2016年02月16日

埼玉のインフルエンザ流行状況

テーマ:健康づくり

東京都のインフルエンザ流行状況ばかりが注目されていますが、地元埼玉はどうか。ぜひ、その実態と向き合い、ご自身の対策を考えていただければと思います。(2/10国立感染症情報センター)

かなり広い面積が黄色くなっているように見えますが、人口を考えていただければ赤さがわかるのではないでしょうか。

http://www0.nih.go.jp/niid/idsc/Hasseidoko/Levelmap/flu/2015_2016/2016_05/11_saitama.html

1
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年10月25日

お薬手帳運動は朝霞地区薬剤師会が発祥の地なんです

テーマ:健康づくり

風邪をひきまして、市内のY薬局さんで風邪の処方薬を受けとる歳に「お薬手帳は?」と当然の問いかけ。実は、お薬手帳運動は朝霞地区薬剤師会が発祥の地なんです。朝霞地区のお薬手帳を持っていると、よそでは薬剤師さんから「朝霞地区のかたですか」と声がかかるという伝説があるぐらい、これはすごいことなんです。
とはいえ、情けないことに、熱で頭が朦朧としていたので、「持ってくるのを忘れました」と答えると、「では」と渡されたのがわこうっちの手帳。しかもまさかのレスリング仕様!

乗り換えようかな。


えっ?画像の背景が気になる?

気のせいです。
(ここだけの話、議会で面白いことをやるようですよ!)


1

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年04月21日

介護保険料と特養の関係を理解していない候補者に驚愕

テーマ:健康づくり

市議選、ある候補。

特別養護老人ホームを増やすとストレートに介護保険料に跳ね返ります。

「特養を増設する」と公約し、一方で「介護保険料を下げる」という公約をする候補は「介護保険制度に暗い」と公言しているようなもの。しかし、経歴を見ると***(自主規制)。当選後は勉強して下さい、としか言いようがないですね。当選したらもう、勉強不足は通用しないのがこの世界。

市ではこの矛盾に挑戦する為にローコスト型サ高住の建設を企画しているのです(すみません、計画が遅れています)。

また、介護保険料が上がらないよう、そして、お年寄りの暮らしの質が高まるよう、介護予防など地域包括ケアを推進しているところ。そこの勉強もできていないようです。

議員に即戦力を求めるのは民意と思うのですが…

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年09月08日

和光市の給食はだしたっぷりのうす塩!

テーマ:健康づくり

先日放送されたNHK「クローズアップ現代」の「減塩社会への挑戦」は日本人が塩分を摂取しすぎている現状を生々しく伝えていました。

そういえば、和光市の給食は塩分控えめ、ダシをきかせた味で好評、ということは頭にあったのですが、あらためて和光市の給食の塩分量を確認しました。

実態としては、小学生で1日あたり平均2.5gを給食からは摂取しています。

ですから、NHKで取り上げられていたk市の現状より成績はいいことがわかります(さらに言うとk市の取り組み当初より15%近く少ない)。
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3546_5.html
よって、子どもたちの舌は薄味を認知し、理解しているはずです。ご自宅で調理する際には、お子さんに塩分を確認するといいかもしれません。
和光市の給食は鰹節など自然の「ダシ」を重視し、素材を生かした調理を心がけていますが、この方向は間違っていないことをあらためて確認することができました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年04月29日

西大和団地にどなたでもご利用いただける「まちかど健康相談室」オープン

テーマ:健康づくり


和光市「まちかど健康相談室」が西大和団地ショッピングセンター内にオープンしました。

このまちかど健康相談室は、西大和団地の高齢化が進展するなか、和光市が取り組む「地域包括ケアシステム」の一環として、団地内の空き店舗スペースをURさんに確保していただき設置しました。
高齢者等の孤立予防や世代間の地域交流を推進するための場所として、高齢化率15%の和光市内において、37%と最も高齢化が進む西大和団地地区で市内の高齢化への対応のパイロットケースとして、大きな役割を果たすことが期待されています。健康相談室が十分に機能することが確認されれば他の場所への展開も視野に入ってきます。

常設型のサロンスペースでは管理栄養士が常駐するほか、毎週、保健師や看護師が相談に乗らせていただく日程を確保し、幅広い相談ニーズにお応えします。血圧などの測定もできます。

これまで、市内各地で展開してきた市の委託事業「ヘルス喫茶サロン」を常設した形であり、誰でも気軽にお茶を飲みながら、管理栄養士や保健師、看護師等による栄養・健康相談を受けられます。
そして、ここではいろいろなイベントを行います。
低栄養状態に陥りやすい一人暮らしの高齢者を意識した料理教室をはじめ、健康体操や栄養教室など、材料費以外は基本的に無料で受講できます。

育児や介護のご相談にも対応いたしますので、西大和団地の高齢者だけでなく、市内にお住まいの方々は、気軽にお越しください。
リーフレット表 リーフレット裏

電話   048-485-9253

開所時間  平日 午前10時から午後3時まで  (土日、祝祭日はお休みです)

受託事業者 特定非営利活動法人 ぽけっとステーション
所在地  和光市西大和団地1-7-2

オープニング


なお、4月9日のNHK「首都圏ニュース845」では下記のように紹介されました。
「埼玉・和光市・高齢化進む団地に「健康相談室」


東京新聞記事
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20140427/CK2014042702000140.html
朝日新聞記事(ログイン画面あり)

http://www.asahi.com/articles/CMTW1404181100005.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
facebook

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み