受験生の知らない公務員試験の裏のウラ

間違った情報や無駄な対策に振り回されがちな公務員試験。公務員試験合格者としての視点から、大手予備校の中枢で受験指導をしてきた経験を活かし、本当の受験対策をブログに書き綴っています。


テーマ:
みなさんご存じの通り、公務員試験の一次試験は、教養試験、専門試験ともに、

択一問題

がほとんどです。

形式的には、1問あたりに選択肢が5本あり、そのうち1本が正解、ということになります。

その冒頭では、

「〜に関する記述のうち、妥当なのはどれか。」
「〜に関する記述として、正しいのはどれか。」


と設問されるのがもっとも多いパターンです。

この設問をその文言通りに読んで解くならば、

「妥当な(正しい)」選択肢を1つ選べばいい

ということになります。

しかし、実はそうではありません。ここに合否の分かれ道が潜んでいます。

いやいやそんなこといわれても、5本の選択肢のうち、1本が妥当な(正しい)選択肢なんだから、設問の通り「妥当な(正しい)選択肢」を探す以外やることないじゃん!と思いますよね。

でも、(これは過去問などを解いていくうちに誰でも分かることなのですが)たった1つの「妥当な(正しい)」選択肢を特定するのは、実はかなり難しいことなのです。かなりレベルの高い合格者であっても、です。

なぜなのでしょう?

それはこういうことだからです。

ある選択肢が「妥当な(正しい)選択肢」であるためには、その記述にどこにも誤りがない、すなわち、「すべてが正しい」記述である必要があります。

しかし、「すべてが正しい」かどうかを検証するには、大変な労力と正確性を要します。なぜなら「誤りがない」ということの証明は、その根拠となる知識とのすり合わせが、膨大な組み合わせになってしまうからです。

その反対に、「どこかが1箇所誤っている」ということの発見、すなわち「妥当でない(誤りの)選択肢」を見つけるのは、非常に簡単な作業です。なぜなら、その記述中にひとつでも誤りがあれば、その選択肢はどうしたって「誤り」と言えるからです。

このように、

知識との正しいすり合わせが膨大になる「妥当な選択肢」を探すのと、間違いをひとつ見つければ足りる「妥当でない選択肢」を探すのと、どちらが楽で早いかは、もう言うまでもないでしょう。

したがって、1つの「正」の選択肢を特定するには、4つの「誤」の選択肢を確定するのがもっとも合理的な方法になります。

すなわち、

5本の選択肢の中から1本の「オモテ=妥当な(正しい)選択肢」を探すのではなく、4本の「ウラ=妥当でない(正しくない)」選択肢を探すのです。そうすれば、最後に余った1本が自然に「オモテ=妥当な(正しい)」の選択肢

ということになるのです。


これがいわゆる『消去法』です。
この方法を徹底すれば、必ず正答率が向上します。


すでになとなくこの消去法を用いている人も多いと思いますが、今後は明確に意識して「ウラ」からのアプローチを用い、さらに合格を確実にしてください!

Amazon公務員試験書籍ランキング第1位
の講座が特別受講料!


【LINE@必勝倶楽部】
ご登録はこちらからどうぞ! 受験相談も受付中!
友だち追加数
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

黒田 隆行さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。