竹取物語の謎を「うら」読みで解く

かぐや姫は、なぜ竹から生まれて月に帰るのか?
かぐや姫、竹取翁…、名前は何を表すのか?
蓬莱の玉の枝、火鼠の皮衣…、宝物に隠された意味とは?

古典には、ときどき「うら」が隠されています。

本音が言えないとき、表はうまく書きながら、さりげなく秘密を潜めたりします。


隠し方は、けっこう常識的です。 わかる人には、わかってほしいのですから。


 例えば、竹と月が並べば、かぐや姫を連想できるでしょう。

そんなふうに、お互いに知っていることを使っています。


もしも、古代の人たちの常識を私たちが知らなかったら、通じません。

  千年前に、カボチャとガラスの靴と言っても ??? になるのと同じです。

古典の謎のいくつかは、案外それで解けるかもしれません。


ではご一緒に、「うら」読みの世界へ。

当ブログをずっとお読みいただいている方々は、思いだされたかもしれません。
名前と登場人物の考察を行ったときに、 かぐや姫はアマテラス *に、竹取物語の帝は ニニギに対応 *しているとしました。
これは、アマテラスの周囲の神々から当てた結果ですが、ニニギが天皇家の始祖であることが主な根拠で、帝とニニギの共通点はあまり気にしていませんでした。

ところが、ここにきて、帝の求婚話前半→雄略天皇→ 童女君のエピソード *→ ニニギとコノハナノサクヤヒメ *という連想が隠されていることが分かったのです。


竹取物語の作者による入念な仕掛け…。
これには、井之亀も改めて驚きました。


「うら」読みでは、文脈から浮いた感じの表現が出てきたときは、何か別なことを伝えるシグナルと考えます。

かぐや姫を「女の童」と繰り返し呼ぶのはなぜなのか、従来は、「帝の求婚を拒否するような世間知らずを童女よばわりすることで庇おうとした」というような解釈がされていました。
そのとおりなのでしょうが、裏には、またもや記紀への連想が隠されていたと言えます。

そして、ここにも、名前の繋がりがありました。
サクヤヒメとカグヤヒメは、音が似ています。
また、かぐや姫は数多の求婚を断るときに、「深き心も知ら」ないで結婚しては後々悔しいこともあるだろうと言っていますが、コノハナノサクヤヒメは、まさに悔しい目にあっています。
サクヤヒメには火を放って出産するという激しさがありますが、かぐや姫も「強い心」を持っていました。

思った以上に、ニニギとコノハナノサクヤヒメは、竹取物語の帝とかぐや姫に投影されているようです。



 お読みいただき、ありがとうございます。
 ぜひ、応援クリックお願いします
      
      
   にほんブログ村    

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆  次回  ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* ☆

帝の求婚、後半に入っていきます。

ミカドを御門と書いていましたが、帝と表記することにしました。

参考文献:
 片桐洋一、他(校注・訳)
 『竹取物語 伊勢物語 大和物語 平中物語 日本古典文学全集8』小学館、1972年。
 小島憲之、他(校注・訳)『日本書紀① 新編日本古典文学全集3』小学館、1994年。
 大野晋、他(編)『岩波古語辞典』岩波書店、1974年。

イラスト:あおい

*:リンクあり
                   
   ペタしてね   
AD
いいね!した人  |  コメント(8)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇