2011年07月30日(土) 11時46分57秒

靴下の繕い方 エコ生活!

テーマ:エコ日記
今日は靴下の繕い方を写真にて説明いたします。

貧乏臭いと思わず聞いてください。 靴下くらい,きれいなの買えば?と思う前に,ちょっとだけ手を加えてあげるだけで,ずーっと長持ちするんです。


うちの旦那は日本の五本指の靴下が大のお気に入りなのですが,やたらと穴を開けてくれます。

エコな暮らしを追求するには,これくらい,貧乏ではなく美徳だと思って堂々と繕った靴下を履いてください。

簡単な繕い方は,穴の周りを縫って,きゅっと閉めたらおしまいですが,場所によっては小さな布の塊が気になります。ということで,今日は丁寧な繕い方を紹介します。



はじめに,靴下の中を引っ張るものを探します。足を入れたら靴下は広がるので,広がった状態にしてから縫わないと,あとでキツキツになります。
私は5本指ソックスを縫うので,軽量カップ(小さじか大さじ)を指に入れて広げています。はさみの柄のところとかも持つところが空洞になってるので,広げたまま縫いやすいです。
普通の靴下なら,お椀とかでもいいですね。

まず,止め玉は作らず(止め玉だと踏んだときに気持ち悪いので),一回糸を通して,団子結びにします。出来るだけ重心のかからないところで結ぶといいですね。


穴を覆うように,上下に縫います。


で,今度は左右の方向に,上下に塗った糸に交互にくぐらせていきます。

次の段は,前回の段とは反対に縫います(前回下をくぐらせていたら,今回は上)



ちょっと分かりやすい色でやってみました。

今回,見えやすいように間に隙間を入れていますが,もっと詰めて縫ってください。


穴をふさいだら,最後にまたどこかで糸を結んで出来上がり。念のため,ほつれてきても修正できるよう,糸は長めに切ってます。

足の底で長めの糸が出てても私は気にしないからね。



常に何かに忙しい私ですが,旦那と車で出かけるとき・・・それが靴下の繕いには最適な時です。

日本はおしゃれに敏感な国なので,みすぼらしい格好をしていたら何だか後ろ指差されそうな気になってしまいます。(特に街中)
でも,少々汚れていても,穴を繕っていても,別にいいじゃないですかー

自分の持っている衣類は,出来るだけ長く使用して,世界の資源を無駄にしないようにしたいものですね!









むぎさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。