最終営業日の25日まで、今日を含めてあと6日。6日間だけ。
17年間続けてきたお店の最後の時が駆け足で近づいてくるのに、いまだに戸惑いを禁じ得ないのは正直な気持ちです。。。

ところで先日、カオサン時代からの常連Kさんが、2000年の開店当時カオサンロードで配っていたチラシをまだ記念に持っていられるとかで画像を送ってくれました、

懐かしいです。

一番最初のカオサン店は、ナナプラザインという一泊500バーツ位の小さなホテルの中にあったのですが、入り口に両替所とかばん屋が並んでいて外から店が全く見えないロケーション。

そのせいもあったのか開店当初、あまりにお客が入らないのでチラシを作ってカオサンロードでまいて店の知名度を上げようとしたのです。

チラシも手書きのほうが目立つかなと思って、A4に書いた日本語版と英語版を大量にコピーしてカオサンロードを歩く西洋人、日本人のバックパッカーたちに配りまくりました。

チラシに興味を示した旅行者にはその場でセールストーク。
上手くいけばそのまま店まで手を引っ張らんばかりにご案内します。

それで店を気に入ってもらえたらまた来てくれるし、友達や知り合いのバックパッカーに口コミしてくれる。

ちなみに私は客引きがとても上手になりました’^^
店が暇だとすぐに表に飛び出してチラシまき。
調子の良い日は数時間で10-20人くらい新規のお客さんをご案内していましたよ。
ちょうど日本食が世界的にブームになり始めた頃という時期も良かったのですね。

この稚拙な手書きのチラシはそんな当時の思い出がたくさん詰まっています。
カオサンで初めて店を始めた私の原点のひとつです。
Kさん、どうもありがとうございました。

プラチュアップキリカンに行ってからも、カオサン当時の初心に戻って泥臭く頑張ります。
やれることは全てやってお客さんを呼びこみ、来てくれたお客さんに喜んでもらえるいい店を創ります。

なお当日記は、アメブロに引っ越しして新たな章として再開します。
引っ越し先はまた改めて告知いたしますので、引き続きご愛読していただけたらとても嬉しいです。

バンコクで日本の味が恋しくなったら竹亭へぜひどうぞ。
手頃な値段でほっとする味をお楽しみください。

170バーツからの定食類は昼も夜も同じ値段。おつまみも多数でお座敷で宴会も出来ます。
がっつり食べたい時は、竹亭名物食べ放題529バーツをどうぞ。

なおアサヒ生の入った飲み放題ぽっきり481バーツも始めました。
食べ放題と合わせると1010バーツで大いに食べて飲むことができます。
バンコク最強のコスパです。

日系会社もタイ人スタッフとの会食に御利用多数。
低予算で目いっぱい食べて大喜びしてもらい、スタッフのやる気もアップです!

AD