2006年04月29日

横田早紀江さんの証言、ブッシュ大統領との面談実現で思ったこと

テーマ:国際問題

ふと思ったんですが、私は拉致被害者がアメリカの世界戦略に利用されるのではないかという獏とした不安を感じました。
有利な理由なくブッシュ大統領が会いますかね。
北朝鮮の脅威をあおり、スムーズに3兆円の米軍再編費用の大部分を払わせる世論を形成しようとしているとしたら・・・・。
私に代替案があるかって?
一言じゃ言いにくいですが、ある程度アメリカから自立する視点で考えるべきかもしれませんよ。 独自の戦略思考がないと、利用されっぱなしです。
その文脈上で拉致被害者はある程度自力で取り返すのが理想です。もちろんアメリカの協力は不可欠ですが、今回の実現はあまりにタイミングが良すぎる。

ふと思いました。

それにしても、横田さんの疲れた姿が痛々しかったです。

追記:既にマスコミが「涙を流すブッシュ大統領」「涙を流す米下院議員」等々お涙映像を流していますね。(4/29)

追記:ちなみに、防衛庁の予算は5兆円にも満たない金額です。3兆円という金額のイメージがわくでしょうか。(4/30)

いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)

takeyanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

24 ■ひとみさまコメントありがとうございます

とりあえず、ネオコンの没落は見えてきた気がしますが、アメリカが強者であり続けるのは今後も変わらないかと。そして、考えたくない事実ですが、日本はアメリカ帝国の柵封国ですから。ある程度自立できても完全に自立することは当面不可能でしょう。
アメリカとの関係をしっかりと戦略的に考えつつ、韓国、台湾との連携を強めるべし、というのが今のところの私の考えです。
ただ、従来のいわゆる中華帝国の秩序の中にいることが本能的に好きな韓国・朝鮮を巻き込むのは大変でしょうが。

23 ■そろそろアメリカから自立しても・・・

>北朝鮮の脅威をあおり、スムーズに3兆円の米軍再編費用の大部分を払わせる世論を形成
そのとおりだと思います。
竹島、尖閣諸島、東シナ海油田、歴史教科書などの問題が扇動され続けることは、日本政府にとっては好ましいことで、日本が中国や韓国と仲違いしたままの状態であり続ければ、今までどおりアメリカの単独覇権主義は保てます。ただ、アメリカもイラク戦争のツケが出てきており、いずれ自滅の恐れが。強いアメリカが守ってくれているという状況が変わりつつある今、日本は本当は中国、韓国と仲良くした方がいいのではないかと思います。

22 ■盛田克男 さまコメントありがとうございます

盛田さんの記事のとおり、これをチャンスと利用するしたたかさが必要なのかもしれません。

21 ■velveさまコメントありがとうございます

直接何かなくても仕事のヒントは満載だと思います。
しかし、さすが勉強熱心ですね。続編もぜひ!

20 ■hello! さまコメントありがとうございます

休みますよ。もちろん。ただ、たとえば旅行先でいきなり箱物を覗きに行ったりして家族の顰蹙を買っています。(笑
それがきっかけで後日視察に行ったこともあります。
しかし、日本政府関係者は恥かしくないんでしょうかね。

19 ■親の立場と国の立場。

親御さんの立場では願ったりかなったり。
藁をもすがる想いでしょう。
でも国の立場では、、、
色々、ワナはありそうです。
TBさせて頂きました。

18 ■私も同じことを

考えました。ところでこの連休にザ・ゴール読んでいます(笑)

17 ■お久しぶりです

こんにちは。議員さんにはGWはないのでしょうか?

誰がどう見ても・・・という感じですが、国際世論形勢のためには拉致被害者にとっては渡りに舟なんですよね。
彼らにとって(我々にとっても同様ですが)日本の政府は本当に頼り甲斐が無いです・・・。悲しいですが、これが現実ですよね。

16 ■ゼシカさまコメントありがとうございます

利用されているとして、こちらも戦略を持ち、考えていくべきなのですが、ご存知のとおり、こちらの国が戦略不在なのです。そこがもどかしいですね。

15 ■こんばんわww

トラバ&コメントありがとうございます。
そうですね・・・。
なんとなくゼシカも拉致というものが
「戦略」に使われていくのではと
思ってきていて同感です。。
拉致被害者の家族の方の心労お察しします。
また遊びにきますね☆

14 ■おねばさまコメントありがとうございます

共闘を組むのは間違いなく必要な戦略でしょうね。その文脈で韓国との距離も縮めなければ。媚びる必要はなく、共闘が必要だということを包囲網を狭めながら納得させていくのでしょうね。

13 ■yubiさまコメントありがとうございます

詠仙人さんへのコメントでも書いたのですが、そろそろ軍事費が限界なのは間違いないと思います。
まあ所詮素人の予想ですが。
アメリカの共和党にある、レバタリアンとネオコンの主導権争いの帰趨によりますが。

12 ■おかにゃんさまコメントありがとうございます

間違いなく利用されています。高くつくんじゃないでしょうか。
小泉さんの後継者は主体的に問題に立ち向かう姿勢を見せてくれるのでしょうか。

11 ■詠仙人 さまコメントありがとうございます

軍事行動はないと思います。アメリカの保守本流(レバタリアン)は軍事費負担に嫌気が差しています。あまり財政を痛めると、ネオコンは政権を維持できなくなります。

10 ■なにわのおっさんさまコメントありがとうございます

日本は主体的には何もできないしくみの国なのですが、それに国民が気付いていません。実は意思決定機能はアメリカにあるのです。ただ、皆さん皮相的に「アメリカの属国」とか言うのですが、本心では認めたくないのです。
それを変えたいなら、買えるためには何が必要か考えなければなりません。
ただ、現実逃避の政党と国民はまだエセ平和国家の妄想の海を泳いでいます。

9 ■感動創造さまコメントありがとうございます

要はそれと「もろもろのこと」とは別だという冷静な感覚です。怒りとか感情とそろばん勘定の両面を国民が考えなければなりません。

8 ■shintaroさまコメントありがとうございます

アメリカの政治家も日本の政治家も損をしないのです。
ただし、3兆円ツケが回ってきますが。(笑
自衛隊の予算が5兆にも満たないことは忘れてはなりません。

7 ■手放しに

喜んでいいのかとも思いますね。下院公聴会での証言はもちろん良かったと思いますが、大統領との面談の方は、日本全体の事を考えると後々色んな問題が起こってきそうで不安です。12カ国に渡って拉致被害者がいると言われています。助っ人は本当にブッシュで良かったのか?まずは被害者の存在する国同士の協力と連携の方が大事かとも思います。被害者家族のお気持ちを考えれば、そんな悠長な事を言っている場合では無いでしょうけど。

6 ■不安がよぎります。。。

また、次の戦場を求めてるのでしょうか?アノ国は・・・

5 ■拉致被害者が政府被害者かも

こんにちは。
さて,横田さんですが,一連の報道を見て感じたのは,「結局日本政府の良いように使われてしまったのではないか」ということです。
すなわち,日本政府は横田さんを政策に利用しているのではないかという気がします。
これでは,拉致被害者は政府の被害者でもあると言えるのではないでしょうか。
もちろん,これで拉致問題が解決すれば拉致被害社会としては言うことはないのでしょうが,果たしてブッシュ大統領がただで動いてくれるのか,疑問は大きいですね。

4 ■議員殿と同意見であります

時期とよい何か臭ってきますね

日本政府の影の動きも当然あったでしょう

米国の力を借りて拉致者救助となれば

攻撃の目的が出来たとも思われます

報道は賞賛しておりますが

どうなのでしょうか?胸騒ぎです

3 ■さすが、アメリカ!

タイミングが絶妙ですね。間違いなく合わせているのでしょう。
日本政府は、これを拉致問題解決へ、しっかり「利用する」ぐらいの、したたかさが必要だと思います。(ちょっと、いやな言い方ですけど)
でも、日本政府がもっと主体的な外交戦略を考えていたなら、アメリカを巻き込むために、このような会談は、もっと早く実現したかもしれません。
日本の外務官僚や政治家には、無理なのですかね。自分の国民の話だというのに、なさけない話です。

2 ■無題

お久しぶりです。

確かに懸念されることはありますね。

ただ、他に拉致を解決していける道筋も少ないので、難しい選択がせまられそうですね。

1 ■どこまでも交換条件つき

誰が見ても間違い無く「それ」でしよう。
大きな進展が臨めば小泉退任後も自民にかなり有利なネタになりますし。
政治家にはもってこいのパターンですね。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

facebook

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
      芸能ブログニュース