2017年01月11日

公的年金とは何か、ということを法律に立ち返って考えてみよう

テーマ:高齢者福祉

(この記事はあくまで制度の説明をしているだけで私が作った制度でも作った政党に私が所属しているわけでもないので、私を恨まないでくださいね。)

 
公的年金とは何か、ということを法律に立ち返って考えたことがある方は少ないのではないかと思います。先日、高齢者の定義を専門学会が再考しているという記事が大きな反響をもたらし、特に「結局年金の受給年齢を引き上げたいだけだろう」というような批判もありましたね。
また、「年金をもらえる年齢が引き上げられるのは詐欺だ」というご意見もありました。
ごもっともです。
政府が年金の趣旨や定義、設計をしっかりと広報しなければならないのに、実際には及び腰で、マスコミの誤った解釈や国政政治家の無責任な言説が世間の年金への無理解をもたらしています。
 
そこで、端的に年金の法律の一端をご覧いただくことで、その誤解の一部を解ければと思います(皆さんが選んだ代表が議論を積み重ねて作ってきた法律です。ちなみに抜本的に年金を変えると豪語したM主党政権はほぼ何も触りませんでした。いや、できなかったと言った方がいいかな)。
 
まず、国民年金法第一条です。
「(国民年金制度の目的)
第一条  国民年金制度は、日本国憲法第二十五条第二項 に規定する理念に基き、老齢、障害又は死亡によつて国民生活の安定がそこなわれることを国民の共同連帯によつて防止し、もつて健全な国民生活の維持及び向上に寄与することを目的とする。」
 
ちなみに、厚生年金法にも似たようなことが書かれています。
どうですか?
法律には「老齢、障害又は死亡によって国民生活の安定がそこなわれることを…防止し」とありますように、老後を丸抱えする、という趣旨ではないんですよね。みんなで助け合って老後や遺族の生活を安定させましょう、というのが法の趣旨なんですよね。
 
第四条ではこうあります。
「(年金額の改定)
第四条  この法律による年金の額は、国民の生活水準その他の諸事情に著しい変動が生じた場合には、変動後の諸事情に応ずるため、速やかに改定の措置が講ぜられなければならない。」
諸事情が変化すると、年金額は改定しなければならない、とある。
 
第四条の二では
「(財政の均衡)
第四条の二  国民年金事業の財政は、長期的にその均衡が保たれたものでなければならず、著しくその均衡を失すると見込まれる場合には、速やかに所要の措置が講ぜられなければならない。」
とあります。財政の均衡が維持できない場合には手を打つように、とある。
 
さて、もうひとつ、今回の減額話で「100年安心といったではないか」と三流評論家が言っていますが、国会での政府の答弁では「一度も言っていない」と明確に否定し、実際に法律では5年ごとに100年分の見通しの作成(シミュレーション)を行う、としか書かれていません。100年保障ではなく、100年シミュレーション、なんです。
 
「(財政の現況及び見通しの作成)
第四条の三  政府は、少なくとも五年ごとに、保険料及び国庫負担の額並びにこの法律による給付に要する費用の額その他の国民年金事業の財政に係る収支についてその現況及び財政均衡期間における見通し(以下「財政の現況及び見通し」という。)を作成しなければならない。
2  前項の財政均衡期間(第十六条の二第一項において「財政均衡期間」という。)は、財政の現況及び見通しが作成される年以降おおむね百年間とする。 (以下、省略)」
 
ということで、法律に描かれている姿は世間に流布している姿とは異なることがわかります。
もちろん、生活を丸抱えし、100年磐石の年金が作れれば凄いことなのですが、それできるとしたらまさに「神業」であることは皆さんご理解いただけると思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年12月01日

和光市の介護予防などの取り組みについて(リンク集)

テーマ:高齢者福祉

このblogに「介護予防」のキーワードで来られる方が多いので、和光市の介護保険や介護予防に関する記事や資料をいくつかリンクしておきます。

ご参照ください。これらをご覧いただければ施策の概要は把握できると思われます。


NHKクローズアップ現代「介護からの卒業式」

ビジュアルを交えた分かりやすい構成になっています。動画をご覧いただきたい方はどうぞ。

http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3494_all.html

東洋経済オンライン「介護の少ない街、和光市の秘密」

過去の経緯を含めて私なりに説明させていただきました。
http://toyokeizai.net/articles/-/31613


埼玉県庁での模擬地域ケア会議資料。視察の方にお渡ししている資料に準じたプレゼン資料です。

http://www.pref.saitama.lg.jp/uploaded/attachment/646058.pdf


和光市長寿あんしんプランホームページ

プラン本文などの資料を掲載しています。

http://www.city.wako.lg.jp/home/fukushi/kaigo/chojuanshinplan.html

なお、ご視察については下記をご覧ください。
http://www.city.wako.lg.jp/home/shisei/shigikai/gikai_shisatsu/_9897.html





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年05月15日

NHKクローズアップ現代で和光市の介護予防と地域包括ケアが紹介されました

テーマ:高齢者福祉

5月12日放送の「クローズアップ現代」は「介護からの卒業式」。
一度、要介護・要支援状態となっても、きめ細かいケアプランや仲間たちとの楽しいトレーニング等々を駆使して40%は介護サービスから卒業しているのが和光市の介護保険です。これは和光市では自然に受け止められていますが、全国的には驚異的なことです。
そして、卒業後のケアを充実することで卒業後の不安を払底するとともに、再度、早期に介護サービスのお世話になる蓋然性をできるだけ下げています。

一方で、介護予防に徹底的に取り組んでいるのも和光市の特徴です。

スクリーニング調査を契機とした徹底的なサービス需要の把握、コミュニティケア会議による、ケアマネージャー毎の格差の出ない、そして、オーダーメイド型のケアプランの提供もまた、和光市ならではです。

このスタイルは試行錯誤で編み出されたものではありますが、もともとは先々代の故田中茂市長が提言した予防医学主義の流れを汲むものです。当時は担当者だった東内部長が基礎を築き、いったんは厚労省に出向、そして、東内部長は国の制度構築にまい進、その後は復帰して、現在の仕組みへとブラッシュアップさせる立役者として活躍してきました。

和光市の高齢者福祉の基本的な考え方は

①高齢者が地域で自立した生活を営むことができるよう、医療・介護・予防・住まい・生活支援サービスを切れ目なく一体的に提供する「地域包括ケアシステム」の構築 により

②介護保障と自立支援の確立を目指す ものです。

そして、特に、今期の長寿あんしんプランでは

①居宅介護の限界点を高める24時間巡回型サービスの導入

②介護予防の更なる推進を図る予防事業の重点強化

により、高齢者のQOL(生活の質)の向上を図ることを強調しています。


和光市の高齢者福祉にあるのは、年をとっても、身体に不自由が生じても、住み慣れた地域で中の良い人々に囲まれながら、幸せに生きていく権利を保障したいという思いです。そして、私も市の職員や事業者の職員も自分の身内に提供しても十分に満足できる水準の制度やサービスを構築したい、と日々頑張っています。

詳しくはいろいろな論文や報告でも紹介されているのですが、クローズアップ現代のホームページでは放送内容がテキスト化され、一部は映像も見ていただけるので、ぜひ、リンク先でご確認いただければと思います。
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3494_all.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年03月01日

和光市の介護保険がyahooのトップニュースに

テーマ:高齢者福祉

和光の予防重視、在宅型介護保険運営について、東洋経済オンラインで取り上げていただき、yahooのトップにも掲載されたことから大きな反響をいただきました。

その内容についてはぜひ、東洋経済オンライン をご覧ください。



ところで、とある掲示板サイトで、和光市の介護保険が高く評価されていることにかかる典型的な誤解をたまたま見つけました。これはありがちな誤解なので解説しておきましょう。

いわく「…和光市で介護問題が少ないのは、市の介護対策が良いためではなく、高齢化率が低くて、そもそも高齢化問題が発生が少ないだけ…」(原文ママ)であるという指摘です。

さて、和光市の介護予防が評価されているのは、実際には要介護認定者数の多い少ないではなく、要介護認定率が低いからです。つまり、この書き込みをした方は「介護問題が少ないことが評価されていて、それは高齢化率が低いからである」と誤解しておられるところ、実際は下記の表のように「率が低いこと」が評価されている、ということなのです。

なお、このケースについては厚生労働省の「政策レポート 」にも書かれていることなので、このリンクもご紹介します。

また、もっと詳細を知りたいという方は担当の名物部長、東内さんの資料 をぜひ、ご覧ください。


要介護認定率の比較



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年11月30日

西大和団地に24時間巡回サービスステーション「ジャパンケア和光」オープン

テーマ:高齢者福祉

今日は日中にデュプレ西大和団地に今夜オープンする24時間巡回サービスステーションを運営していただく「ジャパンケア和光」の開所式に出席しました。西大和団地を中心とした地域の拠点となります。
24時間巡回というとイメージが湧かないかもしれませんが、要するに入居型の施設のサービスに準じたサービスを地域全体に提供するステーションなのです。入居型施設では看護師さんや介護士さんが廊下を回って各部屋のベッドに来てくれますが、このサービスは地域全体を施設の廊下、地域のご家庭をベッドと捉えるような感じで定期的に見守り等が行われるのです。利用者さんとステーションはワンプッシュの携帯等で結ばれ、定期的な訪問の他、電話連絡や緊急コールによる随時訪問もあります。

いずれにしても、介護保険の事業ですから、まずはケアマネさんとご相談いただき、必要度と要介護度に応じてご活用いただければと思います。

住み慣れた地域で、いろいろな思い出が詰まったご自宅で1日でも長く生活を楽しめるよう、24時間巡回サービスは居宅介護の限界点を限りなく入居型施設に近付けられると思います。
(お問合せは和光市役所長寿あんしん課まで)
和光市長 松本たけひろの「持続可能な改革」日記-ジャパンケア和光

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
facebook

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み