自民党「中小企業・小規模事業者政策調査会」では、昨年11月に事業承継小委員会、経営力強化小委員会を設置し、転換期への挑戦を力強く後押しするための政策立案を目指して活動を続けてきました。

 各事業者や有識者から説教的にヒアリングを行なうとともに、各地の中小企業の活動を繰り返し視察し、それらをもとに、経済産業省、中小企業庁とともに検討を進めてきました。

 

 このたび、その成果を提言書として取りまとめ、安倍総理、世耕弘成経済産業省大臣、石原伸晃内閣府特命担当大臣(経済財政政策)に申し入れを行いました。

 

 本調査会の活動の中でも、とりわけ力を入れていたのが「事業承継」の問題です。中小企業の多くの方々は、事業をどう引き継ぐか、跡継ぎをどうするか、という問題に頭を悩ませています。日本を元気にするためには、この問題にしっかり取り組み、中小企業の方々が夢を持って働ける環境を作っていかない、ということを安倍総理にお伝えしました。

 自民党は今後も中小企業・小規模事業者の方々を積極的にバックアップしてまいります。

 

 この度の提言は自民党のHPにも掲載されております。今後の中小企業政策の方針について積極的な提言を行っております。ご関心のある方はぜひご覧ください。

https://www.jimin.jp/news/policy/134951.html