2005年10月15日

TBS経営陣の頭の中はまだまだ20世紀の談合資本主義

テーマ:ブログ

ここ数日、楽天によるTBS株大量取得騒動が話題です。

私、今回も思うのは株式を公開するということの本質を多くの日本の経営者、特にサラリーマン経営者は理解していないのではないか、ということです。つまり、以前は株式持合いと、詐欺的な会計制度(取得原価主義会計)、副産物としての総会屋などに支えられ、どんな無能な経営者でも公開企業の社長が務まりました。(オーナー企業なら、自分の拠出する資本の利回りを気にしますから、一生懸命働きます。しかし、市場から調達した他人の金、しかも利益を上げて配当をすることもあまり気にしなくていい、という場合はどうでしょうか。なにか、役所の話に似ています。)

 

.異常な談合資本主義がつい最近までは常識だったが

 

株式持合いは一般株主の声を封じてきましたし、土地神話というフィクションが常に企業の財務内容をきれいにするのに役立ってきました。

儲からなければ土地や株式の含み益を吐き出せばいい、そして、一般株主の声は持合い総会屋で封じ込め・・・という日本の公開企業の「サルでも経営できるしくみ」は最近まで機能していました。ただ、ここ数年、持合による結束が弱体化し、流動株が多くなった企業がたくさんあります。また、土地と株式の相場低迷、時価・減損会計(この「時価・減損」というくくりは私が編集者時代に多くの仕事でお世話になった「自分でものを考える能力があり、勇気のある」某会計士と私との合作です)による財務内容の透明化の進展などにより、無能な経営者には厳しい時代になりました。

 

.正常な資本市場では、無能な経営者は追放される

 

最近声の大きくなった一般株主は、株価に敏感で、正当な利益と配当を求めます。

一方で、ITベンチャーなどで巨額の個人資産を手に入れた人々やファンドマネジャー(資産運用のプロ)は「おいしい物件(=利益留保、ブランド、技術の蓄積など、生かしうる経営資源が大きくが多く、しかし、無能な経営者がそれを生かしきれず、株価が低迷している企業)」を常にスクリーニングして(探して)います

なぜなら、無能な経営者を追放して、少し工夫をすれば短期間で株価の上昇や利益の増加をはかれ、莫大な収益が得られるからです。

そして、無能な経営者の談合を支える持合いや総会屋も虫の息です。

つまり、無能な経営者を追放するしくみ(=まともな経営力を経営者に求めるしくみ)が整いつつあるのです。

TBSのおっさんも、フジテレビのおっさんもそれ(自分が公開企業の経営者として失格であり、自分が株主の利益を毀損しているのだから、追放されるのが合理的)が理解できていないのです。

 

.株式公開で当然に生じる責任とリスクこれまでが異常

株式を公開するということは、誰か外部の人間が株を持つということです。つまり、買収はあるし、利益を上げなければならないし、説明責任も重いし、株価も気にしなければならない

当然の責任であり、リスクです。

いままで、気にしなくてよかったのが異常なんです。公開の本来的な意義をゆがめている談合資本主義という日本の常識(=世界の非常識)が、多くの日本人の頭の中に刷り込まれているということです。
 

.嫌なら閉鎖企業にしたほうがいい

公開企業としての責任とリスクを背負えないなら、株式を買い戻して閉鎖企業にすべきです。株式だって譲渡制限をかければいい。

それを資本市場で金は調達したいけど、その他はイヤ、というのは通りません。おいしいところだけ持っていくというのはありえないのです。
 

5.マスコミは本質を報道していない

マスコミは資本市場についての理解力が首相並みに乏しいですから、その報道も無茶苦茶です。金持ちが株を市場で買うのはあたりまえ。

それを新参者が伝統ある企業を強奪しようとしている、といわんばかりの姿勢はおかしいのです。

本質は、TBSの経営者はすくなくとも公開企業としての備えを怠ったから追放の危機にある、ということであり、そもそもマスコミがこういうリスクに晒されること自体の問題を掘り下げるべきです。 マスコミが株式を公開するのは得策ではないという側面があるのです。

 

 

.そもそもマスコミは株式を公開すべきかという問題について

マスコミが株式を公開すべきか、これは古くて新しい問題です。つまり、正義とか真実とか、そういう報道の本質的な部分は資本の論理とは切り離されてしかるべきです。でなければ不正義を金の力で正義に見せようとする人物を防ぐことはできません。

しかし、TBSもフジテレビも株式を公開しました。親会社の苦しい台所事情(この点はtadurabe氏のブログ記事「今度はTBSが楽天、村上ファンドに狙われた。」 が分かりやすいです)などもありましたが、資本の論理の流れに身を任せてもいい、という意思表示だと思います。しかし、一方で報道がどうとかこうとか理屈をこねています。

それを言うなら、株式公開を止めればいいんです。さらに、株の譲渡制限もかけるべきです。

しつこいですが、株式市場から資金は調達したい、しかし、リスクはいらない、というのは通りません。

あるいは、収益事業として割り切るかです。(いまのTBSやフジテレビの経営陣は、タテマエは別として、そう割り切っていると思います。)

ホリエモンはそういう姿勢です。三木谷氏もそれに近いです。

そして、そのマスコミの是非は皆さんが判断すればいいと思います。

つまり、そのテレビがダメなら見なければいい

 

結び.だめな経営者の追放は社会のため

公開企業の無能経営者は公開企業という資源を無駄にしています。ここに適性のある人物がすわれば、この経営資源が生かせます。

ましてや、人には向き不向きがあるのです。経営に向かない人を追放するのは会社の将来のためにもいいでしょう。

これまでの談合資本主義なら、だめな経営者の追放は困難でした。しかし、今後はだめな経営者は淘汰されます。

TBS事件の行方に注目しています。

私の過去の記事もご覧ください。

「TBS企業買収防衛策の「やっぱりな」~株式公開の意味が分かっていないTBS」( 5/19)

いいね!した人  |  コメント(60)  |  リブログ(0)

takeyanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

60 ■滑稽本さまコメントありがとうございます

しかも、民主主義と不可分なのが一株一票の株主資本主義なのですが、そこが日本人にはご理解いただけていないようです。
そして、江戸時代並みのしかしあまり気付く人もいないほどのソフトな抑圧国家の原因も、経済がだめな理由もそこにあると私も思っています。

59 ■TBありがとうございました

結局の所…
資本主義がきちっと機能していない点が、地方経済の不活性化につながっているような気がします…

58 ■ecg-man さまコメントありがとうございます

雑なTBをしてしまったのではなかったかと不安になります。
わざわざありがとうございました。

57 ■TBありがとうございます

スイマセン。
TBの御礼遅れてます。
仕事が忙しく、貴殿のブログを一生懸命読んでのコメントが現在できません。
週末になりましたら、落ち着きますので、その時しっかりした私の意見を返させて頂きます。
いましばらくお待ち下さい。
今後ともよろしくお願いいたします。

56 ■angel-heart-gbさまコメントありがとうございます

社員持ち株会が防げる規模かどうか、私は調べていませんが、そういう地道な試みがなく、ポイズンピルだけをぶち上げて終わり、という能のなさはやはり、報いられても仕方がないかと思います。

古田監督兼捕手誕生、楽しみですね。ヤクルトファンではなく、野球を見る習慣が途絶えて久しいですが、興味を持っています。

55 ■TBありがとうございます

株式上場する上で買収のリスクがある
わけですから社員による持ち株会をつくったりいくらでも防げたのに何もしていないわけですから。
ネットとテレビの融合の実現に期待したいです。

54 ■びんごばんごさまコメントありがとうございます

資本参加の手法の一つですから、筑紫哲也あたりにごちゃごちゃ言われても困ってしまうだけですよね。
生暖かく、というのはなかなか微妙ですが。
私ですが、ブログのために政治活動がおろそかになっていますが、意外に市の人が見てくれていて、ああ、意味があるんだな、と感じているところです。

53 ■コメントありがとうございます。

takeyanさんのマメさには頭が下がります。
びんごばんごは敵対的M&Aに対する世論の変化を生暖かく見守っているというスタンスですが、敵対的M&Aの是非が議論されるなかで、市場経済に対する国民の理解が深まればいいなと願っています。

52 ■びんごばんごさまコメントありがとうございます

記事、拝見させていただきました。
ありがとうございます。
資本市場にかかる制度の本音と建前が違うのも困りもんです。
ただ、最近法律は整っていますので、あとは非公式な変な慣習を少しずつ排除していく機運作りかと思っています。

51 ■引用させていただきました。

この記事から当方のブログに引用をさせていただきました。
差支えがある場合は、お手数をおかけしますが、「びんごばんごBlog」のコメント欄に、その旨書き込んでいただければ、引用を削除します。

50 ■七星さまコメントありがとうございます

株式会社法が新しくなりましたし、そろそろ古い皆さんにはご引退いただきたいですね。
またよろしくお願い申し上げます。

49 ■日本人的視点さまコメントありがとうございます

ほめ殺しの感がありますが、とにかく、健全な保守についていつも探求しておられる貴ブログは、ぐずぐずの保守にこそ読ませたいといつも感じています。

48 ■TBありがとうございます

はじめまして。七星と申します。
TBありがとうございました。
自分は株に関してはまったくど素人なので、読んでいて、非常に勉強になります。

47 ■真意が伝わり、誠に深謝です。

takeyan様、当ブログで極めて貴重なご意見、ありがとうございました。返信コメントを、こちらでも掲載させていただきたいと思います。
-----------------------
takeyan様

極めて鋭いコメントと、その洞察力。誠に深謝です。
まさに仰るとおりで、私の読者に求める点をまさに代弁していただいたという感じです。
繰返す必要もないほどに視点を捉えてくださっているので、深くは言及いたしませんが、
こうした日本独自の文化「ゆえ」、今後はどうして行くべきか、世界は容赦してくれないよ、という課題を乗越えていく契機になればと考えている次第です。
グローバルコミュニケーションには不向きだった日本の「特異性」。
にも拘らず、世界の制度を導入しすぎたために生じた弊害を認識する必要が我々にはあります。今は三木谷氏らはその先駆となるだろうかといった点に注目しています。

46 ■日本人的視点さまコメントありがとうございます

同じことをやっても反応か違うのは、議会も同じです。
「私に話がないのはどういうことだ」とごね、屁理屈を言う議員がいるのが現実です。
そして、それじゃまずいでしょ、ともいつも感じています。

日本の談合文化は、日本人的視点さんのブログで言い尽くされているように、価値判断に入り込んできます。「それはもう、通じないんじゃないの?」という趣旨だと勝手にとらえて、気持ちよく記事を読ませていただきました。

45 ■株式公開という名の媚薬

takeyan様御無沙汰です。
仰るとおり、TBSもフジテレビも全て対応が後手後手にまわった挙句に、クレームを各種マスコミ発信により対応したのではないかとすら危惧しています。
そうした中、ホリエモンと異なり、三木谷氏が、逆に政財界からの援護射撃を受けてマスコミを巧みに?利用する形で、ホリエモンと同じ行動をとってもそれほどヒールにならない向きがあるというのも、またマスコミ操作所以かとも思っています。
いずれにしても、takeyan様のブログに全てが物語られているというのが、私の率直な感想です。
これからも宜しくお願いします。

44 ■あさりさまコメントありがとうございます

マスコミの論調が見ものですね。
はすに構えて見ると、いろいろと裏が透けて見えるかもしれません。

43 ■非国際人さまコメントありがとうございます

非国際人さんがそうおっしゃるのだから、やはり今回のTBSはお粗末だったんだとあらためて痛感しました。
株価全体が持ち直してはいるものの、やはり国際的には値ごろな企業が多く、今後も同様の話が出てきそうですね。

42 ■tomiyaさまコメントありがとうございます

経営者の視点からのコメントありがとうございます。
政治家が誰にでもモノを言われちゃう立場だけに、その辺は痛感しています。むちゃくちゃ言ってくる人もいますから。
そして、メインの事業を大切にする気持がなんとなく分かりました。

41 ■はー、すっきり(^^)

いつもいつも、本当にすっきりさせてくれるいいブログですね(^^)
私は、経済のことは、まだまだ勉強中のみなので、難しいことは書けませんが、そんな私でも、今回の一件は、何なんだと思いました。

40 ■全面的に同意します

こんにちは。TBとコメントをありがとうございました。
極端なことをいいますと、こんな情けない企業はどんどん食われてしまえばいいと思います。
私の持論(外資が買収云々について)とは反するようですが、こういう勉強不足の経営者が君臨できるような日本的組織が、結局外資に付け入る隙を与えていると思います。
また、マスコミを含めて株式会社とはどういうものかという常識が欠けています。株主を軽視しているから簡単に株を買い占められるのだという当たり前のことをなぜ言わないのでしょうか。
それから、経営者は株主の信任を受けてその職にあるということをきちんと理解しているのでしょうか。
今回の一件をいい機会に、勉強して欲しいと思います・・・って、同じようなことがあって、二回目って話もありますが。

39 ■IPO

そもそもマスコミが株式を公開する必要、ないと思いますよ。誰でも「物言える」環境だったら、公共性や公平性、客観性は絶対になくなります。実際、局によってカラーも違いますしね・・・。
経営陣が死守したい企業なら、公開しなきゃいいんです。私は自分のメインの事業は、絶対株式公開しません。
私がIPOをやるとしたら、キャピタルゲインを得て売り抜けるか、いつ取られてもいい企業・・・ちょっと乱暴な考えですが、本当に思い入れのある事業は、公開すべきか悩みますよね。

38 ■虎哲さまコメントありがとうございます

良い方向には行かないと思いますよ。娯楽路線の強調だと思います。

ただ、株式を公開してボーっとしていたマスコミにはこれくらいの刺激がないと。
アメリカでもまともなマスコミは非公開ですし、ジャーナリズムという点で日本のマスコミはおっしゃるとおり、機能不全です。

37 ■ジョニーさまコメントありがとうございます

ニュース23のおっさんには私も注目しています。
おそらく、つまらない発言で味噌をつけると思いますよ。

TBS株ですが、来週は乱高下でしょうね。

36 ■同感でした。

TBありがとうございます。
マスコミも株式上場している以上、
当然ありうることですよね、こういうことは。まったくおっしゃるとおりかと思いました。
この国のマスコミはもう機能不全に
陥っていると思ってますので、外部のインパクトで変わっていくのは歓迎します。問題はIT産業やM&Aの関与がよりよい方向に行くといえるかどうかですが。

35 ■報道について

はじめまして、ジョニーと申します。私のブログへのトラックバックとコメント、ありがとうございました。
TBSですが、ライブドアとフジテレビの問題のときにはライブドアの肩をもっていたので、今後どんな報道をするか楽しみにしています。
株式買い占めに対してニュートラルでいられるか見物です。

34 ■finegoal さまコメントありがとうございます

今は転換期かもしれません。
小規模会社にも使いやすい会社法改正があり、証券市場も普通の人のプレゼンスが高まっています。
マスコミの報道は、仲良しクラブの仲間を必死で守っている構図ですが、連中に対応していただくのが日本のためです。

33 ■KNTYさまコメントありがとうございます

薬で済みますかねぇ。
フジは薬で済みましたが、三木谷氏の形相は・・・。

32 ■びんごばんご さまコメントありがとうございます

広告主の意向はやはり絶大ですし、彼らがジャーナリズム云々を言わなければいいんです。
ただ、フジテレビの社長がそうでしたが、彼らはジャーナリストを気取っているのです。そうなら、そのように振舞わなければなりません。
株式は公開すべきではないし、大手新聞のように政府に安い土地を売ってもらうべきではないし、電通と資本提携をすべきではないし、記者クラブに甘えるべきでもない。

日本のマスコミはチキンだと、私がいつもここで引用しているジャーナリストのフルフォード氏は言っています。私もチキンだと思います。
チキンなら、娯楽局だと名乗ればいいのです。

31 ■龍司さまコメントありがとうございます

何をもって無能とするのかは別にして、今のTBSの経営陣は今の時代にあの企業を経営するに足る人々ではないといわざるを得ません。
何より、毒薬条項を作ってよしとしていたのが間抜けです。

30 ■はじめまして!

TBありがとうございます。
記事興味深く読ませていただきました。
確かにマスコミも一方的に敵対的買収と報道してますが、これは無能な経営者から見た視点ですよね。
そう見るとまだまだ日本は談合資本主義といわざるを得ないですね。

29 ■ようこそおいでくださいました\(^o^)/

ご訪問有難うございました。
こちらからも、TB返させて頂きました。
現職の議員さんなんですね。
TBSの件についての記事、大変興味深く読ませていただきました。
以前からTBSの内部体質には問題がありましたから、この位の薬がちょうど良いかと・・・・・
また、記事を読み勉強させていただきましたので、人気ブログランキングに1票入れさせていただきました。
当ブログにまたお越し下さいませ。いつでも大歓迎です。

28 ■TBありがとうございます。

民放による報道はスポンサーに金で買われています。また記者クラブや放送免許といった制度を通じて政府からも影響を受けます。国会で予算の承認を受ける必要のあるNHKは与党からの影響を免れません。
株主や経営者がだれであろうと、テレビ報道に正義やら真実やらを求めるのは無理でしょう。

27 ■こんにちは!

さすが松本さん、鋭い御意見ですね。
興味深く読ませていただきました。

正常な資本市場において、TBSのような無能な経営陣が追放される・・という構図ですね。

26 ■ドカベンさまコメントありがとうございます

「ぬるま湯」という一言で終わってしまう話ですね。
そして、ぬるま湯の外から誰かが来ると仲間はずれにしたり叩いたりするムラ社会。
ただ、今のぬるま湯はだんだん熱くなりつつあり、もうしばらくすると規制産業のぬるま湯は熱湯になり、中で泳いでいるカエルもいずれは、脱出の機を逃した茹でガエルになってしまうのだろうな、と思っています。
TBSは村上さんに感謝すべきでしょうね。

25 ■クララさまコメントありがとうございます

こんなこと市会議員が問題視するテーマではないのかもしれませんが、前の仕事の関係でものすごく問題意識を持っているテーマです。
資本市場を意図的にゆがめてきた当局、その共犯者の銀行、市場を堕落させ続けてきた証券など、この国のエスタブリッシュメントはインチキ集団なのではないかといつも感じてきましたが、最近、確信しつつあります。

24 ■tukazi さまコメントありがとうございます

環境が変わるとやりにくくなりませんか?
私は比較的苦手です。

23 ■私も、すかっとしました。

はじめてのコメントです。こんにちは。
この記事よんで、私もすかっとしました。経営の意識を改めて考えさせられる問題です。現状の社会のしくみみたいなものが、(ある意味)分かりやすい、説明しやすいニュースなように思いました。

22 ■念願の

ネットカフェに来て、このコメントを書いております。
更新されたら、またお邪魔します。

21 ■悪代官さまコメントありがとうございます

だらこそ、まともな資本社会にはいろいろな大切な道具立てがあるんですよね。
産業別の強い労組、労働法規の充実、厳格な独立性のある証券市場の監視機構、透明かつ独立性のある証券市場、会計制度の充実と厳格な運用・・・・・。
全部途上なのです。
だから、変な分捕りのリスクもあるのですが、脇を締めてまともに経営していれば狙われないと思います。
それと、狙われそうな企業はもう、自覚しておくべきでしょうね。

株主の利益云々は日本では言う必要はないのではないかと思えるくらい、今のところ軽視されていると私は感じます。

20 ■今晩は。

ぬるま湯体質・持合・談合…。
ボーっとしていたら買物されまっせと云いたいです。
会社の経営は、キチンと顧客視点で商売する。この原点を忘れなければ、脇も甘くならないでしょう。
又「株主の利益」ばかりクローズアップされていることにも違和感があります。自分たちだけカネを分捕ろうとする行為は?です。

19 ■小局さまコメントありがとうございます

人をしっかりと生かすのも経営の一つだと思います。
人を腐らせない人材マネジメントができるかどうか、というところは経営者の腕ですので、そういう意味でも御社の経営陣がプレッシャーを受けているのかもしれません。

18 ■honma さまコメントありがとうございます

本当に。
流行に乗って叩くだけ。
村上氏は自分の腕を信頼してくれるお客さんの期待以上のパフォーマンスを上げるために努力しているプロです。
そして、三木谷社長は自分の金を賭して戦っている。
安全圏にいる政府の下請けに犯罪者みたいにがたがた言われるのが気の毒です。

17 ■shikaさまコメントありがとうございます

マスコミは自分のところさえ安全なら、なんでも流行に便乗します。
すごくいやらしい事だと思います。
放送は公器だから中立とか(あるいは非武装中立とか)、不可能なことを無責任に言う人もまずいのですが、それを許す人々も困ったものです。

16 ■やまもとよしお さまコメントありがとうございます

確かに、株主は株価と配当を見ているわけで、シンプルな視点なのですが、マスコミや代理店はもっと裏のある発言ですから、より混乱を招きますし、そもそも影響も大きいですもんね。

ステークホルダーの話ですが、私は民主主義の納税者(あるいは国民)と同じことが言えると思います。
従業員は公務員だったりします。それだけではないですが、一応そういう視点で見ています。

15 ■pagan さまコメントありがとうございます

時価総額は、そもそも株価がオーバーシュートするわけですし、指標としては不完全です。
ただ、ファンドマネジャーは差を抜くことを目的に動いていますから、村上氏についてはあんなもんでしょう。経営するのと差を抜くのは別のビジネスなのですが、村上氏は阪神電鉄の強み弱みをしっかり分析して「買い」と考えたということで。三木谷氏の場合がどうなのかはまだ見えてきません。
ただ、潜在的な経営資源の生かされた状態と現状との差の分析は一種のベンチマーキングであり、経営者なら把握しているであろう情報です。三木谷氏は経営者として、また元金融マンとして、TBSの経営陣より良い選択肢を選びうるのではないでしょうか。主導権を握り、TBS系を押さえ込むシナリオを持っているのかもしれません。

それと、エンロン云々は大切なのですが、犯罪ですから。
そして、おっしゃるとおり、マスコミは経済に弱すぎます。それじゃまずいと思うのです。
談合資本主義だからこそ、政治部が強くていいのですが、もう、時代じゃないです。

14 ■無題

フジ騒動でもそうでしたし、今回の阪神・TBSでも同じことを思ったのですが株を買われて驚いているとか心外だという言葉が経営者から出てくることにこちらは驚きます。
メディアの伝え方も一辺倒でこういう話になると公共性やら中立性やら訳分からないことを言い始めますし、この人らだけにそんなに公共性や中立性とやらが備わっているものなの?と聞きたくなります。加えて村上さんも言ってますがそういう公共性やら中立性を訴える既存メディアが何故今上場しているの?ということを問おうとしないしさらにはそれに答えようとする姿勢も感じられないことにまぁ呆れかえります。
MBOでもなんでもすればいいし、また資金調達の必要があればいつでも再上場すればいい。上場しているならば買収される可能性は常にあるし、上場してるなら経営者は放送局としてあるべき姿を維持しつつ収益・株式価値を上げるために尽力するのは当の然の話で、わけわからないとんでもなく無能を露呈した毒薬条項などは愚の骨頂です。何を考えてそういう結論に至るのか私には何百回説明を受けても分からないと思います。
平均給与も高いですしぬるま湯につかっていたいというのが社員の本音でしょうね。普通に仕事している時はまだいいのですが、自分たちのたんまりもらっている給与が危なくなるといきなり抗議を始める彼らの信念はなんなんでしょう。
すいません長くなりました

13 ■heon さまコメントありがとうございます

経済に関しては個人的にものすごい危機感を持っています。それは出版社時代から感じ続けているのです。
既得権益層をボロクソに言うくらいは当然ではないかと思い、口汚い記事になってしまいました。

12 ■レブロンさまコメントありがとうございます

「心外」というのはあの事件から何も学んでいないのではないかと思わされる反応でしたね。強がりかもしれませんが。
それと、「資本市場のあるべき姿」にほんの少しずつ近づきつつあるのが日本の現状だと思うのですが、それをしっかりと見つめずに目を背けている人が結構いるのに驚きます。
彼をはじめとする規制産業の経営者はそういう傾向があります。
彼らは社会として切り捨てるべきだし、マスコミはそういう論調であるべきだと思います。
早く癌細胞を取り除かないと、本当に経済は二度と立ち直れないんじゃないですか。

11 ■当事者側としては

私の勤務してる会社が、いわゆる「物言う株主」達の
圧力を数年前から受けだしてるんですが
正直当事者としては、
「株主還元の前に、社員の給料を上げて
もうちょいモチベーションが上がるように
してくれ」
と思ってしまいます。。。。
従業員持株会に入れば株主としての還元を
受けることはできると思うのですが
そんな余裕ないです。。。。。
ストックオプションも一般社員には
関係ないし。
うっ、愚痴っちゃってすみません。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

facebook

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース