2016年07月29日

ポケモンGO‬ を含む歩きスマホの注意喚起を実施

テーマ:交通政策

ポケモンのジムになっている和光市駅南口で ‪#‎ポケモンGO‬ を含む歩きスマホの注意喚起をさせていただきました。

私もつい油断して歩きながらスマホを見てしまうことがあったので、自省も込めて。常識の範囲で楽しむ分には問題ないわけですから。
それにしても、朝霞警察の署長さんにも一緒に活動していただき、朝霞署の並々ならぬ関心と決意を感じました。

987

実は、数日前、丸山台のせせらぎ公園とゲームセンターの交差点で、信号が青になっても発進しない乗用車があり、覗き込むとカップルがポケモンのような画面を見ていました。ちょうどジムになっている場所とのことで、もしかしたら信号待ちにポケモンを鍛えていたのかもしれません。

その車はその後、信号が赤になりかけた時に気付いて急発進していきましたが、正直、あまりの危険さにゾッとしました。

自分が怪我をする分には自業自得かもしれませんが、人様を交通事故に巻き込むことなどもありうるわけです。

「何とか啓発しなければ」と痛感させられた瞬間でした。


ケーブルテレビのJCOMさんと新聞社さんの取材もあり、ポケモン問題への関心の高さも感じさせられました。
654

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年02月14日

和光市駅のホームドア設置工事(市補助事業)を見てきました

テーマ:交通政策
14日のすべての上りダイヤが終了した後、和光市駅のホームドア設置工事を見てきました。
幸い、雨もあまり降らず、気温は高く、とチャンスといえばチャンス。
成増から来る最終電車の入線は0040ぐらいなので、その後かと思っていたのですが、少し早く上りホームに部品を積んだ車両が到着したと聞き、駅に向かいました。
まずは入場券を買って駅構内へ。電車から梱包されたホームドアが手で運び出されます。
8
よく見ると、ホームドアの部品にはキャスターがついています。やはり、重いんですね。
2
ちなみにホームドアの工事、和光市は国県とともに事業を補助しています。市としては4500万円を予算化しています。ということで、予算書にはこんな感じで出ています。
(和光市外の方でこの事業にご賛同いただける方、ふるさと納税で応援していただけると助かります。
http://www.furusato-tax.jp/search.html?q=%E5%92%8C%E5%85%89%E5%B8%82
和光市駅の利用者の大部分は和光市民以外の皆様なんです。)


9


さて、そうこうするうちに、下りホームは終電の時間が近づいてきました。



7


正式に取材や検査で来ているわけではないので、残念ながらここで駅からは退出し、予め確認しておいた歩道橋の上に移動します。
3
引き続き、歩道橋から様子を見学し、とりあえず取り付けのところまで見て帰宅しました。

1


回送電車から搬出された部品が組み立てられました。なお、工事の準備ができたところで回送電車は成増方面に向かいました。
5


そして、リンク先の動画はホームドア設置工事の様子を撮影したものです。
https://www.youtube.com/watch?v=QSt3TP8wIbg
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年02月07日

蒲蒲線構想の関係自治体による陳情で国土交通省へ

テーマ:交通政策


9
蒲蒲線構想の関係自治体による陳情のため大田区、豊島区、新宿区とともに国土交通省を訪問。各区長とともに石井啓一国土交通大臣に趣旨を説明する機会をいただきました。。
もちろん埼玉県西部全体のメリットもお話ししましたが、なにより世界の理研、世界のHONDAを強調してお話をさせていただいたところです。
蒲蒲線ができれば和光市駅から羽田空港までが一時間程度で結ばれます。もちろん、狭軌と標準軌の課題はありますが、技術的な解決策は既にあります。

以下、私の過去のフェイスブックページ記事からの転載です。
「皆さんは蒲蒲線構想をご存じでしょうか。並行して走っている京急の蒲田とJR(と直角に交わっている東急)蒲田の間はたったの800メートル。たかが800メートル、されど800メートル。この間の微妙な不便さは、知っている方なら知っていると思います。

さて、この800メートルを埋めるということは意外なことに、大田区民だけでなく、広範囲の首都圏住民にとって大きな意義を持っています。

どういうことか、添付の画像をご覧ください。この画像は大田区が制作した「新空港線≪蒲蒲線≫整備促進事業のPRリーフレット」からお借りしたものです。右図「広がる鉄道ネットワーク」でお分かりのように、現在、すでに副都心線から京急蒲田までは直通の電車こそないものの、「繋がって」います。つまり、この800メートルを繋ぐことで、和光市から羽田空港までの直通運転が可能になるのです。

左の「利用者便益の分布」をご覧いただければご理解いただけると思いますが、和光市民にとり、この利益は計り知れません。実際に、和光市駅から羽田空港駅までの所要時間は直通運転で遅くとも75分程度になることが下記の大田区の調査資料からは試算できます。
http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/sumaimachinami/koutsu/kamakamasen/sinnkuukousenntyousa.files/24torimatome_web.pdf

長々と書いてきました。この構想、実は東京都の交通ネットワーク構想においては「整備について検討すべき路線」という第二順位の評価となっています。しかしながら、最高評価の「整備について優先的に検討すべき路線」に挙げられている路線と比較しても、その事業効果は勝るとも劣らない、ということができます(下記リンク参照)。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/KONDAN/2015/07/DATA/40p7a100.pdf

そこで、和光市としては、今後の大田区を中心とした要望活動に埼玉県内の関係自治体とともに参画することといたしました。」


参考
大田区「蒲蒲線」サイト
http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/sumaimachinami/koutsu/kamakamasen/index.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年09月26日

和光市と羽田が近くなる、大田区「蒲蒲線構想」を和光市は応援します!

テーマ:交通政策

突然ですが、皆さんは蒲蒲線構想をご存じでしょうか。並行して走っている京急の蒲田とJR(と直角に交わっている東急)蒲田の間はたったの800メートル。たかが800メートル、されど800メートル。この間の微妙な不便さは、知っている方なら知っていると思います。


さて、この800メートルを埋めるということは意外なことに、大田区民だけでなく、広範囲の首都圏住民にとって大きな意義を持っています。


どういうことか、添付の画像をご覧ください。

1

この画像は大田区が制作した「新空港線≪蒲蒲線≫整備促進事業のPRリーフレット」からお借りしたものです。右図「広がる鉄道ネットワーク」でお分かりのように、現在、すでに副都心線から京急蒲田までは直通の電車こそないものの、「繋がって」います。つまり、この800メートルを繋ぐことで、和光市から羽田空港までの直通運転が可能になるのです。

左の「利用者便益の分布」をご覧いただければご理解いただけると思いますが、和光市民にとり、この利益は計り知れません。実際に、和光市駅から羽田空港駅までの所要時間は直通運転で遅くとも75分程度になることが下記の大田区の調査資料からは試算できます。
http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/sumaimachinami/koutsu/kamakamasen/sinnkuukousenntyousa.files/24torimatome_web.pdf


長々と書いてきました。この構想、実は東京都の交通ネットワーク構想においては「整備について検討すべき路線」という第二順位の評価となっています。しかしながら、最高評価の「整備について優先的に検討すべき路線」に挙げられている路線と比較しても、その事業効果は勝るとも劣らない、ということができます(下記リンク参照)。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/KONDAN/2015/07/DATA/40p7a100.pdf

そこで、和光市としては、今後の大田区を中心とした要望活動に埼玉県内の関係自治体とともに参画することといたしました。
今後、県内の関係自治体が出そろったところであらためてプレスリリースをさせていただく予定ですが、まずは皆様にお知らせいたします。

参考
大田区「蒲蒲線」サイト
http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/sumaimachinami/koutsu/kamakamasen/index.html

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
facebook

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース