竹取物語の謎を「うら」読みで解く

かぐや姫は、なぜ竹から生まれて月に帰るのか?
かぐや姫、竹取翁…、名前は何を表すのか?
蓬莱の玉の枝、火鼠の皮衣…、宝物に隠された意味とは?

古典には、ときどき「うら」が隠されています。

本音が言えないとき、表はうまく書きながら、さりげなく秘密を潜めたりします。


隠し方は、けっこう常識的です。 わかる人には、わかってほしいのですから。


 例えば、竹と月が並べば、かぐや姫を連想できるでしょう。

そんなふうに、お互いに知っていることを使っています。


もしも、古代の人たちの常識を私たちが知らなかったら、通じません。

  千年前に、カボチャとガラスの靴と言っても ??? になるのと同じです。

古典の謎のいくつかは、案外それで解けるかもしれません。


ではご一緒に、「うら」読みの世界へ。


テーマ:
「5人の貴公子の名前、石作皇子・庫持皇子・右大臣阿倍御主人・大納言大伴御行・中納言石上麿足は持統朝の官人から採られている」 この指摘* は、江戸時代からありました。

竹取物語の登場人物の名前が 記紀に関係* していることは、『竹取物語の謎を「うら」読みで解く』で論じてきました。五伴緒など、アマテラス周辺の神々が織り込まれていると考えられるのでした。


今回、5人の貴公子の求婚話と記紀神話の国譲りとの対応* を見出したので、求婚者たちにも記紀神話の登場人物との対応関係を想定することができます。
すると、竹取物語で個人を特定できる登場人物は全員、記紀だけでなく、記紀神話という一層限定した世界に、その下敷きを求めることが可能となります。

求婚者以外の登場人物が関係する神話は、三貴子から天岩戸、そして天孫降臨です。
神話の流れでは、天岩戸の後にアマテラスが出てくるのは国譲りであり、国譲りを受けて天孫降臨が語られます。
従って、5人の貴公子が国譲りの神々に対応するなら、一連の神話の流れを繋ぐことになり、一貫性があるのです。

そして、「竹取物語の登場人物はアマテラス周辺の神々に擬えられている」との仮説は、やはり成り立っているだろう、そう考えられます。



 お読みいただき、ありがとうございます。
 ぜひ、応援クリックお願いします

      
      
   にほんブログ村    

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆  次回  ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* ☆

一覧について、関連する考察を続けます。


参考文献:
 小嶋憲之他(校注・訳)『日本書紀 新編日本古典文学全集』小学館、1994年。
 武田祐吉(訳注)中村啓信(補訂解説)
 『新訂 古事記 付 現代語訳・語句索引・歌謡各句索引』角川ソフィア文庫、1977年。
 片桐洋一、他(校注・訳)
 『竹取物語 伊勢物語 大和物語 平中物語 日本古典文学全集8』小学館、1972年。

イラスト:あおい

*:リンクあり
                   
   ペタしてね   
AD
いいね!した人  |  コメント(12)

[PR]気になるキーワード