1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-03-06 02:38:40

U-14・大会

テーマ:ジュニアユース
2月28日、3月1日の2日間でU-14、久米田FC主催大会に参加してきました!

【試合結果】

vs 久米田FC
6-0 勝利!

vs YF奈良テソーロ
1-1 引き分け

vs 明和FC
2-3 敗戦…

vs 千里中央FC
8-0 勝利!



2勝1分1敗!!



4試合とも内容は良かったですね(^^)

全ての試合を相手コートで攻撃をしている時間帯が長かっただけに、悔しいねガーン


攻めて攻めて攻めて、得点を取られる…


課題はシュートですねしょぼん



3月7日に2ndチーム。
3月8日に1stチーム。

アドバンスリーグが開幕します!


アドバンスリーグの試合に向けてと考えればこの結果は良かった。次に繋がる!


良い点、悪い点。チームだから勿論ある。


みんなの良さを自分が引き出してあげれるようにアップアップ


テスト組で数人がいなくて、戦ったこの大会。


サブ選手の経験に繋がりました音譜


それにしても2日目の大雨は寒すぎましたね…目

{5E81B52A-59B0-447E-9206-EA331B4789E2:01}

{EC065111-1506-471D-9340-F902F5FA4640:01}

{AACDCC43-EF66-4ECF-BD6B-A1959E6F16FC:01}






AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015-02-27 02:17:54

感謝です。

テーマ:ブログ

熱くメラメラ熱くメラメラ


今、関わっている子ども達の為にアップアップ


自分自身、チームとして、成長しないと!!


応援してくれる人達を大切にその人達への感謝の気持ち!!

ありがとうございますニコニコ

本当にまだまだ未熟です…

もっと愛されるクラブ!価値のあるクラブに!

人間的にも成長するぞアップアップ


{15AFDC94-0DD8-4F9D-9B83-10808100DC2C:01}




{23B17CE7-3551-4105-9020-4C35634D85C2:01}

AD
2015-02-27 01:59:59

日々勉強!

テーマ:ブログ
日々勉強!

今では色んな記事や考え方をSNSで書いている人がいます。色んなとこから情報を得る事ができ、良い内容もあり悪い内容もありますね。

日々、本を読んだりSNSで指導に関する記事をみたり、サッカーの試合を観たりとこの時間を大切にしています。人間的にも更に高めていかないといけない。

下記の記事が共感する事が多かったので、載せてみました(^^)


子ども達の為にできること。
もっと学び、行動にしよう!!
もっともっと夢に向かって夢中にアップアップ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今まで述べ数万人を超える子どもたちを観て来ました。


一概に子どもたちといっても、

7歳から12歳までの男女がいて、多種多様です。

育った環境も違えば能力も違います。

ただ、「子ども」、「親」、「子どもと親」という観点でみると、

共通して起きている(悩み、迷いなど)現象があります。


子どもに良く起きることと、

親に良く起きることを、

一般的な観点から観て、

それを私なりの主観に基づき分析してみたいと思います。


子どもはとても素直です。

何故なら「意識する」ことより、

「無意識」が先にカラダを反応させるからです。


でも、どうでしょうか?

今の子どもたちは「意識」が先にカラダを動かしてはいないでしょうか?


どういうことかといいますと…

例えば、少年(少女)サッカーで言えば、

子どもはピッチを縦横無尽に動き回り、

人の目など気にせずに、

思いっきり走り回る特権があるはずです。

しかし、最近の子どもは、

ワンプレーワンプレーでコーチの眼を気にして、

一言一言で親の顔を気にしています。


そんな、コーチや親に限って、

良くこんなことを言います。 


「最後の判断は子どもがしますから」


何とも無責任だなと感じてしまいます。

子どもの無意識を大人の意識で埋め尽くしておいて、

最後は子どもの判断だから…

そんな子どもにとって苦しいことはないと思います。

何故なら、

そこには、大人の喜ぶ答えしか用意されていないからです。


子どもの無意識をしっかり表現させ、

子どもの無意識のことばに耳を傾け、

そこに大人の経験や主観で、

子どもが納得する話をしてあげることが、

その子が成長するのに必要な選択肢となるのではないのでしょうか?


私は様々な子どもたちとその親御さんと話し合ってきました。

そこでいつも気になることがあります。


それは、子どもの目線です。

話す前、話した後で必ず親御さんを見る子どもがたくさんいます。

そんな子に限って、

自分で物事を判断することが出来ず、

「大人の答え」を一生懸命探しているように感じます。

そして、親御さんは、

一通りしゃべり倒して、最後に一言、

「決めるのはこの子ですから」

先ほども言いましたが、

こんな苦しい選択はありません。


子どもは、大人の期待に応えたいと思う生きものです。
(言い方を変えると褒められたい生きものです)

期待の強要をしないでください。

子どもの無意識を大切にしてあげてください。

子どもの無意識を大人の意識で固めてしまうと何が起きると思いますか?

それは、

「判断基準を自分の中に持てない大人」へと成長してしまいます。

こんな世の中です。

子どもの未来のために、

変えなければならない世界が目の前にあると思います。


次回は何故こういったことが起きるのかをお話ししたいと思います‼︎

AD
2015-02-23 15:56:50

2月21日・TM

テーマ:ジュニアユース
~ジュニアユース・2月21日のTM~

U-13  (午前)

vs 和泉FC

0-0
1-0
1-1
1-0
2-0
0-2

U-14 (午後)

vs 和泉FC

2-1
3-2
1-1
2-1
0-2

U-13.U-14ともに充実した試合ができました(^^)

テスト期間中って事もあり、参加者が少なかったですが、参加した生徒は試合に沢山出たので、いい経験になったと思います!

U-13は相手のプレッシャーが速い中でもボールの主導権を握る事ができました!! かなり面白い攻撃もあり、成長した姿が嬉しかったです!

U-14は主導権を握りながらも相手のプレッシャーに慌ててしまう選手もちらほら…。そんな中でもキーパーから全員がボールに関わり、相手に1回も取られずに得点できたあの1点。

みんなナイスプレーでした👍😃

また来週の練習からレベルアップしていこう!


1日通して、素晴らしいプレーをしたU-13のヒロナカシュン。


ボールの受け方、ボールを受ける前のイメージ。
かなり良くなってきたし、技術的にもかなり良くなってきたな!! 殆どミスが無い!!


これは2年生の中盤争いに名乗りを上げてくるだろう…グッド!にひひ



さっ!みんな切り替えてテスト勉強頑張って下さい(^^)


{6B8D7655-890E-4B81-BD82-4F53B7CB1F43:01}

{1D62A686-3A07-4898-A474-2EDC3D09F955:01}

{B2F5B767-4873-45FA-93A4-D3B4FC49B864:01}



2015-02-21 08:37:49

青山学院大学

テーマ:ジュニアユース
{37A1332E-0E4E-4C71-838C-20DF87287EE6:01}




青山学院大学といえば、お正月の箱根駅伝で圧倒的な記録で優勝したのが、記憶に新しいですね!!


優勝するまでに10年間、試行錯誤を続けながら指導をし優勝に辿り着いたみたいです。


最初の3年間、結果を出す為にスパルタ指導で、とにかく選手を追い込み、笑ったらアカン!己を強くしろ!みたいな指導方法だったみたいです。


それについていけなくなった選手達はみんな辞めていき…結果としても箱根駅伝に出場すらならなかったみたいです。


そこから【走る事を楽しむ】という考えになり、もともと寮での食事中は喋ることすら禁止だったみたいですが、普段の生活からみんなが会話することで笑顔が増えて、チームの雰囲気が良くなったと音譜


特に駅伝は走ることが目的。
トレーニングでは自分の身体を追い込み、トレーニングでは苦しことが殆どです。


苦しいトレーニングがある中でも目標を明確にすることで、普段、仲間と一緒に過ごし、笑顔で乗り越えていく!


科学者の研究結果でも【笑顔】で取り組む方がパフォーマンスが出ると!


甘い環境!ふざけて!ではなく…

みんなが目標を明確にし自分から取り組んでいく環境。仲間を信頼し、みんなで目標を達成していく!! 笑顔溢れるチームニコニコ


失敗ではなく、成功のイメージを沢山もとう!


それはサッカーだけじゃないし、どんな事も目標持って、前に1歩1歩進んでいく事が大切!


箱根駅伝の本番前日のミーティングで、選手達が緊張していたのを見て、監督が明日の作戦は【ワクワク大作戦!】と言うたみたいですね音譜


みんなでタスキを繋ぎ走ること!
みんなで優勝を狙うこと!
みんなで完走すること!
仲間の為に頑張ること!


ワクワクして走ろう!が作戦!


これで、選手達の緊張はほぐれて、本番ではみんなの走っている姿が楽しそう!とテレビの実況の人も言うてましたねチョキ 観ている人には気持ちが伝わります!

それで、圧倒的な記録で優勝!


勿論、楽しいことばかりでは無いと、言うてました。


楽しい時も辛い時も苦しい時も悔しい時も、トレーニングが中々上手くいかない時もどんな時も 1人じゃない!


ワクワク大作戦!!

自分も日々子ども達と過ごす中で、日々成長していかないと。もっともっと勉強ですアップアップ

青山学院大学駅伝部がもっと知りたくなりました(^^)



[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>