『あなたは一体、何のために生きていますか?』いつも成績最下位だった僕が語る、人に出逢い、本当の自分と出逢う、そんなお話…

僕は9歳の時に、大好きだった父が病気で亡くなった
高卒で介護の仕事に就き、学んだことは”人生”だった
20歳で会社設立した、笠原赳が語る”人生観”とは?


テーマ:



んにちは、
たけしです。


一流の共通点




今回僕があなたに
話す内容は、


僕の感覚的な内容
もありますし、


いろんな人の話を
統合したものでもあります。


実は、海外の大学で
一流について研究している
ところがあるんですよね。


ハーバード大学とか、
もう何十年とかけてやっていて。


その結果も、
踏まえての話です。


なので、実際に僕が
感じていることでもあり、
理論的に実証されている
ことでもあります。


ま、理論的というより、
統計学的にですね。


だって、一流かどうかって、
その人が育ってみないと
分からないじゃないですか。


だから、研究するのに
20〜30年かかるんですよね。


生まれた時から、
この人はどのように
育てられてきて
とかを見て、


結果的に、30歳になって、
一流になっているか
どうかを見ないといけないんで。


それを踏まえて、
出てる話でもあるので、
聞いてもらえばと思います。






まず一つ目は、

宙ぶらりんとか、
葛藤と呼ばれるもの。


何かと何かの対立。


宙ぶらりんや、
葛藤に耐えて進む力


耐えるというよりは、
向き合うって


言った方が、
いいかもしれません。


『宙ぶらりんや葛藤に、
 向き合いながらも進んでいける力』



がある。


だから、
白黒はっきりしない状態
でもしっかりと走れる。


本当にこの道を行って、
うまういくか分からない…



けど、


まず、自分の中で、
できることを徹底してやれる人。


次に、
『孤独に耐える力』


どこかの外国の、
世界から一流
と呼ばれる音楽学校。


例えば、
バイオリンの学部だったりとか。


ピアノだったり、
歌を歌ったりの


一流と呼ばれる18歳とか、
16歳の人が集まってる音楽学校で
いろいろデータを取った結果、


ま、世の中的に、
その学校自体が
すごい人たちなんですけど、


その中でも大成功する人と
まぁ普通の人と
その中でも落ちぶれていく人


で、いろんなアンケートを
とったりしたらしいんです。


その時に、
トップ層の人と他の違い
は何かというので、
データがあって


2つですね


トップ層の人たちが
他の人たちと違って
飛び抜けてる部分が2つあって


逆に言うと、
2つしかないんですけど


まず一つ目は、
単純にバイオリンだったら
バイオリン、


ピアノだったらピアノ、


自分のやるべきこと。


ビジネスだったら、
ビジネスですよね。


それに取り組んでる時間が長い
と言うことですよね。


単純に。


野球だったら、野球。


やってる時間が、
人より長い。


ま、これは
そうだろうと思います。


普通に考えたら、
短いわけはないですよね。


これは、
なんとなく分かると思います。


で、
もう一つが重要で、


その中でも、


一人で練習だったり訓練だったり、
一人で勉強をしてる時間が長い。



この2つだけらしいですよ。


トップの人と、
そうじゃない人との違いは。


当然ですね、
数をこなすことは
当たり前のように大事なんですけど、


あとは、
自分でですね。


自主練ってやつですよね。


孤独に耐えながらも、
一人で自分と向き合って取り組める人。



が、


実際、
一流と呼ばれる人
になってると。


それを踏まえて、
いろんなエピソードを
考えるとそうだと思います。


例えば、イチロー選手が
高校の時に、


深夜に素振りを
ずっとしてたらしいですし。


そういうエピソードって
いろいろあるじゃないですか。


要は、孤独に耐えて、
自分にしっかり向き合って鍛錬できる人


そういう力
があるってことです。


だから、
環境が大事であったりとか、
そういうことって
僕もよく言いますけど


それはそれで、
いい面もあれば、
また悪い面もあって


そういう、
馴れ合いになる
可能性も有りますよね。


それは良くないと思います。


それだったら、僕は
一人でやった方が
断然いいと思います。


弱い人たちであったら、
集まった方がいい
かもしれないですが、


自分でやれるのであれば、
自分でやった方がいいです。


そう意味で、
孤独に耐える力
があるってことです。


すごく大事なことです。


で、自分は
こういう力がある


とか


力がない、とか。


ないからダメ
ということじゃなくて、


どうやったら、
そういう力がつくようになるのかを、


どうやったら、
そういう意識をもって
動けるようになるのかを
考えるといいと思います。


常に、何か壁にブチ当たった時は、


「何で、自分には
 できないんだろう…」


と考えるのではなくて、


「どうしたら、
 自分はできるようになるであろうか」



と、
考えるようにしましょう。


その詳しい理由は、
また今度、あなたに
お話ししますね。


今回は最後までおお読みいただき
ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。