着衣訓練からヨガのお話

テーマ:
今日は子供たちが小学校で着衣訓練を行いました。
着衣訓練とは水着と普通の洋服を着たときでは、水中での動作に違いがあることを学ぶものです。

子供たちも水着では軽々泳げるけど、服だと泳ぎずらいことをしっかりと体験できたみたいです。

訓練はプールで行いますが、実際は川や海など水に動きがあり、深さも均一ではないので、訓練ほどは容易ではないとは思います。

また現在は色々な情報も簡単に手にはいるので、体験しなくても着衣したまま水に入るとどんな感じか知ることもできます。

でも、実際に体験してみないと手に入れられないものって沢山ありますよね。

子供たちも私が洋服を着たまま水に入ると危ないよ、と注意するよりもよっぽど今日の訓練の方が役にたつと思います。

突然ですが、ヨガもこれに通じますよね。私の先生方もヨガマットの上で自身で沢山経験しなさい、と、おっしゃいます。

色々な情報は確かに簡単に手に入り、ポーズのイやり方もネットなどで沢山書いてありますが、その情報を自身が体験して自身に繋げていかないと練習の意味がない、とおっしゃいました。


ポーズが綺麗に取れているか取れていないかは関係なく、そのポーズを使って自分の体やマインドを知り、コントロールしていければ、何があってもいつも、ぶれない自身に出会える…

そんな自分に出会うためにも毎日のコツコツヨガの練習をしているのかも…


写真はyonderyogaで行われたヤニ先生。

偉大な先生ほど丁寧な指導と情熱的な指導でした🎵



AD