2015年08月08日

クラックシール工法による舗装の延命効果

テーマ:行財政改革

二年前に実施したクラックシール工法による道路の補修の検証にかかる報告書が届きました。

3
クラックシール工法とは、アスファルト路面のひび割れをポリマー改質アスファルトの加熱型シール材で埋めることにより、特に雨水の舗装内への侵入を防ぐことで道路の延命化を図る工法です。
交通量の大幅な増加により根本的な改善が求められるポイント以外ではかなりの効果が認められたとのことで、この工法を今後も効果の大きい条件の下で活用していく方向です。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年10月23日

平成26年度埼玉県個人住民税市町村表彰で和光市が表彰されました

テーマ:行財政改革

10月20日、午前に知事公館で「平成26年度個人住民税市町村表彰」の表彰式が行われ、和光市は今回新たに創設された「功績賞」として表彰されました。


表彰式

今年度、県内の納税率平均は91.17%。和光市は92.2%となり、昨年度に引き続き県内平均を上回りました(全国平均は93.4%。なお、数字が低い要因として、特に過去からの滞納繰越があります)。地図からご理解いただけると思いますが、都県境はどこも数字が悪く、その中で和光市の率はかなり高くなっております。
また、アップ率は1.4%と上位に位置します。ここのところの努力と数値の改善が顕著であることなどから、新設された功績部門の栄えある最初の受賞自治体に選出されました。

滞納対策は、市民各位のご協力と市役所の努力が両輪となって初めて結実します。
正直に払っておられる方との公平性の観点から、滞納となってしまったら即座に督促させていただきます。また、早期に納税相談を実施させていただき、計画的かつ適切な解消を図るとともに、納税相談に応じていただけないなど、課題の大きいケースについては差し押さえ等の対応もあり得ることをご理解いただきたく存じます。

公平公正な自治体運営には、滞納対策は不可欠であり、引き続きのご理解とご協力をお願い申し上げる次第です。


収納率地図 収納率比較表

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年06月17日

国家公務員給与削減にかかる市職員給与の削減議案が否決されました

テーマ:行財政改革
明日報道があると思いますので、事実だけ述べます。
定例議会が終わり、当初提案した議案はすべて可決されました。
ただ、今日追加提案した国家公務員給与削減にかかる市職員給与の削減議案が賛否同数となり、地方自治法の規定により菅原満議長の裁決となり、否決されました。これまでも、丁寧な団体交渉を行ってきましたが、今後は速やかに事態の収拾を図るべく、可能な限りの努力をします。
なお、微妙な問題ですので、この件へのコメントには今のところお返事できません。ご理解ください。

注)言うまでもなく、国が地方に財源圧縮を武器に給与の削減を「要請」することは地方自治の趣旨からして問題があると考えています。この点を含め、もろもろについて十分な配慮と検討を行った上で今回の議案は提案させていただきました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年04月19日

分担執筆書刊行のお知らせ

テーマ:行財政改革

5月刊行の新刊のご案内です。

昨年、嘉田滋賀県知事主宰の未来政治塾で講義を担当しました。この未来政治塾の講義を文字に起こしたものが『若手知事・市長が政治を変える  未来政治塾講義』(学芸出版社)として出版されます。財政改革を担当した私の講義も章のひとつとして掲載されます。2分冊の一冊です。
内容は私が財政危機で取り組んだことなどの財政改革についてのお話です。健全財政条例についても少し触れています。

配本日は5月18日です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年09月01日

「健全な財政運営に関する条例(案)」のパブリックコメント募集開始

テーマ:行財政改革

「和光市健全な財政運営に関する条例(案)」のパブリックコメント募集開始。財政運営の基本的事項を定めたもので、健全で持続可能な財政を運営していく指針とするものです。この条例を定めることで、誰が市長になっても放漫経営ができない仕組みを作ります。9月30日まで。 

http://www.city.wako.lg.jp/home/busho/_5858/_5859/_5860/kennzennnazaisei/kennzenn.html

アメリカでは、ほぼすべての州で憲法または州法により均衡予算が義務付けられています。イギリスではプルデンシャルコードという手堅い会計方針を使用する団体だけが有利なファイナンスを実施できます。
仕組みで財政を守ることについては、日本でももともと財政法が赤字債の禁止をするなどの規制が存在し、重視しようという立法が過去になされました。ただ、それが歴代の内閣によってないがしろにされてきたのです。
仕組みを作るだけでなく、国民が共感し、ともに監視してこなかった結果が今の日本政府の世界一ひどい財政です。
和光市でも、市民の皆様にこの仕組みを策定過程から参加共有していただければせっかくの条例策定が活きてきます。すでに素案策定から市民参加をいただき、今回はパブリックコメントです。
12月の議会上程に向けて、ぜひ、ご注目を。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
facebook

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
      芸能ブログニュース