竹取物語の謎を「うら」読みで解く

かぐや姫は、なぜ竹から生まれて月に帰るのか?
かぐや姫、竹取翁…、名前は何を表すのか?
蓬莱の玉の枝、火鼠の皮衣…、宝物に隠された意味とは?


テーマ:
竹取物語の謎を「うら」読みで解く、当サイトが、
グーグルの検索ワード「竹取物語 あらすじ」で2位になっています。
 (☆。☆) (2013.10.16現在。一時の夢かもしれませんっ……)

実は、検索ワード「竹取物語の謎」「竹取の謎」「竹取 謎」では、8月からトップになっています。
これは、ブログの題に入っている言葉なので、ありえるかもしれないと思っていました。

ところが「竹取物語 あらすじ*」の検索語は「謎」より一般的らしく、
つい最近まで「あらすじ」での検索だと当ブログはカゲもカタチも見えず、すっかり諦めていたのでした。それが…。ありがとうございます。
 ・°・(ノД`)・°・ 

実際、「あらすじ」によるご訪問は、はっきり増えています。
まだ立ち上げて半年も経たない未熟なブログに、何でこんな幸運が訪れたのでしょうか。


ひとつには、キュレーテッド・メディア様が取り上げてくださったから、だったようです。

・「竹取物語」がざっとわかる関連サイトまとめ12選
http://www.curated-media.com/c386.html

今注目の、テーマ別おまとめサイトです。キュレーターとは学芸員のこと。
専門的な目でテーマに沿った優良サイトをまとめるサービスをされています。
たとえば「竹取物語」という検索ワードは一般的すぎるとみえ、
飲食店や宿・工房などの他ジャンルもたくさん出てきます。
だから「あらすじ」「謎」など別なワードを入れて絞り込む必要があるのですが、
キュレーテッド・メディア様なら、求める情報にすぐにアクセスできるわけです。

そこの「竹取物語」のテーマページで、当ブログの「あらすじ*」を評価していただいていました。
ご紹介されているとは知りませんでした。光栄です。

・実名制まとめサイトCurated Media トップページ
http://www.curated-media.com/


検索に掛かるには、アクセス数が必要らしいですから
にほんブログ村
様のおかげも大きいです。

ご存知、強力な、人気ブログのランキングサイト。

当ブログは最近ずっと、
①人気ブログとして古典文学のサブカテゴリーでトップ3に
http://book.blogmura.com/classics/
②注目記事、古典文学サブカテゴリーと
③その上位の本カテゴリーでも注目記事ランクイン
http://book.blogmura.com/ranking_entry.html
させていただいています。(*⌒∇⌒*)

(②③の順位は15分刻みで変わりますが、
③本カテゴリー注目記事で10位以内になることも)。

PCでご覧の方、右カラムのブログパーツから
にほんブログ村ランキングのご確認ができます。

例えば③なら、上プルダウンメニューを 「注目記事」 に

 

                                         
下プルダウンメニューを 「▼サブカテゴリー」 にすると
「本ブログ」カテゴリー全体の「注目記事ランキング」になります。
当サイトが太字になっています。
クリックすると記事に行けます。


にほんブログ村 様 でランクインするようになってから、
更新をしない日でも安定的にアクセスがあるようになり、全体でも増えました。
・にほんブログ村 トップページ
http://www.blogmura.com/


忘れちゃいけない、アクティブブログ数最大を誇るアメーバブログ様。
単独でHPを立ち上げても、こんなにアクセスはしていただけなかったでしょう。
ランキング、それとぺタですね。
ぺタを下さる方々のサイトを訪問すると、大変勉強になり、励みにもなっています。これで自然とアクセスが増える仕組みができているのですね。


検索サイト様、キュテーテッド・メディア様、にほんブログ村様、アメーバブログ様、
ぺタしてくださるブログ様、
そして、このブログを読んで下さっている あなた様 のおかげです
本当にどうもありがとうございます。

コツコツと独自研究してきた内容を、雑誌発表*、更にブログでも多くの方々に見ていただけるとは、大変ありがたいことです。皆様の温かい励ましをいただいて感謝です。できれば書籍化もしたいと夢みております。
引き続き、ご支援をよろしくお願いします。 (^人^)  


お読みいただき、ありがとうございます。
◆ ぜひ、応援クリックお願いします
      ↓                                  
    
  
   にほんブログ村  
 


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆  
次回  ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*
かぐや姫は、なぜ竹から生まれたのに月に帰るのか? です。
竹から生まれたなら、竹に帰らなきゃ変じゃありませんか?

 紫字*:リンクあり
                           
                             ペタしてね                                                                                                                    

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
同じテーマ 「my研究の今」 の記事

[PR]気になるキーワード