たきた動物病院 スタッフブログ

たきた動物病院のスタッフによるブログです。
たきた動物病院の日常、速報、ペットのお役立ち情報などをお届けします!

申し訳ありませんが、ブログの内容についてのお電話によるお問い合わせはご遠慮ください。


テーマ:
こんにちは。川越市にある「たきた動物病院」院長の滝田です。
4回目の今日は「眼球疾患」の一つである「小眼球症」についてです。


小眼球症は先天性の小眼球で複数の奇形を伴い、一般に視力はありません。

原因は先天性や遺伝性です。犬、猫にみられます。

臨床所見として、本症には白内障、瞳孔膜遺残、レンズのコロボーマ(欠損)、輪部の分化異常、
眼球振盪などを伴います。片側性、両側性が知られています。

有効な治療法はありません。本症は遺伝性の関与が大きいので、罹患している動物で
繁殖に用いないようにします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
こんにちは。川越市にある「たきた動物病院」院長の滝田です。
3回目の今日は「眼球疾患」の一つである「巨大眼球症」についてです。


巨大眼球症は、慢性緑内障の二次的変化として眼球が大きくなったもので、眼内圧の
上昇により角膜や強膜は伸張し視力は消失しています。

臨床所見として、本症は常に二次的な変化を伴います。角膜は浮腫状で青濁し、デスメ膜の
破裂、上強膜の菲薄化、散瞳、レンズの(亜)脱臼、網膜や視神経乳頭の委縮などを呈します。
眼内圧の上昇や露出性角膜炎は必発の症状ではありません。

治療法は、内科的には眼内圧の低下を図りますが、奏効する場合は少ないです。
眼内腫瘍が疑われる場合には、眼球摘出術を選択することがあります。

鑑別診断として、眼球突出や対側眼の小眼球あるいは眼球陥没との鑑別が必要です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。川越市にある「たきた動物病院」院長の滝田です。
2回目の今日は「眼球疾患」に分類される「眼球陥没」についてです。

眼球陥没とは、眼窩の中に正常なサイズの眼球が異常に牽引されたり、あるいは
自ら沈んでしまう状態をいいます。

原因は、先天性としてはコリーやドーベルマンのような長頭種に多いです。
深い眼窩と小眼球によって眼球陥没が強調されます。能動的な原因で最も多いのは
眼牽引筋の収縮です。睫毛重生異所生睫毛、異物、眼内疾患の疼痛によって眼球が
牽引されます。眼牽引筋の強直による眼球陥没は両側性です。
受動的な原因で多いのは二次的な球後脂肪の消失やホーナー症候群、老化などです。
球後脂肪の消失を来す全身性疾患には嘔吐、下痢、脱水、体重減少、眼窩周囲組織の
委縮などがあります。

診断として眼の精査には全身麻酔を必要とすることがあります。病歴の聴取や一般臨床検査は
不可欠です。筋炎が疑われる場合には筋肉のバイオプシーが必要です。

治療法は原因によって異なり、内科的、外科的処置を必要とします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。川越市にある「たきた動物病院」院長の滝田です。
1回目の今日は、「眼球疾患」に分類される「眼球突出症」についてです。

眼球突出は、サイズは正常な眼球が異常に突出したもので片側性が多く、
両側性はほとんどありません。

原因の多くは炎症や腫瘍によるものです。炎症性のものは、上顎の最後臼歯部から
刺入する骨や小片などの異物、歯根部の膿瘍、頬骨腺炎などです。腫瘍性には
原発性と続発性があります。

症状としては、炎症性では、急性発症が多く、患部への触診、眼球圧迫、開口を
嫌い疼痛を示します。また、元気消失、食欲低下、発熱、結膜浮腫、好中球増加、
眼分泌物などを認めます。
腫瘍性では、疼痛はなく進行は緩やかです。近在骨の膨化や顔面の変形を示すことが
あります。いずれの場合も兎眼(瞼を閉じる事が出来ない状態)があれば二次性の露出性
角膜炎を合併します。眼圧は正常か軽度の上昇を示します。

診断は病歴、臨床検査、血液検査、X線検査あるいは試験的切開などによって行います。

治療は、全身的な抗生剤の投与、慢性例や再発例に対しては口腔内へのドレナージを
形成する場合もあります。原発性腫瘍の多くは悪性であり、コントロールするのは
難しい場合が多いです。


鑑別診断としては、巨眼球症があります。巨眼球症は後天性の慢性緑内障によって
腫大したもので、第三眼瞼の突出はなく、角膜直径は対側眼よりも大きいです。
眼内圧は上昇し、慢性緑内障による種々の病変を伴います。
正常眼であっても対側眼が陥没しているために突出しているように見えることがあります。
この様な眼球陥没では、第三眼瞼は突出し頭頂側から両眼を比較すると、陥没眼の角膜頂点は
見えません。眼球陥没はホーナー症候群、小眼球症、眼球癆(重篤な眼疾患、炎症、損傷により
委縮し、眼が機能を失った状態)などに合併してみられます。

補足) 外傷性の眼球突出について
犬、猫における眼球突出は重度の頭部外傷や眼窩の出血によって眼球が著しく前方に
変位したものです。犬の短頭種では軽度の外傷でも本症を起こしやすいです。
予後は品種、期間、合併症によって左右されます。
治療としてはできるだけ早く元の位置への整復を試みます。
眼球が破裂していたり、視神経や主要血管系の損傷が激しい場合には眼球摘出術を考慮します。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。川越市にある「たきた動物病院」院長の滝田です。
42回目の今日は「結節性脂肪織炎」についてです。


結節性脂肪織炎は、皮下脂肪組織における無菌性の炎症性疾患です。本症は、ビタミンE
欠乏症やエリトマトーデス(自己免疫疾患のひとつ)に関連して発症することもあります。
あらゆる年齢および種類の犬と猫に発症します。


犬と猫の結節性脂肪織炎は、ほぼ同様の症状を呈します。結節、膿瘍、瘻管、潰瘍などの
皮疹が、同時に孤立性ないし多発性に発症します。波動性結節の内容は、黄褐色ないし
赤色がかった油様物質です。皮疹は主に体幹に認められます。掻痒はありませんが、
全身症状として元気消失、食欲低下や発熱が認められることもあります。


診断は、症状、細菌培養の陰性結果、そして摘出生検の病理組織学的検査により行われます。
病理組織検査所見としては、皮下脂肪組織におけるびまん性ないし巣状のマクロファージ、
好中球、リンパ球浸潤による混合炎症反応が認められます。穿刺吸引生検では、多数の
マクロファージと好中球が認められますが、細菌は認められません。
基礎疾患として全身性エリトマトーデスやビタミンE欠乏症の存在を、また鑑別疾患として
腫瘍、深在性膿皮症、抗酸菌症(結核菌と同類の菌で、それによる感染症)、深在性真菌症を
否定する必要があります。


孤立性病変では、外科的切除が選択されます。ステロイド剤(プレドニゾロン)を1~2週間
投与します。猫では、完治するまでステロイド剤を投与します。犬と猫で、ビタミンEの
経口投与による効果が認められることもあります。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。