一日の始まりとするするスルルー

テーマ:
久しぶりにボート釣りを楽しんだが

何か・・・・・満たされない何かを感じていた

 

釣りとは釣れ過ぎても飽きがきて、釣れなければ、これはつまらない


大物が釣れれば興奮もするが、当り一つ無い日は落ち込む

そこで小物釣りに戻り頻繁に当りがあれば、これは楽しいが

家に戻るとガッカリする


そこで次回は大物だ、とあれこれ考えるが

そう簡単に釣れるものではない

また最初に戻り、ボート店の釣果を調べ

釣れそうな魚を見つけては、釣りへ行く


しかし、昨日は釣れたけどねー・・・・の一言で気は沈む


ならば旬の魚の先取りと過去の情報、釣魚図鑑を調べ

ボートに乗り上げ潮で待つが、何も釣れない

そんな諦めムードの帰り際、大物が釣れたりする


そこでもう一匹と想うが、時間も無く、次回に持ち越しとなる


釣れた嬉しさより、もう一匹釣りたかったと悔いも残るが

 

これがボート釣りだ、と釣れなかった日々の事などすっかり忘れて

 

次回の準備と、仕掛け作りを始めるが、大物は二度と釣れる事は無い

 

そんな事で、仕掛けが棚奥に積み上げられていく


仕掛


この仕掛けは一度も使っていないなー

また、もう使う事は無いだろうと、ロッカーに仕舞いこむが

何時までも捨てる事が出来ない、未練たらしい釣り師


まぁー釣りは季節が関係し、何時でも釣れるものではない


そんな事は判っているが、何が何でも釣りたい・・・・時がある、

釣り○○の病気だろうなー???


ここまで書いた時

一つの情報が舞い込んできた


伊豆大島の丸市釣漁具店さんより


真鯛



宮本君はエサ盗り対策として、付けエサをオキアミからキビナゴに変更したそうです。それが見事に的中し、即座にマダイが、続いてヒラスズキが喰ってきたそうです。マダイは80㎝・6.3kg。ヒラスズキは85㎝・6.2kgです。素晴らしい釣果ですね。彼のような柔軟な発想をこそ、見習いたいものですね。


釣り方は、するするスルルーといったフカセ釣りのようです


こんな釣りがあるとは知らなかった

スルルーとは沖縄の方言でキビナゴの事です


コマセも餌もキビナゴ、潮に任せて送り込む

フカセ釣りは好きな釣りである

ポイントが近い時や跳ねをみては浮き無しで楽しめるのがボート釣り

時々オキアミでやり、メジナやイナダ、シーラやトビウオなど釣った事はあったが、

キビナゴとは・・・考えた事もなかった


次回観音崎か油壷でやってみたい


しかし、また仕掛けが増えてしまうなー、何処へ置くか???

処分する仕掛けは・・・・タコの仕掛けかなー


次はキビナゴ、餌として使う事はあったが、食べた記憶が・・・・・無いような・・・・

よし、今晩、酒のツマミはキビナゴの素揚げ・・・・と


今日も釣り○○の一日が始まる






にほんブログ村
AD

コメント(10)