こんにちは。

新緑鮮やかに太陽に照らされ、命の勢いを感じます。

4月も終盤ですが、新生活を始められた皆さんはそろそろ慣れて、余裕が出てきた頃でしょうか。

 

さて、間もなくゴールデンウィークですが、すまいの給付金の窓口業務のお休みをご案内させて頂きます。

勝手ながら、4月29日、30日、5月3日~5日、5月7日はお休みとなります

 

5月6日は営業していますので、申請にお見えになる場合はお電話でいらっしゃるお時間をご知らせください。

 

ご連絡は竹屋まで。☎0297-64-5168  すまいの給付金窓口

 

 

 

 

 

 

AD

こんにちは。竹屋の藤野です。

早いもので3月も最終日。明日から新年度がスタートしますね!

 

これから新しい生活が始まる皆さんの幸せと健康を応援します!(心も身体も健康がまず1番です)

 

さて、新しく家を建てた方にとっても念願のマイホーム生活のスタートですよね。そんな皆さん、すまいの給付金の申請はお済みでしょうか。

 

竹屋では申請の窓口、ご案内を行っております。 ほぼ毎日、申請やお問い合せを頂き、丁寧に対応させて頂いております。

 

そこで、申請の前に必要な書類のポイントをご案内したいともいます。

 

一番多いのが、新築をローン(5年以上)でご購入というケースです。

 

◇まず申請書1~4まで4枚必要です。→すまい給付金のHPよりダウンロードできます。

ご用意が難しい方は、竹屋窓口でもご用意しています。

 

登記済みの建物の謄本→こちらは法務局でもらえます。

住民票の写し→マイナンバー不記載のもの

課税証明書→年度に注意してください。引き渡しの時期によって変わります。申請書4枚目を参照するか、不安な方は、窓口にお問い合せ下さい。

工事請負契約書または、不動産売買契約書→印紙が貼ってあり、割り印のあるものをご用意ください。こちらは、コピーで構いません。

住宅ローン契約書→こちらも印紙と割り印のあるもの。コピー可

給付金振り込み用の通帳

住宅瑕疵担ふ保証明書または、住宅性能評価書または、住宅瑕疵担保責任保険法人検査実施確認書→このうちのいずれかが住宅施工会社から出ています。(コピー可)

印鑑→訂正などがあった場合、対応がスムーズです。

 

以上が、必ず必要となる書類です。

 

※ただし、現金取得の場合や、住宅のお二人様名義、中古住宅取得の場合は上記の限りではありませんので、ご不明な場合はお問い合せ下さい。

 

書類がそろっていれば、申請の受け付けは数分で終了します。どうぞ、お気軽にお越しくださいね。

 

お越しの際は、必ずお電話でのご連絡をお願いします。

何か分からないことがありましたら竹屋推進室 すまいの給付金 窓口まで!

 

☎0297‐64‐5168(月~金 8:00~17:00) 土曜日の申請は事前にご相談下さい。

AD

こんにちは。推進室の藤野です。

 

一雨ごとに春が近づいてきますね。春が待ち遠しいです。♪

 

さて、龍ヶ崎の竹屋では、「すまい給付金」の受付窓口を行っております。

「すまい給付金は」、新たに自宅を取得された方を対象に、条件を満たせば最大30万円の給付金が現金でもらえる嬉しい制度です。

 

申請には、事務局へ郵送する方法もありますが、書類がそろったと思って送っても、不備等で再提出しなければいけないケースが多く、時間も郵便料金も無駄にしてしまいます。

 

窓口に直接お持ちいただきましたら、書類、記載内容の確認がその場ででき、不備があれば

その場で対応できますのでとても安心です。 申請書類もご用意しておりますので

お気軽にお越しください。(事前にご連絡ください)

 

現在、申請期限が延長になり、お引き渡しから1年3カ月以内の申請まで受付できます。

 

尚、受付は平日月曜日~金曜日の朝8:00~夕方5:30 までとさせて頂いておりますが、

土曜日がご希望の場合は個別に対応させて頂きますので、申請の際は事前にお電話をお願いします。☎ 0297-64-5168 ㈱竹屋 すまい給付金窓口 

 

必要な書類についても、お電話でご案内いたしますので、お気軽にご連絡ください。

 

すまい給付金申請窓口 ㈱竹屋 龍ヶ崎市栄町4356 

 ☎0297-64-5168

http://takeya.ne.jp/k-pdf/sumaikyufukin0210.pdf

 

 

 

 

 

 

AD