宅建テキプラ塾

テキトーにプラスした宅建試験の勉強っぽいお話

☆★☆ 宅建テキプラ塾 ☆★☆


平成29年度の我が宅建テキプラ塾、


3月13日(月)よりスタートしてます!


今年の我が宅建テキプラ塾の勝手に使用している参考書。

(昨年までのものとは違います。)


⇒ 今年の宅建の参考書。



我が宅建テキプラ塾は、

わたくしがテキトーに書いて書いて書きまくってます。

テキトーに好き勝手に書きます。



とりあえず、法令上の制限は終わりました。


⇒ 2017年度 法令上の制限。



現在は、宅建業法に入ってます!


⇒ 宅建業法の予定。



ちなみに、我が宅建テキプラ塾は、今年で3年目です。

一応、読んでくれた方の中では、何人かが合格しています。

テキトーに拒否反応を示す方も多いですが、テキトーも1つの勉強方法です。

選ぶ選ばないは、ご自由に。


我が宅建テキプラ塾が気になる方は、いろいろと読んで行ってください。



以下に、先に進めたい人のために、昨年のものを載せておきます。


良ければ使ってください。


⇒ 2016年度 宅建テキプラ塾。




NEW !
テーマ:

今日から、広告に関する規制です。


某参考書のレッスン9になります。


そして、ここは、10分ぐらいで読めます。


10分で読めるとは思いますが、ヨユーをもって、15分としましょう。


15分もあれば読めると思います。


ということは、ということはですよ、ということはですね、


「ここは、そんなに難しいことは書いてない!」


ということだと思います。


まぁ、初めて読む場合は、難しいと感じるかもしれませんが、某参考書だと数ページですしね。


15分も必要無いと思いますよ。


某参考書以外の参考書でも同じだと思います。


宅建業法は、難しいところもあるかもしれませんが、この広告に関する規制のように、明らかに簡単なところもあります。


そして、この簡単なところからも問題が出されて、1点となるということもあります。


ですから、宅建業法全体、トータルで考えると、そんなに難しくないというか、宅建業法は、勉強をすれば誰でも点が取れる。


さらにおもしろいことに、宅建という資格は、この宅建業法のところからが1番多く問題が出されるわけですから、勉強をすれば、誰でも宅建に受かる可能性が出てくるということです。


諦めないことが大事ですね。


などと書きましたが、宅建業法で点を稼がなくてはいけなくて、その宅建業法の中で簡単なところということは、ここは、絶対の得点源です。


本試験で出たら、ラッキーって思ってください。


そして、絶対に、1点を取る!


そういうところです。


まぁ、内容は、本当に、そんなに難しくないですから、各々の参考書を何度も読んで、過去問を何度も解けば大丈夫だと思います。


3日間の勉強で、ラクショーかなと思います。


ラクショーなところですから、法令上の制限や、宅建業法でこれまで見て来たところを復習したりすると良いのかなと思います。



では、広告に関する規制の中身を見て行きます。


中身のメニューは、誇大広告等の禁止、広告開始時期、取引態様です。


某参考書では、この3つですが、ここに、契約の締結時期も付け加えましょう。


某参考書以外のとある他の参考書で、ここで、契約の締結時期も含まれていました。


契約の締結時期もついでに勉強をしてしまいましょう。



で、まず、取引態様からですが、これは、誰が取引して、どのような取引かということだけです。


当事者なのか、代理なのか、媒介なのか。


そして、売買なのか、交換なのか、貸借なのか。


そういうのをちゃんと伝えておこうねっていうことです。


「簡単でしょ?」


売買だと思っていたら交換だったとかでは目的を達成できないでしょう。


この人が売り主かと思って話をしていたら、違ったとかではダメでしょう。


だから、そういうことが起こらないように、広告にちゃんと書かないと行けないし、注文を受けた時にも、注文をした人にちゃんと伝えないといけないということです。



誇大広告の禁止は、問題等を読んでいて、


「これは、おかしい!」


って思ったら、たぶん、それが間違いだと思います。


常識で問題が解けたりします。


「読んで変だなと思ったものは変なのです!」


まぁ、そういう風に理解してもらって、あとは、自分で知識の肉付けをして行ってください。


過去問で出たところを完璧にし、その後は、どれだけ自分で知識を積み上げられるかですが、上はキリがないですから、参考書を何度も読んで終わりで良いです。


どこまでを完璧にし、どこからは捨てるということをはっきりさせましょう。


わたくしは、参考書、過去問だけで良いと思います。



広告の開始時期、契約の締結時期ですが、これはそのままですね、いつから広告ができるか、いつから契約を締結できるかです。


ここで問題なのは、建築の途中のものです。


物がすでに完成しているのならば、問題にはなりません。


その出来あがった物で取引をすれば良いのです。


まだ、物が出来ていないのに、売りに行っても良いのかということです。


なぜ問題になるのかと言うと、物が出来ていない、つまり、建築途中で売ってしまったりしてしまうと、本当に完成するのかなということや、出来あがったものが違うとか、後々、トラブルになることが多いということです。


トラブルになっても、損害賠償とかして解決すれば良いと思う人もいるかもしれませんが、トラブルは避けられるのなら避けた方が良いというのが、普通の考えだと思います。


で、多くの人を救済しよう、トラブルを回避しようということから、ルールが決められているということです。


ポイントは、許可・確認等が下りてからということです。


許可・確認等というのは、第三者の役所等がします。


だから、まぁ、許可・確認等があると、予定通りに事が進むのかなということです。


予定通りに進むならばトラブルはないだろうということです。


とはいえ、現実の世界、許可・確認等をしてもトラブルがあったりするものですけどね。


一応、宅建業法上は、許可・確認等があれば、トラブルは少ないと考えているようです。


許可・確認等が下りる前では、広告はできない。


契約は、貸借だけできる。


ということなので、許可・確認等が下りる前は、貸借の契約だけできるということを覚えておいてください。



今日は、こんな感じです。


今日はというか、これで全部終わりという感じ。


本当に、テキトーに終わり。


残りの2日間、どうしようかなという感じ。



☆今日のとりあえずこれだけでも暗記事項!☆



この分野は、ラクショー!


得点源!


読めば大丈夫!



広告の開始 ⇒ 許可・確認等の後から!



契約の時期


  許可・確認等の前 ⇒ 貸借の契約だけ!


  許可・確認等の後 ⇒ 売買、交換も可能となる!



難しく考えず、


許可・確認等の前は、貸借の契約だけ可能。


許可前、貸借の契約だけ!


許可前、たいけいのみ!


で良いと思います。


許可前だけだと確認を忘れてしまうかもしれないので、


許確前、たいけいのみ!


が良いでしょうかね。



「きょかくまえ、たいけいのみ!」



☆以上です!☆



暗記は、語呂合わせでも良いですが、本当に簡単に言葉だけ覚えるのも良いと思います。


宅建テキプラ塾では、簡単な言葉だけでも覚えてみようということをしています。


なぜならば、語呂合わせを考えるのが面倒だからです。


誰かがどこかで言ったもの、書いたものを書いたりしたら、いろいろ言われるかもしれないしね。


簡単な言葉だけでの暗記なら、そういうのも問題にならないでしょう。


では、本日は、ここまで。


ザ・テキトー

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


ここは、今日、明日で終わらせて、3日目は、他の復習だ!


と考えてみた人は、クリックをどうぞ!


我が宅建テキプラ塾への応援のクリックもよろしくお願いします。


↓↓↓↓↓↓↓




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。