外国人が大好きな日本

テーマ:

三和 導代 です。

 

ここ数年来、日本発着の国際線には日本人以外の外国人客がめっきりと増えました。特にアジア路線では日本人ツアー客よりアジから日本に渡航する人の数が上回まわってきたことがよくわかります。

 

そしてそのリピート率は群を抜いて高い。つまり日本大好き外国人が後を絶ちません。以前はアジアは貧しいために日本に来るなんて夢の夢の時代でしsたが、今はアジアの国々が経済発展を遂げ、一般客が来れる時代となりました。

 

2020年のオリンピックに向けてうなぎ上りに増えることは間違いはありません。原宿の竹下通りでは日本人より外国人の方が多い日もあります。

 

どこにでもあるマクドナルド、ダイソー、マツキヨなどの店員さんはほどんど外国人です。日本在住の外国人でしたら日本語、自国語、英語ができますので、一石二鳥です。日本では外国人学生のアルバイトを認めていますので双方に助かります。

 

ただまだ町の中や商品の看板は日本語ですので、外国人にはよくわからないことが多いようです。特にトイレのボタンがわかりずらく、流せないのでなかなか出てこられない外国人を見かけます。日本式トイレでしたら流すバーは一目瞭然ですが、様式の日本語表示のトイレは大変です。

 

原宿のマツキヨに入りに定員さんに英語で話しかけられ、英語で答えようか日本語にしようか迷うシーンが先日ありました。それだけお客さんに外国人が多いのでしょう。

AD