竹取物語の謎を「うら」読みで解く

かぐや姫は、なぜ竹から生まれて月に帰るのか?
かぐや姫、竹取翁…、名前は何を表すのか?
蓬莱の玉の枝、火鼠の皮衣…、宝物に隠された意味とは?

古典には、ときどき「うら」が隠されています。

本音が言えないとき、表はうまく書きながら、さりげなく秘密を潜めたりします。


隠し方は、けっこう常識的です。 わかる人には、わかってほしいのですから。


 例えば、竹と月が並べば、かぐや姫を連想できるでしょう。

そんなふうに、お互いに知っていることを使っています。


もしも、古代の人たちの常識を私たちが知らなかったら、通じません。

  千年前に、カボチャとガラスの靴と言っても ??? になるのと同じです。

古典の謎のいくつかは、案外それで解けるかもしれません。


ではご一緒に、「うら」読みの世界へ。


テーマ:

『竹取物語の謎を「うら」読みで解く』 since 2013 ~ Weekly KAGUYA

☆ ざっくりと このブログをご理解いただくために
  竹取物語 あらすじ *
  
「うら」読みとは? *

☆ 登場人物の名前から解く

  竹取物語の登場人物、名前一覧 *
  
かぐや姫は、なぜかぐやという名前か 考察 *
  
かぐや姫はアマテラスに対応 *

☆ 竹取物語と陰陽五行説

  竹取物語の求婚難題の宝物 *

 

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

 アップ ぜひ、応援お願いします。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆前回まで

かぐや姫が月を見て嘆いた7月15日→お盆→供物の瓜→瓜時・瓜州→瓜州(敦煌)の陽関・玉門関→陽関が出てくる漢詩→月を見て嘆く情景という連想で、ここまで来ました。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

 

漢詩では、月が遠く離れた大事な人を想う情景によく現れます。

 

有名なものをご紹介しますと、唐の白楽天(白居易)に「八月十五日の夜、禁中に独り直いし、月に対して元九を憶う」という漢詩があります。

 

 

白楽天が、玄宗皇帝時代の役所で夜勤中、東に左遷された元九という友を思い出して詠んだもの。

その夜は、まさに、かぐや姫が昇天する8月15日です。

 

三五夜中新月色 さんごやちゅう、しんげつのいろ

二千里外故人心 にせんりがい、こじんのこころ

(出たばかりの十五夜の月を、二千里のかなたで見る友の心よ)

というフレーズが特に有名で、源氏物語でも登場します。

 

…画像:Pixabay様よりロイヤリティーフリーの写真をお借りしました…

 

 

そもそも、白楽天は、玄宗と楊貴妃の愛を「比翼の鳥・連理の枝」と詠った「長恨歌 *」の作者でもありました。またもや、楊貴妃と連想がつながります。

 

 

また、月をみて遠くの人を想う漢詩に、玉門関が出てくるものがあります。それは… 

 

 お読みいただき、ありがとうございます。
 ぜひ、応援クリックお願いします

      

  にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
  にほんブログ村  


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆  次回  ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* ☆

 

玉門関の漢詩を。


参考文献:
 片桐洋一、他(校注・訳)
 『竹取物語 伊勢物語 大和物語 平中物語 日本古典文学全集8』小学館、1972年。

 野口元大(校訂)『竹取物語 新潮日本古典集成 第26回』新潮社、1979年。

 大野晋、他(編)『岩波古語辞典』岩波書店、1974年。

 戸川芳郎(監修)佐藤進・濱口富士雄(編者)『全訳 漢辞海 第三版』三省堂、2011年。

 山中裕『平安朝の年中行事』塙書房、1972年。

 松枝茂夫(編)『中国名詩選(下)』ワイド版岩波文庫、1991年。

 
イラスト:あおい

*:リンクあり
                   
   ペタしてね  古典文学ランキング参加用リンク一覧

                     にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。