行政書士試験合格者のための『行政書士開業準備講』の竹内豊公式ブログ

行政書士合格者で開業を目指している方に、「開業で失敗しないための準備」の情報を提供します。

NEW !
テーマ:
今日のランチは事務所近くの広島風お好み焼きの人気店のもみじ屋さんでいただきました。



11時半からやってますが、昼前には満席になります。

満席になると、カウンターに10人、テーブル席は15人ほどになります。外には行列が出来ます。

目の前の巨大な鉄板で料理人が手際よく調理します。手際のよさに思わず見とれます。注文して5分ちょっとでお好み焼きが運ばれてきます。

味はもちろんマイウーです。

これぞ、プロフェッショナル!
職人技です。

美味しいのは当たり前。
お客様の注文に速やかに応える。
華麗にやってのける。

私は美味しくて行くのが半分、華麗な技を見るために行くのが半分です。

いいもの見せていただきました(^^)v

プロフェッショナルを目指す方、ご一読ください。『行政書士合格者のための開業準備実践講座』『行政書士のための遺言・相続実務家養成講座』

@三省堂御茶ノ水店


@紀伊国屋書店新宿本店







AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
今日は御茶ノ水で外国人採用の打合せでした。この時期は新卒の外国人採用の引き合いが多いですね。

さて、帰りに三省堂に立ち寄りました。



行政書士コーナーを見ると…。

ありました。

仲よく並んでいます。





紀伊国屋書店の「相続法」で「売れている順」で1位でした。



毎度ありがとうございますm(__)m
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
相談者との最初のコンタクトの場を「面談」といいます。


面談では、相談者に見積書を必ず提示します。

「値段の付け方がわかりません」という開業者がいます。

その原因は、業務が俯瞰できないことにあります。

面談で相談者に費用が提示できなければ、受任率はグッと低下します。

だって、いくらかかるのかわからなければ、怖くて依頼できないからです。

相談者の立場になればわかりますね。

面談で見積を提示するには、実務脳の習得が必要です。

拙著『行政書士合格者のための開業準備実践講座』に、開業準備の段階で実務脳を習得する方法を掲載してます。ご参考にしてください。

さて、明日は入管業務の面談があります。相談者は、IT業務の採用担当の方です。もちろん見積書を提示します。








↓こんなに勉強している方がいらっしゃいます。



AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
池井戸潤さんの『陸王』を読んでます。
ベストセラーですから、お読みの方も大勢いらっしゃると思います。




そこて、印象に残る文章がありました。
これから開発したシューズを売り出そうとする会社経営者に、シューズの専門家が言った言葉です。

「水を差すわけではありませんが、必ずしも品質の高いものなら売れるというわけではないからですからね。品質の高いものならいくらでもあります。だけど、品質が低くて売れるものはない。それが現実だと思ったほうがいい」

至極当たり前のことです。当たり前だからこそ頭にズドーンと直撃しまくりやがります。

行政書士に置き換えると、こんな感じでしょう。開業に向けて張り切ってる人に対して、先輩行政書士が言った言葉。

「水を差すわけではありませんが、必ずしも仕事ができる人なら売れるというわけではないからですからね。仕事ができる人ならいくらでもいます。だけど、仕事の品が低くて売れる人はいない。それが現実だと思ったほうがいい」

開業前の方は、実務を経験していないからわからなくて仕方がないのですが、仕事を得るためには仕事ができなくてはなりません。当たり前ですけど。
そして、受任するには「仕事の質」が問われます。相談者は、行政書士の仕事の質の高い低いを、面談の場で簡単に見抜きます。

開業直後からバリバリ活躍したいなら、実務脳を開業前に習得してください。

◆8月下旬か9月上旬に、『行政書士合格者のための開業準備実践講座』&『行政書士のための遺言・相続実務家養成講座』読書会をもうすぐ開催します。詳細は決まり次第ブログで発表します。








 |  リブログ(0)

テーマ:
午後3時少し前に東京入国管理局に到着。



在留資格更新許可申請の結果を受け取りに行きました。

混んでました。1時間半待ってようやく呼ばれました。

結果は、5年の在留期間が許可されました。

サイコーです(^^)

さて、待っている間に入国管理局内をうろうろしていると、永住の相談窓口からどなり声が聞こえてきました。

相談者が入管の担当者に「そんなことわかってんだよ!」「お前じゃ話にならない」等々罵声を浴びせます。

いるんですよね。こういう人。特に入国管理局で見かけます。

行政書士でないことを祈ってましたが、その人とすれ違ったら「ピンクカード」を持ってました。残念ながら行政書士でした。

こいつ(敢えてこう呼ばせてもらいます)が行ったらことは、行政書士法第10条の品位を損なう行為です。

大声で怒鳴るということは、実務脳の低さを自ら周囲に示していることと同じです。

間違ってもこういう人にはならないでください。他の行政書士の迷惑です。

★開業前にしっかり準備していれば、こういう愚かな行為をすることは決してございません。








 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。