2007年07月01日

お仕事(副業のほう)で対談に同席

テーマ:ピピッと来た一言

編集業務のほうで2人の有名な学者(理系)の対談に同席しました。

対談の内容だけでも十分目からウロコなのですが、仕事に支障のない範囲で1つだけ印象に残った言葉を。

「事実には意見はない」

まさに科学者です。

世間では「イデオロギーの実現のためには事実をいくらでも歪める」風潮が相変わらずまかり通っています。


先般の「地方税大増税やめて」報道は阿呆の代名詞ですが、このような政治勢力は排除できる正常な世論を形成したいものですね。(税源委譲と特別減税廃止を意図的に混同して世論を煽っている。最初から正々堂々と「特別減税廃止は増税である」と主張すだった。)


ちなみに、対談では、日本の大人の「科学音痴」、目的と手段を履き違える傾向、全てに省益と天下り先確保を優先させる多くの中央官庁の背任、などが話題なりました。

2人とも増税ではなくマーケットの活用による効率化を言っておられて納得でした。

あらたに税を掛けるとそれは役人の人件費と広告代理店の宴会代に化ける(環境税の半分が人件費と広報費なのは高知県庁で立証済み)、というのも私のいつもの考えと同じです。役所は最低限のことを誠実に効率的に、そして透明に行えばいいのです。大きな市役所など百害あって一利なし。

今回も勉強になりました。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2007年05月14日

制約条件のない仕事はない、そして行政にも必ず制約条件がある

テーマ:ピピッと来た一言

財政の規律を優先すべきである、と語ると必ず反論があります。

「長期的な視点で考えるべき行政の仕事においては、一時的な財政事情でそのあり方が左右されてはならない」というものです。逆の意味でいつもピピッと来てしまいます。

もう、聞き飽きた言葉なんですが、やはりどこでも当たり前のように出てきます。

あらためて、私の方向性を申し上げておくと「制約条件のない仕事はない」ということです。

予算の制約があり、時間の制約がある。法的な制約もあるでしょう。枠内で最大限の良い仕事をするのがプロだと思います。

本当に必要な事業なら、一旦縮小しても財政にゆとりが出来れば復活するでしょう。

いつも必要なのは例外のない見直しであり、改善である、そう思っています。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年01月20日

とにかくメーカーより早く現場に行き証拠を押さえろ

テーマ:ピピッと来た一言

ある自治体の消費者行政のプロに聞きました。

とある一流メーカーの製品に事故があった時のこと。

その消費生活担当者が消費者の苦情を受けてメーカーに問い合わせをしたところ、当初そのメーカーの対応はけんもほろろだったそうです。

しかし、その担当者は過去の経験から、先に証拠品を抑え、国民生活センターにその製品の検査を依頼したそうです。

その事実をメーカーに伝えたとき、そのメーカーは即刻、担当者を詫びによこしたそうです。

つまり、動かしがたい証拠を相手に握られたため、即刻白旗を揚げたのです。

これは潔い対応といえばそうなのですが、その担当者によると、実はこのようなケースでメーカーに証拠を先に回収されたときは、しばしば証拠は隠滅されるそうです。

このようなケースはしばしばあるようです。

その担当者の言葉、大切なので赤字でお知らせします。

「とにかくメーカーより早く現場に行き、早く証拠を押さえろ」


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006年12月25日

小学生が冬休みの社会勉強の一環で訪ねてきてくれました

テーマ:ピピッと来た一言

今日は市内の小学生が議会の控室に訪ねてきてくれました。

冬休みに、社会のいろいろな仕事をする人々を訪ねて仕事の内容などを聞き取り調査するという勉強だそうです。

以前、中学生が訪ねてきてくれたときにはあまりわかりやすく説明できなかった記憶があるので、今日はできるだけ理解してもらえるように、とがんばってみました。


小学生の書き取ってくれた内容を本人のご厚意によりそのまま掲載させていただきます。


「1 どんなお仕事<活動>ですか?

市議会議員。

(市の税金の使い方を考え、提案して話し合う仕事。

税金をはらう市民から、どういう事に使ってほしいか意見を聞く。)


2 お仕事のきっかけは何ですか。何年くらいしていますか。

(前の選挙の時、和光市が他の市と合併すると言う話があり、その時に、市役所に興味をもちました。約四年、市議会議員をしています。)


3 どんなことが大変ですか。良かったことはなんですか?

(大変 22人の市議会議員の中の1人だから、なかなか、自分の思うとおりにならない事。)

(良かった事 和光市役所の、お金の使い方などを、市民に分かりやすく、説明してあげられるようになった事。)


4 何か一言、お願いします。

(まよった時には、話し合いましょう。みんなの意見を出して、きちんと話し合う事が大切です。意見をまとめて、自分の考えをしっかり伝える事が大切です。)


ありがとうございました。これからも、がんばってください。」


なお、後で「学校給食をもう少し質素にして、未来にお金を備えたら?」というメッセージをいただきました。私たち大人が十分に将来世代にツケを回さない運営ができていない現状を考えると、涙が出そうなメッセージです。

できるだけ、次世代へのツケを圧縮できる財政運営を心がけます。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2006年04月20日

改革のペダルを踏みしめながら・・・・選挙応援で自転車街宣

テーマ:ピピッと来た一言

今日は春日部市議選の応援2回目。

前回は街宣車でカラス役だったのですが、今日は台風並みの暴風雨の中、とある陣営で自転車に乗ってきました。

自転車

自転車街宣とは、街宣車の後ろを候補者が自転車に乗ってついていき、手を振ったりいろいろなパフォーマンスをしながら選挙民の皆さんに訴えかけるという手法で、今ではすっかりポピュラーになりました。

街宣車から実況中継を流すやりかたは名古屋の名物代議士・河村たかしさんが得意とするもので、ある程度の人数で走りながらやるとほとんどお祭りの行列のようになります。

今日の候補者はそこまではやらず、普通の街宣車の連呼にあわせて回るというおとなしめのやり方でした。

雨に打たれ、風に吹かれつつ自転車をこいでいると、応援者のかけてくださる言葉や挨拶が心に染みます。

パフォーマンスの塊のような自転車街宣ですが、自分で風を感じ、人々の思いを感じながら走る自転車街宣にはそれ以上の魅力があります。街宣車では得られない、身近な感じがするのです。

また、1日自転車街宣で行動を共にすると、すっかり仲間になった気がします。

自転車街宣の実況中継で好きな決まり文句があります。

「いま、候補者は改革のペダルを踏みしめつつ自転車を進めています!」

大して内容のある言葉ではないですが、それでもなかなか進まない改革を進めようとじっくり歩んでいくこの仕事が凝縮された言葉だな、とも痛感するのです。

候補者は候補者なりの改革のペダルを、私は私なりの改革のペダルを踏みしめた1日でした。

ちなみに、前回私は街宣車なしの自転車街宣でした。自分でハンドマイクを握ってしゃべりながらの自転車街宣は喉が疲れる過酷な活動でした。

ふと、それを思い出したりもしました。

私の仲間である、2人の候補者の勝利を願って。

追記:私が応援に入らせていただいた白土幸仁、渋田智秀両候補は無事2位と3位で当選し、2人の二期目がスタートしました。どちらも勉強会や視察であちこちをともにうろうろしている仲間です。

私もがんばらねば。

いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
facebook

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み