ひまこのブログ ~シンイ with all one's heart~

***シンイの二次小説です。勝手な妄想ブログなので、気ままに覗いて下さい***


テーマ:

組み敷いた彼女の柔肌。

甘い花の香り。

薄桃色に染まる頬。

その全てが俺の欲情を誘い。

「ん・・あ・・」

彼女の喘ぎ声が俺を狂わせる。

「医仙・・ウンス・・」

名を呼んで、髪に耳元に、そして首筋へと口付けを繰り返す。

緩んだ襟元から、彼女の胸元に手を入れ、柔らかな膨らみに触れた。

「あ・・テジャン・・」

一瞬彼女の体が強張るが拒まない。

俺を受け入れてくれている。

そう思うと、身体が一気に熱くなり、頭が真っ白になった。

「ウンス・・俺のものだ・・」

嬉しくて仕方がない。

俺だけの人だ。

もう、他の誰にも触れさせない。

ずっと俺だけのものだ。

永久に離しはしない。

 

チュンソクはヨンの部屋の前に立ちつくす。

トクマン達から医仙の様子を聞き、心配になって駆け付けたのだ。

「呪いのせいか?」

彼はヨンにその事を伝えるべきか迷っていた。

おそらく隊長もすぐ気付くはず。

医仙の事を、一番分かっているお方だ。

しかし・・

時折漏れる部屋からの声。

恋い慕う女子に迫られ、我を忘れることもあるだろう。

「隊長も若い男だ。」

ずっと医仙への想いを胸に秘めてきた。

そう考えたら、このまま・・・

「いや、駄目だ。きっと後で後悔なさる。」

今隊長が抱いているのは、彼女じゃない。

違う魂の女子なのだ。

チュンソクは意を決して扉を叩く。

「隊長!チュンソクです。」

中から返事はない。

いよいよもってチュンソクは焦りだした。

「隊長、惑わされてはなりません!これは呪いです!隊長!!」

彼は夢中で扉を叩く。

 

その音を、ヨンは黙って聞いていた。

床に座り込み、目を閉じて・・

寝台の上では、ウンスが静かな寝息を立てている。

「騒ぐな・・分かっている・・・」

ヨンは寸でのところで、我に返ったのだ。

最後に残った正気で、彼女から身を離した。

このまま抱いていいのか?

彼女の身体に触れても、別の女の心を抱いてしまう。

違う、そんな事は望んでない。

俺はあなたの身の心も欲しい。

「くそっ・・」

ヨンは唇を噛み締め、ウンスから視線を逸らす。

すると彼女は、混濁した意識に耐え切れなくなったのか、そのまま深い眠りに付いてしまった。

「隊長!!」

なお続くチュンソクの怒鳴り声に、ヨンは苦笑いを浮かべる。

いくら不器用な彼でも、この部屋で起こっていることは想像できるだろ。

それにも関わらず扉を叩く。

余程心配と見える。

「チュンソク、大丈夫だ、心配するな。」

その言葉が聞こえたのか、扉を叩く音はやんだ。

「これほど辛い呪いはないな・・」

ヨンはウンスの穏やかな寝顔を見つめ、大きく息を吐いた。

 

「それは、まことか?」

「はい、本当です。」

一夜明けた典医寺。

チャン侍医は、夜香睡蓮の花を調べた結果をヨンに報告していた。

「呪いではないのか?」

「まさか・・第一、膝にも届かぬ池に身を投げて、死ぬ事など出来ぬでしょう。」

「それは、そうだが・・」

確かに呪いを信じていた訳ではない。

だが、呪いでないと言うなら、昨夜のウンスの行動は如何説明する?

「医仙の様子は?」

「薬湯を煎じましたので、直に良くなりましょう。」

「そうか・・」

ヨンは安堵の息を吐いた。

だが一方で、どうしても彼女の行動が理解できない。

「あの花には催眠作用があるようです。」

「催眠?」

「はい、寝ている間に、心の奥の潜在意識が呼び起こされ・・」

「待て!!」

ヨンは、急に椅子を蹴り立ち上がった。

「それは、まさか・・?」

「はい、簡単の申せば、女達は寝ぼけて、無意識に自分の好きな男の元に夜這い・・いや、寝間に押しかけたのです。」

「では・・」

ヨンの心臓は鋼を打つ。

「驚かれましたか?いや、隊長は沢山の女子達の心を虜になさっておいでだ。」

そう言うと、侍医は愉快そうに笑った。

だが、ヨンには女官たちの気持ちなどどうでもいい。

肝心なのは、昨夜のウンスの行動。

あれは彼女の本心なのか?

「意識を眠らせたまま、身体を動かしていたのです。翌日起き上がれぬのも無理はありません。」

「なら、何故呪いなどと言う噂が流れた?」

「おそらく、意識を取り戻した女が、恥かしさを誤魔化す為に、呪いだと嘘を申したのがきっかけで、それが真実として広まったのでしょう。まあ、その時の記憶は曖昧でしょうから、どちらにしても本当の事は話せぬはず。」

「それが本当なら・・」

昨夜の彼女の言葉は・・

昨夜の彼女の行動・・あれは・・

「俺は耐えずとも良かったのか・・」

「隊長?」

あれほど辛い夜はなかった。

恋い慕う女に迫られ、それを拒まなければならない苦痛。

身を焼かれそうな熱をもて余し、気が狂うかと思った。

あれが全て・・・

「ははは・・」

滅多に聞くことのないヨンの笑い声が、典医寺に響いた。

 

「如何したのテジャン?なんだか嬉しそうね。」

「いえ・・」

ウンスは兵舎の広間で頭を押さえていた。

そんなウンスの様子を、ヨンはニヤニヤしながら見つめている。

「何か良い事でもあった?」

「はい。」

「ふうん・・良いわね、あ、痛・・」

「大丈夫ですか?」

「もう、最悪・・身体はだるいし、頭は痛いし・・風邪かな?」

そう言うと、彼女は自分の脈を確認する。

ウンスは昨夜の事を、まったく覚えていなかった。

「如何してテジャンの部屋に居たのかしら?」

「寝ぼけておいででした。」

「嘘でしょう?お酒も飲んでないのに。」

ますます彼女は頭を抱えた。

「ねえ、変な事してないでしょうね?」

頬を染めたウンスは、疑いの視線をヨンに向ける。

「まさか・・」

あのまま、あなたをこの腕に抱けばよかった。

そうすれば、今頃はもっと幸せな心持ちだったはず。

昨夜の彼女の様子を思い出すと、無意識に口元が緩む。

あれがあなたの本心だと知っていれば・・

「やあね、ニヤニヤしちゃて。」

「いえ、夜香睡蓮の花は、今宵も咲くのかと・・」

「何言ってるの?咲くわけないじゃない。」

ウンスは呆れた顔でヨンを見た。

「えっ?」

 

「あなたが全部刈り取ったのよ、テジャン。もう一本も残っていないわ。」

 

花を奪われた睡蓮の呪いか・・

 

ヨンの想いがとどく日は、いつになるのやら・・・

 

                             夜香睡蓮     end

 

 

ブログ村に参加しています。

よろしくお願いします。

 にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。