しなばぎとお

テーマ:

11月15日の紀宮殿下の結婚式、
タケゾーもボーズをナーサリーに送り出した後、
ゆっくりくつろぎながらNHKニュースで拝見しました。
(くつろぎすぎて、コーラスに遅刻するかと思った。)


その昔、会社同期のSが結婚する際、二次会案内文で
“さ~や御成婚!”を銘打ったものだけど、
清子(さやこ)さんの方は、8年半経った今
こうやって嫁いでゆかれた訳ですねぇ。しみじみ。


ほ~ら見てみて!
アブダビでも、ちゃんと報道されてましたよ。
Princess Noriの結婚の模様が。


逆さから見てもしんぶんし


おとぎばなしとは逆で、お姫様から普通の主婦になる、という事や、
美智子皇后は“Miss Never-Mind”と呼んで可愛がっておられた、
というような事が書いてありました。


おめでたい話題はいいですねー♪

kamoちゃん も、遊びに来るときは結婚式 のビデオとアルバム持ってきてねぇ!

大荷物になるかな?

そして、もちろん出来れば、御主人Tちゃんも携えてくるべし!



AD

遅刻厳禁

テーマ:

今日で日本ともお別れ。


じーちゃんとばーちゃんも、一緒に車で見送りに来てくれました。
首都高は混んでいて、「もしや乗り遅れる?!」と心配されましたが
「そうなったら、日本に延泊すればいいか。
まだ六本木ヒルズにもディズニーランドにも行ってないし。」
(何泊する気だ?しかも、ダンナーの会社のことは考えない嫁)と思ってたら、
なんとか間に合いました。

と言うか、ドキドキした割りに結構余裕だった。
ポンピーとノンノンも、仕事帰りに見送りに来てくれました。

ハイ、チーズ。 お見送り

(モザイクだらけで気味の悪いお見送りになってしまったよ。)



その代わり、間に合わなかったのが、Hちゃん。
我々が唯一訪れた東京の観光地・お台場(と言ってもミュージカル見ただけ)に
一緒に行ってくれた彼女、

昨年もご主人と一緒に見送りに来てくれ、
今年も「お見送り行くからね!」と宣言してくれていたのですが、
空港に向かう途中の私の携帯に連絡があり、
「ごめんねぇ、絶対間に合わない自信ある。お見送りいけなくなっちゃった」との弁。
「いいよ、いいよ、仕方ないよ。
私達でさえ間に合わなくなりそうなんだから...。   ←それはよくない、仕方なくない。
Hちゃんとこも渋滞?今どこなの?」と聞いたところ、
宇都宮で新幹線待ってるところ。」


えぇーっ?!そりゃ絶対間に合わないよ、私も保証するよ。
なんでも、今日は彼とゴルフで栃木のコースを廻っており、
終わってから見送りに来るつもりだったそうな。
だが、予想以上に叩くことになってしまい、
ヘロヘロになりながら、ようやく終えて東京に戻る途中らしい。
自分の腕をかいかぶっていたな、Hちゃんよ。
アブダビに遊びに来てくれるとのことだけど、

そのときは出発前にゴルフの予定を入れないでねー!!

AD

パイプはくわえてません

テーマ:

出産直前の両親学級で一度ご一緒して以来、
仲良くしてもらってるFさん。
初めての出会いから、両家合わせると3回は引越しをしているのですが、
それでもメールや子連れ訪問で交流は続き、今回も会えることになりました。



Fさんの運転する大きなワンボックスカーに乗って、

母子3人がダンナー実家に登場!!
おぉ、会うたびに寝てばかりいたMちゃん、起・き・て・る!! (ビックリ)
そして、Mちゃんと同じクリクリお目々(でも坊主頭)の弟・Tくん、

はじめまして~!!



見つめあい奪い合い


大いに予想されたとおり、時にはおもちゃの取り合いもありましたが
(見つめあってるようにも見えるね)、 
明るいFママのお陰で結構仲良くしてました。 



虫めがねを持って、2人で探偵ごっこ? フニフニフニフニ

林檎殺人事件?!
...って、ボーズのひろみGOはともかく、
Mちゃん樹木希林役だなんて...(失礼よね~)。
しかも、Fさんは林檎じゃなくて梨をお土産に持ってきてくれたのであった。



ポンポン検診中でーす。 ポンポン検査
“異常発見。あなたのお腹はデカすぎます。”




楽しく過ごした後、皆で素麺をすすって(いいねぇ、日本の夏...ってもう秋?)
お別れしたのでした。
どうもありがとう、どこに引っ越しても、また会おうね~!!

AD

今日は待ちに待った、kamoちゃんの結婚式


 花婿ボーズ  ← 新郎新婦?


ボーズも髪を7:3に分けて、おしゃれしてみました。


固まって直前逃走が心配されたリング・ボーズ役でしたが、
決してリングピローを落とすまい、と懸命に

1歩ずつ踏みしめながら健気にこなし、
母タケゾーもビックリ感動の立派な立ち回りぶり!! (あ~、親ばか)
そこへkamoちゃんとポンピーがアヴェマリアの歌声と共に

腕を組んで入場してきたもんだから、
さらに感動クライマックスで、涙と鼻水がとまりませんでしたぁ。




披露宴開始までの間、

控え室ではポンピー&ノンノンの昔の結婚写真と共に、
こんなものがさらされていました。


約30年も前に、  永久保存版

タケゾーがkamoちゃんのお誕生日にプレゼントした、

“kamoちゃんのおたんじょうび”という自作の紙芝居

kamoちゃんが生まれた当時、タケゾーは2歳になっておらず、

まだ上手く喋れなかったのか「ねちゃた」と言っています。
粘着力のある擬音語のようですが、恐らく「寝ちゃった」と言っているのでしょう。
こたつも、吹き出し付きで「こたつ」とアピールしているよ。

おぉ、ファンタジー!



ボーズは行きの車でお昼寝をすませていたせいか終始ご機嫌。
絶対内容分かってないだろ」、と思われる主賓のスピーチにも

惜しみない拍手を送り、
特別に作って頂いたお子ちゃまメニューも堪能しておりました、はい。


やんややんや   




最近の披露宴事情にはとんと疎くなっていたタケゾー、

自分達の頃にはなかった凝った演出がいろいろで面白かったです。


ブーケトスではなく、ブーケプルズ。  私が縛っときました


ブーケがどれか1本だけリボンにくくり付けてあるので、

それを引いた人がブーケをもらえます。
これだと、ブーケが床に落っこちちゃって哀しく気まずいことは無いもんね。




ケーキは各卓に用意され、それぞれでデコレーションした後、
新郎新婦が入刀しに来ます。
我がテーブルのパティシエ役は、もちろんボーズ!!
最初は楽しそうにカラースプレーをふりかけたりしていましたが...
(椅子を取られたので、仕方なくチビッコ椅子に腰掛け見守るダンナー)、


パティシエ奮闘中    ちびっこシート


その内、面倒くさくなったのか、

アラザンもベリーも何もかも皿からぶちまけてました。
そして、仕上げにクシャミを3回ふりかけてましたよ、この人は。


タイトルは、“混沌(カオス)”。  くしゃみが決め手です

あっという間に、新郎新婦が、成敗入刀しに来てくれました。


斬る!





その後も、10年後の2人を予想したメッセージやイラストの披露、
新郎の空手技、
ノンノンの友人で家族の誰もが仲良し、Kちゃんの

飛び入り玉すだれ芸、     
と何もかもが楽しかったのですが、  芸人トリオ(1人は新婦母?)

タケゾーが後悔していること1つ...。


余りにも楽しかったので、

「2人へのメッセージを」とマイクとカメラを向けられた時も
ふざけて「幸せになってください、私より幸せにならない範囲で...」と、
余計な後半部分をくっつけて喋ってしまったのですが、結構シーン。

え、え?ヤバイ?

ドラマにもあったようなドロドロ姉妹劇繰り広げる感じに思われてる?
ていうか、

kamoちゃんと新郎Tちゃんがマジに受け取って(というのは多分無いけど)、
気分を害したらどうしよ~!
と急に弱気になってしまいました。
2人ともゴメンネー!
本当に言いたかったのは、
「新しい兄弟ができてウレシイです、皆で幸せになりましょう!」

ってことなのよ。
お詫びして訂正いたします。ぺこり。




そして、これも退場時に初めてもらったプチギフト...。
ボーズもなんじゃこれ?って感じですが、 何じゃこりゃ?

最近は引出物・引菓子・卓上花以外に
こういうのを配るのが主流らしいっす。
えー、全然知らなかったぁ!!
しかも、挙式の時の新郎新婦の写真が印刷されてるよ。すごーっ。




今回、モザイクをかけた怪しいカップルにしてしまいましたが、

kamoちゃんもTちゃんも本当、美男美女のお似合いカップルだったよん。
ドレスアップしてるからというのもあるけど、表情がキラキラ輝いてました。
(いやいや、テカっていたという訳ではなく...)


笑いあり、涙ありのステキなお式をどうもありがとう。
これで、心残りなくアブダビへ帰れま~す!!遊びにきてね!


好きな道を行きなさい

テーマ:

朝、目覚めると枕元にこんな人が立っていました。


んがほっほ ...サ、サザエさん?!



近くにあったカーラーを髪に巻きつけてはりつけて遊んでたみたいです。
「こんなふうにしてみたのよ~」ですと。
最近、「~なのよぉ」という語尾がブームのボーズ。


義理の息子(予定)としてHさんの夢を叶えるため

立派なオカマになろうとしているのでしょうか?



夜は夜で、ばぁばのシンクロの発表会のビデオを見て、
自分も足を上げ、バレエ・レッグに挑戦していました。


目指せ、ウォーター・ボー(イ)ズ! ウォーターボーズ
それとも、ボーイでなく、オカマちゃんか?!

初めてのお見合い?

テーマ:

タケゾーの会社の1コ先輩・Hさんに、女の子Mちゃんが生まれました。


誰もが認める美人さんなのに、ちょいと風変わりで面白すぎるHさん、
名家の跡取りに嫁ぎながら「子どもはいらない」とか、
「きれいな男の子を生んで、オカマとして育てたい」などとのたまって
昔は喫茶店で周りのオバ様方をギョッとさせていましたが、
「やっぱり生んでみると自分の子どもはカワイイのよね~」との発言に
タケゾーも安心しました。



入社当時から気さくな人で、退職も同時期だったので、
一緒に寺社めぐり・七福神参りをして御朱印を集めてみたり(シブ~)、
ロンドン・パリ・大連へと旅行をして楽しんだ我ら、
こうなったら(ってどうなったらよ?)
子供同士結婚させて楽しんじゃえ!と、お見合いを決行したのでした。


出発前、トーマスのガチャガチャから引き離されて

ギャーギャー泣き喚くボーズに、ダンナーが

「俺が女の子の父親だったら、こんな男に嫁にやりたくないなぁ。」とポツリ。
母親だってそう思うぞ。


だが、ボーズはまだ3歳足らず。今後の成長に期待させていただこう、


まずは、見合って見合って... 見合ってる


とりあえず、ボーズにしては珍しく名前を覚えて呼びかけてたのでイイ感じ。
好みのタイプだったのだろうか?
なぜか「くん」付けだったけど。


大事な娘さんをやりたくないだろうに、 義理の親子?

「娘を頼んだぞ」と語りを入れる(ウソ)、
というか、トーマス絵本の犠牲者となって遊んでくれる、Mちゃんのパパ




さぁ、こうなったら明日はkamoちゃん 達と合同で結婚式だぁ~!!
と、実の妹の華燭の典を途端にうさんくさいものにしてしまう勢いなのであった



と・こ・ろ・で...
今日仲人として(?)一緒にH家を訪問したSちゃんは、
入社当時からタケゾーとそっくりさんで

2人とも上司からよく間違われてました。
ボーズ、途中で母親分からなくなってなかったかな?

おいしいね

テーマ:

日本滞在もあとわずか!
お土産購入や最後のかけこみ検診でドタバタした一日。


ダンナーも遅れを取り戻すように、昨晩から単独行動で
焼肉、寿司、ラーメンと日本の味を堪能しまくりです。


晩にはポンピー、ノンノンも一緒に、 序の口

お魚とお酒の美味しいお店Zへ行きました。
皆でかんぱ~い!!


乾杯!


兄貴大好き(あやし~)

テーマ:

高校時代の友人Nの家へ、共通の友人である大学後輩Oと
赤ちゃんを見に行きました。 


美人姉妹


         ↑
本命は、Tちゃん&Aちゃんの美人姉妹のはずなのに、
(ジャイアンぶりから?)同年代の女の子にウケが悪く、兄貴好きのボーズは、
Oの息子さん達Nくん&Mくんとばかり遊んでいました。



兄貴の言うことなら、
「ボーズくん、ちゃんと順番守ろうよ」と言われてラジコンも譲れるし、
仲良く一緒に絵本も読んでもらえるし、
お手々つないで楽しく歩いたりするのです。


兄貴1号   兄貴2号



そして彼らを見習ったのか、少しは赤ちゃん慣れしたのか、
Aちゃんが泣き出すとイナイイナイバーであやそうとしたり、
結構興味持って近づいてました。


Tちゃんからは、「早く帰って欲しいの...」と

つぶやかれちゃう(笑)んだけどね。




で、その日はお言葉通り早めに帰って、

日本に帰ってくるダンナーのお迎えに空港に行きました。

バーバー・バレーボール

テーマ:


ボ: 「うぅ、オエーッ」        妊娠3ヶ月?
       (出だしからスミマセン)

姑: 「ボーズさん、あなたもしかして...」
ボ: 「!」 (驚き愕然とするボーズ)


と、ドラマの一場面のようなやり取りを繰り広げてしまいましたが、
もちろん、ボーズは妊娠3ヶ月という訳ではありません。

床屋さんでシャンプーしてもらっている所なのです。



今週末は、kamoちゃんの結婚式 !!        床屋さん
リングボーズボーイという大役を仰せつかっているので
(本番に弱いから、多分固まってしまい役に立たないと思うんだけど)
気合を入れて、オシャレさんになりにきたのです。



偶然この日は、ボーズのみならずポンピーもノンノンもタケゾーも、
示し合わせたかのように、それぞれの行き付けで髪をカットしてきたのでした。

わかりやす過ぎる家族...。





午後は、アブダビ到着当初からとてもお世話になっていたAさん宅へ
Nちゃん母娘も再登場 し、旧交を温めました。



英語テレビ


英語アニメに夢中のKくん、Rくん、Rちゃん
さすがアブダビ育ちです。
ボーズは英語が分からないからか、アニメに興味がないからか、
というか列車に興味が大有りだからか、別室でいつもの列車遊びしてました。


その後は皆、風船バレーで大喜び。  
将来のソフトバレーボール界を担う(?)ちびっ子達です。
見よ、Kくんの名セッターぶり!なんと1本指トスです。  名セッター

実はNちゃんも、御幼少の頃セッターだったそうな。
日本に帰国していなかったら、是非アブダビソフトバレー部にスカウトしたのにぃ~。

見て下さい。   
生後1ヶ月のラブリーMちゃん。 あぁ絶唱


精一杯お口を開け、小さなこぶしを握って歌っているかのよう(演歌?)です。



ボーズも、新生(児)シンガーMちゃんをライバル視しているのか
タケゾーが少しでも抱っこしていようものなら、
「赤ちゃんを抱っこしちゃダメなのぉ~!!」と絶叫。
ミナ先生の期待 に応えるのが難しい、家族環境です。



そして、いつものように列車遊び。 走行の余地なし
連結しすぎたあまり、走行するのが難しい、レール環境です。 




WくんとHちゃんは仲良くお家作り。 新居の相談
新婚さんにも負けない熱心さと親密ぶりです。




これは、H兄ちゃん。 アイロン・ビーズ


野球とサッカーが得意で髪型もポーズも男らしく決まっているのに、
このカワイイ遊びとのギャップは何なんでしょ?
もうすぐお別れしてしまうアブダビボーズに、
アイロンビーズを作ってプレゼントしてくれたのでした。
どうもありがとう!!


H兄ちゃん(とWくんとマダム)も、来年から新天地で楽しんでね!
そして、Hちゃんも益々女の子らしく、
Mちゃんはあっという間に大きくなるんだろうなぁ。

みんな元気でね!