手根管症候群

テーマ:

「しゅこんかんしょうこうぐん」と読みます。手のしびれを生じる疾患の代表的存在です。

しびれを感じ出したときにどの科にかかったらいいか、迷われる方が多いのではないかと思います。

手のしびれを起こす原因には、この手根管症候群のほか、首の病気(頚椎疾患)、血管の異常(動脈疾患)、脳の血管や神経の障害などがあります。このうち脳の問題は脳神経外科または内科、血管の異常は血管外科が専門で、残りは整形外科が扱います。元気な人(意識障害などの全身症状がない人)の場合は、整形外科的な疾患が多いようです。



手根管症候群とは


手根管症候群は、手首に近いところにある手根管というトンネル(手根骨と靭帯でできています)が窮屈になり、その中を走っている正中神経という神経が障害を受ける病気です。手根管の中には、この正中神経のほかに手指屈筋腱(指を曲げる筋肉の腱)が通っています。

中年以降の女性に多く、ほぼ同時に左右両方に症状が出てくることもあります。もともとの手根管の余裕、年齢とともに進む手根管の狭窄、使いすぎによる炎症などが合わさって、症状を起こすようです。



手根管症候群の症状


正中神経の働きを簡単に書くと、手の感覚を脳に伝えることと手を握るときに親指を動かす筋肉に命令を送ることです。


まず、知覚神経(感覚を伝える神経)の障害として、手~指のしびれや知覚障害(感覚が鈍いなど)を生じます。手から指の感覚は3つの神経が分担して伝えており、正中神経の持ち分は手のひら側の親指から薬指の中指側半分までと手のひらの親指側約2/3、手の甲側は同じ指の先だけです。手根管症候群の方のしびれは、夜中や朝目覚めたときに強い傾向があるようです。


正中神経の運動神経の障害が進むと、手を使っていると疲れやすかったり痛みを感じたり、物を握りにくくなったりします。物を握るためには親指と後の4本の指があい対する方向から向かい合う必要があります。これを親指の対立運動といいますが、正中神経障害ではこれが困難になり、親指と人差し指できれいな「○」を作れなくなります。進行すると親指の付け根の母指球と呼ばれる部分がやせて(萎縮して)きます。

また、手根管が窮屈になると指を曲げる時に働く腱(手指屈筋腱)も窮屈になるので、朝起きたときなどの動かし始めに、指がこわばる感じを訴える方もいます。



手根管症候群の診断


上記の症状から手根管症候群を疑った場合、診断の助けになるテストとして、ファーレンテストとティネル様サインがあります。ともに手根管症候群の方に出やすい徴候です。

ファーレンテストは手首を手のひら側に直角に曲げた状態で1分間待ち、しびれが強くなるかを調べるテスト。

ティネル様サインというのは、手根管のあたり(手首の手のひら側)をトントンと叩くことにより、指先に向けての痛みやしびれの放散が出るかどうかを見る方法です。

以上から手根管症候群の疑いが強ければ、神経伝道速度の検査を行ないます。正中神経を電気的に刺激し、親指の筋肉に伝わるまでの時間を「千分の何秒」の単位で測定する検査で、手根管部に異常な値が出れば、まず間違いないことになります。



手根管症候群の治療


症状が進行していれば、手術をして神経を楽にしてあげる必要があります。遅れすぎると、神経の障害は元に戻りにくくなってしまいますから、何ヶ月も放っておくのは危険です。

他に根本的な治療ではありませんが、補助的に使う方法として、神経の回復を助ける意味でのビタミン剤(B12)や炎症を抑える薬の内服、夜間手首が動かないようにシーネ(副木)固定、電気治療・内服治療・炎症を抑える注射などがあります。



AD

コメント(2)