1 | 2 次ページ >> ▼ /
2016年06月26日

集中豪雨から2年

テーマ:防災・防犯

集中豪雨から2年。

http://www.city.wako.lg.jp/home/kurashi/bousai/_14251.html


以来、市内の各所に雨水管の増設など特段の手を打ちましたが、皆様におかれましても、雨予報の際には集水マスの網目にたまった枯れ葉などを取りのぞくなど、対応をしていただけると安心度は増すものと思います。
なお、役所では今年も越戸川下流域への雨水管の強化を推進しています。
そして、大雨による冠水など異常を見かけたら、
‪#‎和光市災害‬ のハッシュタグを付けてツイッターで情報提供願います。さらに、投稿された情報を見て、外出を控える、危ない場所には近づかないなど、各自が情報の確認もしながら的確な行動をお取りください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月25日

参議院選の期日前投票会場について~イトーヨーカドー和光店は4日からです

テーマ:ブログ

参議院選、期日前投票は始まりましたが、今のところ、市役所会場のみです。

イトーヨーカドー和光店の期日前投票所は7月4日10時からですので、くれぐれもお間違えなく。すでにヨーカドーさんに行ってしまわれた方がおられるとのこと。


321

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月23日

問題は貧困だけではない

テーマ:国政

格差の拡大という議論が非常に盛んで、参議院選でも大きな論点になっています。和光市としても格差の問題には積極的に取り組んでいるところです。


しかし、格差もさることながら、日本全体が貧しくなり始めていることをあらためて一緒に考えていただきたい、ということでブログ記事にしました。

図は、2010年にIMFが作成した購買力平価ベース(購買力平価はあくまで計算上の値であり、批判もあるのですが、大きなトレンドは読み取れると思うんです)の一人当たりのGDPのグラフです(2010年の日経記事より)。

654

確認ですが、この2010年の購買力平価ベースの一人当たりGDPでは、すでに台湾に抜かれています。この統計を信ずると、最短では来年に韓国にも抜かれます。近い将来ではないですが、今後の動向によっては、マレーシアあたりにも抜かれる世界になってきます。



日本全体が貧しくなりつつあり、しかもそれが加速している現状があるのではないかと懸念します。もちろん、精緻な議論には統計をしっかりと確認する必要がありますが、先進国のなかで考えると、日本の中流のゾーンがもはや、貧困ゾーンに差し掛かっているのかもしれません。
となると、もちろん格差の解消も大切なのですが、やはり日本全体を豊かにするにはどうしたらいいのか、という視点が欠かせないことが分かります。


日本はアジア内でも安くなりつつあり、この地盤沈下を日本の指導層が見て見ぬふりをしているようにすら見えるのが心配です。

そして、ある意味、円安誘導がそれをさらに後押ししているわけですが、なんとも悩ましいですね。


* 追記

イギリスのEUからの離脱という国民投票結果を受けて、しばらくの間は強い円高傾向が想定されます。和光市内の国際企業の税収の復活についても、最近は期待が高まっていましたが、お預けになりそうです。

何より、企業においては円高の中でいかに利益を出すか、という知恵比べになりそうですし、巨額のインバウンドによる利益も激減する可能性がありますね。

我が国経済は、ここしばらくの基調とは全く違った姿になりそうです。(6/26)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月20日

越戸川の鴨夫婦

テーマ:環境問題

951
越戸川の鴨夫婦。川の中の細長い葉の草は稀少種のミクリです。この辺りは湧き水がたくさん流れ込んでいるところであり、水がきれいなんですね。
https://www.youtube.com/watch?v=QJfWai460yY

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月16日

今日はマグナカルタの日

テーマ:自由の価値

今日はマグナカルタの日。これで801年。
ちなみに、マグナカルタというと日本国憲法のようなものを思い浮かべるかもしれませんが、雑多な王と貴族やその他有力者との契約なので、意外な条文がたくさんあります。

たとえば、最初に成立した1215年版の8条には、寡婦が再婚を強制されないことが、30条には勝手な馬や荷馬車の徴発の禁止が、35条には升目の統一が書かれています。



大切なのは、まず、王と対立した貴族や有力者たちが王と契約書を交わしたこと。権力に明文化された鎖をつけたことなのですね。

さらには「イギリス憲法史全体はマグナカルタへの注釈である」と言われるように、マグナカルタは時代を下るとともにその内容の如何を超越して、神話として影響力を持つに至ったわけです(プラクネット『イギリス法制史 上巻』)。


今、自民党政権の憲法に関する一連の仕事に文句がある政党政治家や学者が論陣を張っていますが、このぶつかり合いのプロセスこそが、私たち日本人に憲法と言うものの豊かな実りをもたらしてくれることと思います。
国民的な議論をすることで、これまでうやうやしく神棚に上がっていた「きれいな置物」としての日本国憲法にようやく血が通い、命が吹き込まれます。
そして、両者のつばぜり合いを超越した頭上にマグナカルタは燦然と君臨するわけです。
(最後はマイケル・ムーアコックをパクりました。)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /
facebook

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース