2007年07月07日

障害児学級の拡充を行うべき

テーマ:今後の課題

先日、いつもの近隣自治体の若手議員による議案勉強会を和光市内で行いました。

私が呼びかけて賛同していただいた近隣の若手・無所属議員で細々と始まって、既に丸二年(8回目)になります。

毎回直近の議会の議案書を持ち寄ってお互いに説明しあい、知恵や取り組みテーマを交換しています。


今回は東松山市の障害児学級の話になり、いろいろと参考になる情報をいただきました。

私は急進的なノーマライゼーション(障碍の有無を問わずともに混ざって生きること)派ではないのですが、障害児ができるだけ家の近くで近所の友達と大きくなっていく、という環境づくりを1つの大きなテーマにしています。

また、養護学校と障害児学級ではさまざまなコストを比較すると、障害児学級のほうが安いのです。もちろん、本人の希望次第なのですが、本人が心から希望し、コストも安いなら、教育委員会は親の希望をかなえない理由がないというのが私の中では常識です。

そんななか、過去の一般質問でも障害児学級の拡充を訴えてきました。

しかし、今のところはこの点では成果なし。

そろそろ久しぶりに障害児学級の拡充を、と一般質問しようと思っていた矢先に東松山の議員から「東松山では全ての小中学校に障害児学級がある」とうかがいました。和光では全小中学校の半分以下です。

ということで、少し東松山のケースと比較しながら、今後の作戦を考えたいと思っています。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
facebook

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み