今日の午前中は蘇我駅近くのスタジオピラティスルーム ベルガモットにてリセットヨガのレッスンでした。

今日の練習テーマは『無意識の癖に気づき、それをどう受け止めていくか?』をマットの上で実践していくにしました。

例えば、テレビを見るときつい猫背になりがち、立っているとどちらか片方の足に体重が乗る、顎が上がりやすいなど。

それらがダメと言うわけではありませんが、こういう姿勢が永年続くと体の歪みに繋がり、肩凝りや腰痛を引き起こす可能性も…。

なぜ無意識に歪んだ姿勢をとるか、それは楽だから。強く、使いやすい方ばかりを優先させて、結果弱い筋肉は使われず、弱く固まるばかり…。

そういったことを腕をあげるポーズで気づき練習してもらいました。腕をあげるポーズは肋骨が前にでて、背中が反りがち。
これを続けるとヨガをやっているのに腰痛になる。要は腕をあげるとき体の前側が開いた方があげやすい、かつ、体幹も抜けやすい。

この事に意識しながら練習にしましたニコニコ

内側への意識を薄めず、大変価値のある練習が出来たと思います。

午後は自分の練習をしに、JUNKO先生のハタヨガ アドバンスクラスへ参加。

ここでも意識の高い練習ができました。

JUNKO先生はアーサナの形を深めることも勿論大切だし、楽しいこと。でも、それよりも自分がそのアーサナを通して何を練習しているのか理解しながら取り組むのも大事。そのアーサナから何を経験出来るのか学んでと、言います。

今日は後屈の練習。私は後屈には体の前側と同じぐらい後側の大切さを学べました。

友達は自分が得意とする部分にはエネルギーが行きやすいということを感じたみたい。

小さなマットの中で、色々な経験を積み重ねていけるのがホントに楽しい毎日です。
AD