竹取物語の謎を「うら」読みで解く

かぐや姫は、なぜ竹から生まれて月に帰るのか?
かぐや姫、竹取翁…、名前は何を表すのか?
蓬莱の玉の枝、火鼠の皮衣…、宝物に隠された意味とは?

古典には、ときどき「うら」が隠されています。

本音が言えないとき、表はうまく書きながら、さりげなく秘密を潜めたりします。


隠し方は、けっこう常識的です。 わかる人には、わかってほしいのですから。


 例えば、竹と月が並べば、かぐや姫を連想できるでしょう。

そんなふうに、お互いに知っていることを使っています。


もしも、古代の人たちの常識を私たちが知らなかったら、通じません。

  千年前に、カボチャとガラスの靴と言っても ??? になるのと同じです。

古典の謎のいくつかは、案外それで解けるかもしれません。


ではご一緒に、「うら」読みの世界へ。

NEW !
テーマ:

かぐや姫とヤマトタケルの妃ミヤズヒメの共通点を論じてきましたが、ヤマトタケルの話が載っている景行天皇紀に、もう一つ、かぐや姫を連想させる話があります。

というより、ミヤズヒメのようにいろいろ考えないと繋がっているとは気づかない話ではなくて、明らかにかぐや姫と似ている話があるのです。

では、ご紹介してまいりましょう。

 

景行天皇(ヤマトタケルの父)が、美濃(岐阜県)にお出でになったときに、奏上がありました。

「この国に佳人がいます。弟媛(おとひめ)と申して、容姿端麗です。八坂入彦皇子の娘です」

 

天皇は得て妃としようと思われ、弟媛の家に行きました。

弟媛は、天皇の乗った輿が来ると聞き、すぐに林に隠れました。

ここに天皇は、弟媛を来させようと計画し…。

(続きます)…

 

美女を得ようとして天皇の輿が来るのは、竹取物語の帝がかぐや姫の家に来るときと一緒ですね。

竹林が出てくるのも、かぐや姫を連想させます。

さて…。

 

 お読みいただき、ありがとうございます。
● ぜひ、応援クリックお願いします

      
      
   にほんブログ村

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆  次回  ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* ☆
 

弟媛はどうなったでしょうか。

参考文献:
 片桐洋一、他(校注・訳)
 『竹取物語 伊勢物語 大和物語 平中物語 日本古典文学全集8』小学館、1972年。

 野口元大(校訂)『竹取物語 新潮日本古典集成 第26回』新潮社、1979年。

 大野晋、他(編)『岩波古語辞典』岩波書店、1974年。

 小島憲之、他(校注・訳)『日本書紀① 新編日本古典文学全集2』小学館、1994年。

 
イラスト:あおい

字*:リンクあり
                   
   ペタしてね  

 

 

 

#ハッシュタグ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。