ボート釣り趣味人たけちゃんのブログ

ボート釣趣味人が釣り日記と手製の仕掛けなどを紹介していきます


テーマ:

毎年、海水浴の始まる前、

まだ混雑も無さそうな今の時期は、油壷、葉山と決めている

しかし、もう一か月を切ってしまったなー


今年は釣りの予定がたたず、回数も減っている



その中で最近のボート釣り、油壺、葉山と、落ち込むような結果

間違いや、失敗、逃げられた、釣れないの連続でした




釣り師は、釣れないと仕掛けを細くしたり、鈎の号数を下げたりする


またそれでも釣れないと待ちきらずポイントの移動も頻繁になる


釣り師が陥る原因はここにあるような気がします


釣る事は自分を信じる以外にないですね


釣れる釣れないは、時の運と判っていながらも

割り切れない時もあるから困ったものです


そこで今回の反省だが


大物を釣りたい気持ちとは裏腹に準備しているのは

繊細な細仕掛けと共にアイデアを取り入れた仕掛け

弱い潮や強い潮にも使えるように長さも変えている


また、思い込みも間違いの一つ


○○では大きい真鯛は少ない

いつも釣れるのは中鯛と思い込んでいた


またシーラもしかり、今の時期は60cm前後だろう、と

大物の仕掛けは、持ってこなかった


浮き釣りも、道糸はPE3号だが

浮きの棚を調節する事でナイロンハリスを使う

ゴム止めがPEでは切れてしまう為です


そこで、今回使用していたのはナイロン4号


イサキやメジナ、イナダぐらいなら問題も無いが


今回のようなメーター級のシーラでは

一瞬で切れてしまう


また浮き釣りではナイロンも伸びるのでゴムクッションを外している

ドラグに頼るしかないが

小さいリールでは強い走りに歯車が壊れてしまう

その魚、大きさに対応出来るリールが必要

竿や腕でカバーできることではないような気がします


真鯛を落としたのはハリス切れ

チャリコを釣った時からフグに7個の鈎を取られている

エダ鈎が大半だが先鈎も1個取られていた


切れたハリスを良く見ると

結び目の辺りに噛んだ後が残っている

ビーズ玉の変わりに蛍光パイプを使っている為

パイプの上から噛まれたのかもしれませんね


普通なら毎回ハリス事変えるか、鈎を結び直すかしていたが

今回期待もしていなかった事が最大の原因でした


私は常日頃から太いハリス、太い鈎に拘っている


鈎の大きさは釣る魚に合せるが

意外と多くの声が聞こえてくるのは

鈎を伸ばされたとか折れたという事ですね

そんな事で鈎も太さに拘っている



磯釣りのある先生から

「鈎もハリスも太くても喰う、食わせるのが腕だ!!」と

いつも言われていた


しかし、釣れないと隠れて細くする


その結果、いつも大物を逃がしていた


楽しちゃ釣れねえよ、と落ち込んでいる私に

先生は笑って応えていた


まぁー臨機応変に対応できる道具を持ち込めば何とかなるだろう


これが間違いでしたね


狙いを定めて釣らなければ、大物は釣れない


フロッグを期待するようでは釣れないですね



釣りたいのだろう!!!そんな声が聞こえてきます


今更ながら気付いた事でした




しかし、参ったなー


k--君にばれたら一大事、金魚でも釣れそうな仕掛けですね??と


○○にされてしまう


しかたない、悪い夢を見ていたと笑ってごまかそう





そこで、次回使う予定のセット


セット



竿も用意した、穂先はカーボンを使い、リールにはPE5号を巻き


浮き下、ハリス共、50lb14号を使っている


鈎はヒラマサ15号、12号のダブル鈎

鯖の切り身かオキアミの房掛け


大物は鈎数など気にしない



昨年葉山でイナダをルアーで釣っていた時


一本のルアーに2匹のイナダが掛かっていた


イナダ



ルアーの前後の鈎に掛かるという珍しい現象

餌の奪い合いですね



後り、ワンチャンス、釣って観音崎に戻りたい








にほんブログ村




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

先日、油壷では釣りをさせてもらえず


何十年振りかで落ち込んだ


そこで少し元気を取り戻そうと


楽しめるワカシでも釣ろうと葉山へ行った



しかし、こんな結果になろうとは



落ち込む処か、叩きのめされ、這い上がるところか

引退まで落とされてしまうような釣りでした



葉山

曇り空、潮の濁りも丁度良さそうだ


昼頃から東南の風に注意してください、と言われたが

この日は風も無く釣り日和でした


旬のワカシは何処へ来るのかあてにも出来ない

そこで、今回の釣りは浮き釣りがメイン


沖の割島右沖へアンカーを入れる

水深30mといった処


浮き二


浮きは西方向へ流れる


意外と速い流れです


浮きを流した処で、ウイリーでも始める


この場所は岩礁地帯

スズメダイやホタルジャコなどの餌取りが多い


浮きを流して二投目に当たった

引き揚げてみると

メジナです


次も同じ処でメジナが釣れた


そこでウイリーも上げてみると小さい小鯵が付いている

すかさず浮きの仕掛けに小鯵を付けて流してみる


20~25m程流した処で一瞬浮きが沈んだ

しかし、何事も無かったように浮きが浮いた



この時は気が付かなかった


鯵の仕掛けを回収すると

3,5号のハリスが切れていた


それでも気にせず、同じ4~3,5号3本鈎全長6mの仕掛けに

取り変えて釣り始めた



浮きが見えなくなる辺りで巻き上げ始めると

浮きの左右で魚が跳ねている


上がってきたのはペンペンシーラ


この調子では長くなりそうなので

取りあえず、今日の持ち帰り


釣果


出したくない写真です


11時を廻った頃

何か感が働いた


西寄りへ移動

頻繁に当たった場所へ移動した


ここではビシ仕掛けにチャリコが釣れた

しかしフグが多くエダ鈎は消えている


2度程仕掛けを変えたが、毎回フグの猛攻にエダ鈎を取られる

そのエダ鈎が無いまま一本鈎で釣っていたら


真鯛が来た



しかし、テンビンに手が届く処でハリス切れ

3,5号のハリスだったが、フグに噛まれていたせいかも知れないなー


一瞬ガッカリと切れたハリスを見ていたら


浮きが無い


消えた


浮き釣りの竿のリールを見ると

道糸が残り少ない、60mは出ている


慌てて巻き上げを開始したら、道糸は沖へ向かって出ている


魚が走っている


ドラグ弛めて巻き上げたつもりだったが

一瞬で道糸が切られた

3号のPEラインだが、ナイロンの結び目の上で切れていた


浮きは流れて行く


沖合いではテンビンを引き摺ったまま

シーラーが2度、3度と飛び跳ねている


1mはありそうだ


浮きも無くなり、気落ちしていた時

ボートの右側を悠々とメーター越えのシーラが通り過ぎる


バカにしゃがって!!!!


こうなると理性も何も無くなり

浮きの無い道糸に6mの真鯛の仕掛けを結んで

フカセ釣り

ボートから大量にコマセをばらまき

道糸を送り出す


良し掛かった!!!


と喜んだらサバ


その後もサバ、サバ、サバ祭り


この場所にk--君のボートでも浮いていれば

沈めたかも知れないなー


もうやめだ!!!


残りのコマセを全て放り投げ

片づけを始めた時


竿が吹っ飛んで行った


ザ、エンド


落ち込む処か、叩きのめされた


もう駄目だ、ボート釣りなど止めよう、私には合っていない


クーラーボックスには雑魚しかいない

一瞬捨ててしまおうかと思ったが

持ち帰った



a)4t


ペンペンシーラがアホと言ってるみたいですね


見るのも嫌になる釣果でした










にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

一年間の間に

釣れなくて落ち込む時が3~4回はある


その内訳だが

天気が急変しての早上がりや、荒れた海での撤退は

諦めもあり、それ程落ち込む事は無いが


一番の問題は、今回の油壷のような時です


濁りも程々にあり、波は穏やか

天候は曇り、そよ風が流れている


久しぶりに自分の釣りが出来そうだ、と、想っていた


ちょっと気になったのは潮の動きが弱いような

流れていないような、活性の低さが気になった


まぁー時間が来れば解決するだろうと

それ程気にもせず釣り始めた


しかし、餌取りどころか、魚がいない


そこで、ここから魚探しが始まった


また、こんな時はあらゆる可能性を考え

仕掛も釣り方も変え、いるであろう魚を想定して釣り続ける


いつもなら疲れればボートの上で横になる事もあるが

こんな日は休む事も出来ず釣り続けるしかなかった


そこで、最後まで釣れないと、一気に疲れも出て

頭の中も空っぽになり、落ち込む


もう釣る自信も無い、下手な釣り師になってしまった


暫く釣りを休むか!!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


と、想っていたが、二日たち、三日も過ぎると

頭の片隅からチラッと魚が顔を出し始める



海の中

絵も同じだなー


気持ちも変われば、気力も徐々に回復し

ちょっと描く気にもなってくる


そこで、まず海の中を取りあえず描きはじめた


Mp1180s

               五目漁師さんの写真が特に印象に残っている



この絵の中にどんな魚が姿を現すだろうか!!!


又、その魚が何匹出てくるのか、何をしているのか


そんな事を想像する時が一番楽しい


こんな色を付けただけで元気が出てくるものです

心臓の打つ音も速くなり、何か気分も高揚し始める




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



下地の絵具が乾くまで、仕掛でも作るか!!!

ついでに竿もリールもメンテナンス

暫く使っていない浮きはどうなっているのか


そういえば竿の部品が欲しくて買った

夏休み子供竿セットのスピニングリールなど

どこへ仕舞ったのだろう


一度も使った事は無いが

ちょっと使ってみるか、と余っていたPE1号から3号を巻いてみた


リール

スピニングを使う竿は???


この古い竹竿


竹竿


これで真鯛やイナダを釣ったら面白いだろうなー


こんな事をしていては、絵は進まない




まぁーその内勝手に魚は出てくるだろう


出てこなければ釣るだけです




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あくる日、何か出てきてなー



黒鯛



この構図は良くないなー


また消しては描き直す


構図


これもダメだなー


海の中



まぁーこんなところから描き始めるか


只一つ難しいのが、大津の海を描こうと思っている

五目漁師さんの写真のような綺麗な海では無く


海苔棚の下の暗い冬の海

海底に蠢く、目だけ光っている魚の上に

海苔棚から射す木漏れ日に、流れてきたアミのコマセが光っている


海苔棚の底にいる黒鯛


しかし、絵を見た人が大津の海だ!!!とは気付かないだろうなー


汚いドブ川に蠢く鯉と間違われそうだ


ハブラシさんが言う前に書いときます


まぁーいつもの事で塗りつぶしては描き、また塗りつぶす


そんな繰り返しです








にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

ある日の油壷の事です


工事の引き渡しまで、後一週間と迫った今、遊んでなどいられません

飲む事もギャンブルも控えめにして

只ひたすら仕事に打ち込んでいる



そんな真面目一筋の私だから、見えた夢かも知れませんね



32@oz-@


久しぶりの油壷


岸辺でこっとんさんと釣りの話に弾む

狙いもポイントも迷いが無い

良い釣り師ですね


そこへ行くと私はより大きい魚は岸寄りより深い海、より遠くへと

○○の一つ覚えのように沖へ漕ぎ出す



微風、静かな海、薄曇り、適度な濁り、緩やかな潮の流れ・・・・・・


釣り日和ですね


仕事どころでは無い


ボート釣りを10年以上続けていると

ある程度、大まかな、海の根の状況や

そこに居るであろう季節の魚達を想像できる


根の潮表には、同じ方向を向き、口を開けて

プランクトンを捕食するアジが見えたり


また根の上では小魚を追いまわす

根の暗い、k--君にも似た大魚が小魚を虐めている


そんなイメージで


竿二丁


二本竿で釣りを始めたが


魚がいない


一瞬、ポイントの位置を間違えたのではと

再度アンカーを上げ、確認するが

間違ってはなさそうだ


そこで、風も弱いことから、かなり沖まで出て

流し釣りを始めて見た、・・・が


サバ、アジ、カサゴ、トラギス、ホウボウ・・・何一つ、一匹も掛からない


まぁー今は潮止まり


動き始めれば釣れるだろう、と

この時、まだ余裕もあった


しかし10時を過ぎても小魚一匹も釣れず、又、餌取りも無い


魚は何処へ行ったのだろうと海の中を覗くと

小イワシや小サバが群れをなし

仕掛けを落とす前に釣れていた


そこで、ちょっと閃いた


良し、この小サバ、小イワシを泳がせてみよう

小サバは元気だから、底のヒラメ狙い

小イワシは錘を付けず中層を泳がせて、青物やシーラを釣ろう、と


しかし・・・・・・・・・時間だけが過ぎて行く


まぁー昼飯でも食べて待つことにするか、と

クーラーボックスからおにぎりを取りだすと

うっかりおにぎりの事を忘れて、海水を入れていた


塩っぱい梅干しが苦く感じる

しかたなく食べる事は諦め、コマセに混ぜてみた


これが釣れなかった、・・敗因かもしれないなー



時計を見ると、沖上がり予定の2時まで、残り時間は一時間少々


ここで、少し焦り始めた、が


私には友というか

一度も裏切られた事のないメジナ君がいる


そこで、メジナの刺身でも釣ろうと、メジナ君の家を訪ねた


居留守かな???オキアミを届けに来ましたが!!!留守ですか???


まさか魚に休日などある訳が無い

ちょっと買い物でもしているのかなー、と


暫く待ってみたが、運とも寸とも言わず、帰って来もしない


残り時間30分、ダメかなーと思った


その時、・・・・やっと魚が掛かった


今日初めての、まぁーまぁーの大きさ???かなー

ちょっと重いが引きは弱いなー、と言いつつタモを取出し

海の中を覗いて見る


ミノカサゴ


上がってきたのはミノカサゴ


綺麗なドレスを着ているが、新宿の厚化粧したバァーさんの顔に似ている


ちょっと手を出すと痛い目にあいそうだ


しかし毒ある魚は美味らしい

目を瞑って食べれば旨いかも知れないなー


そこで毒針に気を付けてハリスを切り、クーラーボックスへそっと入れてみた


潮も動き始めた


次ぎを期待して仕掛けを落とすと


良し!!!来たー


と想ったら大きいエソ

タモで頭を・・・・・・優しく叩き、追い払った



その直後に、メジナとは違う引き


これは、もしかすると、赤い、姿の美しい、嬉しくなる・・・・


真鯛かなー・・・・と慎重に上げてみた


何しろ使った事のない2,25号の細いハリス

鈎はインブライトチヌ3号と小さい鈎


こんな仕掛けは初めて使う

喰い渋り対策の仕掛けの一つです


しかし水面に現れた姿を見てガッカリ


デカい・・・ウマヅラ・・・


手にしたタモで掬う気力も無く泳がせていたら


勝手に帰っていきました


ここで今日の釣りは終わりです


悪い夢でしたね



従弟


一緒に行った従弟は


後半、定置網の近くで、良型のイサキとメジナを

各一匹だが釣っていた


餌取りもいない、釣れないこの状況での二匹は大したものです

粘り勝ち、根性で釣りましたね




そこで、ちょっと反省です


釣れなかったのは最近、k--君を虐めすぎたのも原因の一つかなー


と、そこで私流のお祓い、お呪いでは無いです


伊藤


一枚の好きな釣り師の写真


左の竿先を見据え、手は、右の竿を持ち、聞き合わせも抜かりが無い


この釣り姿が好きですね


クイッと竿を引く華麗な指先の動き

馬券売り場で券を抜くときに似ている


また沖上がりの時ロープを巻直し、船底を掃除して上がってくる


良い青年だ!!!!!


ここまで褒めれば良いだろう


次回大漁に釣っては訂正するかも知れないが

まぁー今回は謙虚に、仕切り直し

釣る為には反省も必要だ


明るい未来が私を待っている、暫くは・・・・我慢の時期だなー






ところで、都知事よ!!!何時までもみっともない姿を晒すな


魚にまで馬鹿にされたらおしまいだぞ????


メジナも飽きれている???

家でテレビも飽きてしまい何処かへ行ってしまった


お前のせいだ!!!!



ちょっと違うかなー・・・・・



まぁーいいか、その前に、仕事、仕事仕事


k--君には負けないぞー・・・・・・・・・・・・








にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

泳いでいる魚の絵を描こうと思った時から


早10年が過ぎている


これでは不味いなーと、少し焦り始めた


絵を描くのは、趣味の一つ

描きたい時に描けば良しと放り投げていたが


五目漁師さんの一枚の写真から急展開した


Mp1180s
五目漁師さんのブログからお借りしました


10年前、魚が泳いでいる絵を描こうと想い

最初に始めたのが、魚に関する小説を読み始めた


井伏鱒二の川釣りやムツゴロウの大漁旗など面白く

その後片っ端から釣りの文字を見つけては読み漁り

あっという間に二年が過ぎた


ちょっと方向が狂ってしまったので軌道修整


魚が泳いでいる処とは


水族館


まずは水族館


キンメ

やはり楽しいですね


泳ぐ魚を描くなど、すっかり忘れて見ていました


まぁー泳いでいる魚のイメージは掴めたが


やはり魚を釣って、魚の分類と基本型を知り

良く観察しなければならないなーと又、ここで数年費やした


まぁーその頃から、釣った魚を描き始めていたが


絵


時には


日展


展覧会も覗き


タコ


絵の面白さも感じるが描きたい絵のイメージとは離れている


どちらかと言うと


川の中


この絵の方が好きかも知れない


なんとなく魚を描く要点はわかってきたが、ウロコが上手く描けない

一時、ウロコの枚数まで数えて描いた時もあった


そこで良く観察すると

魚の鰓の部分から竹の節のように出てくるのがわかる

しかし、鰓からの一方通行ではダックスフンドのような

不格好な姿になってしまう

再度観察すると、肛門の辺りからも鱗が出ている事がわかる


肛門


この写真は産卵前の黒鯛だか

肛門の処から鱗の大きさに変化があり

このウロコが大きくなることで体型の修復をしているのかも知れない


この頃からリアルな魚を描くようになり


三種黒鯛


なにか吹っ切れたように魚を描く事に慣れてきた


真鯛二種


色の付け方も、顔彩やアクリル水彩、仕上げのウレタンなども

色の変化や鱗の透明感もすこし出せるようになってきた


サバ


今釣った魚を描く事はイメージに近い処まで描く事は出来るようになったが


黒鯛

この魚をそのまま泳がせては、なにか可笑しいような

泳がせる違和感を感じていた


その時、目にしたのが五目漁師さんの写真です


鱗はプラスチックのように透明で光を反射する

水中に於いては海の青さを写し出し

水中に溶け込むような色彩になる


まぁーなんとなくわかってはいた事だが

描きたい絵は、別にリアルさを追求する事では無く


一匹の魚の尊厳というか、生きてきた過程を描きたいので

迷っていた


泳ぐ魚、生きている姿、逞しさ


真鯛


魚にも人格と想えるような表情も感じる


そんな絵を描きたいと思っている


五目漁師さんの写真の中に入り込む事で

何かが見えてくる


そんな素晴らしい印象に残る写真です








にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。