ひまこのブログ ~シンイ with all one's heart~

***シンイの二次小説です。勝手な妄想ブログなので、気ままに覗いて下さい***

NEW !
テーマ:

「おばさ~ん、焼酎お替り!」

「ユ先生、飲み過ぎだよ、そのへんで止めといた方がいいんじゃないかい。」

「いいの、いいの、喉カラカラなのに我慢してたんだから。」

「でもねえ・・あらやだ。」

ウンスのテーブルに酒を持ってきた店主は、彼女の向かいに座る男と目が合い頬を染めた。

「何よぉ・ひっく。」

「もうよせ。」

「うるさぁい~!どうして、あんたが此処に居るのよ?ひっく。」

ウンスの手から焼酎の瓶を取り上げようとしたヨンだったが、その手は見事に撥ね退けられた。

ソウルの街。

東大門にほど近いポジャンマチャ(露店)。

ウンスが仕事の帰りに立ち寄る馴染みの店。

いつもの席に座るウンスは、いつもの様に焼酎を飲んでいる。

ただ、いつもと違うのは一人じゃないと言うことだ。

「ユ先生、見合いだったのかい?うまくいって良かったねぇ。」

「み・あ・い~?違うわよ、今日はデートだったの、凄ーく素敵な人と、ひっく・・」

「まあ、確かにイケメンだね。」

「はあ?」

店の中は満席だ。

忙しいはずなのに、店主はウンスの座る席から離れようとしない。

文句を言いそうな客達も何故か黙認している。

それもそのはず、店の客達の視線は一点に集中していた。

飲むことも食べることも忘れ、神とも言わんばかりの男の美貌に見とれている。

その男は周りの視線など気にする様子もなく、次々と酒を煽る女をじっと見つめていた。

「ちょっと、誤解されたじゃない。」

ただ一人、ウンスだけは目の前に座る男に鋭い視線を向けている。

「誤解とは、誰にだ?」

ヨンも冷静だった。

暴言を浴びせられても、動じることなく長い脚を組み直す。

「だから先輩によ、ひっく。」

「ああ、あの気取った男か。」

「失礼ね、ずっと憧れてた人なのに、あなたがあんな・」

言い掛けた途端、ウンスの身体は硬直した。

「おっと・」

その彼女の手から滑り落ちたグラスを、とっさにヨンが掴む。

「夢よね・・そうでしょう?全部夢でしょう?じゃなかったら・・」

「夢じゃない。」

「はい?」

「お前は昨夜、俺に抱か・」

「きゃあぁぁ!!」

ウンスは慌ててヨンの口を手で塞ぐ。

「・・ちょっと、変な事言わないでよ!」

「なぜ?事実だ。」

「止めて!」

彼女の頭の中に赤裸々な記憶が甦る。

 

繰り返される甘い口づけ。

熱い唇。

自分の身体に触れる冷たい手。

そして何度も囁かれた言葉。

「ウンス、お前は俺のものだ・・」

震えた・・

そして体中が熱くなった.。

 

ヨンは真っ赤に頬を染め言葉を詰まらせたウンスの手を掴む。

そして甘い夜の続きのような声で囁いた。

「俺の刻印は首だけじゃない・・」

「ええっ?!」

ウンスはとっさにハイネックの襟元を覗き込んだ。

「はっ、嘘つき!無いじゃない、ほら!」

「ユ先生・・」

「はい?」

今度は彼女が店中の視線を一身に浴びた。

それもそのはず、超イケメンの男に自分の胸元を開いて見せようとしているのだ。

「もう、ヤだ!」

ウンスはあまりの恥ずかしさに店を飛び出した。

「ユ先生!?ちょっと・」

店主は彼女を引き留めようと慌てて追いかける。

だが、ウンスの姿はあっという間に人混みに隠れ見えなくなった。

「おばさん、どうかしたのか?代金なら、今度貰えばいいだろう。」

心配した他の客が呆然と立つ店主に声を掛ける。

「そんな事じゃない、言い忘れたんだよ。」

「何を?」

客は首を傾げている。

「出るんだよ、最近この辺りにも噂の吸血鬼がね、だから気を付けるように言おうと思ったんだ。」

「おい、まさか・・ははは。」

「そうだよな、吸血鬼なんて、映画じゃあるまいし。」

「そうそう、バカバカしい。」

客の男達は笑い飛ばしていたが、その中の一人が急に真面目な顔になった。

「でも、最近様子が変だと思わないか?見てみろよ。」

そう言って、店の外に視線を向ける。

「何だよ、何かあるのか?」

視線を追って、店の男達は外の通りに目を向けた。

 

暗くなった路地に何軒もの露店が並ぶ。

美味しそうな湯気が立ち上り、威勢の良い声が聞こえる中、いつもと違う風景が見えた。

「ちょっと、こっちの通りに行ってみない?」

「駄目よ、もっと暗い道じゃなくちゃ。」

「ああ~、何処に行ったら会えるんだろう。」

若い女子達が、スマホ片手に露店の並ぶ通りを一往一来している。

 

「おいおい、何だ?やけに若い女の子が多いな。」

「吸血鬼捜索ツアーらしいよ、まったく最近の若い子達は何を考えているのやら。」

店主は大きな溜息を落とし、店の中に戻ってくる。

そしてテーブルを片付け始めた。

「吸血鬼探検って・・怖くないのか?」

客達も呆れている。

「さあね・・おや、ところで、ここに居た超イケメンは?」

皆の視線が店主の指差すテーブルに集まる。

そこには空のの焼酎の瓶と、グラスが一つ転がっているだけだった。

 

 

 

 

 

ブログ村に参加しています。

よろしくお願いします。

にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。