1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018年01月14日

アメリカ天文物理学会の超有望株は元和光市民

テーマ:ブログ

録画していたNHK「コズミックフロントnext」。既知の天体の軌道からプラネット9(9番目の惑星)の軌道を計算する計算式を作ったカルテックのコンスタンチン・バティギン博士が登場し、流暢な日本語で語るシーンが。何と博士、8歳から6年間、親の仕事の都合で埼玉県で暮らしたというのです。


検索するとバティギン博士のサイトに下記の記述がありました。
やはりビンゴで、彼は加速器関連の物理学者として働く父に連れられて和光市にやってきたことがわかりました。学校名の記載はありませんが、彼が卒業したのはどうやら四小のようです。中学校からはロシアスクールに通ったようですが、同級生にも理研の研究者の子供が多く、子供の頃から科学者以外の選択肢はなかったと言います(周囲の日本人研究者のお子さんも同じようなケースが多々あるのが和光だったりします。まさに科学の街和光!)。
ちなみに彼は2015年、フォーブス誌の「世界を変える30人のアンダー30科学者」に選ばれた天才で、ノーベル賞も射程に入る人物です。

 

先の話ですが、ノーベル賞を取ったらと思うと夢が広がりますね。

以下引用
In 1994, my family and I moved to Wako, Japan (the outskirts of Tokyo) where my dad (a physicist) worked at the particle accelerator facility at RIKEN institute. Although I attended a typical public Japanese school, parents of a substantial fraction of my childhood friends were associated with the RIKEN1. Thus, at the time I had grown to believe that becoming a scientist is simply something that you do when you “grow up.” Indeed, this had nothing to do with my own career choice and I am keenly aware that other jobs do exist (e.g. one can also become a musician - see below).
Upon graduating from Japanese elementary school, I attended a Russian embassy-based school and studied martial arts (Go-ju-ryu Karate). It was fun. Some years later, we once again packed up and moved to Northern California, where I met my wife on the day we arrived. Meeting her that day confirmed what the USA brochure had said: America really is a great country.

引用元
https://www.konstantinbatygin.com/

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2018年01月07日

成人式に出席しました

テーマ:ブログ
本日は成人式でした。実行委員による手作りの成人式は毎年いい雰囲気で、大いに盛り上がります。
私からは、維新150年ということで渋沢栄一翁の話をさせていただきました。維新の英雄、坂本龍馬より4歳若い渋沢は、維新では志士として、その後、幕臣として、龍馬ほどは目立つ活躍をしませんでしたが、その後、官僚として、実業家として、日本の産業が興隆する基礎を作りました。まさに龍馬を凌駕する、埼玉の英雄です。
彼はむしろ30代以降に大活躍したのだから、人生わかりません。そんなお話でした。

新成人の皆さん、関係者の皆さん、おめでとうございます!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018年01月04日

「市民新報」さんに掲載していただいた新年の挨拶を転載します

テーマ:ブログ
2017年12月27日

抜けつつある人口の底をどう固めるか

テーマ:ブログ

突然ですが、内閣府が作った、2005年から2015年で全国の出生率は1.26から1.45に回復するも、そもそもの出産できる世代の人数の減少で出生数は下がり続けている、の図をお示しします。
完全に人口の底が抜けつつあるわけですが、結婚・出産のピークが30代前半にある限り、この底はこれまでのトレンド通り完全に抜けてしまうでしょうね。
人口の底が本格的に抜けてくると、社会保障やインフラなど日本社会の根本が揺らいできます。
「人口なんて減っていいじゃん、江戸時代はもっと少なかったでしょ」というご意見をたまにうかがうのですが、我々はこれからも相当数の高齢者を支えていかなければなりません。そこで不可欠なのが社会全体の「稼ぐ力」です。その力の源泉は若年世代の人口にあります(何より、江戸時代の非常に少ないですからね)。

 

つまり、どの施策よりも大切なことはここへの手当てであろう、というのが私の認識です。だからこそネウボラをやる。待機児対策をやる、学力支援をやる。

産みたくない人に産めとは決して言いません。同性婚も個人の勝手。しかし、産みたい人数を迷わず産める社会、そして、産みたくなるような社会にすることは喫緊の課題なんですよね。社会全体が共有すべき課題です。

子どもを産むことを決断するのは個人の問題です。しかし、合成の誤謬の結果が跳ね返るのも個人。であるならば、次世代育成支援は社会全体の問題として取り組まなければならないし、何より、地方から人をたくさん吸収しているのにもかかわらず出生率の低い首都圏には取り組む責任があるのだ、とこのグラフは示してくれます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年12月20日

よくできたSFとよくできたトンデモの共通点

テーマ:ブログ
一流のSFの書き手は、ディテールはほとんど事実、科学に基づいて書き、ただし、物語の根本的な原理原則に嘘や全くの空想を据え付けます。完璧を期すため軌道計算をしてから宇宙空間の会戦を描く作家もいます。
だから、おもしろいSFほど細部がもっともらしい。

実はこれ、一流のトンデモの語り手にも共通することなんです。トンデモの語り手の多くがものすごく細かいディテールに詳しかったり(あるいは詳しいふりをしたり)、細部にこだわったりするのは興味深いことです。でも、原理原則が違ったり、根本的な統計を読み違えたり、そもそも統計が読めなかったりするため、正しい結論に辿り着かない。

だから、世の中の趨勢と違う主張があるとして、それがもっともらしくて迷ったら、その主張の原理原則をよく検証すべきです。

詐欺師も似ています。打率の高い詐欺師はディテールの作り込みがうまい。ただ、原理原則を人を騙すためにわざと改変している点がSF作家や本当に信じているトンデモ者とは異なりますが。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
facebook

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース