honestboyの独り言

記事へのコメントありがとうございます。
また皆様のブログへ足を運ぶ余裕が出来たらぼちぼちと返信します。

…期待はしないでくださいw


テーマ:
こんばんはお月様

今日は阪神の話題をばビックリマーク


先日久保投手のクローザー転向の話が出ましたが、
その後の報道やテレビでの発言を聞くに、久保投手も前向きなようで、
どうやらすんなり決まりそうですねニコニコ

以前新しい抑え投手 の記事に書いたように、個人的には久保投手の抑え案には反対してました。
奪三振率の低さは投手のタイプというものがあるのでまあいいかなと思いますが、
被本塁打率の高さは絶対にホームランを打たれてはならない抑えというポジションでは、
正直不安な部分もあります汗

ただ久保投手がクローザーに回る上で良いなという材料を上げるとすると、
ズバリ立ち上がりの良さですねビックリマーク

能見投手とメッセンジャーと久保投手について、
今シーズンの先発時の1回の失点数と総失点数から、初回失点率というのを計算してみたのですが、

  1回 合計 初回失点率
能見 14 60 0.23
メッセ 13 65 0.20
久保 3 28 0.11

ピッチャーは立ち上がりに一番失点するとはよく言われることですが、
これを見ると久保投手は今シーズン、能見投手やメッセンジャーと比べても、
立ち上がりの失点というのは少なかった
ように思います。

これが来シーズンどういうことになるか分かりませんが、
長いイニングを投げる先発から抑えという1イニングだけを投げるポジションに回っても、
スッとゲームに入って自分の力をもれなく発揮できる
んじゃないかと思いますニコニコ


まあそんなことで久保投手が新しい抑えになるならそれはそれで応援するんですが、
そうなると来年の先発ローテーションもまた新しい形になりそうですねグー

前置きが長くなりましたが、今日はこの来年の開幕ローテについて、
自分の思うところを語っていきたいと思います音譜


また長くなりそうなので先にナンバリングをば…

1.先発ローテ候補
2.今年の敗因と来年の日程
3.相性
4.結論


ではまたグダグダと語るので、暇な方はお付き合いくださいニコニコ


1.先発ローテ候補

久保投手がリリーフに回って1枚少なくなる先発ローテですが、
もちろんキャンプやオープン戦での競争もあるでしょうが、
実際のところは能見・岩田・メッセンジャー・スタンリッジの4人は、
これまでの実績から見てもケガさえなければ来年の先発ローテに内定していると思いますビックリマーク

先発ローテを6名と考えると、あと2名が選ばれるわけですが、
おそらく榎田投手も首脳陣の中ではこれまでの実績から、
ほぼ内定しているんじゃないかと考えています。

今年はシーズン終わりにひじの手術を行い、
来年はそれを考慮して先発への転向が言われている榎田投手…
この榎田投手の先発というのは、2013年の阪神の1つの目玉になりそうですね音譜

そして残る1枠ですが、これは本当に首脳陣もまだなにも決めていないと思います。
この6枠目はおそらくキャンプ・オープン戦での成績で決まるんじゃないでしょうか。

個人的な希望を言うと、秋山・岩本・歳内・藤浪の4人の高卒若手の誰かに、
この6枠目を競い合って奪ってほしい
ですビックリマーク

今年も春から先発6枠目の争いがあり、鶴投手や二神投手も頑張ってましたが、
結局最後はベテランの安藤投手と小林宏投手の争いとなり、
その安藤投手は3勝7敗、小林宏投手は戦力外と結果は残せませんでしたダウン

来年は何としても若い投手がこの6枠目を確保し、結果を出して世代交代が進んでほしいですグー

ということで自分の思うところはというと、
能見・岩田・メッセンジャー・スタンリッジ・榎田の5人が確定で、
6枠目はキャンプ・オープン戦の競争の末、結果を残した選手
になると予想します。


2.今年の敗因と来年の日程

とりあえず上の6人が先発ローテとなるとすると、
次はどのカードに投げさせるかというのが問題になってくると思います。

それを考える上で1つ自分が考慮してほしいのが、今年の敗因ですビックリマーク

敗因と書くと普通は「打てなかったから」とかそういう理由になりますが、
ここではどちらかというとチーム毎の勝敗成績を考慮してほしいということでお願いします(;^_^A

で、今年の敗因ですが、先に結論から言うと、
巨人戦と中日戦の勝率が低すぎたことだと思っていますグー

試合 勝利 敗戦 分け 借金
144 55 75 14 -20
巨人 5 15 4 -10
中日 7 16 1 -9

見てもらえれば分かりますが、今年144試合戦っての借金は20。
そのうち巨人からの借金は10、中日からの借金は9と、
今年の借金の原因のほぼ全てが、この2チームとの戦績の悪さによるのは明らかです。

来年は最低でもこの成績を五分にしないと、また来年もAクラスは怪しいと思いますガーン

じゃあ来年はこの2チームといつ対戦するのかはてなマーク

基本的にはプロ野球の対戦カードは火・水・木の3試合と、金・土・日の3試合に分けられて、
6人の先発ローテもこの2組に分かれて投げるのが普通かと思います。

来年の開幕は3月29日(金)のヤクルト戦。
そこから日程が緩くなって先発ローテが5人でよくなる5月14日(金)の交流戦開始まで、
13カード39試合の日程が組まれています。

そこで今度は1)金土日と2)火水木でどのチームとの対戦カードが組まれているかを見てみると…

1)金土日ローテ
ヤクルト・広島・DeNA・ヤクルト・DeNA・ヤクルト・ヤクルト


2)火水木ローテ
中日・巨人・巨人・中日・広島・巨人


このように来年は火水木ローテの方に、
今年の最大の敗因である巨人戦と中日戦が、開幕から集中して組まれています
ビックリマーク

自分としては来年はこの火水木は4月から大変なカードになると考えていて、
ここでまた今年のように大きく負け越すと、来年もつまらないシーズンになるんじゃないかと思っていますあせる

なので来年はこの火水木に最も信頼のある投手を当てて、
金土日には余った投手を当てるべき
だと自分は考えていますグー


3.相性

ということで今度はこの火水木に投げる先発投手は誰が良いのか…
つまるところ巨人戦と中日戦に相性の良い投手というのは誰かというのを考えます。

ということでまずは今年のデータからですね音譜

巨人戦 防御率 勝利 敗戦 WHIP
能見 2.61 2 3 1.13
岩田 3.63 1 4 1.56
メッセ 2.15 1 2 1.27
スタン 2.29 1 2 0.92
榎田 3.00 0 1 2.17





中日戦 防御率 勝利 敗戦 WHIP
能見 1.04 2 1 0.88
岩田 3.94 1 4 1.38
メッセ 3.33 2 2 1.36
スタン 2.57 1 3 0.96
榎田 3.86 0 0 1.93

ということで来年の先発候補であろう能見・岩田・メッセ・スタン・榎田の巨人・中日戦のデータです。

WHIPというのは野球に興味のある人でないと分からないデータでしょうが、
「1イニングあたりに出した走者の数」を表す数字で、
この数値が少ない方がより走者を出さずに安定したピッチングをしたという指標です。
よく分からないという方には、とりあえず数値が低い方が良い投手と思ってもらえればいいです(;´▽`A``

まあここまでデータを出す必要もないかもしれないですが、
今年中継ぎだった榎田投手は仕方ないにしても、残る上の4人の中で、
明らかに岩田投手の成績は他の3人に比べて悪かったですダウン

防御率・勝敗・WHIP、どの数値を見ても上の4人の中ではワーストで、
正直この成績のまま来年巨人戦・中日戦を、
岩田投手に任せたいという気持ちは自分の中には浮かびませんむっ

だとすると来年の火水木に当てるべきローテは、
能見・メッセ・スタンの3人が一番的確じゃないか
と自分では思いますビックリマーク


4.結論

ということで今年の敗因やら来年の日程やら投手の相性などを色々考慮すると、
自分の中での来年の開幕ローテは下のようにすべきかと考えましたグー

1 金 岩田
2 土 榎田
3 日 ○○
4 火 能見
5 水 メッセンジャー
6 木 スタンリッジ


来年の開幕は先も言ったように3月29日(金)で、
今年の成績なら能見投手かメッセンジャーが開幕投手としてはいいんでしょうが、
自分の中ではそれ以降の日程も考えると、開幕投手は岩田投手でいくべきだと思いますビックリマーク

今年だけじゃなく、去年の成績もケガで棒に振った一昨年も、
岩田投手には何度も何度も期待しては裏切られることの方が多かったですが、
来年は後輩の西岡選手や藤浪投手も入ってくるわけですから、
もうここらで本気で一皮むけて阪神のエースになってほしいですグー

開幕投手になることでその支えになってくれたら良いと思います。

続く土曜日は榎田投手
榎田投手の先発転向が成功するか失敗するかも、来年のチーム成績にも大きく影響しそうですし、
ヤクルト・広島・DeNAと比較的楽な相手との中で良い成績を残してほしいですグー

日曜日にはおそらくキャンプ・オープン戦で結果を残した投手が投げると思います。
個人的な希望としては、自分に観戦初勝利をプレゼントしてくれた岩本投手を応援しています音譜
もちろんルーキーの藤浪投手もこの開幕ローテを勝ち取る可能性もあるでしょうアップ
そうなるとプロ初登板のXデーは3月31日(日)の神宮ヤクルト戦とかかもしれないですねニコニコ


そして来年のキモとも考えられる火水木の先発ローテは、
今の阪神先発陣の中で一番信頼のおける、
能見投手・メッセンジャー・スタンリッジに任せるべきと思いますビックリマーク

この3人は間違いなく力がありますし、あとは打線が援護することさえできれば、
来年の巨人戦・中日戦の戦績は今年よりはマシになるかと思います得意げ


交流戦が始まるまではこの6人で先発ローテを回し、
交流戦が始まったらこの中で戦績が芳しくない投手を1人中継ぎに下げたり、
ファームに落として中継ぎの投手やDH用の野手を上げるなどしたらいいんじゃないでしょうかチョキ


今の自分が思うところはこんなところですね。
まあ開幕投手が消極的な理由で岩田投手というのは自分でも違和感ありますが、
全体的なバランスはこの形が一番いいんじゃないかと思っています。

宜しければこの来年の開幕ローテについて、皆さんの意見なども伺いたいところですね音譜

さ~て、今日はあとは選挙速報などを見ながら明日に備えますかビックリマーク

でわでわパー
AD
いいね!した人  |  コメント(4)

[PR]気になるキーワード