竹取物語の謎を「うら」読みで解く

かぐや姫は、なぜ竹から生まれて月に帰るのか?
かぐや姫、竹取翁…、名前は何を表すのか?
蓬莱の玉の枝、火鼠の皮衣…、宝物に隠された意味とは?

古典には、ときどき「うら」が隠されています。

本音が言えないとき、表はうまく書きながら、さりげなく秘密を潜めたりします。


隠し方は、けっこう常識的です。 わかる人には、わかってほしいのですから。


 例えば、竹と月が並べば、かぐや姫を連想できるでしょう。

そんなふうに、お互いに知っていることを使っています。


もしも、古代の人たちの常識を私たちが知らなかったら、通じません。

  千年前に、カボチャとガラスの靴と言っても ??? になるのと同じです。

古典の謎のいくつかは、案外それで解けるかもしれません。


ではご一緒に、「うら」読みの世界へ。


テーマ:
竹取物語と関係する長恨歌、長恨歌から連想される李夫人詩。
長恨歌が唐の絶頂期をもたらした玄宗皇帝と楊貴妃なら、李夫人詩は漢の最盛期を築いた武帝と李夫人でした。
ともに、あまたの后妃を差し置いて、死後も皇帝の愛を独占して傾国と呼ばれた絶世の美女を詠います。


長恨歌に竹取物語の宝物が関係づけられているように読めましたが、李夫人詩にも竹取物語に繋がる言葉が目立ちます。

死後の夫人の魂を呼ぶために、武帝が方士の少に作らせた「反魂」は、の釜で煎じ、錬の炉で焚かれました。

ここでもまた、
玉と金 * です。
美女に「惑う」男の姿は、竹取物語にも描かれていました。
また、「李」とは「すもも」のことですが、竹取の大伴大納言が目をはらして「李」を二つつけたようになっていました。

竹取翁を思い出させる少翁。
かぐや姫の「かぐ」はに通じます。

そして、反魂香の煙は、竹取物語ラストにかぐや姫への思慕の象徴のようにたちのぼる富士の煙を思い出させます。

竹取物語に長恨歌が引用されていることは宝物の対応からも確実ですが、長恨歌が李夫人詩を連想させるといわれているところまでなぞっていることになります。


みてきたように、竹取物語の宝物は、長恨歌で大事だとされているものに対応づけることができました。
それから、ひとつ言い忘れていましたが、楊貴妃の本名「玉環」とは「満月」を意味するのだそうです。
やはり、竹取物語の作者は、長恨歌を強く意識していたといえましょう。

 お読みいただき、ありがとうございます。
 ぜひ、応援クリックお願いします
      
      
   にほんブログ村

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆  次回  ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* ☆

九州の地震、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

来週は、ブログの更新をお休みさせていただきます。
次回は5月12日(木)
楊貴妃シリーズは終了し、竹取物語に戻って先を読んでいきます。


参考文献:
 片桐洋一、他(校注・訳)
 『竹取物語 伊勢物語 大和物語 平中物語 日本古典文学全集8』小学館、1972年。
 松枝茂夫(編)『中国名詩選』ワイド版岩波文庫、1991年。
 戸川芳郎(監修)佐藤進・濱口富士雄(編者)『全訳 漢辞海 第三版』三省堂、2011年。

イラスト:あおい

*:リンクあり
                   
   ペタしてね  
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。