担当の看護師さんが来て色々説明をしてくれました。


CT画像で僕の右肺には、多量の水がたまっており凄く息苦しい思いをしていましたが、担当の看護師さんが優しく、「なんでも気軽に言うてくださいね^^といってくれたので、すごく和んだ事を覚えています。


この年まで入院なんてしたことがなかったですから、人にしかも、年ごろの女性に色々お願いすることは恥ずかしいと思っていましたので、心が軽くなりました。


次回も引き続き闘病記を書いていきたいと思います。


今回も長文を最後まで読んでいただき感謝いたします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さんお世話なってます。生きていたい著者の岡林卓也です。


今日は、本にも書いてなかった僕も闘病中の話をさせていただこうと思います。僕は2年前の3月5日に現在の居住地である和歌山から遠く離れた高知県で、仕事中に倒れ、突然のガン宣告を受けました。


このあたりのお話は以前にも書いているのでこちらからご覧になってください。
今日からは和歌山に帰ってからのお話を中心にさせていただきたいと思います。


高知県で運び込まれた病院の担当医師からのご紹介で、和歌山のある病院を紹介していただきました。高知県から和歌山への帰郷は、僕が一人で運転して帰っては危険だと言うことで、奥さんが子供達を連れて高知の病院まで迎えに来てくれました。


正直僕はどんな顔で奥さんにあえば良いのか?わかりませんでした。とにかく一つだけ、絶対に僕から泣くのはやめよう。と心に誓っていました。


正直僕の脳裏には、死ぬかもしれんな。と言う想いがあり、どうせ死ぬんだったら、こいつらに何が残せるだろう?とそればかりを考えていたので、ただでさえ不安な奥さんをこれ以上不安がらすのだけはしたくないと思っていました。


それと小さな子供達はガラスのように繊細な心で、すごく敏感な感受性を持っていますから、それだけは傷つけたくはないと思っていました。


それに正直、実感があまりなくて不思議な気持ちでした。原因が病気でも、しばらく会ってない家族と会えたのがすごく嬉しかった事を今でも良く覚えています。
そして和歌山に帰り着いたのは午後11時を回ったぐらいでした。


和歌山の病院には、その日のうちに行くと告げていたので、できるだけ急いで行くと、ご紹介いただいた先生であろう年配の先生と同じ課の若い先生の2人が夜遅くまで待っていてくれました。


そこですぐ、CT 検査をしました。そしてその年配の先生からのご説明は、高知の病院の時と同じく悪性腫瘍だと言うことおつげられました。


その時その先生からは、仕事は何をされてるんですか?家はここから近いですか?出張先の仕事ほっといても大丈夫なのですか?と聞かれ、正直僕は腹が立ちました。


そして僕は先生にいました。僕は今死にかけてるんですよね?仕事だとか?家だとか?その事と病気の何の関係があるんですか?と少し強い口調で、先生に言いましたがご返答は得られませんでした。


あとで冷静になって考えてみると、先生は治療の進め方や手術の事が、頭にあったからだと思いました。そしてその晩は、また家族と別れ病院のベッドで眠ることになりました。次回もこれに引き続き、僕の闘病記をそのとき毎日つけてた日記を元に書いていこうと思います。


僕もように胚細胞腫瘍の前縦隔原発で非セミノーマという病気は、本当に珍しく、僕も闘病中何回もパソコンで調べましたが、


ほぼ記録はなく、唯一見つけたブログは途中で更新が止まり、とても不安な思いをしましたので、このことを本に書こうと思いました。


そしてこのブログも、更新し続けて行こうと思います。


今日も長文を最後まで読んでくださり心から、感謝をいたします。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
$生きていたい-岡林卓也|人生を楽しく幸せに生きる方法
今日は、イライラの原因に気がついて、自分で自分を幸せにする方法をお伝えしたいと思います

前回はイライラの原因に気づくという事の大切さのお話をしましたが、今日は具体的にもっと詳しくお話させて頂こうと思います。


イラッ‼と来た時は、自分を変えるチャンスですと言うお話はさせて頂きましたが今回は人に何かをされた時にイラッ‼と来ることを意識してみましょう。


例えば僕なら、食事をしにどこかのお店に入ったとしますね?そこで店員さんが、無愛想だったら?少し嫌な気になりますよね?昔はこんな事で腹を立てていました。これってかなり損なんですよね。


こっちは腹を立ててイライラ勝手にストレスを溜めてるけれど、その人はその晩、家に帰って、いびきをかいて寝ています(笑)^^だってその人はそれでいいんですから。そんな事って結構探すと多くないですか?


そういう時って、何も考えずに当たり前のように腹を立てていませんか?前回も話しましたが、その当たり前と思う事が危険なんです。だってその無愛想な店員さんを見て笑ってる人もいれば、腹を立ている人がいるわけでしょ?


どっちが自分は幸せか?


笑ってるほうが幸せか?


怒っているほうが幸せか?


僕なら絶対笑っている方が幸せだと思います。それって全部自分の考え方次第なんですよね。よく、話の中で普通はこうだよね?みたいな話し出てくるじゃないですか。その普通って何?っていうことなんですよ。


誰が決めたの?だって笑ってる人も怒っている人もいるんだよ。どっちが正しいの?どっちが正しいなんかないんです。大切なのは、どっちが自分は幸せな考え方かなんです。


もちろん自分が幸せ自分が幸せって言って私は人を殴るのが好きだから殴りました。ってそりゃ完全な傷害罪ですよね。


法律を守らなきゃいけないですけど、法律には何にも関係のないことで自分の考え方次第で笑う事も怒ることもできるのです。


さっきの店員さんの話しに戻ると、僕の中でお客様には愛想よく振舞はなければならない。それが当たり前。という強い常識、固定観念があり、それを疑わずに人を裁いた結果、腹が立つというストレスなりました。


視点を少し変えると今なら僕は、なんか家で辛いことあったんだろか?人が苦手なのに接客業で修行しているのかな?とか考えてたら笑ってしまいます。だって腹立ててるいるより笑ってる方が僕は幸せですから^^


今日のお話は少し例えが子育てと離れましたが全てにおいて置き換えはできると思います。四角四面になって子供たちに何かを教えてあげなければ、というストレスからも解放されて法律だけ守ってくれてたら良いと大きく考えてみてください


箸の上げ下ろしまで、口うるさく言うのも子供のためだ。子供のためだ。と言いながらよーく考えれば、自分の心を満たしたいだけかもしれませんね?親の顔が見てみたい。って見に来たければ見に来てもらえば良いじゃないですか^^


それよりももっと、子供たちを抱きしめてあげたり一緒に手をつないでお散歩に行ったり、泥んこになりながらでも一緒に遊んであげたり、そんな事の方が、かけがえのない子供たちの宝物になるのではないでしょうか?


泥んこになっても、お巡りさんに捕まるわけでもないですよね^^洗ってあげれば良いだけのことなんです。子供たちはそういう遊びの中から色々なことを学んでいますよ。人それぞれ、考え方は違うと思いますが、今、子育てでイライラしてる貴方、いちど教育をしなければならないという、自分を許してあげてください。


僕が書いてるこの文章を読んで、少しでも心が軽くなる方がいることを心から祈っています。


『今日のまとめ』

1)イライラの原因に気付く

2)世の中の出来事は全部自分の判断でイライラかユッタリか決めている

3)どんな出来事も幸せなとらえ方をするか?イライラするとらえ方をするか?二者択一

4)自分でイライラの原因の常識を変えてみる

本日も長文を最後まで読んで頂き心から感謝いたします。


前回のお話しはこちら⇒2歳児の子育てに疲れた親御さんへ|イライラの原因を自分で軽くする方法




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$生きていたい-岡林卓也|人生を楽しく幸せに生きる方法


2歳児の子育てに疲れたお父様やお母様方こんにちは^^

僕の家にも3歳と6ヶ月の女の子と、6歳と11ヶ月になる女の子の2人姉妹がいます。


子育てって本当に大変だなってつくづく思います。僕も2年前の3月に10万人に一人の癌になり、子供達のお世話が一番大変な時に病気になって奥さんには大変苦労をかけたと思います。


そんな僕が、偉そうに子育てのことを書いている⁈それは少し違うんじゃないの⁈って思われるかもしれません。しかし、今から書く事は僕たち夫婦が実際にやってきて今でも仲良く暮らしている。とても簡単でとても気持ちが楽になる方法なので、ぜひ一度やってみてください。



そして何より、僕も一生懸命子育てに携わって、奥さんを支えています。今は再発はしましたが、家族を守るために一生懸命働いて、そして僕も一生懸命に子育てをしています。
さぁそれでは、具体的にどういうことをやっていくのかを、ご説明を差し上げたいと思います。


まず最初のステップとして【ストレスに気づく】と言うことをやっていきたいと思います。ストレスに気づくと、簡単に一口で言いましたが、[そんなに簡単にわかるわけないやん。]と思うかもしれません。しかしこれが意外と簡単で、わかりやすいので一度やってみてください。


その方法は簡単。イラッ‼と来た時が、ストレスに気づくチャンスの時なのです。人は僕も含め今まで自分が経験したことや、親に教わったことを基準に、【勝手に】常識や固定観念を作っています。これを少しも疑おうとはしないのです。ここに落とし穴があるのです。


だってそうでしょう?隣の人は自分の子供を見て、かわいい^^かわいい^^と言ってるのに、言うこと聞かなくても、スープをひっくり返したとしても、かわいい^^かわいい^^と言っているのに、自分はそれがストレスになって仕方がない、イライラする子供がかわいくない。


その人との貴方の違いは何でしょう?そうそれは少なからず自分が勝手に作り上げた常識や固定観念が関係しいるものだと思います。まずはそのストレスの原因に気づくことから始めないと、何も対処できないのです。今日これを読んでもイライラする日が続くと思います。


でもこのイライラの原因に気がついて対処できるようになったら絶対に楽しい人生が来ると僕は胸を張って言えます。そして今日は、まず、イラッときた時にそのイライラの原因は、なんなのかそこをじっくりと掘り下げていきます。


ポイントは子供たちや「誰かのせい」もしくは「自分のせい」には一切せずに、自分の常識というものを疑うことから始めます。具体的にどういうことかというと、子育てにイライラする人は、少なからず世間で言う常識的な人だと僕は思います。


うちの奥さんは、「まぁエエやん。」と言える人です。僕は反対に「いやそりゃあかんやろ。」と言う変な常識にとらわれた人間です。どちらがストレスを溜めているといえば、間違いなく僕ですよね^^


そこで僕が編み出した手法は、自分のストレスに気づき、そして、その常識や固定観念をひっくり返して行くそういうことを繰り返すことによって、とても気持ちが楽になり、「まあええやん」と言えるようになりました。


それに伴い子供たちも意外にも、あれこれ言った時よりもすくすくと育ち、子供らしい素直な子に育ってくれたと思います。具体的な方法は、例えばイラッ‼とした出来事が、子供が裸足で外に出て行ってしまったとします。


そこでイラッ‼とした原因を自分の中から探します。教育をしてあげなければ‼と言う思いから、イラッ‼と来ていると思う方もいるかもしれませんが、実は以外にも足が汚れるから、とか他人に教育がなっていない自分を見られる事が嫌でストレスになっている事がほとんどです。


そうなんです。全部自分が勝手に決めた正しい事にこだわっています。それが引き金になりイライラし子供達も笑顔が消えてしまい。ドンドンとマイナスな方向へ引き寄せられて行くのです。


他にも色々な原因があり、みなさんを苦しめているかもしれません、ただ捉え方一つで世界は地獄にも天国にもなると言うことだけ僕の体験談からお話をさせて頂いています。


少しでも皆様の心が軽くなるように心から祈っています。


『今日のまとめ』

1)イライラの原因に気づく。

2)自分の常識を疑ってみる。

3)物事を正しい悪いで判断しない。

4)最悪、法律をやぶらなければ良いと考える。

5)私が教育しなければ‼と自分を責めない。


今日は、僕が救われた教え方の違いを最後に紹介させていただきます。


【日本人の教え】
貴方は人に迷惑をかけないように生きなさい。

【インド人の教え】
貴方は人に迷惑をかけているのだから貴方も人を許してあげなさい。


裁く人ではなく、許す人ばかりになるとノビノビと暮らしていけると思います。最低限の秩序さえあれば、人は幸せに生きられる。

自由人で何がわるい^^

自由がしあわせだ~~~

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
僕の渾身の著書

【生きていたい】

本当にあった完全に事実の事。

家族との葛藤がそこにはあります。

今の時代で忘れられている事をもう一度見直してほしい

そんな思いで魂を込めて書きました。

立ち読みでもいいので読んで欲しい。

手に取ってほしい。

今ある幸せをどうか。

どうか。

心から感じてください。



本の中には載っていない写真や物語がここにあります。

【生きていたいFacebookページです】




生きていたい
生きていたい岡林卓也

ロングセラーズ 2013-01-24
売り上げランキング : 9684


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ううぅううん手術は大成功!!!

でも。。。手術はもういや(´ー`*)ウンウン




$波瀾万丈!人生捨てたもんじゃない!


こんなに切ったよ(☍﹏⁰)




これから放射線治療。。。一生で一回しか出来ないらしい。。。
波瀾万丈!人生捨てたもんじゃない!


あっ!!!うちの嫁さんが家族のためにネットショップを始めました。

見に行ってやってください。

僕も頑張らねば(* ̄▽ ̄)9"



ちなみに店名は 長女の蒼空と 次女の空兎の

蒼と兎を取って ブルーラビット(≧ω≦。​)プププ

あおいうさぎ(´ー`*)ウンウン


お店はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


bluerabbit
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2012年11月5日 月曜日 晴れ

今日は、手術の為
再入院する事になった。

嫁はんは、朝から映画でも行こうと
言ってくれたが、家に居てたいので

ギリギリまで家でユックリする事にした。
色々な話しをした。

今後の事…
子供達の事…

でも…

運気はあきらかに昨日までの
それ、とは違う‼

全てのバラバラになっていた
歯車がガッチリあってきたのを感じる‼
やっほぃ( ´ ▽ ` )ノ
で‼
大好きな山為食道に中華そばを食べに行き、入院した。
photo:01



それから、部屋で
嫁はんと笑話しなどして満喫中
photo:02



でもね…
この子達に逢いたい(´・_・`)
無性に(T_T)
photo:03



iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
やっぱ。健康が1番。

次女のくぅ。
腕に巻きつきに来る。

可愛い。

離れたくない。

人間は幸せになると怖れる生き物なんやろか⁇

幸せが、いつか終わる様な恐怖に苛まれそうになる。

でも( ´ ▽ ` )ノ
生きる気マンマン
病気なんか蹴散らしてやる( ´ ▽ ` )ノ
photo:01





iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。