ひまこのブログ ~シンイ with all one's heart~

***シンイの二次小説です。勝手な妄想ブログなので、気ままに覗いて下さい***

NEW !
テーマ:

気忙しい冬の太陽は、あっという間に西に傾き。

二人が湯殿を出る頃には、屋敷の影を大きくしていた。

「はあ・・」

「大丈夫ですか?」

「うん、何とか・・」

屋敷の縁側で、ウンスは横になっていた。

どうやら湯にのぼせたらしい。

「湯にですか?」

「もう!」

ウンスは、からかうヨンの膝を叩いた。

膝枕をしてくれる夫にも容赦はない。

「誰のせいよ・・まったく・・」

言葉とは裏腹に、気持ちよさそうに彼の膝に頬を摺り寄せる。

その彼女の髪を、ヨンは優しくかき上げていた。

「体が冷えてしまいます、そろそろ中に入りましょう。」

「大丈夫、もう少しだけ、このままでいたいの。」

静かだった。

冴えた空気。

頬をさす冷たい風。

今この瞬間、この世界には私達だけ。

そんな錯覚に陥りそうだ。

彼の膝枕で、温かい腕を布団代わりに・・このまま眠りたい・・

「死にますよ。」

「もう、分かってるわよ!」

ロマンの欠片もないヨンの言葉を聞いて、彼女は跳ね起きた。

「何なの?せっかく余韻に浸ってたのに。」

「何の余韻ですか?」

「え、それは、その・・」

治まり掛けた身体の熱が、心臓の鼓動で目を覚ます。

熱い血が、再び流れそうだった。

「腹が空きませんか?」

「あ、そういえば・・」

遅い朝餉を食べた後、何も口にしていない。

ウンスは今まで忘れていた事に驚いている。

一方、緩んだ口元が、さらに緩むヨン。

「何よ?」

「いいえ、何でもありません。」

彼は心の中で思った。

はじめて自分が食い物に勝ったと・・

 

「駄目!思い出したら我慢出来ない、お腹ペコペコよ、何か食べよう!」

「はい。」

「あ、でも、あるかな?マンボ姐さんの店にでも行く?」

立ち上がり、屋敷の中に入ろうとしたウンスは、足を止めた。

「その心配は無用かと・・」

「どうして?」

ヨンは苦笑いを浮かべている。

彼の様子を見て、ウンスは不思議そうに首を傾げた。

 

そんな時だった。

「旦那様、そろそろ門を閉めてもよろしいでしょうか?」

「えっ?きゃあ!!」

「危ない!!」

突然、庭先から聞こえる声。

驚いて振り返ったウンスは、その勢いで縁側から転げ落ちそうになった。

「まったく、あなたは・・」

寸での所で彼女の身体を受け止めたヨンは、大きく息を吐く。

「えっ、だって・・あれ?どうして?」

誰も居ないはずの屋敷・・そう思っていたのに・・

「ああ、構わない。」

ヨンの返事を聞いて、使用人の男はぺこりと頭を下げ、そそくさと庭を駆けて行く。

そして周りを見渡せば・・

日暮れを前に、灯りを準備する者。

夜の寒さに備え、薪を運ぶ者。

そして屋敷の奥からは、美味しそうな匂いが・・

「ええっ?!どうして・・一体いつから?」

訳の分からないウンスは、口をパクパク動かしている。

「湯殿を出た頃かと・・」

「嘘?!」

平然と答える彼の顔を、まじまじと見つめる。

まさか、皆がいる屋敷で、あんな・・

「ヨン!!」

「わざとではありません。」

「信じられない…」

彼に愛されて熱くなった身体が、今度は恥ずかしさで熱を帯びる。

「もう消えたい・・」

「ウンス?」

 

屋敷には、いつも日常が戻っていた。

冬の短い日差しは、茜色に姿を変え。

日暮れの忙しさが、人々を追い立てている。

「冷えて参りました、そろそろ中へお入りください、お腹がお空きでしょう?夕餉の支度が出来ております。」

聞き慣れたハルの声が聞こえた。

「ハルさん・・」

ウンスは思わず彼女に駆け寄る。

「奥様、どうなさいました?」

突然抱き付かれたハルは、ウンスの背中を優しく叩いた。

「だって・・」

「さあ、さあ、体が冷えますよ、中へ。」

「うん・・」

ハルに促され、やっとウンスは顔を上げる。

そして彼女と一緒に屋敷の中に向かった。

ヨンは二人の姿を笑顔で見つめている。

ハルの次の言葉を聞くまでは・・

 

「旦那様、着物の紐が切れておりますが・・」

 

いつもと変わらない日常。

いつもと変わらない人々。

だが、以前とはまるで違う日々。

天女が舞い降りた屋敷には、笑顔と笑い声が満ちていた・・

 

                 大護軍の花嫁(番外編) ~チェ家に日々~ 取り合えず  end 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

こんばんは。

更新が遅くなって申し訳ありません。

取り合えず、番外編は、ここでお休みします。

時間がある時に、また書きますね。

次回から本編の話に戻ります。

どうぞよろしくお願いしますm(_ _ )m           ひまこ

 

 

ブログ村に参加しています。

よろしくお願いします。

 にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。