竹取物語の謎を「うら」読みで解く

かぐや姫は、なぜ竹から生まれて月に帰るのか?
かぐや姫、竹取翁…、名前は何を表すのか?
蓬莱の玉の枝、火鼠の皮衣…、宝物に隠された意味とは?

古典には、ときどき「うら」が隠されています。

本音が言えないとき、表はうまく書きながら、さりげなく秘密を潜めたりします。


隠し方は、けっこう常識的です。 わかる人には、わかってほしいのですから。


 例えば、竹と月が並べば、かぐや姫を連想できるでしょう。

そんなふうに、お互いに知っていることを使っています。


もしも、古代の人たちの常識を私たちが知らなかったら、通じません。

  千年前に、カボチャとガラスの靴と言っても ??? になるのと同じです。

古典の謎のいくつかは、案外それで解けるかもしれません。


ではご一緒に、「うら」読みの世界へ。


テーマ:

景行天皇は、結婚を拒む弟媛をおびき出そうと、「くくりの宮」で鯉を池に浮かべて遊んだ、という話。

わざわざ「鯉」を持ち出してくる理由を「うら」読みしています。

 

一つ目に、「鯉」とは「竜の子」を表しているので、帝王の子を指していると思わました。

二つ目に、「鯉」には「手紙」の意味がありました。

 

「うら」読みでは、竹取物語に 掛詞 * が多用されていることに注目してきました。

掛詞は、一つの言葉に複数の意味を重ねて読み取ります。

 

景行天皇と弟媛の話は日本書紀にあるのですが、ここでも掛詞と同様、

 帝王の子⇔鯉⇔手紙

というように、意味が被さっているとすれば…。

 

天皇の命令に従わない弟媛をおびき出そうとして、帝王の子の手紙が遣わされた、そして弟媛は出てきたところを捕えられた」と読むこともできそうです。

 

これは、アブナイ感じですね。そして…。 

 

 お読みいただき、ありがとうございます。
 ぜひ、応援クリックお願いします

      
      
   にほんブログ村

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆  次回  ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* ☆

 

帝王の子となれば…。

参考文献:
 片桐洋一、他(校注・訳)
 『竹取物語 伊勢物語 大和物語 平中物語 日本古典文学全集8』小学館、1972年。

 野口元大(校訂)『竹取物語 新潮日本古典集成 第26回』新潮社、1979年。

 大野晋、他(編)『岩波古語辞典』岩波書店、1974年。

 戸川芳郎(監修)佐藤進・濱口富士雄(編者)『全訳 漢辞海 第三版』三省堂、2011年。

 小島憲之、他(校注・訳)『日本書紀① 新編日本古典文学全集2』小学館、1994年。

 沢田瑞穂(訳)『列仙伝・神仙伝 平凡社ライブラリー19』平凡社、1993年。

 
イラスト:あおい

*:リンクあり
                   
   ペタしてね  

 

#ハッシュタグ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。