バイバイレバノン

お昼にレバノンを発つまで、ホテル内施設で遊ぶことにしました。


ドライバー  お金入れてないけど。

(だから、正座してても出来るんだね。)


それから、ボーリング。  ボウラー

超スロ~ボールで転がしてみたけど、ガーター続出でした。

それでも、楽しかったみたい。


さぁ、雪景色とも当分お別れです。 雪景色



湾景  道も普通になり、海も見えてきました。


因みにレバノン、運転がとてもコワイです。

市内では、鼻先つっこんだもの勝ちで譲り合い精神無し。

ハイウェイでも、路面とスピードの割にはスレスレの車幅で追い越したりしてました。


無事帰って来れて、よかったよかった。

利用したMEA は機体もキレイだし食事も美味しいしで、結構良かったです。


AD

本日は晴天なり

一夜明けて、今日は快晴!!

しかも、昨日たくさん降ったおかげで、フワフワの新雪です。


ベビーゲレンデを勧められ、シャトルバスに10分弱乗っていきました。


底辺景色  僕とママはここでソリ遊びだよ。


安上がりのボーズ&タケゾーは、リフト要らずの雪山でソリ遊びしてました。

すっごい普通の服装(セーター+ジーンズ)のレバニーズ高校生達も大勢いたよ。


ダンナーは、意気揚々とリフトに乗ってスノーボードを満喫。

帰りは山頂まで行って、 山頂景色

そのままホテル前まで滑り降りてきました。

いいなー。


ダンナー曰く、「こんなにいい天気で、いい景色で、空いてる所滅多にない」そうです。

近隣在住のスキー好きの方、是非レバノンへ!



夕方はホテルの周りをお散歩して楽しみました。


散歩景色   ちょっと寒かったけどね。



AD

滑り初め

ゲレンデデビュー前に、ホテルのゲームで練習してるよ。


リハーサル  いっちょまえにゴーグルが笑える。


おいおい、でもボーズ、よそ見してると危ないから。

てか、君がやるのはスキーじゃないから。


これだよ、これ。

     ↓

発車オーライ  どうでもいいけど、派手な親子だな。



この日は結構吹雪いていたので様子をみるだけのはずだったのですが、

ボーズ大喜びだったため、結局吹雪の中1時間ぐらいソリや

雪合戦で遊びました。

雪大好きだったんだ、よかったね。


でも、ソリにひかれないように(by実の父) そり事故

気をつけてくださいよ。


AD

追いかけて雪国~♪


white&pink

 

白ボーズ(左)とピンクボーズ(右)でぇーす!

吉幾三のメロディーに乗せて、雪だるまが追いかけてきてしまったのでしょうか?


白ボーズ登場を予告 しておりましたが、

よく考えれば雪まみれにならない限り、ボーズは白くならないのよね。

という訳で、代わりに雪だるまくんに登場願った次第。


ボーズも、茶ボーズ(小猿の着ぐるみ) にならずとも、

ピンクのウェアで大丈夫だったよ。パツンパツンだったけど。

因みにこのウェア、3年前ボーズ1才の冬用に購入したものです。

相変わらず、昔の服を無理矢理着せられている 不憫なボーズです。



で、我々はどこに来たのかというと...、レバノンです!

夏のスイス 以来、スキー&スノボをやりたくてウズウズしているダンナーに連れられて

一番近場でスキーリゾートのあるレバノンにやってきたのでした。


ほら、ホテルの部屋に置いてあるのも 聖書じゃなくて

聖書じゃなくて、コーランなんだよ。

(但し、レバノンはキリスト教徒も多いです。)



初日はまず、ベイルート市内を観光。


しもやけ対策  寒いので、ボーズの手袋を買ってからね♪



何でも、レバノンはかつて「中東のパリ」だったそう。

確かに古くて風情のある建物が、狭い中ごみごみと建っているのですが、

折りしもの、しのつく雨で裏寂しい感じが漂ってました。

しかも、建物のそこここが一部破壊されたままになっていたり、

壁には銃弾の穴が無数に残っていたり...内戦の爪痕。

それから、街のあちこちで、去年暗殺されたハリリ元首相の肖像画を見ました。


戦火の痕が激しく、再開発の進められているダウンタウンには

いろいろな建物が混在しています。

モスクや欧風建築や...


ダウンタウン  ← 遺跡!!


因みに右から2番目の建物、Virgin Megastoreなのですが、

そこのカフェで雨宿り中、ボーズ爆睡してました。ソファーがあってよかった!


ボーズお目覚めの後、ベイルートからスキー場のある郊外の山まで

タクシーで観光しながら移動開始!


碑文


ドッグリバー沿いのNahr El-Kalbには、 歴代英雄や戦勝者の石碑がズラーリ。

古くはエジプトのラムセス2世からナポレオン3世、

最近では2000年のイスラエル軍撤退まで、21あるそうです。



その後、ジェイタ洞窟 へ。有名な鍾乳洞だそうな。

ロープウェイに乗って、上部洞窟入り口まで。

そこでカメラ・携帯を預けた後、足を一歩踏み入れた途端、

その壮麗さに感動しました。

天井も高く、折り畳まれたり、柱状になったりしている無数の鍾乳石で溢れ、

おとぎの国の地下宮殿のようです。

写真取れなかったのが残念。

同洞窟HPの写真 で御覧ください。探検してるみたいで楽しいよ。)


次にボーズ大喜びの汽車型プチトランで下部洞窟まで移動したのですが、

この洞窟の中は地底湖になっているので、ボートで見学しました。

ディズニーランドのアトラクションの自然版(と喩える所がせせこましい)

とでもいいましょうか、スイスの鍾乳洞 でも感動していたけど、

あれより更にスケールが大きかったです!

レバノン行くなら絶対おすすめの観光ポイントでした。雨天もOKだし。


さて、その後タクシーは山をぐんぐん登ります。

雨もみぞれまじりの吹雪に変わり、積雪もすごくなってきた。

四駆を頼んでよかったよー、と心底思ってる内に、

スキーリゾートMzaar2000 の中にあるホテル に着きました。


さあ、明日はいよいよスキー場へ。

ボーズ喜ぶかな? 予行演習?