打つベストなタイミング

テーマ:

現代パチンコにおいて開店と同時に打つメリットは大幅に下がった。

 

いまのパチンコは釘よりも台の調子云々だからだ、

 

そもそもがギャンブルとは胴元が必ず勝つようにできてるわけで、

 

回収なくして還元なし!(改革なくして成長なし)と誰かが言ったように、まずは店の利益を確保して

 

それから客に還元するのは道理である。

 

ではデータから絞りこんだ狙い台を打つベストなタイミングとは

 

ずばり朝2番だろう。早すぎず遅すぎないこのタイミングがベストだと考える。

 

 

開店と同時に打っていいのは新台と日曜日だけ!

 

以上。

 

 

パチンコにおける永遠のテーマとも言える疑問

 

パチンコは完全確立で釘がすべてなのか?

 

自分なりにこの疑問に答えるとするならば

 

半分正解で半分不正解だと思う。

 

 

というのもパチンコにおける釘というのは非常に重要ではあるが、

 

残念ながらそれだけでは勝てない。

 

それだけで勝てるならむかしのパチプロがいまだに現役バリバリで活躍してるはずである。

 

だがそういった話を一向に聞かないのはそういった道理である。

 

 

いまのパチンコというのは台の調子の良し悪しというかある一定のベクトルに向かって

 

グラフが偏っていく、この偏っていくというのが重要でこれのおかげで連チャンもするし、

 

逆に大ハマリも起こると考られる。

 

なのでいくら回ったとしても不調台ではその日は絶対に勝てない。

 

ただし釘が良ければ投資も少なく済むし、負ける金額も抑えれるので、

 

回収率に大きく関係してるのも事実である。

 

なのでわかりやすく言うならば釘の良い好調台をぶん回せ!それだけである。

 

 

 

 

2017年 パチンコ成績を公開

テーマ:

 

 

2017年

 

実践日数 162回 70勝92敗 勝率43.20%

 

日曜日 19勝20敗 勝率 48%

月曜日 16勝21敗 勝率 43%

火曜日 4勝13敗 勝率 23%

水曜日 8勝13敗 勝率 38%

木曜日 9勝9敗 勝率 50%

金曜日 9勝9敗 勝率50%

土曜日 6勝12敗 勝率 33%

 

この結果を見ると火曜日、水曜日、土曜日が勝率が悪いですね、

山口県は火曜か水曜か定休日なので、ライバル店が休みのときは自然と客も増えるので

あまり出さないといった傾向が見て取れます、あと人の少ない火曜日は体感的にもいつも負けてるイメージがあるので、

今後は火曜日の実践は控えたいと思う、行くなら夜じゃないかな。

 

2018年は1月でだいぶ回収されてしまいましたがw

なんとか巻き返したいですね(T_T)