身体のパーツ

テーマ:
目が泳ぐとか、心が揺らぐとか身体のパーツを用いた慣用句が日本語には沢山ある。
実際に目が泳ぐ訳ではもちろんなく、目の動きで内側の感情を表現している。

自分の意志とは関係なく、各パーツ達は勝手にまるで知識を持ったように動き回る…

それらを上手くコントロールしていくのもヨガの練習カナヘイきらきら

足の指一つ一つも手の指先の様に知性を持たせればいつかは各々の指がコントロールできるかも。

そうして各パーツパーツに意識を向け、最後は統合させていき、身体を一つに繋げるのもヨガの練習の一つ。

そんなお話を先日幕張本郷駅前にあるyonderyogaのオーナーJUNKO先生からお話してもらいました。

さらに先生は意識しているパーツはその部分だけ大きく感じやすくなるので、どのパーツも均等性をもたせるように…とも。

例えば戦士のポーズ2など、前足に踏み込み伸ばした手先を見るアーサナなどはつい目先にあるパーツパーツばかりに意識が向き勝ち。
指先を見ようと目が張り出したり、前のめりなったり前側の感覚が強くなる。

その強い、大きな感覚を少ないパーツに流してどこも均等に導く。

これもヨガの練習。

身体の不均一が取れたとき、心にも静寂さが訪れるかな…

そんなことを練習しながら私は感じました。

考えすぎず、感じるヨガ。

私もそんな事をヨガで練習し、お伝えできるようにしたいです。

今日も強風の中レッスンへのご参加ありがとうございます。

色々とアドバイスしてくれる、仲間に感謝とびだすうさぎ2とびだすうさぎ2とびだすうさぎ2

いつもありがとうねつながるうさぎつながるうさぎつながるうさぎ
AD